ナポリがホーム最終戦でインテルを4発粉砕! 来季CL出場争いは最終節まで持ち越し《セリエA》2019.05.20 05:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第37節のナポリvsインテルが19日に行われ、4-1でナポリが勝利した。引き分け以上でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位以内が確定する3位インテル(勝ち点66)が、すでに2位フィニッシュを決めているナポリの本拠地サン・パオロに乗り込んだ一戦。

前節のキエーボ戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾ったインテルは、その試合から先発4人を変更。イカルディやボルハ・バレロ、ヴェシーノらに代えてラウタロ・マルティネスやブロゾビッチ、ガリアルディーニらを先発で起用した。

一方のナポリは、メルテンスとミリクを2トップに配置した[4-4-2]を採用。カジェホンやアラン、クリバリら主力が順当に先発に名を連ねた。

立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ナポリが先手を取る。16分、アサモアのクリアボールを敵陣でカットしたファビアン・ルイスがワンタッチで落とすと、これを受けたジエリンスキがバイタルエリア中央からの強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺した。

先制を許したインテルは、37分に決定機。敵陣でガリアルディーニがパスカットすると、この繋ぎを受けたペリシッチのラストパスからゴール前に抜け出したL・マルティネスがシュートを放ったが、これはGKカルネジスの好セーブに阻まれた。

迎えた後半、1点を追うインテルはポリターノを下げてイカルディを投入。さらに58分には、ガリアルディーニを下げてヴェシーノをピッチに送り出す。しかし、再びスコアを動かしたのはナポリ。

61分、右サイドでボールを受けたカジェホンがアーリークロスを供給すると、ゴール前に走り込んだメルテンスがヘディングシュートを叩き込み、追加点を奪った。

リードを広げられたインテルは68分、右CKのこぼれ球をボックス左で拾ったL・マルティネスがコントロールショットでゴール右隅を狙ったが、これはクリバリがゴールライン手前でクリア。

ピンチを凌いだナポリは71分、メルテンスの左クロスをゴールエリア右で受けたミリクがシュート。これはGKハンダノビッチに弾かれるも、こぼれ球をボックス右深くで拾ったマルキュイが折り返すと、ファビアン・ルイスが無人のゴールへシュートを流し込んだ。

さらにナポリは、78分にもメルテンスのパスを受けたファビアン・ルイスがボックス左まで持ち上がると、ニアサイドに強烈なシュートを突き刺し、試合を決定付ける4点目。

インテルは、81分にイカルディのPKで1点を返したが反撃はここまで。ナポリが今季のホーム最終戦を4発快勝で締め括った。

一方、完敗のインテルは4位に後退し今節でのCL出場権獲得はならなかった。なお、インテルは最終節でセリエA残留を目指す17位エンポリと対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

ベッカム、イカルディに2020年MLS参戦のインテル・マイアミ加入をオファー?

デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミが、インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)の獲得に動いているようだ。『フットボール・イタリア』がアルゼンチン『telam』を引用して伝えている。 昨年、ベッカム氏やソフトバンクの孫正義氏らが中心となって創設されたインテル・マイアミ。メジャーリーグ・サッカー(MLS)の25番目のクラブとして、2020年のリーグ参加が予定されており、初の公式戦に向けて大物プレーヤーの加入を目指している。 そのイカルディに、ベッカム氏が2020年のインテル・マイアミ加入を持ち掛けているようだ。 2013年7月にサンプドリアからインテルに加入したイカルディ。今シーズンは公式戦37試合で17ゴール5アシストを記録するなど、エースとして活躍したが、シーズン中には、妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、2月中旬にキャプテンをはく奪されたことも。その後、戦列を離れていたこともあり、クラブとの軋轢が指摘されていた。 それでもイカルディは先月、自身の公式インスタグラムで残留希望を公言。しかし、報道によれば、同選手はインテルの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督の来シーズンの計画に入っておらず、移籍の可能性もあると同メディアは見解を示している。 一部では、イカルディとワンダ・ナラ氏は、ユベントス以外への移籍は全て拒否しているとも伝えられているが、果たしてイカルディのアメリカ移籍は実現するのだろうか。 2019.06.15 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ジャカがインテル移籍を否定! 「アーセナルで幸せ」

アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカ(26)が、インテル移籍を否定した。イギリス『ミラー』が報じている。 2016年夏にボルシアMGからアーセナルに加入したジャカ。軽率なファウルが目立つものの、正確且つパワフルな左足のキックを武器に、今シーズンでは、公式戦40試合で4ゴール5アシストを記録した。 そのジャカを巡っては最近、インテルへの移籍が迫っていることがスイス『RSI Sport』によって報じられた。しかし、同クラブへの移籍について問われたジャカは、アーセナルに留まる意向であることを明言している。 「僕の知る限りはそうならないよ。去年に契約延長をしているし、4年間の契約が残っている」 「僕も家族もアーセナルで幸せだ。それが一番大切なんだよ」 2019.06.11 16:12 Tue
twitterfacebook
thumb

コバチッチに古巣インテルが興味、マドリーの要求額は?

インテルが、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(25)に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今シーズンはチェルシーにレンタルしていたコバチッチ。マウリツィオ・サッリ監督の下、インテリオールの一角として重宝されたが、公式戦51試合の出場もそれほどインパクトを残すことはできなかった。 イングランドでの1年を終え、マドリーに戻る予定だが、マドリーでは来季の構想に含まれていないようで、先日発表されたベルギー代表MFエデン・アザール移籍の取引に含まれるのではないかとも見られていた。しかし、チェルシーがこれを拒否したうえ、チェルシーは今後2度の補強禁止処分が科される可能性が高いことから、同選手の去就は不透明になっている。 そんな中、アントニオ・コンテ監督が就任したばかりのインテルがコバチッチに興味。コバチッチは2013年1月にディナモ・ザグレブからインテルに加入し、マドリーに移籍する2015年夏までの2年半で公式戦97試合に出場した。 伝えられるところによると、マドリーの要求額は5000万ユーロ(約61億4000万円)。決して安価ではないが、コバチッチの来季はいかに。 2019.06.10 13:29 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、バスケスに関心も…

インテルが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFルーカス・バスケス(27)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2015年にエスパニョールから復帰を果たしたバスケス。豊富なスタミナを生かした献身的なプレーで今シーズンの公式戦47試合に出場し5ゴール4アシストを記録した。ジネディーヌ・ジダン監督からも重宝されている選手だ。、 そのバスケスに対してインテルの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督が高く評価しているという。しかし、2022年までマドリーとの契約を残すスペイン代表MFはクラブへの残留を希望しているようだ。 とはいえ、今夏にマドリーは大型補強を敢行しており、ベルギー代表MFエデン・アザール(28)とU-20ブラジル代表ロドリゴ・ゴエス(18)ら新アタッカーを獲得。さらに、スペイン代表MFマルコ・アセンシオやブラジル代表FWヴィニシウスも在籍していることからバスケスの売却に応じる可能性もありそうだ。 2019.06.09 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、バレッラ獲得に迫る! 両クラブ首脳が直接交渉へ

インテルがカリアリのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に近づいているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 カリアリ生え抜きのバレッラは、次代のアズーリの中心選手と期待される大器。172cmと上背はないものの、体幹の強さと相手の懐に入り込む瞬発力を武器にボールを奪えば、豊富な運動量とアジリティを生かして一気に相手ボックス付近まで攻め上がりチャンスに絡む。さらに、高水準のパス精度にパンチ力のあるミドルシュートも兼備。かつてカリアリで活躍し現在インテルに在籍する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランを髣髴とさせるボックス・トゥ・ボックス型の万能型MFだ。 今夏のステップアップが確実視される22歳の若武者にはナポリ、ローマ、ユベントスの国内クラブに加え、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、トッテナムらプレミアリーグ勢が関心を示してきたが、現在はインテル移籍に迫っているようだ。 『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、5000万ユーロ(約61億3000万円)の値付けがされているバレッラに関して、インテルはレガ・セリエAの定例会議に代表者を派遣し、カリアリのトンマーゾ・ジウリーニ会長と直接交渉を行う予定だという。 2019.06.08 18:37 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース