アトレティコ、ロドリ放出なら後釜にラビオ? 2019.05.22 16:32 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じた。PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今シーズン限りでの退団が決定的なラビオ。当初、バルセロナ移籍が有力と見られていたが、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得によって、その可能性が消滅。その後、同胞ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリー移籍合意報道も出ていたが、後に撤退報道が伝えられていた。

現在はユナイテッドとユベントスが争奪戦を繰り広げている状況のようだが、アトレティコもそこに加わる模様。スペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)がマンチェスター・シティへ移籍する可能性があり、流出した場合の後釜としてフランス代表MFの獲得へ動き出すという。
コメント
関連ニュース
thumb

フィリペ・ルイスがアトレティコ退団会見を実施! 「悲しい日ではなく幸せな日」

ブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)は21日、昨シーズン限りで契約が満了したアトレティコ・マドリーで退団会見を実施した。 昨シーズンも左サイドバックの主力として公式戦32試合に出場したF・ルイスだが、先月30日をもってアトレティコとの契約が失効。1年間の契約延長の可能性も噂されたが、最終的に退団が決定した。 F・ルイスは今回の退団会見の場でクラブへの感謝の気持ちを伝えている。 「このクラブにおける最高の時代の一部になれたことをとても誇りに思っているよ。そして、クラブに関わるすべての人に感謝を伝えたい。僕たちは幾つもの素晴らしい瞬間を共有してきたよね」 「僕はこのクラブのために自分の持てるすべてを捧げてきた。だから、今日という日は悲しい日ではなく幸せな日だと思っているよ」 「カルデロンでの最後の1年、ワンダ・メトロポリターノの最初のシーズンをプレーできたことは本当に特別なことだと思っているよ。僕は将来的にここに戻ってくるだろう。だから、今回はプレーヤーとしてのお別れだ」 2010年にデポルティボからアトレティコに加入したF・ルイスは、完全移籍したチェルシーでの2014-15シーズンの1年間を除き、ロヒ・ブランコスの一員として8年間在籍。公式戦333試合に出場し12ゴールを記録。在籍期間には2013-14シーズンのリーグ制覇に加え、2度のヨーロッパリーグなど7つのタイトル獲得に貢献してきた。なお、外国籍選手としては、同じく今夏退団したウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンに次ぐ歴代2番目の公式戦出場数となった。 なお、スペインやブラジルの複数メディアが伝えるところによれば、新天地は母国ブラジルのフラメンゴとなる模様だ。 2019.07.21 20:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、アトレティコFWアンヘル・コレアと個人合意か

ミランが、アトレティコ・マドリーに所属するアルゼンチン代表FWアンヘル・コレア(24)と個人合意に達したようだ。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えている。 同メディアによれば、ミランでのプレーを全面的に望んでいるコレアの個人合意がなされ、アトレティコが求める5000万ユーロ(約60億円)程度の移籍金をミランが支払うことでクラブ間合意も迫っているという。 2014年12月に母国サン・ロレンソからアトレティコへ加入したコレア。昨シーズンも右サイドハーフのレギュラーとして公式戦49試合で5ゴール4アシストを記録した。 先日、コレアはクラブの大型補強による出場機会の減少を危惧し、退団を希望していると報道されていた。 2019.07.21 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アラベス、アトレティコ育ちの若手CBを獲得!

アラベスは19日、昨季限りでアトレティコ・マドリーBを退団したスペイン人DFアルベルト・ロドリゲス(21)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 ヘタフェの下部組織を経てアトレティコのカンテラに加入したアルベルト・ロドリゲスは、184cmのセンターバック。2016年にアトレティコ・マドリーBに昇格すると、直近2シーズンでセグンダB(スペイン3部)で通算57試合に出場し3ゴールを記録していた。 2019.07.19 20:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがアトレティコの「10」番に関心? 移籍金は約67億円!

ミランが、アトレティコ・マドリーに所属するアルゼンチン代表FWアンヘル・コレア(24)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 2014年12月に母国サン・ロレンソからアトレティコへ加入したコレア。昨シーズンも右サイドハーフのレギュラーとして公式戦49試合で5ゴール4アシストを記録した。 しかし、スペイン『アス』は先日、コレアがクラブの大型補強による出場機会の減少を危惧し、退団を希望していると報道。そのコレアに対して、アトレティコは5500万ユーロ(約66億6000万円)のプライスタグを付けたようだ。 そのコレアを狙うミランは、選手売却での資金調達を検討。イタリア代表FWパトリック・クトローネ(21)と、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)の現金化を企てているという。 クトローネに対しては現在、ウォルバーハンプトンが関心。アンドレ・シウバを巡っては、モナコ移籍が取り沙汰されている。 良好な関係を築く敏腕代理人のジョルジュ・メンデス氏の力を借りて、上記計画を進めたいと考えているとみられるミランだが、うまくいくのだろうか。 2019.07.19 19:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス、21日までにナポリ移籍が決まらなければアトレティコ行きか

レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)について、21日までにナポリ移籍が決まらない場合、新天地にアトレティコ・マドリーを選ぶのではないかとイタリア『トゥットナポリ』が伝えている。 ハメスの移籍問題においては早くから恩師カルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリが有力視されてきたが、移籍金の面で交渉が難航。話し合いが長期化しているうちにアトレティコも本格的に獲得に乗り出し、獲得交渉は一騎打ちの様相を呈していた。 保有元のマドリーは本来であればライバルのアトレティコには売りたくないようだが、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(26)を獲得する為に資金調達を急ぐ動きを見せている。そのため、ナポリに対して21日までに移籍金を払う意思がなければ交渉を打ち切る姿勢を伝えているという。 また、ハメスはアトレティコのディエゴ・シメオネ監督に対して興味を持っており、ナポリ移籍が破談となった場合、同クラブへの移籍となる見通しだと伝えている。 二転三転の様相を見せてきたハメス移籍騒動だがここにきて決着を迎えるのか。今後数日の動きに注目が集まる。 2019.07.19 13:50 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース