バルセロナ会長、2年連続CL大逆転負けもバルベルデ続投を明言!

2019.05.17 00:56 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が16日、エルネスト・バルベルデ監督の続投を明言した。

2017年夏からバルセロナを指揮するバルベルデ監督は今季、リーガエスパニューラ2連覇を達成。今年2月には来季の契約延長を結んだが、チャンピオンズリーグ(CL)においてはリバプールに大逆転負けを喫して、準決勝敗退に終わっていた。

昨季のローマ戦に続く2年連続での大逆転負けを受け、アヤックスのエリク・テン・ハグ監督などが後任候補に挙がるなど監督交代が報じられていたが、バルトメウ会長が一蹴した格好だ。

バルトメウ会長は「エルネストは我々が望む監督だ。中長期的なプロジェクトがあり、彼はその適任者だ。非常に満足しているよ。最大の目標はリーグ優勝であり、それに加えてコパやCLが取れれば最高だ」とバルベルデ監督の続投を明言した。
コメント