“ビッグ6”関心のマディソンが移籍を否定「移籍話は無視」2019.06.18 16:42 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソン(22)が今夏の去就について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。昨夏にノリッジ・シティから2200万ポンド(約29億8000万円)でレスターへ加入したマディソン。卓越した右足のキック精度やパスセンス、エレガントな身のこなしで試合を作る司令塔で、今シーズンはプレミアリーグ36試合7得点7アシストの好成績を収めた。

昨年10月にイングランド代表初招集を受けるなど成長著しいマディソンのプライスタグは6000万ポンド(約81億4000万円)と高額。それでも、マンチェスターの両クラブやリバプール、トッテナム、アーセナルといった“ビッグ6”がこぞって獲得に興味を示している状況だ。

そうしたなか、渦中のマディソンは今夏の去就について問われると、次のようにコメント。移籍の可能性を否定した。

「ノーだね。今は僕の歩幅で歩いているからトランスファーの話は無視しているよ」

「コベントリーでプレーしていた17歳のとき、5試合しかスタメンで出られなかったけど、携帯を見たらトッテナムとリバプールの興味を目にしたよ」

「トランスファーの話で僕のことを取り上げてくれるのは誉め言葉として受け取る必要がある。だけど、僕の気が変わることはないよ」
コメント
関連ニュース
thumb

レスターがイングランド代表CBルイス・ダンク獲得間近! マグワイアの後釜か

レスター・シティが、ブライトンのイングランド代表DFルイス・ダンク(27)の獲得に迫っているようだ。地元紙『leicestermercury』がイギリス『サン』の情報をもとに伝えている。 記事によると、レスターとブライトンはすでに合意済み。移籍金は4500万ポンド(約60億9600万円)に上る模様だ。 レスターではイングランド代表DFハリー・マグワイアのマンチェスター・ユナイテッド行きの噂が連日報道されている。先日には本人が移籍を希望し、7000万ポンドから8000万ポンドの移籍金で決着するのではないかとイギリス方面から伝えられた。 ダンク獲得はその後釜という見方が強い。イングランド代表キャップを持つダンクはブライトンの下部組織出身で、これまでに公式戦270試合に出場するチームの大黒柱。192㎝という長身が魅力のひとつで、昨季はリーグ戦36試合で2ゴールを記録した。 これまでの報道では、ダンク獲得には3000万から4000万ポンドの移籍金が必要になると見られていたが、今回の情報はそれを上回る額となった。 2019.07.15 17:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、マグワイア獲得迫る! 選手自らアクションか

レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)に対して、“赤い悪魔”入りの可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏、マンチェスター勢の関心が取り沙汰されるマグワイア。だが、マンチェスター・シティは、リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが2018年1月にサウサンプトンから移籍時に記録したDF史上最高額に並ぶ移籍金の支払いに難色を示しており、マンチェスター・ユナイテッドが行き先の本命として浮上している状況だという。 そのマグワイアは現在、フランスで行われているレスターのトレーニングキャンプに参加中。選手側のリクエストがない限り、売却しない方針を示すレスターだが、ユナイテッドから移籍金7500万ポンド(約101億7000万円)のオファーが届いているマグワイアはブレンダン・ロジャーズ監督や、チームメイトに移籍願望を明らかにした模様だ。 オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で新シーズンに臨むユナイテッドは今夏、ウェールズ代表MFダニエル・ジェームズと、U-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカを獲得。だが、長らく補強の必要性が指摘されるセンターバックの獲得に至っておらず、スールシャール監督はさらなる新戦力の確保に向けた動きを示唆している。 2019.07.14 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター、モナコからティーレマンスを完全移籍で獲得! ビッグクラブとの争奪戦を制す

レスター・シティは8日、モナコからベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 なお、両チームの契約により移籍金は発表されていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』はレスター史上最高額の4000万ポンド(約54億円)と予想している。 2017年に5月にアンデルレヒトからモナコに移籍したティーレマンスは、今冬の移籍市場でポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(30)と入れ替わる形でレスターにレンタル移籍。すると、すぐさま主力に定着し、プレミアリーグでは13試合3ゴール5アシストを記録した。 マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムなどが関心を示していたティーレマンスの加入は、レスターにとってスペイン人FWアジョセ・ペレス、イングランド人DFジェームズ・ジャスティンに次ぐ今夏3人目の補強選手となっている。 2019.07.09 03:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レスターがイングランド代表DFタルコウスキに関心…マグワイアの後釜か

レスター・シティが、バーンリーのイングランド代表DFジェームズ・タルコウスキ(26)に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 イングランド代表DFハリー・マグワイアを巡ってマンチェスターの2クラブから迫られているレスター。これまで多額の移籍金を要求して何とか圧力をいなしてきたが、結局ビッグクラブのマネーパワーに屈することになるかもしれない。 そこで、レスターはマグワイアの後釜としてタルコウスキをリストアップ。2016年冬にバーンリーに加入し、2017-18シーズンには上位6番目の失点数「39」で7位フィニッシュに貢献した。2018年3月には代表初招集を受けイタリア代表戦でデビュー。ここまで2試合に出場している。 『デイリー・メール』によると、タルコウスキの市場価格は4000万ポンド(約54億3200万円)と、マグワイアの最低要求額9000万ポンドのおよそ半分。すでにニューカッスルからスペイン人FWアジョセ・ペレスを3000万ポンドで獲得していることに加え、モナコのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスの買い取り交渉を進めているレスターにとってリーズナブルな値段ではないようだ。 代替選手としてブライトンのイングランド代表DFルイス・ダンク(27)にも注目しているという。こちらの推定移籍金は3000万ポンド(約40億7000万円)となっている。 2019.07.06 14:59 Sat
twitterfacebook
thumb

レスターが昨季12発のニューカッスルFWアジョセ・ペレスを獲得

レスター・シティは4日、ニューカッスルから元U-21スペイン代表FWアジョセ・ペレス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。 アジョセ・ペレスは、テネリフェの下部組織出身で、2014年7月にニューカッスルへと移籍。これまでプレミアリーグで143試合に出場し33ゴール8アシスト、チャンピオンシップ(イングランド2部)で36試合に出場し9ゴール7アシストを記録していた。 2018-19シーズンは、プレミアリーグで37試合に出場し12ゴール2アシストを記録。右ウイングを主戦場に、セカンドトップとしてもプレーしていた。 アジョセ・ペレスはクラブを通じて「僕はとても幸せだし、満足している。レスター・ファミリーの一員であることをとても誇りに思っている。スタートが待ちきれないよ」とコメントした。 なお、移籍金に関しては非公開となっているものの、イギリス『スカイ・スポーツ』によると3000万ポンド(約40億6500万円)とのことだ。 2019.07.04 20:40 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース