左CBで常にサポート意識を…DF畠中槙之輔「臨機応変にできた」《キリンチャレンジカップ2019》2019.06.06 17:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表は6日、9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向け、トレーニングを再開した。トレーニング終了後、DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)がメディア陣による取材に応対。トリニダード・トバゴ代表戦での3バックで意識していたことを語り、「臨機応変にできた」と振り返った。


◆DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
──今シリーズは、3バックを試すのか
「それは言われてないので、監督次第じゃないですかね」

──トリニダード・トバゴ代表戦。序盤は相手3枚が攻め残りしていたが
「理想で言えば、(日本のディフェンスで)後ろに1枚余らせた方が良いですけど、相手もああいう張り方をしてきているので、ボランチを前に置いて、そこで1枚余らせて、どういう状況や展開になっても常にサポートへ行ける位置を取りながらやっていました。そこは臨機応変にできたと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

エクアドル戦で負傷交代のヴェシーノが右腓腹筋損傷で大会を離脱…《コパ・アメリカ》

ウルグアイサッカー協会(AUF)は17日、インテルのMFマティアス・ヴェシーノが右足負傷のためコパ・アメリカから離脱したことを発表した。 ウルグアイ代表は17日、コパ・アメリカ2019グループC第1節でエクアドル代表と対戦し、4-0で勝利。この試合に先発出場したヴェシーノだったが、79分に右足を痛めフェデリコ・バルベルデと負傷交代していた。 そして、試合翌日に行われた検査の結果、右足腓腹筋損傷と診断された。なお、現時点でヴェシーノの離脱期間は明かされていないが、コパ・アメリカ開催中の復帰が絶望的であることから離脱が決定した。 初戦を勝利したウルグアイ代表は、21日に第2節で日本代表と、25日に第3節でチリ代表と対戦する。 2019.06.18 03:45 Tue
twitterfacebook
thumb

大会ベストイレブンが発表! 準優勝の日本からは田中、相馬、椎橋の3名が選出!!《トゥーロン国際大会》

フランスで行われた第47回トゥーロン国際大会2019の大会ベストイレブンが、17日に公式サイトで発表された。 自己最高の準優勝で大会を終えたU-22日本代表からは、大会優秀選手3位に選ばれたMF田中碧(川崎フロンターレ)やMF相馬勇紀(名古屋グランパス)、MF椎橋慧也(ベガルタ仙台)の3名が選出。 また、5大会ぶりの優勝を飾ったU-22ブラジル代表からは、最優秀選手賞のMFドウグラス・ルイス(マンチェスター・シティ)や得点王のマテウス・クーニャ(ライプツィヒ)ら最多の6名が選ばれた。その他では、ブレイクスループレーヤーに選出されたU-19ポルトガル代表MFビトール・フェレイラと、最優秀GKに選出されたU-23中国代表GKチェン・ウェイが選ばれている。 ◆第47回トゥーロン国際大会2019ベストイレブン GK チェン・ウェイ(中国) DF エメルソン(ブラジル) リャンコ(ブラジル) 椎橋慧也(日本) 相馬勇紀(日本) MF アントニー(ブラジル) 田中碧(日本) ビトール・フェレイラ(ポルトガル) ドウグラス・ルイス(ブラジル) パウリーニョ(ブラジル) FW マテウス・クーニャ(ブラジル) 2019.06.18 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

チリ代表ビダル、コパ初戦の日本の久保について語る

日本がコパ・アメリカ初戦に激突するチリ代表のMFアルトゥール・ビダルが、久保建英についてコメントしている。フランス『besoccer』がコメントを紹介している。 日本時間18日の午前8時にキックオフを迎える日本代表vsチリ代表。その一戦に向けた記者会見に出席したビダルは、ある記者から日本の切り札である久保を知っているかと問われると、笑いながら以下のように答えた。 「ああ、もちろん。前に見たから知っているよ。彼はレアル・マドリーと契約したよね。凄い才能を持った選手だ」 「僕たちは彼をよく分析して、止め方も頭に入っている。日本は秩序のある速いチームだ。注意深く、集中しなければならない」 2019.06.17 22:48 Mon
twitterfacebook
thumb

過去最高成績に主将MF神谷優太は満足せず「日本の歴史を塗り替えたが…」《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-23チリ代表、U-19ポルトガル代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 チームキャプテンを務めたMF神谷優太(愛媛FC)が成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。「日本の歴史を塗り替えた」と喜びつつも「まだまだ未熟」と満足はしていないようだ。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆MF神谷優太(愛媛FC) ──大会を振り返って 「今大会はチームキャプテンをやらせてもらって、準優勝できたことで日本の歴史を塗り替えたという所はみんな嬉しいと思います。ですが、改めて世界との差を痛感しましたし、僕自身もまだまだ未熟だったと感じました」 ──肌で感じた世界との差とは 「ブラジル戦では間違いなく全ての差を見せ付けられました」 2019.06.17 22:42 Mon
twitterfacebook
thumb

「チーム力をすごい感じた」MF岩崎悠人が思う日本が世界に通用する武器とは?《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-23チリ代表、U-19ポルトガル代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 MF岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)が成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。日本が世界に通じる部分を明かした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆MF岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌) ──大会を振り返って 「今回初めての選手だったり、久しぶりの代表に参加選手がいる中で決勝まで行けで、日本のチーム力をすごい感じました」 ──肌で感じた世界との差とは 「個々の部分では一対一であったり、フィジカルの所ではメキシコやブラジル相手に対して凄い感じました。しかし、チームとして全然やれなかったことは無かったです。やれている部分もあったのでそういった意味ではよかったと思います」 ──コパ・アメリカで同世代が出場することについて 「チームでも試合に出れていなかったので選ばれなかったことは当たり前かなと思います。普段やっているメンバーなので、どれくらいできるのかということは僕自身興味があります」 2019.06.17 22:38 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース