リシャルリソンが慣れないイギリスでの生活に満足している理由「女の子がかわいい」

2019.06.26 16:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンがイギリスでの生活に苦労していることを認めている。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

2017年夏に母国フルミネンセからワトフォードに移籍し、翌年エバートンにステップアップしたリシャルリソン。今季はプレミア35試合で13ゴールという上々の成績を収めたが、初めてイギリスに来た頃は苦労したと語っている。

「イングランドでの1年目はとても難しかった。ここの天候になかなか慣れることはできなかったし、ピッチでは足は震え耳は赤く燃えていたんだ」

「食事の文化はイギリスとはかなり違ってて、僕はあまり好んでここの料理は食べないんだ。ワトフォードで初めて食べた食事が口に合わなくて5ポンド溝に捨ててしまったよ」

だが、そんなリシャルリソンがイギリスで満足していることもある。

「ここの人たちはみんなフレンドリーで教養があるんだ。特に女の子は本当にかわいいね!」

楽しそうで何よりである。


関連ニュース
thumb

5発快勝もトップ4逃したアーセナル「順位表はウソをつかない」、アルテタ監督は前節の敗戦に「まだ多くの苦痛を感じている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、シーズン終了にコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 22日、プレミアリーグの最終節が一斉開催。4位フィニッシュを目指したアーセナルは、ホームにエバートンを迎えた。 4位を守ってきたアーセナルだったが、前々節に5位のトッテナムに完敗を喫すると、前節はニューカッスルを相手に連敗。これにより、自力での4位フィニッシュを手放してしまった。 最後の最後に失態を犯したチーム。経験値の少ない若いチームにはありがちなことだが、シーズンラストゲームは出色のパフォーマンスを見せる。 すでに前節で残留を決めたエバートンを相手に攻撃陣が躍動。27分にガブリエウ・マルティネッリがPKを決めて先制すると、31分にはエディ・エンケティアがCKからゴールを奪う。 2-1で迎えた後半はさらに加速。56分にCKからのサインプレーからセドリック・ソアレスが豪快に決めると、60分にはガブリエウ・マガリャンイス、82分にはマルティン・ウーデゴールと5人がゴール。5-1で快勝したが、トッテナムものリッジ・シティに快勝したことで5位でシーズンを終えることとなった。 6シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を目指しながら、最後にするりと手放すこととなったアーセナル。アルテタ監督は、奇跡を信じたが起こらなかったとコメントした。 「我々はやらなければならないことをやった。基本的に、我々の手中にあるためには奇跡が必要なのは分かっていた。ただ、それは起こらなかった」 「それだけだ。シーズンが終わった時点の順位表はウソをつかない。確かに昨シーズンは67ポイントで、チェルシーはチャンピオンズリーグに出場した。そして、我々は69ポイントを獲得した。でも、それがレベルであり、このリーグに求められているものだ」 前節の敗戦という失意の中で迎えた最終節。ホームに集まるサポーターに向けて、恥じない試合を見せようと全力を尽くし、それを達成したとコメント。ただ、期待に応えられなかったという事実を重く受け止めているとした。 「我々はファンには結果もそうだが、彼らに相応しいものを与えようとした。クラブとして、チームとして、どれだけ彼らが我々が前進するのを助けてくれたかだ」 「今日はシーズンについて評価はできない。申し訳ない。月曜日に起きたことの後、私はまだ多くの苦痛を感じている。我々が何をしたのか、公正な評価をしたいと思う」 「私が保証できることは、我々が可能な限りレモンの汁を一滴残さず搾ろうとした結果、辿り着いた場所だということだ」 「我々全員が知っていることであり、チームに対するファンの反応を見ても、我々がピッチで何を示したのかがわかると思う。そして、このクラブが10年前、20年前に達成したこと、そして自分たちが進むべき道はわかっている」 「我々はその歩みを止めるつもりはない。今日はとても残念だ。なぜなら今日は我々が望んでいた、このクラブに望んでいた期待感を生み出すことができたからだ。そのレベルに達していないという罪悪感は、辛いものだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ヤング・ガナーズが5発快勝! 4位逃すも来季に繋がる勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5XdveDzCXTg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.23 12:58 Mon
twitterfacebook
thumb

「チームは5-1で負けているのに…」宿敵リバプールが優勝できないと知ったエバートンファンが大歓喜

エバートンのファンたちが宿敵の苦境に沸いた。 22日、プレアミリーグの最終節が一斉に行われ、エバートンはアーセナルとアウェイで対戦した。 前節のホームゲームで劇的に残留を決めたエバートン。この試合では、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指す相手に立て続けにゴールを許し、82分の時点で5-1と大量ビハインドの展開となる。 不甲斐ない戦いを見せたエバートンに対し、アウェイまで駆けつけたサポーターたちからはブーイングが聞こえてきてもおかしくない展開だが、スタンドのサポーターたちはなぜか歓喜していた。 なぜならこの時、別会場でアストン・ビラと戦っていた首位のマンチェスター・シティが逆転に成功。その結果エバートンのライバルである2位リバプールの優勝が難しくなっていたのだ。 残留を決めていただけに、サポーターたちの関心は自チームの成績よりも宿敵の状況だったようだ。結局、リバプールはウォルバーハンプトンに勝利したものの、シティも勝利したことで2位でフィニッシュ。史上初の4冠はならなかった。 シーズンを通して苦しんだエバートンだが、宿敵の優勝という最悪の結果は免れてほっとしているかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】この映像だけでは5-1で負けているとは思えない…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Everton losing 5-1 but their fans going crazy because City just went 3-2 up… <a href="https://t.co/ka7j4KOjS5">pic.twitter.com/ka7j4KOjS5</a></p>&mdash; Piers Morgan (@piersmorgan) <a href="https://twitter.com/piersmorgan/status/1528417186548695041?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.23 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安欠場アーセナル、5発圧勝も5位フィニッシュでCL出場権獲得ならず《プレミアリーグ》

アーセナルは22日、プレミアリーグ最終節でエバートンをホームに迎え、5-1で圧勝した。アーセナルのDF冨安健洋は欠場している。 前節ニューカッスルに敗れ、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に後退したアーセナル(勝ち点66)は、4位トッテナムを2ポイント差で追う状況となった中、前節負傷交代の冨安は欠場となった。 前節残留を決めた16位エバートン(勝ち点39)に対し、立ち上がりから攻勢に出たアーセナルは12分に先制のチャンス。エンケティアのシュートのルーズボールをボックス中央で拾ったマルティネッリがシュート。しかし、GKベゴビッチにセーブされた。 それでも23分、アーセナルがPKを獲得する。マルティネッリのシュートがイウォビの手に当たると、VARの末にPK判定となった。このPKをマルティネッリが決めて先制したアーセナルは31分に追加点。 サカの右CKをニアのマルティネッリが頭で逸らし、ゴール前のエンケティアがヘッドで押し込んだ。ハーフタイムにかけても一方的な展開としたが、追加タイム3分に1点を返される。 ボックス右のスペースでパスを引き出したキャルバート=ルーウィンのクロスをファン・デ・ベークに蹴り込まれた。 それでも迎えた後半、アーセナルは56分に3点目。CKのサインプレーからセドリックがシュートを蹴り込んだ。 さらに3分後、CKの流れからガブリエウがゴールを挙げたアーセナルは、82分にはウーデゴールもゴールを挙げ5-1で圧勝。しかし、トッテナムがノリッジに5-0で圧勝したため、アーセナルは5位でフィニッシュ。CL出場権獲得はならなかった。 2022.05.23 02:01 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートンサポが試合中に尻を叩く! 残留決定試合でデレ・アリ小突いたパレスDFの尻へお叱りの一撃!

軽度ではあるが、あまり好ましくない行為と言えそうだ。 エバートンは19日、プレミアリーグ第33節延期分でクリスタル・パレスをホームに迎えた。 残留争いに身を置くチームは前半にまさかの2失点。是が非でも勝利が欲しい状況下で苦境に立たされるも、後半に巻き返しを図り、マイケル・キーン、リシャルリソン、ドミニク・キャルバート=ルーウィンのゴールで逆転勝利を収めた。 劇的なプレミアリーグ残留決定の裏側ではサポーターも戦っていたようだ。 ボールがタッチを割り、クリスタル・パレスボールとなった際、少しでも相手のプレーを遅らせようとしたデレ・アリをヨアキム・アンデルセンが小突いた。すると、それを目の前で見ていたエバートンサポーターは激高。ある女性ファンはアンデルセンの尻に対して報復行為を行った。 動画閲覧者からは笑い声が上がっているが、「互いの性別が逆だったら大騒ぎだったな」、「いや、出禁でしょ」、「男性。女性、子供らみんな反感を抱いている…なんて恐ろしい人達だ」など、行為を咎めるものも多いようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】エバートンの女性サポーターが相手選手の尻をたたく</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">An Everton fan spanks Joachim Andersen in frustration <a href="https://t.co/hRvZTNkF01">pic.twitter.com/hRvZTNkF01</a></p>&mdash; Project Football (@ProjectFootball) <a href="https://twitter.com/ProjectFootball/status/1527552400051130369?ref_src=twsrc%5Etfw">May 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.21 21:42 Sat
twitterfacebook
thumb

「絶対痛い」唐突に繰り出されたリシャルリソンの“顔面スライディング”が話題「こんなゴールセレブレーションある?」

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンが斬新な方法で喜びを表現した。 今シーズンのプレミアリーグで調子が上がらず残留争いに巻き込まれたエバートンは19日、プレミアリーグ第33節延期分でクリスタル・パレスをホームに迎えた。 是が非でも勝利が欲しい状況であったが、前半のうちに2点をリードされる苦しい展開に。それでも後半に入り巻き返すと、54分にDFマイケル・キーン、75分にはリシャルリソンがゴールを決めて同点に追い付く。 そして85分、FKからFWドミニク・キャルバート=ルーウィンがダイビングヘッドで叩き込み、ついに2点差をひっくり返した。 プレミアリーグ残留を決定づける一撃に選手やファンのボルテージは最高潮に達した。ゴールを決めたキャルバート=ルーウィンらがスタンドに駈け寄り、ファンと喜びを爆発させるなか、リシャルリソンはなぜか別行動に。チームメイトとは別の方向に向かっていきなり頭からダイブしたのだ。 この“謎ヘッドスライディング”はエバートンの公式SNSも取り上げており、ファンからも「絶対顔面痛い」、「何回見ても何だこれ」、「こんなセレブレーションある?」、「面白い」、「1人で何やってるの?」と不思議がっている。 試合はそのままタイムアップを迎え、エバートンの残留が決定。他の選手たちが喜び合う中、1人手前で地面に突っ伏している映像は中々シュールな光景になっており、劇的な残留決定を象徴するシーンとなりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】チームメイトとは無関係なところでいきなり“顔面スライディング”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Absolutely everybody: *LIMBS!!!* <br><br>Richarlison: <a href="https://t.co/K4oLaErWhe">pic.twitter.com/K4oLaErWhe</a></p>&mdash; Everton (@Everton) <a href="https://twitter.com/Everton/status/1527430599664881664?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.20 20:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly