リッピ氏が中国代表監督に再任! 今年1月末に退任もわずか4カ月で復帰

2019.05.24 13:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
中国サッカー協会(CFA)は24日、今年1月まで中国代表を率いていたマルチェロ・リッピ監督(71)の再任を発表した。

1995-96シーズンにユベントスでチャンピオンズリーグを制したほか、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)でイタリア代表を優勝に導いた実績を誇るリッピ監督。2012年から広州恒大の指揮を執り、2016年10月から中国代表監督に就任した。だが、今年1月に開催されたAFCアジアカップ2019終了後の契約満了をもって退任を発表していた。

その後、中国代表は広州恒大を率いるファビオ・カンナヴァーロ監督(45)が兼任という形で3月に行われたチャイナカップのタイ代表戦、ウズベキスタン代表戦(いずれも0-1で敗戦)を率いたが、先月に辞任を発表していた。

そして、空位となっていた中国代表の新指揮官に就任したのは、一時監督業勇退も囁かれていたリッピ監督となった。なお、リッピ監督第二次政権の任期は2022年カタールW杯までとなっており、来月に行われるフィリピン代表、タジキスタン代表との国際親善試合で再スタートを切ることになる。


関連ニュース
thumb

クレモネーゼをセリエA昇格に導いたファビオ・ペッキア監督が電撃退任…

クレモネーゼは21日、ファビオ・ペッキア監督(48)の退任を発表した。 ラファエル・ベニテス氏の右腕としてナポリやレアル・マドリー、ニューカッスルで仕事をした後、2019年2月から6月までは、当時J2のアビスパ福岡を指揮し、以降はユベントスU-23を指揮してコッパ・イタリア セリエC優勝を果たしたペッキア監督は、2021年1月からクレモネーゼの監督に就任。 そして、就任2年目となった今シーズンはセリエBを2位でフィニッシュし、同クラブを1995-96シーズン以来、26年ぶりのセリエA昇格に導いた。 新シーズンは自身初のセリエAで采配を執る予定だったが、昇格に導いてからわずか2週間後に電撃退任となった。 ペッキア監督は今回に退任に際して、クラブ公式サイトでオープンレターを公開している。 「我々全員にそれぞれ人生がある中、自分自身に耳を傾け、何かを選択する必要がある瞬間がある。その中で決断が下されたとしても、それを実行することは困難であり、また予想外に思えるかもしれない。しかし、私はクレモネーゼを離れることに決めた」 「まず、私の心の状態を完全に理解し、しぶしぶながらもセリエAに到達するまでに至ったこの並外れた専門的経験を終わらせたいという私の個人的な願望を受け入れてくれたアルヴェディ会長に感謝します」 「カルチョの夢の強さ、エキサイティングなシーズンの激しさ、そして自分が持っていたすべてのもの、さらにはそれ以上のものを守ったという意識が実現し、新しいエネルギーにスペースを与えるため、クレモのベンチを離れることを決心した」 なお、現時点でペッキア監督の今後の去就は不透明な一方、イタリア『Mediaset』が報じるところによれば、後任監督に関してはフィリッポ・インザーギ氏らが候補に挙がっているという。 2022.05.21 22:46 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルがエースでオランダ女子代表のFWミーデマと契約延長

アーセナルは21日、オランダ女子代表FWフィフィアネ・ミーデマ(25)との契約延長を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 2017年にバイエルンからアーセナルに加入したミーデマ。2021-22シーズンは39試合に出場し23ゴールを記録。通算では144試合で117ゴールを記録している。 2018-19シーズンにはFA女子スーパーリーグ(FAWSL)での優勝を経験。今シーズンは、惜しくも2位という結果に終わっていた。 オランダ代表としても活躍し、2017年には女子ユーロで優勝。2019年には女子ワールドカップで2位に導くなどしている。 ミーデマは今回の契約延長についてコメントしている。 「正直言って本当に良かったです。それは明らかに本当に大きな決断でした」 「長い時間がかかりましたが、気分が良ければ今すぐにでもという状況でした。私は自分の心に従う必要があり、来年はチームの一員になれてうれしいです」 <span class="paragraph-title">【写真】仲間達とオフを楽しむミーデマ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cdv3Fv9I326/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cdv3Fv9I326/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cdv3Fv9I326/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Vivianne Miedema(@viviannemiedema)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.21 22:34 Sat
twitterfacebook
thumb

ストラコシャは来季自身初のプレミアへ?フルアム加入で合意の模様

ラツィオのアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャ(27)は、来シーズン自身初となるプレミアリーグの舞台へチャレンジするようだ。イタリアの複数のメディアが報じている。 ギリシャの首都アテネで生まれ育ったストラコシャは、2012年8月、17歳の時にラツィオの下部組織へ加入。ファーストチーム昇格後は、当時セリエBだったサレルニターナへの期限付き移籍を経て、復帰後にチームの守護神に定着した。 しかし、ここ2シーズンは経験豊富な元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(39)とポジションを分け合う機会が増え、出場機会を減らしていた。 かねてより契約満了を迎える今シーズン限りでの退団が濃厚とされてきたストラコシャだが、『カルチョ・メルカート』によると、新天地は来シーズン、プレミアリーグへ昇格するフルアムとなるようだ。 フルアムとストラコシャは、2026年までの4年契約を締結すると見られている。 2022.05.21 21:47 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル退団濃厚のベシーノはラツィオへ? サッリが教え子たちとの再会を心待ちに

今季限りでインテルでの契約が満了となるウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノ(30)は、エンポリ時代の恩師であるマウリツィオ・サッリ監督が率いるラツィオへ移籍することになりそうだ。イタリアの複数のメディアが報じている。 ベシーノは2017年8月にフィオレンティーナから加入。最初のシーズンは、最終節のラツィオ戦でインテルにとって7シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を呼び込む決勝弾を決めるなど主力として活躍した。しかし、アントニオ・コンテ監督が就任した2019-20シーズンを境に徐々に序列が低下し、シモーネ・インザーギ体制となった今季もセリエAで17試合の出場にとどまっている。 かねてより今季限りでの退団が濃厚とされてきたベシーノだが、『Sempre Inter』によると、ラツィオのサッリ監督が来季のチーム編成にあたって、ベシーノら自身が指導してきた教え子たちをチームに呼び寄せたいと考えているとのことだ。 サッリ監督は、ベシーノ以外にもエバートンに所属するブラジル代表MFアラン(31)や、ユベントスの元イタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(27)ら、かつて自身が指揮したクラブで重用してきた選手たちとの再会を心待ちにしているという。 ラツィオは元ブラジル代表MFルーカス・レイバ(35)の今季限りでの退団が確実視されており、中盤の位置から献身的な働きでチームを支えるベシーノの獲得にはとりわけ熱心だと指摘されている。 2022.05.21 21:32 Sat
twitterfacebook
thumb

デウロフェウは再び赤黒のユニフォームに袖を通す?ミランなど3クラブが関心か

ウディネーゼに所属する元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(28)は、今夏の移籍市場をセリエA上位陣のクラブへステップアップするチャンスだと捉えているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。 ウディネーゼの背番号10を背負うデウロフェウは、バルセロナの下部組織出身のアタッカーだ。バルサのファーストチームでは出場機会に恵まれず、ミランやセビージャ、エバートンへの期限付き移籍を経て、2018年1月にワトフォードへ加入すると、2020年10月には同一オーナーが所有するウディネーゼへと活躍の場を移した。 今季のセリエAでは33試合12得点5アシストを挙げ、文字通りチームを牽引してきたデウロフェウ。そんな彼に、ミランやナポリ、ウェストハムが興味を抱いているようだ。 『カルチョ・メルカート』は、デウロフェウが、セリエAのより大きく、野心的なビジョンをもつクラブでプレーしたいと考えていると主張。ウェストハムも関心を寄せているものの、デウロフェウがイタリアの地を離れることはないと推測している。 最も可能性が高いとされるのがミランだ。デウロフェウもかつて在籍しており、期限付き移籍による半年間のみだったが、ミランの選手として17試合4得点を記録している。ミランのパオロ・マルディーニTD(テクニカルディレクター)が、デウロフェウの代理人とシーズン終了後に会談の場を設けると見られており、デウロフェウ自身もミラン復帰に乗り気であるとのことだ。 一方、現在所属するウディネーゼも、デウロフェウの移籍金を1500万ユーロ(約20億円)に設定し、交渉に応じる構えとのことで、今季終了後にステップアップする可能性は非常に高いと見られている。 2022.05.21 17:36 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly