エンドンベレがスパーズ移籍に言及「素晴らしいチームでビッグクラブ」2019.06.16 22:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏にステップアップすることが確実視されているリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)がトッテナム移籍について言及した。イギリス『メトロ』が報じた。2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、今シーズンは公式戦49試合に出場し3ゴール8アシストを記録した。

得点力にこそ課題はあるものの、豊富な運動量と高い身体能力を生かしたボール奪取能力に加え、トリッキーな足技も兼ね備えた万能型MFに対して、マンチェスター・シティやユベントスなどが関心。中でも、争奪戦を優位に立っていると報じられたトッテナム移籍について、エンドンベレがフランス『Telefoot』で言及した。

「トッテナムは素晴らしいチームでビッグクラブだ。リーグ戦では4位でフィニッシュしているし、チャンピオンズリーグ(CL)でもファイナルまで進んでいるからね」

「ビッグクラブでプレーすることに興味ない選手なんているのかい?」
コメント
関連ニュース
thumb

ベティス、リヨンからフェキルを完全移籍で獲得!

ベティスは22日、リヨンからフランス代表FWナビル・フェキル(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年まで。 移籍金については明かされていないものの、スペイン『マルカ』によれば、2200万(約26億6000万円)ユーロから2400万ユーロ(約29億円)とのこと。 リヨン下部組織出身のフェキルは2013年にトップチーム昇格。以降、クラブの主力に定着すると、昨シーズンは複数のポジションをこなしながら公式戦39試合に出場し、12ゴール9アシストを記録した。 なお、フェキルには今夏、ベティスの他、トッテナム、ナポリ、ミランなどの関心も伝えられていた。 2019.07.23 08:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ハメス獲得難航のナポリ、フェキルにターゲット変更?

ナポリがリヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(26)の獲得に動き出したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 今夏の移籍市場でレアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)の獲得に動いているナポリ。恩師カルロ・アンチェロッティ監督の存在もあり、初のイタリア行きが有力視されていたものの、移籍金を巡るクラブ間の交渉が難航しており、ここに来てアトレティコ・マドリー行きの可能性が高まっている。 ナポリはハメスの交渉難航を受けて、よりアタッカー色が強いものの同じレフティでトップ下やセカンドトップを主戦場とするフェキルの獲得に動きだしたようだ。 リヨンとの契約が2020年夏までとなっており、選手、クラブ双方が今夏のタイミングでの退団を考慮しているフェキルに関しては、個人間での合意に加えクラブ間での交渉も最終局面を迎えているベティス行きが有力視されている。 その一方で、リヨンはより高額のオファーを引き出すべくベティスとの交渉を意図的に遅らせており、ナポリ側が選手とクラブ双方を納得させられるオファーを掲示できれば、逆転での獲得は十分に可能な模様だ。 なお、アンチェロッティ監督とアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は今週初めにフェキルサイドと会談を行っており、具体的な条件を掲示したようだ。 2019.07.21 19:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントス、リヨンから逸材MFを獲得!

ユベントスがリヨンからフランス人MFハムザ・ラフィア(20)を完全移籍で獲得した。リヨンが16日に同選手の移籍を認めた。 リヨンが伝えるところによれば、ラフィアはリヨンとプロ契約を締結した後に40万ユーロ(約4850万円)でユベントスに移籍することになる。さらに、リヨンは最大500万ユーロ(約6億円)のボーナスに加え、今後の移籍時に20パーセントのインセンティブを受け取る契約になっている。 チュニジア生まれのラフィアは、リヨンの下部組織で育った攻撃的MF。トップチームデビューこそ果たせなかったものの、相手の逆を突く巧みなドリブルと高精度の右足を生かしたパスセンスに優れたプレーメーカーとして高い評価を集めてきた。 昨シーズンはUEFAユースリーグで7試合に出場し3ゴール4アシストを記録。また、フランスのU-17、U-18チームでプレーした経験もある。 なお、ユベントスではセリエCに所属するU-23チームでプレーすることになる。 2019.07.17 14:14 Wed
twitterfacebook
thumb

レンヌ、リヨン退団のベテランDFモレルが加入!

スタッド・レンヌは16日、昨季限りでリヨンを退団したマダガスカル代表DFジェレミー・モレル(35)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ロリアンでプロデビューを飾ったモレルは、左サイドバックを主戦場に172cmの小柄ながらもセンターバックでもプレー可能な守備のマルチロール。2011年に加入したマルセイユ、2015年に加入したリヨンでも常に主力を担ってきた。しかし、昨シーズンは若手とのポジション争いに敗れ、近年では最少となるリーグ戦12試合の出場に留まっていた。 また、フランス出身のモレルは2018年10月にマダガスカル代表でのプレーを選択し、ここまで6試合に出場している。 2019.07.17 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

フェキルがベティス行きに合意! ロ・セルソはスパーズ移籍へ!

ベティスが、リヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(25)の獲得に迫っているようだ。フランス『Canal Plus』、『Le Parisien』が伝えている。 昨夏、リバプール行きに迫りながらも最終的にリヨン残留となったフェキルは、クラブとの契約が2020年夏までとなっており、選手、リヨン双方が今夏のタイミングでの退団を考慮している。 その中でフェキルは先日に交渉の事実が伝えられたベティスへの移籍に同意したようだ。 両メディアが伝えるところによれば、以前からリーガエスパニョーラでのプレーを望んでいるフェキルは、ベティスが掲示した年俸700万ユーロ(約8億5000万円)の5年契約という好条件のオファーに同意する可能性が高いという。 また、キャプテンの放出を容認するリヨンは、3000万ユーロ(約36億5000万円)のオファーを受け入れる構えだという。 なお、仮にこの金額での移籍が成立した場合、ベティスにとってはサンパウロからブラジル代表FWデニウソンを獲得した際に支払った3150万ユーロに続くクラブ史上2番目の高額移籍となる。 ベティスはフェキルの獲得に迫る一方、トッテナムが獲得を熱望するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の売却オペレーションも並行して進めているという。 スペイン『Diario de Sevilla』はベティスがロ・セルソの放出条件を7500万ユーロ(約91億3000万円)に設定していると伝えている。 この金額に関してはベティスがパリ・サンジェルマン(PSG)からロ・セルソを買い取った際に、今後同選手を他クラブに放出した際の移籍金の20パーセントをPSGに支払うという契約条項が盛り込まれた影響による値段設定だという。 仮に、この金額で移籍が成立した場合、ベティスの取り分は6000万ユーロ(約73億円)となる。 なお、フェキルの獲得オペレーションはあくまでロ・セルソ売却を前提したものであり、先にロ・セルソを売却次第、交渉が進む模様だ。 2019.07.14 14:00 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース