松本DF田中隼磨がJ1通算400試合出場達成! 24人目の達成者2019.05.26 21:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
松本山雅FCに所属するDF田中隼磨(36)が、J1通算400試合出場を達成した。24人目の達成者となる。田中のJ1デビュー戦は、横浜F・マリノス在籍時に出場した2001年3月10日に行われたJ1リーグ1stステージ第1節のヴィッセル神戸戦。今年5月26日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節の名古屋グランパス戦に出場して、400試合出場を達成した。

◆年度別成績(左から年度、当時所属、J1出場数 J1得点数)
2001 横浜FM 16 0
2002 横浜FM 0 0
2002 東京V 16 2
2003 東京V 10 0
2004 横浜FM 23 1
2005 横浜FM 31 1
2006 横浜FM 34 5
2007 横浜FM 32 2
2008 横浜FM 32 1
2009 名古屋 29 0
2010 名古屋 33 0
2011 名古屋 34 1
2012 名古屋 31 1
2013 名古屋 34 1
2015 松本 34 0
2019 松本 11

合計 400試合15得点
コメント
関連ニュース
thumb

松本エースの前田大然、ポルトガル1部のマリティモ移籍が決定!

松本山雅FCは21日、日本代表FW前田大然(21)がマリティモ(ポルトガル)に期限付き移籍することを発表した。期間は2020年6月30日までとなる。 大阪府出身の前田は、2016年に山梨学院大学附属高校から入団した東京五輪世代の快速アタッカーで、2017年にレンタル移籍した水戸ホーリーホックでブレイク。2018年から松本に復帰した。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ2得点(18試合出場)。今年6月に行われたコパ・アメリカ2019でA代表に初招集され、2試合に出場している。 東京五輪世代として、MF久保建英(レアル・マドリー)、MF安部裕葵(バルセロナ)、DF菅原由勢(AZ)、FW中村敬斗(トゥベンテ)に次ぐ今夏5人目の欧州挑戦者となる前田。移籍決定を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「このたび、マリティモに期限付き移籍することになりました。2020年の東京オリンピックで日の丸をつけて活躍するには、自分自身もっと成長しなくてはならないと思い海外にチャレンジする決断をしました」 「J1でのチャレンジの途中でチームを離れるにあたり、チームメイト、監督、コーチ、スタッフをはじめクラブの皆さんに理解していただき、今回の移籍をサポートしてくれたことには感謝しかありません。 またサポーターの皆さんには昨日の試合のときに直接ご挨拶ができずに旅立つことになり申し訳ありません」 「松本山雅はファン・サポーターあってのクラブで、その一員として戦えたこと誇りに思います。ありがとうございました。次に日本に来るときは日の丸を着けて、ピッチで躍動してる姿を見せられるよう、しっかりポルトガルで結果を出してきます。本当にありがとうございました」 マリティモは、マデイラ諸島に拠点を置く1910年創設のクラブ。かつて相馬崇人氏が所属したポルトガル1部のクラブで、昨シーズンは国内リーグ戦12勝3分け19敗の11位に終わっている。 2019.07.21 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

松本、後半AT弾で土壇場勝ち点1ゲット! 広島は5戦負けなしも痛恨ドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第21節、松本山雅FCvsサンフレッチェ広島が20日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 勝ち点17で最下位に沈む3チームの中の一つが松本だ。リーグ戦最後の勝利は第13節の名古屋グランパス戦まで遡る。ここまでワーストの10ゴールという絶望的な攻撃力だが、今節に向けたスタメンは前節のジュビロ磐田戦から変更は一人のみとなった。 対する広島は前節にサガン鳥栖に勝利しここ4戦で2勝2分け。好調を維持して連勝といきたい今節のスタメン変更はこちらも一人。パトリックに代わってドウグラス・ヴィエイラが起用された。 最初のチャンスは広島。7分にボックス右でパスを受けたドウグラスが一度はボールを失うも、こぼれ球を拾って攻撃態勢へ。切り返してマークを外してシュートに持ち込んだが、惜しくも左上に外れた。 柏とハイネルの両ウイングバックの位置を変えるなど攻撃にアクセントを加える広島。ほとんど松本に攻撃のチャンスを与えないまま主導権を握っていく。28分にはDF吉野からのロングボールを胸トラップで受けた森島がシュートに繋げるも、ボックス左からのシュートは外側のサイドネットを叩いた。30分には右に流れたドウグラスの折り返しを柴崎がシュート。今度は左ポストを叩いてしまう。 ことごとく松本に攻撃を撥ね返される広島。すると前半の終わりにそのツケが回ってくる。44分、松本は右CKの流れで高橋がゴール前にクロスを供給。これを前田がヘディングシュートで合わせゴール右隅を突く。しかし、GK林が左手一本で掻き出しゴールならず。前半はゴールレスで終えた。 それでも前半の勢いを後半まで持ち込んだ広島は51分に試合を動かした。センターサークル内で頭で繋いだ森島のパスをドウグラスが左サイドの空いたスペースへスルーパス。これに走り込んだ柏がトップスピードでボックス左に持ち込み、そのまま左足を振り抜きニアを打ち抜いた。 しかし、ここから松本が攻撃に転じるようになると流れは少しずつホームチームに傾いていく。すると70分、味方のパスに右サイドの深い位置で反応した田中隼は、ボールを相手に奪われそうになるも粘り強くボックス右からマイナスの折り返しを供給する。その先にいた前田がダイレクトで狙うと、DFの股の下を通りゴール左に吸い込まれた。 逃げ切れなかった広島は75分にドウグラスを下げてパトリックを投入。79分には柴崎に代えて松本泰をピッチに送り込む。この交代で再び攻撃に勢いが出てきた広島は85分、最終ラインの野上からのロングボールを絶妙な飛び出して受けたパトリックが、飛び出してきたGKの頭上を抜くループシュートを決めて勝ち越し弾を決めた。 これで試合は決したかに思われたが後半アディショナルタイムのラストプレー。松本はボックス手前でパスを受けたパウリーニョが左足を振り抜くと、これがゴール右に決まって土壇場で同点に持ち込んだ。 試合はここで終了。広島にとっては痛恨のドローに。松本はまたしても勝つことはできなかったが、価値のある勝ち点1となった。 2019.07.20 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

松本のエース前田大然、ポルトガル1部のマリティモ移籍か

松本山雅FCに所属する日本代表FW前田大然(21)にポルトガル挑戦の可能性が高まっているという。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 大阪府出身の前田は、2016年に山梨学院大学附属高校から入団した東京五輪世代の快速アタッカーで、2017年にレンタル移籍した水戸ホーリーホックでブレイク。2018年から松本に復帰した。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ1得点(17試合出場)にとどまっているが、今年6月に行われたコパ・アメリカ2019でA代表デビューを果たして2試合に出場している。 その前田に対して、以前にバルセロナB加入の可能性がにわかに浮上したが、ここにきてプリメイラ・リーガ(1部)のマリティモ入りが有力的とのこと。買取オプションが付随したシーズンローンの契約でマリティモ移籍が見込まれているという。 マリティモは、マデイラ諸島に拠点を置く1910年創設のクラブ。かつて相馬崇人氏が所属したクラブで、昨シーズンは国内リーグ戦12勝3分け19敗の11位に終わっている。 2019.07.19 08:05 Fri
twitterfacebook
thumb

J1残留争いの松本に今夏2人目の新戦力! 山形から阪野豊史を獲得

松本山雅FCは16日、モンテディオ山形に所属するFW阪野豊史(29)の完全移籍加入を発表した。背番号「50」を着用する。 埼玉県出身の阪野は、浦和レッズユース、明治大学を経て、2013年に浦和入団。栃木SC、愛媛FCを渡り歩き、2017年に山形入りした。加入後は主力として活躍。チームがJ2優勝争いを繰り広げる今シーズンもここまで明治安田生命J2リーグ21試合に出場して、チームトップの7ゴールを記録している状況だった。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「松本山雅FCのファン・サポーターの皆様、はじめまして。大きな決意を持ってここに来ました。自分の持っている力を全て出し、松本山雅FCと共に成長していきたいと思います。一つでも多くの勝利をサポーターの皆様と分かち合えることを楽しみにしています。よろしくお願いします!」 ◆モンテディオ山形 「モンテディオのファン、サポーターの皆さまへ。はじめに2年半の間本当にありがとうございました。山形ではフロント、監督、スタッフ、最高のチームメイトに支えられて頑張ることが出来ました。そしてどんなときも背中を押してくれる皆様に大きな力をもらいました。ホームはもちろん、アウェイでも沢山の方に来て頂きました。初めて山形に来て、山形県民の地元愛とモンテディオを応援しようという強い気持ちに後押しされ、感動を受けたのを今でも覚えています」 「次にシーズン途中という大切な時期に、チームを離れることになってしまい大変申し訳ありません。大きな決断でしたが、自分で選んだ道を全力で走って行きたいと思います。山形県で生活をし、山形の温泉・自然・さくらんぼ・お肉・お米など数えきれないほどの良さを知り、この土地が大好きになりました。ここを離れるのはつらいですが、悔いが残らないよう、これからも頑張りたいと思います。山形で戦った108試合は僕の宝物です。山形で得たたくさんの経験を胸に今後のサッカー人生を戦って行きたいと思います」 J1昇格初年度の松本は現在、最下位のサガン鳥栖や16位のジュビロ磐田に勝ち点で並ぶ4勝5分け10敗の17位。松本にとって、阪野は柏レイソルから加入したDF高木利弥に続く2人目の今夏新戦力となる。 2019.07.16 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

松本が柏DF高木利弥を完全移籍で獲得「成長するために移籍という道を選びました」

松本山雅FCは15日、柏レイソルからDF高木利弥(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「39」。 2015年に神奈川大学からモンテディオ山形に加入し、プロキャリアをスタートさせた高木は、ジェフユナイテッド千葉を経て、2018年7月に柏に完全移籍。同年のシーズンは明治安田生命J1リーグに17試合、YBCルヴァンカップに3試合出場するなど、主力としてプレーしていたが、ネルシーニョ体制を迎えた今シーズンはJ2リーグでの出場はなく、ルヴァンカップ2試合の出場に留まっていた。 松本への完全移籍が決定した高木は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「はじめまして。柏レイソルから加入することになりました高木利弥です。このクラブに加入できたことを嬉しく思います。自分の持っている力を全て出して、チームに貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いいたします」 ◆柏レイソル 「このたび、シーズン中のタイミングですが、移籍することになりました。日立台の雰囲気は特別なものがあり、最高でした。今回サッカー選手として成長するために移籍という道を選びました。1年間という短い期間でしたが、ありがとうございました」 2019.07.15 15:20 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース