ニューカッスル、アルミロン躍動にジョークが弾む! 低調メッシと比較し「天才とメッシ」2019.06.21 15:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルが20日に公式ツイッターに投稿したあるツイートが話題となった。ツイートの対象となったのは同日行われたコパ・アメリカのアルゼンチンvsパラグアイ。優勝候補のアルゼンチンに注目がいく中で、37分にニューカッスル所属のMFミゲル・アルミロンが左サイドを電光石火のドリブルで突き破り、そのクロスをMFリチャルド・サンチェスが押し込んでパラグアイが先制。後半にFWリオネル・メッシのPKで同点とされドローに終わったものの、試合はパラグアイが善戦し、相変らず代表では不調のメッシはまたも名誉挽回とはならなかった。

そして、その試合でファンの目を引いたのが何と言ってもアルミロン。初戦のカタール戦に続くアシストで、強敵から勝ち点を奪って現在2位のパラグアイで躍動。それによほど気をよくしたのか、試合後にニューカッスルが同選手とメッシが競り合っている写真と共に「フットボールの天才とメッシ」とコメントし、サポーターを沸かせた。これが瞬く間にいいねやリツイートを集めて拡散。イギリス『デイリー・メール』なども取り上げる事態となった。

アルミロンはニューカッスルが今年1月にクラブ記録の2000万ポンド(約27億2000万円)を支払って獲得した選手。少し天狗になってしまったのだろう。

そんなアルミロン擁するパラグアイはグループステージ最終節で首位のコロンビアと対戦。すでに首位突破を決めているコロンビアに勝てば自力での決勝トーナメント進出が決まる。
コメント
関連ニュース
thumb

ニューカッスル、クラブ史上最高額でホッフェンハイムFWジョエリントンを獲得! 武藤の新たなライバルに

ニューカッスルは23日、ホッフェンハイムからブラジル人FWジョエリントン(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までの6年となる。 ニューカッスルは具体的な金額に関して伏せているものの、ジョエリントン獲得にクラブ史上最高額の移籍金を支払ったと伝えており、イギリス『スカイ・スポーツ』は今回の移籍金に関して、4000万ポンド(約54億円)と推定している。 ニューカッスルへ移籍の決まったジョエリントンは、クラブの公式サイトで喜びを語っている。 「ニューカッスルへ加入出来て本当に嬉しいよ。クラブが僕のために多くの移籍金を投資をしたことは知っているし、とても大きな責任を感じている。これに応えるため、早くピッチで活躍したい。僕は今とてもモチベーションの高いんだ」 186cmの恵まれた体躯を生かしたキープ力や利他的なプレーに加え、ブラジル人らしいドリブルテクニックに長けた万能型ストライカーのジョエリントンは、2015年に母国のスポルチ・レシフェからホッフェンハイムに加入。だが、初のヨーロッパ挑戦とよりレベルの高いブンデスリーガに順応できず、直近2シーズンはオーストリアのラピド・ウィーンに武者修行に出ていた。そのラピド・ウィーンでは公式戦79試合に出場し、21ゴール9アシストの数字を記録。 そして、昨夏満を持して復帰を果たすと、昨シーズンは公式戦35試合で11ゴール9アシストの数字を残していた。 2019.07.24 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、フリーのキャロル復帰を考慮! 武藤の新たなライバルに?

ニューカッスルが昨季限りでウェストハムを退団した元イングランド代表FWアンディ・キャロル(30)の復帰を考慮しているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 今夏、エースストライカーだったベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドンに加え、FWアジョセ・ペレス(25)とFWホセル(29)が相次いで退団したニューカッスル。 現在、クラブ史上最高額となる移籍金3600万ポンド(約48億3000万円)でホッフェンハイムのブラジル人FWジョエリントン(22)獲得が迫っているが、依然として前線の選手層に不安を抱えている。 『テレグラフ』が伝えるところによれば、ニューカッスルはこの状況を受けて、フリーで獲得可能なキャロルの復帰を考慮しているようだ。 ただ、キャロルは数カ月前に足首の手術を受けたこともあり、クラブは同選手の関係者とコンタクトを取りながら、コンディション面の不安が払しょくされた場合のみ獲得に動く構えのようだ。 ニューカッスル下部組織出身のキャロルは、2006年にニューカッスル史上最年少となる17歳300日でトップチームデビュー。190㎝を越える長身と強靭なフィジカルを生かした古典的なセンターフォワードとして活躍し、ニューカッスルでは5シーズンで91ゴールを記録した。 ニューカッスル退団後は、リバプールへ加入したが故障の影響もあり、パフォーマンスが低下。2012年8月からウェストハムへレンタルで加入すると、翌年に6年契約で完全移籍。ウェストハムでは7シーズンで公式戦142試合に出場し34ゴールをマーク。その一方で度重なる負傷に悩まされ、昨季は公式戦14試合の出場にとどまっていた。 2019.07.21 15:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルブズ、GKルイ・パトリシオの活躍でシティとのPK戦制し初優勝! マグパイズは武藤が決勝点《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

中国で開催されているプレミアリーグ・アジアトロフィー2019の決勝戦、ウォルバーハンプトンvsマンチェスター・シティが20日に行われ、0-0で迎えたPK戦の末、ウルブズが優勝を果たした。 上記2チームに、ニューカッスルとウェストハムを加えた4チームで行われている今大会。準決勝でニューカッスルを4-0で屠ったウルブズと、ウェストハムに4-1で勝利したシティが激突した。 ウルブズの先発にはジョッタやトラオレ、ルベン・ネヴェス、モウティーニョなど昨季のプレミアで猛威を振るった選手たちが名を連ねた。王者シティは新加入のロドリのほか、先番号を11に変更したジンチェンコ、18歳のスペイン人MFベルナベ、U-19イングランド代表FWイアン・ポベダらがスタメンに起用された。 大方の予想通りシティがボールを保持する展開に。まずは6分、左サイドバックのジンチェンコを起点に、ザネとのワンツーでゴール前に抜け出したベルナベがボックス左からシュートを放つ。11分の右CKの場面では、デ・ブライネのクロスの落ち際をラポルテがシュート。至近距離からのシュートだったが、ウルブズのポルトガル代表GKルイ・パトリシオがビッグセーブを見せる。 シティが押し込む展開の中、21分に前半最大の見どころを迎える。後方からの浮き球パスを受けたザネが左からボックスへ侵入。ここで後ろからトラオレが倒してしまい、主審はペナルティエリアを指さした。このPKのキッカーをスターリングが務めたのだが、コンディション調整がうまくいってないのか、シュートは枠の上を越えてしまった。 シティは先制とはならなかったものの、以降も次々と相手ゴールを脅かす。35分には、デ・ブライネからスターリングと繋ぎ、最後はザネ。38分にはダニーロの突破からスターリングがシュートに持ち込んだが、上手くミートさせることはできなかった。 後半から、シティはウォーカーやベルナルド・シウバ、ギュンドアン、ダビド・シルバがピッチへ。53分にそのウォーカーが右サイドを突破しクロスを上げると相手に当たるもギュンドアンがシュート。これはベネットに頭で弾かれてしまう。一方、59分にウルブズはジョッタがドリブルシュートに持ち込むも、こちらはダニーロが見事なショットブロックを見せた。 後半も20分が経過したころ、シティはジンチェンコを下げて、今夏にPSVから買い戻したアンヘリーノを投入。このあたりから両チームとも大半の選手がアカデミーの若手となり、なかなかゴールチャンスを作ることが出来ない。結局、試合は90分をノーゴールで終えPK戦へ突入する。 それぞれ一本目は互いのGKが見事なショットストップを見せる。二本目はウルブズの守護神ルイ・パトリシオがシルバのキックを止めて連続セーブ。三本目はウルブズの選手が失敗したものの、シティはダニーロが決めてスコアは1-1に。 四人目はどちらも成功。五人目はルイ・パトリシオが三度読み切って試合終了。PK戦は3-2でウルブズが制し、大会初優勝を果たした。 一方、3位決定戦のニューカッスルvsウェストハムは1-0でニューカッスルが勝利した。 決勝点を挙げた武藤は34分、右サイドバックのステリーのクロスにオフサイドギリギリで飛び出し、左足でゴール左に流し込んだ。78分までプレーした武藤のこのゴールが決勝点となり、ニューカッスルが3位となった。 2019.07.20 22:59 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド熱視線のロングスタッフが去就に言及「関心は嬉しいけど…」

ニューカッスルに所属するイングランド人MFシーン・ロングスタッフ(21)が、今夏の去就について言及した。イギリス『メトロ』が伝えている。 ニューカッスルの下部組織出身のロングスタッフは、セントラルMFを本職とする選手で、左右両足のキック精度や運動量、タックルに定評のある注目株。昨シーズンはケガの影響で公式戦13試合の出場に留まったものの、その少ない出場機会の中で印象的なプレーを見せていた。 そのイングランド人MFに対しては、昨シーズン終了後からマンチェスター・ユナイテッド移籍が取り沙汰されている。しかし、ニューカッスルが5000万ポンド(約67億4000万円)を要求していることで交渉が難航している。 現在、ニューカッスルのアジアツアーに参加中のロングスタッフはイギリス『クロニクル』で去就に関してコメントした。 「今は成り行きを見守っているだけだ。そして、自分のコンディションを整えることだけに集中しているよ。それに、僕はニューカッスルの選手だよ。できるだけ早くピッチに復帰したい。それが僕の楽しみだからね。毎日、着実に状態は良くなっているし、それこそ今望んでいるすべてだよ。ピッチに戻って新しい監督(スティーブ・ブルース)にアピールするのが待ち切れないよ」 「1年前の段階で誰かに今の自分の状況について聞かされていたら、たぶんその人のことを笑っていただろうね。だって、去年はリーグ1(イングランド3部)のポーツマスにローンで移籍するかどうかを決断していたんだからね。それが1年後には世界屈指のビッグクラブへの移籍の噂に巻き込まれているんだからね」 「僕にとってそれはとてもポジティブなことで、より自信をもらったよ。短期間しかプレーしていなかったのに注目してもらえている。それは光栄なことだと思うけど、僕の仕事はニューカッスルにある」 2019.07.19 23:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、ニューカッスル行き噂されるFWジョエリントンの今夏退団を認める!

ホッフェンハイムを率いるアルフレッド・シュローダー監督が、ニューカッスル移籍が噂されるブラジル人FWジョエリントン(22)の今夏退団を認めた。オランダ人新指揮官がドイツ『キッカー』で語った。 今夏、エースストライカーだったベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドンに加え、FWアジョセ・ペレス(25)とFWホセル(29)が相次いで退団したニューカッスル。 今週に入ってスティーブ・ブルース新監督の就任が決定したチームは、今夏の最優先事項として新ストライカーの獲得を目指しており、今冬にも関心を示したジョエリントン獲得に向け、移籍金3600万ポンド(約48億3000万円)といわれるクラブ史上最高額のオファーを提示する準備を進めている。 そのジョエリントンは17日に行われたホッフェンハイムのプレシーズンマッチのメンバーから外れており、喫緊の退団の可能性が浮上。そして、シュローダー監督も同選手の退団を認めている。 「(ジョエリントンの移籍に関して)それは私の決断ではない。クラブが行うことだ」 「フットボール界においてあるプレーヤーがいなくなれば、その他のプレーヤーにチャンスが訪れるものだ。もちろん、彼がいなくなることを残念に思っているよ」 母国スポルチ・レシフェでプロキャリアをスタートしたジョエリントンは2015年にホッフェンハイムに加入。だが、初のヨーロッパ挑戦とよりレベルの高いブンデスリーガに順応できず、直近2シーズンはオーストリアのラピド・ウィーンに武者修行に出ていた。そのラピド・ウィーンでは公式戦79試合に出場し、21ゴール9アシストの数字を記録。 そして、昨夏満を持して復帰を果たすと、昨シーズンは公式戦35試合で11ゴール9アシストの数字を残していた。 186cmの恵まれた体躯を生かしたキープ力や利他的なプレーに加え、ブラジル人らしいドリブルテクニックに長けた万能型ストライカーは、ポゼッションスタイル、カウンタースタイルの双方に対応できる戦術的な柔軟性も併せ持つ好タレントだ。 仮に、ニューカッスル移籍が決定した場合、プレースタイルこそ異なるもののホッフェンハイムからリバプールに移籍し、ワールドクラスに成長した同胞FWロベルト・フィルミノのようなブレイクが期待されるところだ。 2019.07.19 13:30 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース