プレミア勢がRBライプツィヒの逸材CBコナテに関心2019.05.24 18:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(19)にマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプールの3クラブが関心を示しているようだ。『Euro United』が伝えている。2017年夏に母国のソショーからライプツィヒに移籍したコナテは、193cmの巨躯に加えて、快足揃いのライプツィヒの中でもトップクラスのスピードを誇るアスリート型のセンターバックだ。また、積極的な持ち出しや正確な右足のフィードも兼備している。今季は公式戦42試合に出場し3ゴールを記録していた。

先日にスイスのスポーツ研究国際センター(CIES)が発表した1999年以降に生まれたヨーロッパ5大リーグに所属する20歳以下の若手プレーヤーの市場価値ランキングでは4000万ユーロ(約49億円)で11位にランクインした逸材だ。

『Euro United』が伝えるところによれば、そのコナテには守備の改善が急務のユナイテッド、アーセナルの2クラブが強い関心を示しているという。

また、FWサディオ・マネ、MFナビ・ケイタと“レッドブル・グループ”産のタレントが主力として活躍しているリバプールも、コナテの獲得に興味を示しているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、プレミア最年少出場の神童MFに関心か

バルセロナが、フルアムに所属するU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオット(16)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 フルアム下部組織出身で現在16歳のエリオットは5月4日に行われたプレミアリーグ第37節のウォルバーハンプトン戦に88分から出場。16歳30日でのプレミアリーグ史上最年少出場記録を樹立した。 その逸材とフルアムの現行契約は今夏まで。クラブは新契約を拒否された模様であり、今夏にフリーで退団する可能性が高いと見られている。 しかし、エリオットを狙っているのはバルセロナだけではないようだ。若手育成に定評のあるライプツィヒも関心を寄せているようで、今夏の去就が注目されている。 2019.06.17 15:14 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ライプツィヒのウパメカーノに関心か

アーセナルが、ライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFデヨール・ウパメカーノ(20)に関心を抱いているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 今夏の移籍市場で新たなセンターバックの獲得を目指すことが報じられているアーセナル。だが、来シーズンのCL出場権を手にできなかったことで、今夏は選手の売却費用を除き4000万ポンド(約55億円)と言われる乏しい補強費と緊縮財政を強いられる見込みだ。 そうした中で、メインターゲットとしてバルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティを掲げてきたが、高額な移籍金に加えて選手当人が残留を望んでいることもあり獲得を断念。そこでアーセナルは、強靭なフィジカルに加え、鋭い読みやボール捌きにも優れているU-21フランス代表DFに照準を切り替えたという。 今シーズンはケガの影響もあり公式戦出場は22試合に留まったウパメカーノの現行契約は2021年まで。ライプツィヒから新契約を提示されているが、いまだ合意には至ってはいないことから、プレミアリーグに移籍することが指摘されている。 また、アーセナルは他の案としてサンプドリアのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)にも興味を示しているとのこと。果たして、アーセナルはCBの獲得に成功することができるのだろうか。 2019.06.05 18:11 Wed
twitterfacebook
thumb

RBライプツィヒ、ラングニック氏がSD兼任監督退任! 今後はレッドブルグループのスポーツ部門統括者に

RBライプツィヒは4日、今シーズンに監督とスポーツ・ディレクター(SD)を兼任していたラルフ・ラングニック氏(60)の退任を発表した。また、新たなSDに前パーダーボルンSDのマルクス・クレシェ氏(38)が就任することを併せて伝えている。 これまでシュツットガルトやハノーファー、シャルケ、ホッフェンハイムの監督を歴任してきたラングニック氏。2012年からは世界的な飲料メーカー『レッドブル』社がオーナーを務めるレッドブル・ザルツブルクとライプツィヒの統括SDに就任。 2015年からはライプツィヒの仕事に専念しSDと監督を兼任。今シーズンは2019-20シーズンから新監督に内定しているホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督(31)の繋ぎ役として、1シーズン限定でSD兼任監督に再任。チームを来季チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュさせる、さすがの手腕を発揮していた。 前述のように監督職に関しては元々今季限りとなっていたが、今回SD職に関しても退任が決定した。 そして、ラングニック氏は新シーズンから引き続きライプツィヒのアドバイザーを務める傍ら、『レッドブル・グループ』のスポーツ部門兼サッカー開発部門の責任者に就任することになった。具体的には傘下のニューヨーク・レッドブルズ(アメリカ)、レッドブル・ブラジル(ブラジル)のアドバイザーを務めるようだ。 一方、新SDに就任するマルクス・クレシェ氏は2022年6月30日までの契約にサインしている。また、クレシェ氏の招へいに際してライプツィヒとパーダーボルンはパートナーシップ契約を結んでいる。 さらに、現役時代に右サイドバックとしてフルアムや1860ミュンヘンで活躍したモリッツ・フォルツ氏(36)が、アシスタントコーチとしてナーゲルスマン新監督率いるコーチングスタッフに入閣する。 2019.06.04 20:43 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ&コマン弾でバイエルンが3年ぶり19度目のポカール制覇! 《DFBポカール》

DFBポカール決勝のライプツィヒvsバイエルンが25日にベルリン・オリンピアシュタディオン行われ、0-3でバイエルンが勝利した。この結果、バイエルンが3年ぶり19度目のDFBポカール制覇を達成した。 準決勝でブンデス2部のハンブルガーSVを3-1で下し決勝進出を決めたライプツィヒは、18日に行われたブンデスリーガ最終節ブレーメン戦の先発からアダムス以外の10人変更。中盤フラットな[4-4-2]を採用したライプツィヒは、2トップにバイエルン行きが噂されるヴェルナーとユスフ・ポウルセンを起用した。 一方、準決勝で日本代表FW大迫を擁するブレーメンに辛勝し2年連続の決勝進出を果たしたバイエルンは、ブンデス最終節のフランクフルト戦から先発を2人変更。GKウルライヒとゴレツカに代えて約6週間ぶりの復帰戦となるGKノイアーとハビ・マルティネスが先発で起用された。 開始3分にボックス右から仕掛けたニャブリのシュートで幕を開けた一戦。良い入りを見せたバイエルンだったが、セットプレーからピンチを迎える。11分、ライプツィヒはハルステンベルクの左CKからY・ポウルセンがヘディングシュートを狙ったが、これはGKノイアーが右手で弾くとクロスバーを直撃した。 決勝戦らしく一進一退の攻防戦が展開される中、バイエルンは29分に均衡を破る。コマンのパスから左サイドをオーバーラップしたアラバがクロスを供給すると、ゴール正面のレヴァンドフスキが後ろに下がりながらヘディングで合わせると、このシュートがゴール左に吸い込まれた。 先手を取ったバイエルンは、42分にもフンメルスのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したコマンに決定機が訪れたが、飛び出したGKをかわして放ったシュートはゴールカバーに戻ったコナテにゴールライン手前でクリアされた。 迎えた後半、先に決定機を迎えたのは1点を追うライプツィヒ。48分、コナテのロングスルーパスで相手DFの裏に抜け出したフォルスベリがドリブルで持ち上がりGKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKノイアーが左足に当てるビッグセーブを披露。 ライプツィヒは、57分にもフォルスベリのパスをボックス右で受けたヴェルナーが細かなステップで相手マークを外しシュート。しかし、これはゴールカバーに入ったジューレにゴールライン手前でブロックされた。 膠着状態が続く中、バイエルンは65分にハビ・マルティネスを下げてトリソを、73分にニャブリを下げてロッベンを投入。すると78分、オーバーラップしたキミッヒがボックス内へパスを供給すると、相手DFに当たり浮いたボールをボックス中央で収めたコマンが縦への突破から左足のシュートでゴールネットを揺らした。 待望の追加点を奪ったバイエルンは、85分にも自陣でパスカットしたキミッヒが前線に大きくクリアすると、このボールに反応したレヴァンドフスキがボックス中央までボールを持ち上がり冷静に相手GKとの一対一を制した。 試合を決定づけたバイエルンは、87分にコマンを下げてリベリをピッチに送り出す。その後も危なげない試合運びでゲームを締めくくったバイエルンが、3-0で快勝。リーグ戦に続き、3年ぶりのDFBポカール制覇で国内2冠を達成した。 2019.05.26 05:13 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンに朗報…主将GKノイアーがDFBポカール決勝で復帰へ

バイエルンを率いるニコ・コバチ監督が25日に行われるDFBポカール決勝のライプツィヒ戦で、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが復帰することを明言した。ドイツ『ビルト』が報じている。 ノイアーは、4月14日に行われたブンデスリーガ第29節のデュッセルドルフ戦で後半直後に左足ふくらはぎを負傷。その後、約6週間に渡り戦列を離れていたがついに試合に復帰するようだ。 ライプツィヒ戦前日会見に臨んだニコ・コバチ監督は次のようにコメントしている。 「マヌエルは明日の試合でプレーする予定だ。彼はキャプテンであり、我々にとって不可欠な存在だよ」 2019.05.25 02:15 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース