韓国vsイランは白熱ドロー! ウィジョ連発もキム・ヨングォンがOG献上…《国際親善試合》

2019.06.11 22:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際親善試合の韓国代表vsイラン代表が11日に行われ、1-1のドローに終わった。7日に行われたオーストラリア代表戦をFWファン・ウィジョの決勝点によって1-0で勝利した韓国が、6日に行われたシリア代表戦でマルク・ヴィルモッツ新体制の初陣を5-0の大勝で飾ったイランと対峙したアジア勢同士の一戦。

連勝を狙う韓国はエースでキャプテンのFWソン・フンミンに加え、ガンバ大阪所属のDFキム・ヨングォン、ファン・ウィジョ、FC東京所属のMFナ・サンホを先発で起用した。

立ち上がりからフレンドリーマッチらしからぬオープンな攻防が繰り広げられた中、ホームの韓国がよりフィニッシュの場面を作り出す。15分過ぎにはソン・フンミンの右CKを中央で競り勝ったキム・ヨングォンが頭で合わすが、ここは相手GKの好守に阻まれた。さらに、25分にはボックス右で味方からのスルーパスに抜け出したファン・ウィジョが深い切り返しでDFを外して左足のシュートを放つが、DFにディフレクトしてゴールに向かったボールはGKビランヴァンドのビッグセーブに遭う。

一方、素早い攻守の切り替えを武器にカウンターを仕掛けるイランもFWジャハンバクシュの強烈なミドルシュートなどで韓国ゴールに迫るが、こちらもGKチョ・ヒョヌが立ちはだかる。

その後は不用意なボールロストが目立つ韓国に対して、イランの高速カウンターが発動。ボックス付近でタレミらが際どいシュートを浴びせかける。それでも、劣勢の韓国も前半終盤に盛り返すと、ソン・フンミンのミドルシュートに、44分には右サイド深くでイ・ヨンが折り返したボールをゴール前のナ・サンホが右足ボレーで合わすが、これは惜しくもクロスバーの内側を叩いた。

ゴールレスで折り返した試合は、後半も立ち上がりから攻め合う展開に。54分にはボックス手前のレザイアンが強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩く。

すると、直後の57分には韓国が先制点を奪う。自陣からのロングボールに対してMFイ・ジェソンが競りに行くと、ここでイランのDF2枚が交錯してボールがこぼれる。これを回収したファン・ウィジョがボックス右まで持ち込むと、GKビランヴァンドが果敢な飛び出しを見せる。だが、相手GKの寸前でループシュートに切り替えたファン・ウィジョの判断が功を奏してゴールネットを揺らした。

ファン・ウィジョの2試合連続ゴールで先手を奪った韓国だったが、直後のセットプレーから同点に追いつかれる。62分、イランの右CKの場面でキッカーが右足でアウトスウィングのボールを入れると、ゴール前で相手と競ったDFキム・ヨングォンに当たったボールがゴールネットに吸い込まれた。

奇しくもG大阪所属の2選手のゴールによって1-1の振り出しに戻った試合はその後も意地と意地がぶつかり合う見応えのある攻防が続く。互いに交代カードを切っていく中、試合終盤はホームの後押しを受けた韓国が押し込む。後半のアディショナルタイムにはソン・フンミンがボックス左角から強烈なシュートをゴール右隅に飛ばすが、これは相手GKの好守に阻まれ、試合はこのままタイムアップ。

ホームの韓国はアジアカップ後の連勝が「3」でストップ。一方、イランもヴィルモッツ新体制での連勝を飾ることはできなかった。

韓国代表 1-1 イラン代表
【韓国】
ファン・ウィジョ(後12)
【イラン】
OG(後17)
コメント
関連ニュース
thumb

韓国代表FWソン・フンミンが5度目の韓国年間最優秀選手賞を受賞、最優秀若手は元福岡DFウォン・ドゥジェ

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミン(28)が、2020年の韓国サッカー協会(KFA)年間最優秀選手賞を受賞した。 ソン・フンミンは、レバークーゼン時代の2013年と2014年、そしてトッテナム移籍後の2017年、2019年と過去4度受賞しており、今回が5度目の受賞となる。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ4bUlDaXo5RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2019-20シーズンのソン・フンミンは、プレミアリーグで30試合に出場し11ゴール11アシスト、チャンピオンズリーグで6試合出場5ゴール1アシスト、FAカップで4試合に出場し2ゴールを記録していた。 また、今シーズンもここまでプレミアリーグ12試合で10ゴール4アシスト、ヨーロッパリーグでは5試合で2ゴール1アシストを記録していた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、韓国代表としての活動は2試合しかなかったが、クラブでの功績が認められた形となった。 また、最優秀若手選手賞は、蔚山現代のDFウォン・ドゥジェ(23)が受賞。ウォン・ドゥジェは2017年7月にアビスパ福岡に加入し、明治安田生命J2リーグでは68試合に出場し2ゴール1アシストを記録。今年から蔚山現代に完全移籍すると、Kリーグ1で19試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも6試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CIzQ9JppZl2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CIzQ9JppZl2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CIzQ9JppZl2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">대한축구협회(@thekfa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.15 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWがコロナ重症化、「ほぼ死んでいた」と監督が本人の言葉を明かす

RBライプツィヒの韓国代表FWファン・ヒチャンだが、新型コロナウイルス(COVID-19)が重症化しているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 ファン・ヒチャンは、レッドブル・ザルツブルクから今シーズン加入。ここまでブンデスリーガで5試合の途中出場、チャンピオンズリーグで1試合、DFBポカールで1試合1ゴール1アシストを記録している。 しかし、ファン・ヒチャンは11月の韓国代表の活動に参加した際に、日本代表も活動を行なっていたオーストリアで感染。新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示しており、そこから未だ復帰をしていない。 ブレーメン戦を前に記者会見に臨んだユリアン・ナーゲルスマン監督は、ファン・ヒチャンの状態について「彼には強い症状があった」とコメント。「彼は私に、『最初の7日間はほとんど死んでいた』と言った。彼は具合が悪かった」とコメント。年内は復帰しないことを示唆した。 また、「気をつけ、非常に注意が必要だ。臓器、特に心臓に危険を及ぼす場合がある」と、ナーゲルスマン監督は注意を喚起している。 ライプツィヒは現在ブンデスリーガで3位に位置。しかし、エースであったドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがチェルシーへ移籍したことで得点数が減少。代役として期待されたファン・ヒチャンの復活が待たれる。 2020.12.12 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

開始15秒の電光石火弾!ファン・ウィジョの1G1Aで韓国がカタールに勝利《国際親善試合》

韓国代表は17日、カタール代表と国際親善試合を行い2-1で勝利を収めた。 14日に行われた国際親善試合でメキシコ代表と対戦した韓国は、幸先よく先制するものの後半の4分間で3ゴールを許し、2-3で逆転負けを喫していた。 1トップに元ガンバ大阪のFWファン・ウィジョ(ボルドー)を起用し、2列目の左サイドにFWソン・フンミン(トッテナム)、右にFWファン・ヒチャン(RBライプツィヒ)を配置。アンカーには元ヴィッセル神戸のMFチョン・ウヨン(アル・サッド)、GKには元北海道コンサドーレ札幌のク・ソンユン(大邱FC)を起用した。 試合は開始15秒に動く。相手ディフェンスにプレスをかけたファン・ウィジョがボールを奪うと、ボックス内左から中央へパス。これをファン・ヒチャンが無人のゴールに流し込み、韓国が先制する。 幸先良く先制した韓国だったが9分、カウンター一発で裏に抜けたアルモエズ・アリがGKとの一対一を制してすぐに同点に追いつかれてしまう。 韓国は右サイドのファン・ヒチャンを中心に攻勢をかける一方で、カタールはカウンターから背後を狙ってチャンスメイク。22分にはボックス手前中央でパスを受けたアフメド・アラー・エルディンがフリーでシュートも、GKク・ソンユンがなんとか弾き出して得点を許さない。 それでも迎えた36分、韓国は左サイドからソン・フンミンがドリブルでボックス内に侵入。すると、走り込んだファン・ウィジョがニアでパスに合わせて勝ち越しに成功する。 後半はリードを許すカタールが韓国ゴールに何度も迫るが、フィニッシュの精度を欠いてしまい得点ならず。韓国も押し込まれる時間がありながらもカタールゴールに迫るが、追加点を奪えない。 結局そのまま試合は終了。韓国がカタールを2-1で下した。 韓国代表 2-1 カタール代表 1-0 1分:ファン・ヒチャン(韓国) 1-1 9分:アルモエズ・アリ(カタール) 2-1 36分:ファン・ウィジョ(韓国) 2020.11.18 13:55 Wed
twitterfacebook
thumb

日本戦を控えるメキシコが後半のゴールラッシュで逃げ切り韓国に逆転勝利!《国際親善試合》

国際親善試合のメキシコ代表vs韓国代表が14日に行われ、3-2でメキシコが勝利した。 17日に日本代表との親善試合が控えるメキシコは、3トップに右からヘスス・コロナ、ヒメネス、ロサーノと並べた[4-3-3]の布陣を採用。中盤はアンカーにアルバレス、インサイドにコルドバとC・ロドリゲスを据えた。 一方、GKチョ・ヒョヌやクォン・チャンフンら4選手に関して新型コロナウイルスの陽性判定が確認された韓国は、ソン・フンミンやファン・ウィジョ、チョン・ウヨン、GKク・ソンユンらが先発で起用された。 立ち上がりから攻勢に出るメキシコは、2分にロサーノ、5分にヒメネスと立て続けに韓国ゴールに迫ったが共にシュートは枠を外した。さらに16分には、ヒメネスのラストパスをボックス中央で受けたヘスス・コロナがシュート。GKク・ソンユンがブロックしたこぼれ球に反応したヘスス・コロナが再びゴールを狙ったが、これもGKク・ソンユンが左足で弾き出した。 やや劣勢の時間が続いた韓国だったが、ファーストチャンスで先制する。21分、イ・ジュヨンの縦パスで左サイドを抜け出したソン・フンミンのクロスをファン・ウィジョがボレーシュートで流し込んだ。 先制を許したメキシコは、25分に反撃する。C・ロドリゲスの右CKをモレノがフリックするとファーサイドから走り込んだロサーノがスライディングシュートで合わせたが、これは左ポストに弾かれた。さらに34分には、ルイス・ロドリゲスのクロスからロサーノが決定機を迎えたが、シュートはGKク・ソンユンがセーブ。 後半も主導権を握るメキシコだったが、60分にピンチを迎える。スルーパスに抜け出したファン・ウィジョがボックス左深くまで持ち上がりシュートを放ったが、これはGKウーゴ・ゴンザレスが体でブロック。 このピンチを凌いだメキシコは、ここからよもやのゴールラッシュを見せる。まずは67分、敵陣でクリアをカットしたルイス・ロドリゲスのパスをボックス右横で受けたピネダのクロスをヒメネスが流し込んだ。 試合を振り出しに戻したメキシコは69分、ピネダの絶妙なスルーパスでゴール前に抜け出したアントゥナがダイレクトシュートを流し込み、逆転に成功。さらに70分には、左サイドで獲得したFKからC・ロドリゲスがクロスを入れると、相手DFのクリアミスをファーサイドのモレノが頭で折り返し、最後はサルセドがハーフボレーでゴール右に叩き込んだ。 その後、クォン・ギョンウォンのゴールで1点を返した韓国だったが、反撃はここまで。3-2で逃げ切ったメキシコが逆転勝利を飾った。 メキシコ 3-2 韓国 【メキシコ】 ヒメネス(後22) アントゥナ(後24) サルセド(後25) 【韓国】 ファン・ウィジョ(前21) クォン・ギョンウォン(後42) 2020.11.15 07:22 Sun
twitterfacebook
thumb

FCソウルDFキム・ナムチュンが31歳で死去…自殺か…

FCソウルの韓国人DFキム・ナムチュン(享年31)が30日に逝去したことがわかった。『朝鮮日報』など複数韓国メディアが訃報を伝えている。 ソウルの地元警察によると、現時点でキム・ナムチュンに他殺などの可能性はなく、同選手が自ら命を絶った可能性が高いという。ただ、警察は死因を含め今後も慎重に捜査を継続していく模様だ。 184cmの屈強なセンターバックのキム・ナムチュンは光云大学から2013年にFCソウルに加入。2017年からの2シーズンは兵役のため尚州尚武でプレーしたが、その後FCソウルに復帰。ここまでKリーグ1で通算114試合に出場し、今季ここまでも22試合に出場していた。また、FCソウルでは2015年に国内カップ、2016年のリーグ制覇に貢献していた。 2020.10.30 19:36 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly