鹿島のACL決勝T進出でJ1の日程が変更2019.05.22 22:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
明治安田生命J1リーグは22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の鹿島アントラーズの決勝進出に伴い、リーグ戦の日程が変更されたことを発表した。鹿島は、山東魯能、慶南FC、ジョホール・ダルル・タクジムと同居のグループEに。第3節まで2勝1分けと好調だったものの、その後の2試合で連敗。2位で迎えた最終節で山東魯能に2-1の逆転勝利を収め、2位通過を決めた。

これにより予定されていたJ1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsセレッソ大阪および第17節の鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島の日程が変更となった。


◆日程変更
第15節 鹿島アントラーズvsセレッソ大阪
6月15日(土)18:30→6月14日(金)19:00

第17節 鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島
6月29日(土)18:30→6月30日(日)18:30
コメント
関連ニュース
thumb

不可解判定に涙を呑んだ広島…王者鹿島は勝負強さを見せてベスト8進出!!《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019決勝トーナメント1回戦2ndレグのサンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズが25日に行われた。3-2で広島が勝利し2戦合計3-3としたものの、アウェイゴール差で鹿島がベスト8進出を決めた。 運命のセカンドレグをホームで迎える広島はファーストレグで稲垣が2枚のイエローカードを受けて退場に。この試合も出場停止のため代わりに荒木が先発に起用された。 ホームでのファーストレグの1点のアドバンテージを持つ鹿島はスタメンを2人変更。安西と白崎を代えて町田と名古が入った。ファーストレグで決勝点を挙げたセルジ―ニョは土居とツートップを組んだ。 ベスト8進出に2点必要な広島が立ち上がりから積極的に仕掛ける。2分、左CKのこぼれ球を野上がシュート。これは相手にブロックされて枠の外へ流れた。 ここで鹿島にアクシデント。チョン・スンヒョンがCKの競り合いの中で負傷し続行不可能に。代わりにルーキーの関川がピッチに送られた。 鹿島はもう一人のルーキー名古が左サイドからチャンスを作る。切れのあるドリブルで相手を抜き去りゴール前に折り返したが、広島守備陣もそう簡単に決定機を許さない。 14分に広島はFKのチャンス。敵陣左サイドから森島がゴール前にクロスを放り込むと、野上がダイビングヘッドで合わせる。ドンピシャのタイミングだったがシュートはGKクォン・スンテの正面に飛んでしまった。 広島が主導権を握るものの鹿島のペナルティエリア内で悉く跳ね返されてしまう。すると33分、鹿島は左サイドのレオ・シルバが上げたクロスは佐々木にクリアされるも、そのボールを拾った土居がボックス中央から右足を振り抜くと相手DFの股を抜いてゴール左に決まった。 これで逆転突破には3得点が必要になった広島。42分に巧みなパスワークから川辺にゴールチャンスが訪れたが、ゴール一歩手前でクリアされてしまい、2戦合計0-2で試合を折り返した。 後半に向けて広島は清水を下げてパトリックを投入。するとそのパトリックが48分、カウンターから早速シュートに持ち込む。その後は何度かゴール前まで運ぶものの、簡単にはシュートを打たせてもらえない時間が続く。 対して鹿島は少ない手数でチャンスを作る。63分に右サイドバックからピッチ中央のレオ・シルバに渡ると、レオ・シルバはワンタッチで前線のセルジ―ニョへ。セルジーニョはGK中林と一対一になるが、頭上を狙ったループシュートは僅かに左に外れた。 ここを決められていれば万事休すとなっていが広島だったがこのピンチを凌ぐと63分、右サイドにポジションを変えた柏のクロスをパトリックが打点の高いヘディングで合わせると、競り合いに来た相手に当たってゴールイン。これで2戦合計1-2とした。 さらに広島は72分、再び右サイドのクロスからパトリックがヘディングシュートを放つと、こぼれ球を拾って森島から佐々木へ。佐々木はボックス左から左足を振り抜き、これがニアを突いてネットを揺らした。 あとはアウェイゴール分の1点に迫った広島だったが74分、鹿島のカウンターの決定機をGK中林が阻止してしまい一発退場に。これで広島は3枚目の交代カードを使って吉野に代えてGK林を投入した。 それでも広島の猛攻は続く。80分、左サイドでボールを受けたパトリックがドリブルでボックスに侵入したところで関川のスライディングタックルを受け転倒。広島はPKを主張したが主審は抗議したドウグラス・ヴィエイラにイエローカードを提示。 さらに物議を醸すシーンが82分に生まれる。右サイドを突破した柏のグラウンダーのクロスをファーサイドでパトリックが押し込んで逆転…かに思われたが主審の笛。クロスを上げた柏が相手に後ろから倒されPKと思いきや、ここで柏のシミュレーションを取られるという不可解な判定でゴールは認められなかった。 試合も90分を迎えようかという終盤戦。広島はCKの場面でGK林もゴール前へ上がる。しかしこれが裏目に出てしまう。クロスを撥ね返した鹿島は当然のようにカウンターへ。必死に戻る林や広島の選手らを尻目に左サイドでボールを持った土居が無人のゴールへ流し込んで決定的な追加点を挙げた。 絶望的状況に立たされた広島。後半アディショナルタイムが5分与えられた中で、パトリックが関川に倒されPKを獲得。これを自ら決めるも焼け石に水。ゴール直後に試合終了のホイッスルが鳴り響き、鹿島のベスト8進出が決定。不可解な判定で涙を呑んだ広島は試合には勝利したもののここで敗退となった。 なお、ベスト8の対戦相手は抽選で決まる。 2019.06.25 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】カギを握るのはバランスとコントロール、ベスト8への大一番《サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズ》

25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16の第2戦、サンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズが、広島広域公園陸上競技場で行われる。 ラウンド16で実現した日本勢対決。第1戦は鹿島が1-0で先勝しアドバンテージを持って臨むことに。一方の広島は、ホームで逆転勝利を目指す。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆失点せずに逆転勝利を</span>〜サンフレッチェ広島〜 アウェイで行われた第1戦は鹿島の対策に苦しんだ。ホームゲームとなった鹿島は、アウェイゴールを与えないために強固な守備ブロックを形成。裏を取らせない守り方に苦しんだ。 おかげでポゼッションを高めることはできたものの、崩しの部分とフィニッシュワークに精度を欠き、無得点。24分に許したセルジーニョのゴールで逃げ切られ、1-0で敗戦となった。 広島にとっての苦しみは敗戦だけではない。86分にはMF稲垣祥が2度目の警告を受け退場処分に。第2戦では起用できないことも影響を与える。 まずは同点に追いつくことが必要となる広島だが、鹿島にゴールを許してしまえば、3点が必要となる状況だけに、前掛かりになり過ぎるのも避けたいところ。ゲームコントロールが勝敗を分けそうだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆精神的優位の王者はトドメをさせるか</span>〜鹿島アントラーズ〜 対する鹿島は、精神的にも余裕がある状況だ。アウェイゴールを許さずにホームでの勝利。第2戦で先に得点を奪うことがあれば、一気にゲームを優位に進めることができる。 ホームでは王者らしく、試合巧者ぶりを発揮した鹿島は、先週末のリーグ戦もなかったためにコンディション面も問題はない。昨シーズンは抜け目のない勝ち上がりで頂点まで上り詰めており、今シーズンもその戦いぶりは健在だ。 第2戦で必要なのは、アウェイゴール。しかし、先制を許せばイーブンの状態となり、広島を勢いづかせてしまう可能性も高い。まずは落ち着いて試合をコントロールしながら、広島が攻勢に出たタイミングをしっかりと生かすことができるか。決定力がカギを握ることになるだろう。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆サンフレッチェ広島</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190625_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:中林洋次 DF:荒木隼人、野上結貴、佐々木翔 MF:清水航平、川辺駿、吉野恭平、柏好文 MF:森島司、柴崎晃誠 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:稲垣祥 日本代表:大迫敬介、松本泰志<hr>勝利が必要な広島は、前述の通り稲垣祥が出場停止となりボランチの人選が難しい状況に。3バックの中央でプレーしていた吉野恭平を1つ前にあげ、ACLで出場を重ねる荒木隼人が3バックの右、中央に野上結貴、左に佐々木翔と予想する。また、渡大生に代えて柴崎晃誠をシャドーで起用と予想。攻守のバランスをいかに取れるかがカギとなる。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆鹿島アントラーズ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190625_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:クォン・スンテ DF:永木亮太、チョン・スンヒョン、犬飼智也、安西幸輝 MF:遠藤康、三竿健斗、レオ・シルバ、白崎凌兵 FW:セルジーニョ、土居聖真 監督:大岩剛 日本代表:安部裕葵 出場停止:なし<hr>対する鹿島は、第1戦と同じ陣容で臨むと予想する。前述の通りリーグ戦がなかったため、広島戦から過密日程を避けられている。現状のベストメンバーを用意し、しっかりと2戦合計で勝利を目指す。 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF柏好文</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190625_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>広島の注目選手はMF柏好文だ。キャプテンとして、そしてアタッカーとしての活躍が求められる柏。第1戦でも好機を作りながらもゴールを奪えず。鹿島の堅い守備に苦しんだ。ホームで迎える第2戦。グループステージでの勝負強さを体現するため、柏の切れ味鋭いドリブルが火を吹くか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF土居聖真</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190625_20_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>鹿島の注目選手はMF土居聖真だ。第1戦でもそのプレーに輝きを見せており、直近のリーグ戦でも持ち味であるボールを持った際のプレーが際立っていた。ACLではセルジーニョが得点を量産しているが、その1つ手前のプレーでチームを支えられるか。広島に止めを刺すゴールを奪いたい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆先制ゴールで変わる展開</span> この試合のポイントは先制点の行方だろう。ホームの広島が先制し2戦合計で追いつくのか、それとも鹿島が先制しアウェイゴールを奪うのかで大きく展開は変わる。 互いにゴールを目指す展開が予想されるが、その意識がより強いのは広島だろう。しかし、失点もしたくないだけに、固い入りになるはず。どちらが均衡を破るかはわからない状況だ。 試合のポイントはバランスとゲームコントロール。いかにチームとしてバランスを取りながら、自分たちのペースに持ち込むかが互いに求められることだ。中盤の攻防もカギを握るが、時間が進むたびに焦りが出るのは広島。そこを見逃さずに鹿島は仕留められるかだ。 日本勢同士の対決となったラウンド16第2戦。ベスト8を懸けた戦いは、25日の19時にキックオフを迎える。 2019.06.25 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

アジア16強で実現の日本勢対決、ホーム鹿島がまず先勝! セルジーニョの先制ヘッド弾が決勝点《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019決勝トーナメント1回戦1stレグの鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が18日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、ホームの鹿島が1-0で先勝した。 山東魯能に次ぐ3勝2分け1敗でグループE2位通過の王者鹿島。2-0で勝利した直近のセレッソ大阪戦からスタメン2名変更し、レオ・シルバが復帰した。 元ブラジル代表MFパウリーニョを擁する広州恒大と同居したグループFを5勝1敗の首位で突破の広島。2-0で勝利した直近の湘南ベルマーレ戦からスタメンを1名変更した。 ACLベスト16の舞台で実現した日本勢対決は2分、ハーフウェイライン付近でルーズボールを拾った遠藤のロングパスから鹿島にチャンス。DFラインの背後に抜け出したセルジーニョがバイタルエリア中央からシュートを放っていくが、GK中林に処理された。 対する広島は22分、敵陣左サイド深い位置でボールを受けた佐々木が縦に仕掛けてクロス。ニアサイドのドウグラス・ヴィエイラが左足で合わせたものの、わずかにゴール右に外れてしまう。 そうしたなかで、鹿島は24分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた土居が一気にボックス左に侵攻してクロス。ディフレクトしたボールがゴール前に飛ぶと、反応したセルジーニョが頭で押し込み、鹿島が先制する。 1点リードで試合を折り返した鹿島は46分、ボックス右の遠藤からパスを受けたバイタルエリア右の三竿が左足ダイレクト。鋭いシュートがゴールマウスを強襲したが、GK中林のファインセーブに遭い、追加点とはならない。 続く61分にもバイタルエリア中央の遠藤が放った左足シュートでゴールに迫った鹿島だが、ここはGK中林がセーブ。徐々に広島ペースに傾き始めるなかでしたたかに追加点を目指すらしい戦いを見せるが、なかなか相手GKの牙城を崩せない。 すると、広島は71分にドウグラス・ヴィエイラがミドルシュート。74分に川辺を下げてパトリックをピッチに送り出して、攻撃の活性化を図るが、86分に稲垣がこの日2枚目のイエローカードを受け退場となり、数的不利に陥ってしまう。 結局、数的優位のアドバンテージを手にした鹿島がアウェイゴールを許すことなく、ホームで先勝。リターンレグは6月25日にエディオンスタジアム広島で行われる。 2019.06.18 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】ラウンド16で日本勢対決! 連覇へ、初の8強へ先勝するのは《鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島》

18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16の第1戦、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が、県立カシマサッカースタジアムで行われる。 ラウンド16で実現した日本勢対決。ディフェンディングチャンピオンである鹿島が、広島をホームに迎える一戦だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ホームで先勝を、王者の意地を</span>〜鹿島アントラーズ〜 グループステージでは中国の山東魯能についで2位通過となった鹿島。第3節までは2勝1分けと順調に結果を残していたものの、ケガ人や出場停止などで戦力が整わなかった第4節、第5節で連敗。最終節で山東魯能に勝利し、なんとかグループステージ突破を決めた。 Jリーグでも波がある今シーズンは、ここまで連勝が2回と苦戦。それでも、第15節を終えた時点で勝ち点27を挙げ、現在は3位まで浮上した。 直近のリーグ戦では、セレッソ大阪を相手に2-0で快勝。徐々に調子を上げているだけに、しっかりと勝ちたいところだ。 MF安部裕葵が日本代表としてコパ・アメリカに参戦中で不在となるが、今週末はリーグ戦がなく、ACLに集中できる状態だけに、総力戦で臨める。連覇に向け、まずはホームで先勝したい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆難しいグループを首位通過も不安</span>〜サンフレッチェ広島〜 対する広島は、グループステージで中国の広州恒大と同居。また、本田圭佑が所属していたメルボルン・ビクトリーとも同居したが、苦戦の予想を覆し5勝1敗で首位通過を果たした。 シーズン序盤はリーグ戦とACLでターンオーバーし、若手主体で臨んだことが騒がれたものの、チームが結果を残すとともに選手も成長を見せて行った。 しかし、リーグ戦では5戦連続無失点という結果を残していた序盤から、4月19日の第8節で敗れると、そこからまさかの5連敗。ACLの結果とは裏腹に、リーグ戦では苦戦が続き、現在は8位に位置している。 直近の湘南ベルマーレ戦では2-0と快勝も、不安材料は残っている。今季ブレイク中のGK大迫敬介、中盤のコンダクターとしてプレーしていたMF松本泰志が日本代表としてコパ・アメリカに参戦中。新たな選手の台頭で、史上初のベスト8進出へ向けアウェイで勝利を目指す。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆鹿島アントラーズ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:クォン・スンテ DF:永木亮太、チョン・スンヒョン、犬飼智也、安西幸輝 MF:遠藤康、三竿健斗、レオ・シルバ、白崎凌兵 FW:セルジーニョ、土居聖真 監督:大岩剛 日本代表:安部裕葵 出場停止:なし<hr>Jリーグ勢との対戦ということもあり、いつも通りのメンバーを組むだろう。直近のC大阪戦からは、名古新太郎、レアンドロに代えて、レオ・シルバ、遠藤康を起用すると予想する。今季はまだ広島と対戦していないが、しっかりとホームで結果を残したいところだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆サンフレッチェ広島</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_15_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:中林洋次 DF:荒木隼人、吉野恭平、佐々木翔 MF:清水航平、川辺駿、稲垣祥、柏好文 MF:森島司、渡大生 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:水本裕貴 日本代表:大迫敬介、松本泰志<hr>一方の広島も直近の湘南戦から2名を変更と予想。野上結貴、ハイネルに代えて、最終ラインにはACLで起用されている荒木隼人、右ワイドには清水航平が入ると予想する。守護神の大迫敬介、ゲームメーカの松本泰志を欠く中で、ハードワークとサイド攻撃で鹿島を攻略したい。 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF白崎凌兵</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_15_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>鹿島の注目選手はMF白崎凌兵だ。今シーズン清水エスパルスから加入すると、ケガの影響もあり出場機会に恵まれなかった中でチームに徐々にフィット。第8節に出場すると、そこから全試合で先発。安西幸輝との左サイドでの連携も抜群で、ゲームにアクセントをつける役割を担っている。右サイドの遠藤康とともに、鹿島の攻撃をけん引できるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF森島司</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_15_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>広島の注目選手はシャドーに入るMF森島司だ。今シーズンはリーグ戦で5試合の出場に留まっている森島だが、ここ3試合は先発出場。シャドーの位置で攻撃をコントロールし、チームを牽引している。ACLでは4試合に出場している中、リーグ戦に繋げた良い流れをここでも発揮できるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆昨季は広島が2勝、ACLで強さを見せるのは</span> 鹿島が目指す連覇、広島は鬼門のベスト16突破を掲げ、ラウンド16の一戦に挑む。両者ともに勝利を挙げたい一戦は、日本勢との対戦ということもあり、これまでのACLとは別物になるだろう。 昨シーズンのJ1では広島が2勝を記録しており、鹿島としては雪辱を晴らしたいところ。ホームゲームということもあり、現在の良い流れをキープしたいという思いも強く、勝利のために戦うはずだ。 一方のアウェイゲームとなる広島だが、初のベスト8入りに向けてはこちらも勝利を目指して戦う。ACLでは大胆な采配を見せてきた城福監督が、日本勢との対戦でどのような策を講じるのか。リーグ戦にも繋がる対決となるだけに、こちらも勝利を収めたい。 日本勢同士の対決となったラウンド16第1戦、鹿島vs広島は18日の19時にキックオフを迎える。 2019.06.18 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

D・ヴィエイラ&稲垣弾で広島が湘南に快勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節、サンフレッチェ広島vs湘南ベルマーレが14日に行われ、2-0で広島が勝利した。 代表ウィークを挟んで2週間ぶりの開催となるJ1リーグ。前々節に5連敗を脱出した広島(勝ち点20)だったが、前節は北海道コンサドーレ札幌に敗れ黒星。現在は8位に位置している。今節のスタメンは、コパ・アメリカに臨む日本代表に招集されている大迫と松本泰志を含む5人が変更となった。 対する湘南(勝ち点17)は現在2連敗中で11位。こちらも杉岡がコパ・アメリカのため離脱中だが、U-20日本代表としてワールドカップに出場していた齊藤と鈴木が早速先発に。全体としては7選手が変更となった。 広島がボールを保持する展開のなか、6分に湘南は右サイドのクロスから武富がヘディングシュート。枠に飛んだがここは大迫に代わって先発出場したGK中林が正面でキャッチした。 なかなかチャンスが作れない中、柏がカウンターからゴールに迫った広島は16分、その柏のクロスからドウグラスがヘディングシュート。さらに20分にも、味方のスルーパスを呼び込んだ柏が左サイドを抉って柔らかいクロスを供給。これをハイネルが頭で合わせたが、GK秋元のファインセーブに遭った。 それ以降も広島ペースは続く。31分に左から切り込んだ渡のゴール右上を狙ったシュートはGK秋元に防がれる。その直後にもショートカウンターから渡がシュート。ボックス手前から右足アウトサイドで放ったシュートだったが枠を捉えることはできなかった。 湘南も前半終了間際に小野田がボックス左からシュートを放つも枠に飛ばず、試合は0-0で折り返した。 広島は後半、前半アディショナルタイムのプレーで負傷したハイネルに代えて清水を投入。前半同様に主導権を握る広島は、ボックス左のパス回しから渡が突破。しかし、相手のスライディングタックルに捕まってシュートは打てなかった。 60分には清水が右サイドから中へドリブルし左足でシュート。相手に当たってコースが変化したシュートだったが、ここでもGK秋元の好セーブが光った。 その後も湘南を押し込むも、その壁に阻まれ続ける広島。そんな中67分に、相手のボックス内で武富からボールを奪った森島が武富に後ろから倒されPKを獲得。これをドウグラス・ヴィエイラが決めて、先制に成功した。 ついに均衡が破れた試合。攻めるしかなくなった湘南は76分の右CKのシーンで、フレイレが頭で完璧に合わせたがGKの正面に。追加点を狙う広島もその直後に途中出場の柴崎がボックス左からシュートを狙ったがGK秋元にかき出される。79分のドウグラスのボックス中央からのシュートは枠の左に外れた。 試合も終盤に差し掛かり、疲れが見え始めた中迎えた88分、広島は柏とのコンビネーションかた森島が左サイドを突破。マークを振りほどいてボックス左に侵入しゴール前に折り返すと、2列目から飛び出してきた稲垣が押し込んで決定的な2点目を奪った。 そして、試合はそのまま終了。90分間を通して相手を押し込んだ広島が2試合ぶりの勝利を挙げた。一方の湘南は3連敗となった。 2019.06.14 21:13 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース