負傷中のC大阪MFソウザ、違和感とれず再検査…右外閉鎖筋筋損傷で全治3週間2019.06.25 18:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪は25日、負傷中のMFソウザが再検査を行い、右外閉鎖筋筋損傷と診断されたことを発表した。全治は3週間。ソウザは、5月22日に行われたYBCルヴァンカップ第6節の大分トリニータ戦で負傷。その後、損傷箇所の違和感がとれなかったため、今月21日に再検査を行ったという。

1年間の期限付き移籍を経て、2017年にクルゼイロからC大阪に完全移籍したソウザ。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに9試合出場し1ゴールを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

C大阪、仙台新守護神を崩せずゴールレスドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第20節のセレッソ大阪vsベガルタ仙台が20日にヤンマースタジアム長居で行われ、ゴールレスドローに終わった。 4試合負けなしの7位・C大阪(勝ち点30)は、3-0で勝利した前節の名古屋グランパス戦からのスタメン変更はなし。同じメンバーをピッチに送りこんだ。 一方、連敗中の13位・仙台(勝ち点22)は、0-4で敗れた鹿島アントラーズ戦から3名変更。ケガからシマオ・マテが復帰し、今夏に新加入のGKヤクブ・スウォビィクがゴールマウスを守った。 ホームのC大阪がペースを掴むと15分、ブルーノ・メンデスが右サイド敵陣深くからクロス。ファーサイドに走り込んだ清武が右足ボレーで狙ったが、枠の上に外れた。 最終ラインから丁寧にボールを回すC大阪だが、楔となるような縦パスを供給できない。そのなかで仙台はハモン・ロペスや石原直樹が高い位置からプレスをかけて、ボールを奪い、シュートまで持ち込むも枠には飛ばない。 攻撃が停滞してしまうC大阪は後半に入っても状況は変わらず。59分にはバイタルエリア左でFKのチャンスを獲得すると、キッカーは水沼。壁を越えてゴール左に飛んだが、コースが甘くGKヤクブ・スウォビィクに処理された。 どちらとも見せ場が少ない中、C大阪は62分に藤田に代えてレアンドロ・デサバト、奥埜に代えて高木を投入。その中で68分、水沼の折り返しをゴール前の高木が右足で合わせたが、GKヤクブ・スウォビィクのビッグセーブあった。 しかし、その後はサイド攻撃からクロスを送り続けたC大阪だったが、、仙台にことごとく跳ね返されてしまい、決定的なチャンスを作ることはできず試合終了。5試合無敗としたC大阪は1つ順位を上げて6位となった。一方の仙台は連敗こそ「2」で止めたものの、3試合未勝利となっている。 2019.07.20 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪、DF藤本康太とMF丸岡満の負傷を発表 両者とも全治は1カ月以上

セレッソ大阪は14日、DF藤本康太とMF丸岡満の負傷を発表した。 藤本は10日のトレーニング中に負傷。左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、全治は4週間とのことだ。一方、丸岡は6日に行われた明治安田生命J3リーグ第15節のカマタマーレ讃岐戦で負傷。右足関節じん帯損傷と診断され、全治には6週間かかるようだ。 藤本は2005年に熊本国府高校からC大阪に入団。在籍15年目を迎えた今シーズンは、トップチームでの公式戦出場はなく、U-23チームとしてJ3リーグにここまで4試合に出場していた。 C大阪下部組織出身の丸岡は、2014シーズンにトップチーム昇格。その直後、当時、指揮していたユルゲン・クロップ監督らドルトムントの首脳陣から高く評価されてドイツへ。約2年間のプレーを経て、2015年にC大阪復帰。2017シーズンはV・ファーレン長崎、2018シーズンにはレノファ山口FCに期限付き移籍を果たし、復帰した今シーズンは、ここまでJ3リーグに8試合出場し1ゴールを記録していた。 2019.07.14 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

好調C大阪が名古屋に3発快勝! 名古屋は8試合勝利なし《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節のセレッソ大阪vs名古屋グランパスが13日に行われ、3-0でC大阪が勝利した。 リーグ戦ここ6試合で4勝を挙げ徐々に順位を上げてきた7位のC大阪(勝ち点27)。前節のサンフレッチェ広島戦は水沼の直接FKで先制するも、後半に追い付かれドロー決着となった。今節はその一戦と同じメンバーを起用。少しポジションに変化を加えた。 対する9位の名古屋(勝ち点25)は泥沼に浸かっている。第11節を最後にリーグ戦では勝利から遠ざかっており、天皇杯では鹿屋体育大学に0-3の完敗を喫するなど最悪の状態だ。浮上のきっかけにしたい今節は、前節の湘南ベルマーレ戦からスタメンを3人変更して臨んだ。 まずは名古屋の攻撃。5分、相手のパスを奪った米本が長谷川とのワンツーからシュート。ここはGKの正面に。その直後C大阪も攻撃に転じる。右サイドの水沼が上げたクロスにFW起用の奥埜が飛び込むも、上手く合わせることは出来なかった。 ここまで互いの守備が光る展開。16分にC大阪は左サイドの丸橋がマテウスを抜いて深い位置からグラウンダーのクロスを供給。ゴール前で触るだけというシーンだったがこれを奥埜が痛恨のミス。ビッグチャンスを逃してしまった。 だが、このミスを丸橋が帳消しにする。22分、右サイドで水沼が左足で上げたクロスに合わせたのが丸橋。左から相手の死角を突いて飛び込み左足ボレーで押し込んだ。 勢いに乗るC大阪は29分、カウンターで清武が持ち上がると、ペナルティエリア内で水沼とのワンツーからシュート。インサイドステップで丁寧に狙ったシュートだったが、わずかに右に逸れた。 1点リードのまま試合を進めるC大阪は43分にカウンターのチャンスを迎える。3対2の場面でボックス手前の木本は左の奥埜を選択。しかし、奥野は切り返しの際に足を滑らせてしまいチャンスを台無しにしてしまった。 1点ビハインドで後半を迎えた名古屋は長谷川を下げて櫛引を投入。58分にはマテウスに代わって前田が起用される。62分にシミッチの鋭い縦パスで攻撃のスイッチを入れると、受けた和泉がワンタッチで丁寧に落とし、これを米本がダイレクトシュート。だが右下を狙ったシュートはGKキム・ジンヒョンに止められた。 名古屋は最後のカードに相馬を投入。対するC大阪は75分に最初の交代枠を使って奥埜を下げて高木をピッチへ送り込む。するとその高木が期待に応える。 78分、カウンターでブルーノ・メンデスのパスを受けた高木がボックス右からシュート。一度GKに弾かれたものの、こぼれ球を自ら押し込んでリードを2点に広げた。 点差を縮めたい名古屋だったが、85分に米本が相手の途中出場の田中と接触し、しばらく立ち上がれない状態に。だが、幸いにも米本は大事に至らずプレー続行へ。この影響で後半アディショナルタイムは7分取られることになった。 その中でC大阪は96分、前がかりになる相手を尻目にブルーノ・メンデスがカウンターを発動。ボックス左に侵入しGKの股を抜いてゴールに流し込んだ。 これがダメ押し弾となったC大阪が3発快勝を収め、引き分けを挟んで3連勝。一方の名古屋はさらに深い泥沼に沈んでしまうことになった。 2019.07.13 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

山形、C大阪から秋山大地をレンタル…木山隆之監督と愛媛以来のタッグに

モンテディオ山形は11日、セレッソ大阪に所属するMF秋山大地(24)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月31日までで、背番号は「39」に決定。同期間中、C大阪との全公式戦に出場できない。 大阪府出身の秋山はC大阪の下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格後、2015年途中に愛媛FCにレンタル移籍。2016シーズンからC大阪に復帰した。今シーズンはC大阪U-23の一員として明治安田生命J3リーグ8試合に出場したが、トップチームでJ1リーグ出場がなかった。 山形を率いる木山隆之監督と愛媛移籍以来のタッグとなる秋山。両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「セレッソ大阪から来ました秋山大地です。少しでも早くチームになれてJ1昇格のためにチームの力になれるように全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」 ◆セレッソ大阪 「このたび、モンテディオ山形に期限付き移籍することになりました。この半年間、チームの力になれず、悔しい気持ちでいっぱいでした。モンテディオ山形にチャンスを与えていただいたので、しっかりJ1昇格に向けて力になれるように精一杯頑張ってきたいと思います。ひとまわり、ふたまわりも大きくなって、またこのチームでプレーできるように力をつけてきたいと思います。ありがとうございました」 山形は現在、J2リーグ11勝7分け3敗の首位。13日に行われる次節、2位の京都サンガF.C.をホームに迎え撃つ。 2019.07.11 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪のMF福満隆貴、水戸に期限付き移籍 2017年にはクラブ初タイトル獲得に貢献

水戸ホーリーホックは11日、セレッソ大阪に所属するMF福満隆貴(27)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日までで、背番号は「17」。なお、C大阪と対戦する全ての公式戦に出場することができない。 福満は2017年にレノファ山口FCからC大阪に完全移籍。加入1年目は明治位安田生命J1リーグでの出場こそ5試合に留まるも、YBCルヴァンカップでは12試合2得点でチームの初タイトル獲得に貢献した。この活躍もあり、昨シーズンは公式戦27試合3ゴール。しかし、ロティーナ新体制を迎えた今シーズンは、ここまでリーグ戦での出場はなく、再びカップ戦要員となっていた。 水戸への期限付き移籍が決定した福満は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックのファン・サポーターの皆さんはじめまして、セレッソ大阪から移籍してきました福満隆貴です!J1昇格する為に強い覚悟を持って来ました!皆さんと一緒に戦い、昇格出来るように頑張りますので応援よろしくお願いします!」 ◆セレッソ大阪 「このたび、水戸ホーリーホックに期限付き移籍をすることになりました。2年半、セレッソ大阪でプレーできたことを誇りに思いますし、いい経験をさせてもらい、自分のためになりました」 「チームのために貢献できず申し訳ない気持ちでいますが、ひとまわり、ふたまわり成長し、チームの勝利にたくさん貢献できるような選手になって、セレッソ大阪に帰ってきたいと思いますので、応援をよろしくお願いいたします。2年半ありがとうございました」 2019.07.11 16:20 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース