リシャルリソンが慣れないイギリスでの生活に満足している理由「女の子がかわいい」

2019.06.26 16:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンがイギリスでの生活に苦労していることを認めている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

2017年夏に母国フルミネンセからワトフォードに移籍し、翌年エバートンにステップアップしたリシャルリソン。今季はプレミア35試合で13ゴールという上々の成績を収めたが、初めてイギリスに来た頃は苦労したと語っている。

「イングランドでの1年目はとても難しかった。ここの天候になかなか慣れることはできなかったし、ピッチでは足は震え耳は赤く燃えていたんだ」

「食事の文化はイギリスとはかなり違ってて、僕はあまり好んでここの料理は食べないんだ。ワトフォードで初めて食べた食事が口に合わなくて5ポンド溝に捨ててしまったよ」

だが、そんなリシャルリソンがイギリスで満足していることもある。

「ここの人たちはみんなフレンドリーで教養があるんだ。特に女の子は本当にかわいいね!」

楽しそうで何よりである。

関連ニュース
thumb

エバートンがチェルシーで構想外のバチュアイ獲得に動く?

エバートンが、チェルシーのベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(28)の獲得に動いているようだ。 2016年夏にマルセイユから加入して以降、チェルシーでは大きなインパクトを残せずにいるバチュアイ。そのため、これまでドルトムントやバレンシア、クリスタル・パレス、ベシクタシュと様々なクラブへのレンタル移籍を繰り返している。 チェルシーとの現行契約は今シーズン終了までとなっており、バチュアイ本人とクラブは今夏のレンタル移籍の可能性を除外し、完全移籍での別れを念頭に置いている。 そういった中、ベルギー人ジャーナリストのサーシャ・タヴォリエリ氏が伝えるところによれば、U-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)の獲得を目指すチェルシーは、その交渉の一部としてバチュアイの譲渡を契約に盛り込んでいるという。 すでに4000万ポンド(約64億2000万円)と言われるオファーはエバートンに拒否されたとの報道もあるが、バチュアイの交渉自体は進行中だという。 エバートンは今夏のブラジル代表FWリシャルリソンのトッテナム移籍に伴い、センターフォワードは近年負傷が目立つイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン、ベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドンの2選手のみ。そのため、クラブはストライカーの補強を目指している。 また、チェルシーを率いた時代にはバチュアイをあまり評価していなかったフランク・ランパード監督だが、獲得にゴーサインを出しているとの報道もある。 2022.08.16 00:12 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー戦で負傷のエバートンDFミナ、ゴッドフリーに続いて2カ月程度の離脱へ

エバートンのコロンビア代表DFジェリー・ミナがしばらく離脱することになるようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 ミナは6日に行われたプレミアリーグ開幕戦のチェルシー戦に出場。しかし70分に負傷交代していた。 13日に行われたアストン・ビラ戦は欠場したミナだが、足首を負傷し、8週間の離脱になるようだ。 フランク・ランパード監督にとって、大きな痛手となり、同じチェルシー戦ではイングランド代表DFベン・ゴッドフリーが右足首を骨折。3カ月の離脱になるとされている。 ミナは昨年10月に大腿部を負傷して離脱。今年1月に復帰も、すぐに再負傷で離脱となっていた。 エバートンはウォルバーハンプトンからイングランド代表DFコナー・コーディ(30)を緊急でレンタル移籍させたが、ミナも離脱となり、センターバックのやりくりが必要となりそうだ。 2022.08.15 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

FW不足に悩むエバートン、レンヌからギニア代表ギラシーを獲得か

エバートンがスタッド・レンヌからギニア代表FWセール・ギラシー(26)の獲得に近づいているようだ。 フランス生まれのギラシーはリールやケルンなどでプレーした後、2020年夏からレンヌに在籍。主力選手として活躍しており、2年間で公式戦通算80試合に出場し、25得点4アシストを記録している。 フランス『レキップ』によると、FWの駒不足に悩むエバートンがギラシーに接近中とのことだ。エバートンは今夏、ブラジル代表FWリシャルリソンをトッテナムに売却。さらに現エースのイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンもケガでプレミアリーグ開幕戦を欠場したという事情があり、今週中にはレンヌとの交渉を取りまとめたい考えだ。 そのレンヌは11日、パリ・サンジェルマン(PSG)からU-21フランス代表FWアルノー・カリムエンド(20)を獲得。ギラシーの代役となり得る人材を確保できたことで、交渉成立の期待が広がったものと考えられている。 なお、ギラシーにはストラスブールも触手を伸ばしていたようだが、選手自身がエバートン行きを強く希望しているとのことだ。 2022.08.12 17:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ケアンがPSMでまたも規律違反、ユーベは買い取り即転売を望むも…

ユベントスがイタリア代表FWモイゼ・ケアン(22)の売却を望んでいるようだ。イタリア『トゥット・スポルト』が伝えている。 ユベントス下部組織出身のケアンは、昨夏にエバートンから買い取り義務付きの2年レンタルで復帰。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの穴埋めが期待されたが、公式戦44試合の出場でわずか6得点にとどまった。 加えて素行にも問題が。過去にもイタリア代表やエバートンで遅刻を繰り返し、各監督から大目玉を喰らっていたケアンは、7日に開催されたプレシーズンマッチのアトレティコ・マドリー戦にも遅刻し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は試合に出場させなかった。 現状ではもはや不良債権と化してしまっているケアンだが、上述したようにユベントスは来夏、2800万ユーロ(約39億円)で買い取らなければならない。新シーズンに活躍してくれればそれに越したことはないが、『トゥット・スポルト』は今夏中に買い取って売却先を見つけることが理想的なシナリオだと主張している。 しかし、今のところ獲得に興味を示すクラブは現れていないという。先日のバルセロナ戦では2ゴールの活躍を見せた22歳だが、今後の去就はいかに。 2022.08.10 17:09 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンがベルギーの才能を確保! リールMFオナナを完全移籍で獲得、5年契約

エバートンは9日、リールのベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027年6月までの5年間。移籍金は明かされていないが、イギリス『BBC』は3300万ポンド(約54億円)とのことだ。 オナナはセネガルにルーツを持ち、ズルテ・ワレヘム、ホッフェンハイムの下部組織で育ち、2020年7月にハンブルガーSVへと完全移籍。2021年8月にリールへと完全移籍していた。 期待の若き才能は、昨シーズンのリーグ・アンで31試合に出場し1ゴールを記録。チャンピオンズリーグでも8試合に出場していた。 ウェストハムが獲得に動き、クラブ間合意に達していたともされた中、エバートンが急襲。ヨーロッパでも注目される若き才能を確保することができた。 オナナはクラブを通じて加入の喜びをコメントしている。 「エバートンに加入できて最高の気分だ。イングランドで最大のクラブの1つであることは知っている」 「監督やフットボールディレクターと話せたことは本当にありがたかった。彼らは僕にどんなプレーをしてほしいかを話してくれたし、僕はそれを楽しみにしている」 「2人とも野心的だったし、僕と同じタイプで、とてもマッチしている」 また、フランク・ランパード監督の存在が決め手になったともコメント。現役時代に世界屈指のMFとして名を馳せたランパード監督からの関心が嬉しかったとした。 「監督も大きな理由の一つだ。彼は最高レベルでプレーし、多くの勝利を収め、中盤の選手でもあった。監督から関心を持たれたことは大きな意味があり、僕に色々なことを教えてくれると思う」 さらにファンについても言及。ファンの熱気も移籍先に選んだ理由の1つだとした。 「エバートンのファンは素晴らしい。昨シーズンの彼らの応援を見て、僕がエバートンを選んだ理由の1つでもある。グディソンで会えるのが楽しみだし、雰囲気を聞いただけで鳥肌が立つ」 「青も僕の好きな色だね。クラブとサポーターのために全てを捧げるつもりだ」 2022.08.09 21:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly