プレミア勢がRBライプツィヒの逸材CBコナテに関心

2019.05.24 18:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(19)にマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプールの3クラブが関心を示しているようだ。『Euro United』が伝えている。

2017年夏に母国のソショーからライプツィヒに移籍したコナテは、193cmの巨躯に加えて、快足揃いのライプツィヒの中でもトップクラスのスピードを誇るアスリート型のセンターバックだ。また、積極的な持ち出しや正確な右足のフィードも兼備している。今季は公式戦42試合に出場し3ゴールを記録していた。

先日にスイスのスポーツ研究国際センター(CIES)が発表した1999年以降に生まれたヨーロッパ5大リーグに所属する20歳以下の若手プレーヤーの市場価値ランキングでは4000万ユーロ(約49億円)で11位にランクインした逸材だ。

『Euro United』が伝えるところによれば、そのコナテには守備の改善が急務のユナイテッド、アーセナルの2クラブが強い関心を示しているという。

また、FWサディオ・マネ、MFナビ・ケイタと“レッドブル・グループ”産のタレントが主力として活躍しているリバプールも、コナテの獲得に興味を示しているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ボルシアMG、ライプツィヒからローゼ監督の愛弟子ヴォルフ獲得へ!

ボルシアMGがRBライプツィヒに所属するオーストリア代表MFハンネス・ヴォルフ(21)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 2014年にレッドブル・ザルツブルクのユースチームに加入したヴォルフは2016-17シーズンにトップチームデビュー。卓越したテクニックと戦術眼を武器にボールのオン・オフに限らず決定機を演出する攻撃的なMFは、オーストリア代表の今後を担う逸材として大きな期待を集めていた。 しかし、昨夏に加入した兄弟クラブのライプツィヒでは、U-21欧州選手権で負った骨折の重傷によってシーズン前半戦をほぼ棒に振る不運もあり、一転して厳しい日々を過ごすことに。 昨年12月にようやく新天地デビューを飾ったものの、コンディションの問題やユリアン・ナーゲルスマン監督の求める戦術に適応し切れず、加入1年目はブンデスリーガでわずか5試合の途中出場にとどまった。 そういった事情もあり、今後もライプツィヒでの去就が不透明なヴォルフに対して、オファーを掲示したのが、ザルツブルク時代の恩師であるマルコ・ローゼ監督が率いる今シーズンのブンデスリーガ4位のボルシアMGだ。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)参戦に向けて前線の新たな攻撃オプションを求めるローゼ監督は、自身の戦術を深く理解する教え子に白羽の矢を立てたようだ。 なお、今夏の補強資金が必要なライプツィヒは完全移籍での売却を望んでいるものの、財政面で余裕のボルシアMGが掲示した買い取りオプション付きのレンタル移籍という条件に応じる構えだという。 2020.07.09 21:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、モナコからドイツ代表歴があるDFヘンリクスを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

RBライプツィヒは8日、モナコからドイツ代表DFベンヤミン・ヘンリクス(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年間となり、買い取りオプションがついているとのことだ。 ヘンリクスは、レバークーゼンの下部組織出身で、2015年7月にファーストチームへ昇格。2018年8月にはモナコへ完全移籍を果たしていた。 今シーズンはリーグ・アンで13試合に出場。モナコでは2シーズンを過ごし、公式戦44試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 レバークーゼン時代には、ブンデスリーガで62試合に出場し4アシストを記録していた。 また、過去にドイツ代表歴もあり、2017年のコンフェデレーションズカップで2試合に出場していた。 2020.07.09 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWファン・ヒチャンがザルツブルクからライプツィヒへ! 2025年までの5年契約

RBライプツィヒは8日、レッドブル・ザルツブルクに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン(24)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は2025年までの5年間となり、背番号は11を着用する。 浦項スティーラースの下部組織出身もザルツブルクでプロキャリアをスタートしたファン・ヒチャン。オーストリアの地で着実にプレーヤーとしてのレベルを上げた韓国代表は今季、今冬にリバプール、ドルトムントへステップアップを果たした日本代表FW南野拓実やノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと共に攻撃を牽引していた。 公式戦38試合16ゴール21アシストの見事な数字を残し、オーストリア・ブンデスリーガ7連覇と国内カップ戦のシーズン2冠に大きく貢献。その活躍もあり、今冬から今夏にかけてウォルバーハンプトンやエバートンといったプレミアリーグのクラブからの関心が伝えられていた。 ライプツィヒではエースストライカーであるドイツ代表FWティモ・ヴェルナーのチェルシー移籍に加え、ローマからレンタル加入中のチェコ代表FWパトリック・シックの去就が不透明な状況となっている。 2020.07.08 22:13 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコのドイツ代表DFヘンリクスがライプツィヒのメディカルチェックを受診

モナコのドイツ代表DFベンヤミン・ヘンリクス(23)がライプツィヒのメディカルチェックを受診しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 同メディアによるとヘンリクスは7日にライプツィヒのメディカルチェックを受け、8日にも買い取りオプション付きのレンタルでライプツィヒに加入することになるとのことだ。 2023年6月までモナコと契約を結んでいるヘンリクスを買い取る際の移籍金は1500万ユーロ(約18億2000万円)になるという。 レバークーゼンでプロデビューを飾った右サイドバックを主戦場とするヘンリクスは、2018年夏にモナコへ完全移籍。モナコでは在籍2シーズンで公式戦44試合に出場し、今季は公式戦15試合に出場していた。 2020.07.08 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ウパメカノは来季もライプツィヒ残留か? CEOがヴェルナー同様の流れを期待

U-21フランス代表DFダヨ・ウパメカノ(21)は、来シーズンもRBライプツィヒでプレーする可能性が高いようだ。 高い身体能力と守備センスを武器に、ヨーロッパ屈指の若手センターバックとして評価を高めるウパメカノ。 以前には今夏のステップアップが既定路線と見られていたが、コロナ禍でクラブ財政への打撃が深刻化する中、6000万ユーロ(約72億8000万円)に設定されている契約解除金を支払ってまで、今夏の獲得にこだわるクラブは現れないとの見通しが出てきている。 そういった中、ライプツィヒのCEO(最高経営責任者)を務めるオリバー・ミンツラフ氏は、ドイツ『キッカー』で改めてウパメカノの去就に言及。現行契約が2021年6月末までとなっている中、来夏のフリー移籍を回避するための契約延長交渉が順調に進んでいることを明かした。 「彼は来シーズンも我々のためにプレーすることになると考えている。また、我々は来年に彼がフリートランスファーで去ることを阻止するため、その解決策を見いだす話し合いを良い形で進めている」 なお、その解決策に関しては、今夏にチェルシーへ旅立ったドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(24)と同様に、選手側の意向に配慮した形での新たな契約解除金の設定になる模様だ。 「それはティモ・ヴェルナーとの間ではうまくいった。ダヨに関しても我々は良い形で宿題をこなせると思っている」 2020.07.06 18:30 Mon
twitterfacebook