モラタがアトレティコ残留希望表明! チェルシー復帰なしか2019.05.17 10:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)が残留希望を公言した。スペイン『マルカ』が報じた。今冬にチェルシーからレンタル加入したモラタは、ここまで公式戦17試合6得点1アシストを記録。1年半のレンタル契約でのアトレティコ入りだが、補強禁止処分で戦力アップが望めないチェルシーが連れ戻しを画策しているとの見方が取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっている。

だが、今のモラタにチェルシー復帰のプランはない様子。16日に出席したイベント先で応じたメディアのインタビューで来シーズンの去就について問われると、次のように自身の意向を明確にした。

「僕の希望は明らかだ。ここにいたい」

「このクラブでプレーし続けるためなら、何だってしたい。どこか他の場所に行くことなんて考えていないし、ここですごく幸せなんだ」

「この先、何年もトップレベルでプレーし続けたい。ローン契約の状況だけど、すごく順調に進んでいて、うまくいけば最適解が見つかるはずさ」

「このクラブに加入して以来、僕は全てを捧げてきた。そして、今、ここに残るために全力を尽くしている。頭のなかにあることはそれだけだ」
コメント
関連ニュース
thumb

パドインにモラタからラブコール!?「アトレティコに来て!」

カリアリのイタリア人MFシモーネ・パドイン(35)が、アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)から誘いを受けている事を自身のインスタグラム(simopado20)で明かしている。 パドインはアタランタユースの出身で2003-04シーズンにヴィチェンツァでプロデビュー。その後アタランタやユベントスで活躍し、35歳を迎えた今シーズンもカリアリでリーグ戦30試合に出場。ベテランとなった現在でもセリエAで主軸を張り続けるディフェンスのユーティリティープレーヤーである。 モラタとは14-15、15-16シーズンの2シーズンに渡ってユベントスでチームメイトとして過ごした仲で、退団後も仲睦まじい交流が続いているようだ。この投稿の中でパドインはカリアリ退団の報告と、クラブに対する感謝を述べており、その中でモラタから「アトレティコに来て!」と誘いを受けている。 長年セリエAで一線を張り、今シーズンも渋くチームを支えたパドインとはいえ来年36歳。さすがにアトレティコ移籍は現実的では無いだろうが、旧友との今でも変わらない友情を見て取れた投稿であった。 2019.06.25 15:22 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エルモソ失敗ならブリントorオタメンディ?

アトレティコ・マドリーが、エスパニョールに所属するスペイン代表DFマリオ・エルモソ(24)の獲得を失敗した場合に備え、プランBを用意しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今シーズン限りでウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン、フランス代表DFリュカ・エルナンデスが退団したアトレティコは、2選手のセンターバックの確保が急務に。すでにポルトからゴディンの後釜としてブラジル代表DFフェリペ(30)を獲得している中、現在はリュカの後釜としてエルモソの獲得に動いていることが報じられている。 エルモソの推定契約解除金は4000万ユーロ(約48億7000万円)。ただ、アトレティコは現行契約が残り1年を切ろうしている同選手に対して、同額を支払うことは躊躇しており、引き下げを要求している状況だが、エスパニョールはそれに応じない構えのようだ。 そこでアトレティコは、代替案としてアヤックスに所属するオランダ代表DFダレイ・ブリント(29)とマンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)をリストアップ。中でも、アトレティコを率いるディエゴ・シメオネ監督は、同胞である後者を好んでいるようだが、給与面がネックになると同メディアは見解を示している。 2019.06.25 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エルモソ獲得に向け4000万ユーロの契約解除金支払いへ!

アトレティコ・マドリーがエスパニョールのスペイン代表DFマリオ・エルモソ(24)獲得に向けて4000万ユーロ(約49億円)の契約解除金を支払う見込みだ。スペイン『カデナ・コーペ』が伝えている。 今シーズン限りでウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン、フランス代表DFリュカ・エルナンデスの2選手が退団したアトレティコでは、その2選手に代わるセンターバックの確保が急務となっている。 すでにポルトからゴディンの後釜としてブラジル代表DFフェリペ(30)を獲得している中、現在はリュカの後釜としてエルモソの獲得に動いていることが報じられていた。 当初、アトレティコは前述の契約解除金を下回る金額での獲得を目指していたが、来季に向けてできるだけ早くスカッドを完成したいクラブは契約解除金を支払う決断を下したようだ。 なお、エルモソに関しては古巣レアル・マドリーが1500万ユーロ(約18億3000万円)の買戻し条項と、保有権の50パーセントを保持していると見られているが、現時点で同選手を買い戻すプランはないようだ。 レアル・マドリーの下部組織出身のエリートDFは、昨季加入したエスパニョールで出場機会を得ると、今季に入って完全にブレイク。184cmとサイズには恵まれていないが、守備センスの高さと左サイドバックでもプレー可能なアジリティを武器に総合力の高い守備を披露。 また、高精度の左足を生かしたビルドアップ能力、フィードが評価されて昨年11月にスペイン代表デビューを飾ると、ここまで3試合に出場している。 2019.06.25 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、リールFWペペ獲得を最優先事項に?

アトレティコ・マドリーが、リールに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(24)に注目しているようだ。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。 昨シーズン、リールの1部残留に貢献したペペは、今シーズンにセンターフォワードから本職の右ウイングに固定され、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。今シーズンのリーグ・アン38試合で22ゴール11アシストと圧巻の数字を記録した。 既報によれば、そのペペを巡って、リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、インテルが争奪戦を繰り広げている。中でも、インテルが獲得に本腰を入れており、ボーナス込みで総額9000万ユーロ(約110億円)のオファーを用意していると見られている。 そんな中、今回伝えられるところによれば、アトレティコは今夏の退団が決まっているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の後釜として、ペペの獲得を最優先事項に考えているという。 2019.06.24 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シメオネから現役引退のトーレスへ…「君は次世代の選手たちに最高の遺産を残した」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、自身のインスタグラム(simeone)で21日に現役引退を発表したサガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)に労いの言葉をかけた。 “エル・ニーニョ”の愛称で親しまれるトーレスは、2001年にアトレティコ・マドリーでプロキャリアをスタート後、リバプール、チェルシー、ミランを渡り歩き、チャンピオンズリーグ(CL)や、ヨーロッパリーグ(EL)のタイトルに貢献。通算110試合38ゴールの代表キャリアにおいても輝かしい経歴を誇り、3度のワールドカップ(W杯)出場を果たして、2010年の南アフリカ大会で同国史上初の優勝を経験した。 その後、2018年夏に鳥栖加入。初年度こそ明治安田生命J1リーグ17試合3得点を記録したが、今シーズンはケガなどのコンディション不良に苦しみ、ここまで11試合無得点にとどまっている状況だった。 そんな中、トーレスは21日に現役引退を発表。23日に行われた引退会見で、8月23日に行われる明治安田生命J1リーグ第24節のヴィッセル神戸戦が現役ラストマッチとなり、引退後は鳥栖のアドバイザーを務めることなど明かしていた。 そのトーレスに対して、選手と監督として共闘したシメオネ監督がメッセージを送っている。 「アトレティコ・マドリーで、とても若かった君に出会った。まだ選手だった私と時間を共有していた中、君は強い個性を放ち、他の選手たちとは違うことを示していた」 「素晴らしいチームでプレーして成長し、みんなに素晴らしい記憶を刻んだ。しかし、君は自分の家に帰ってきた。勝利を掴み取るために」 「チームメイトとしても監督としても、常にあるのは君への尊敬だ。そしてハードワークと精神的な強さ。君は次世代の選手たちに最高の遺産を残した。諦めてはいけないということを。ありがとう、フェルナンド」 2019.06.24 13:00 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース