オサスナが3季ぶりのプリメーラ昇格!《セグンダ・ディビシオンA》2019.05.21 13:07 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインのセグンダ・ディビシオンA(スペイン2部)第39節が行われ、首位のオサスナの3節を残してのプリメーラ昇格が決定した。19日に行われたカディス戦をゴールレスドローで終えた首位のオサスナ(勝ち点78)だが、翌日に行われた3位のアルバセテ(勝ち点68)と、2位のグラナダ(勝ち点74)でアルバセテが0-1で敗れたことで、3節を残してのプリメーラ昇格が決定した。

2016-17シーズンのプリメーラを19位で終えて2部降格を強いられたオサスナは、昨季セグンダでも8位フィニッシュとなり、1年での1部復帰を逃した。それでも、過去にレアル・ソシエダやヌマンシアを率いたハゴバ・アラサテ監督の下で今シーズンに臨むと、シーズン序盤から安定して勝ち点を積み上げて上位争いを牽引。

第39節終了次点で53得点33失点と、数字上は飛び抜けて目立っていないものの、ホームを中心に接戦を競り勝つ勝負強さを武器に見事に昇格を手繰り寄せた。

チーム内では目立った得点源はいなかったものの、31歳のFWフアン・ビジャールが11ゴール、30歳のMFロベルト・トーレスがチームトップの12ゴールを挙げる活躍を見せている。
コメント
関連ニュース
thumb

昇格オサスナ、レンヌからレンタル中のFWブランドンの買取OP行使

オサスナは20日、スタッド・レンヌからレンタル移籍中のスペイン人FWブランドン・トーマス(24)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 ゴールへの嗅覚と確かなボールコントロール技術を持つブランドンは、トップからウイング、さらにはトップ下までこなせる万能型のアタッカー。生まれ故郷のマジョルカでプロデビューを飾ると、2017年にレンヌに完全移籍で加入。今季は母国のセグンダA(スペイン2部)で昇格を目指すオサスナにレンタル移籍。 今季ここまではリーグ戦33試合に出場し4ゴールを挙げる活躍をみせ、同クラブの3シーズンぶりのプリメーラ復帰に貢献していた。 なお、オサスナは今回の移籍に際して200万ユーロ(約2億4000万円)をレンヌに支払う。また、2022年6月30日までの契約を結ぶブランドンの契約解除金を2500万ユーロ(約30億円)に設定している。 2019.05.21 19:53 Tue
twitterfacebook
thumb

オサスナがバレンシア期待の若手DFナチョ・ビダルをフリーで獲得

▽オサスナは13日、バレンシアからDFナチョ・ビダル(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。メディカルチェックご正式契約を結ぶ。 ▽N・ビダルは、バレンシアの下部組織出身で、2017年7月にトップチームへと昇格。リーガエスパニョーラでデビューを果たすも、7試合の出場に終わり、1ゴールを記録。コパ・デル・レイで2試合に出場していた。 ▽なお、移籍金はかからず、契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。また、バレンシアがN・ビダルに対する将来の経済的便益の50%を持つこととなる。なお、契約解除条項として3000万ユーロ(約39億4500万円)が設定されている。 2018.07.14 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

オサスナにキャリアを捧げるDFフラーニョが1年間の契約延長

▽オサスナは7日、キャプテンであるDFミゲル・フラーニョ(33)との契約延長を発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。 ▽フラーニョは、オサスナの下部組織出身で、2004年7月にトップチームへと昇格。その後はプロキャリアの全てをオサスナのために捧げ、15シーズン目を迎えることとなる。 ▽リーガエスパニョーラでは238試合に出場し10ゴール2アシスト、2部では71試合に出場し2ゴールを記録している。 ▽オサスナは2017-18シーズンのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で8位に終わり、1部昇格を逃していた。 2018.07.08 12:56 Sun
twitterfacebook
thumb

リーグ8連覇を逃したオリンピアコス、新監督にペドロ・マルティンス氏を招へい

▽オリンピアコスは9日、ペドロ・マルティンス氏(47)の新監督就任を発表した。契約期間は2020年までとなる。 ▽2017年9月に就任し、クラブを7連覇に導いたタキス・レモニス監督の下で今シーズンに臨んだオリンピアコスだったが、開幕から不安定な戦いが続くと、今年1月に同監督を解任。その後任として、昨季途中までサンテチェンヌを率いていたオリカル・ガルシア監督を招へいするも、上位陣との勝ち点差を縮めることができず、同監督は3日に辞任を発表。 ▽現在リーグ戦で3位ながらも、リーグ8連覇達成の夢がほぼ不可能となったオリンピアコスは、今季3人目の指揮官として、今年2月までポルトガルのヴィトーリアを指揮していたペドロ・マルティンス氏を招へいすることになった。 ▽現役時代ポルトガル代表にも選出されたペドロ・マルティンス氏は、2004年に現役引退。その後は、マリティモやリオ・アヴェなど母国ポルトガルのクラブを中心に監督を歴任。2016年5月に就任したヴィトーリアでは、昨シーズンクラブをヨーロッパリーグ出場圏内の4位に導いた。 2018.04.11 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ノリート、マンチェスター・Cからのセビージャ移籍に「ステップダウンじゃない」

セビージャFWノリートは、今夏の移籍が自身のキャリアにおいて「ステップダウン」になったとの見方を否定している。<br><br>ノリートはこの夏マンチェスター・シティから移籍金900万ユーロ(約11億円)でセビージャに移籍。昨年夏にセルタから移籍金1800万ユーロ(約22億円)でシティに移籍したノリートだったが、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で満足行く出場機会を得られなかった。<br><br>ノリートは「キャリアにおいて、ステップダウンしたとは思わないよ。セビージャに移籍したなら、なおさらね。セビージャはスペインとヨーロッパで有数のクラブだ。ほとんどいつもリーガエスパニョーラで4位以内に入っている」と今回の移籍を語り、次のように続けた。<br><br>「僕はスペインに戻ることを望んでいた。だから、この決断に満足しているよ。後悔することは絶対にないね」<br><br>「セビージャも、僕も、素晴らしい一年が送れたらいいね。たくさん試合に出れるように願っている」<br><br>またノリートは、セビージャ復帰がうわさされるMFヘスス・ナバスにも触れている。<br><br>「ナバスとセビージャで一緒にプレーしたいと思っているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.27 23:22 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース