引退騒動に巻き込まれたヤヤ・トゥーレの行き先は中国2部?2019.05.16 19:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日現役引退が発表され、即座に撤回されたヤヤ・トゥーレ(36)だが、行き先は中国になるようだ。イギリス『サン』が報じた。アフリカ年間最優秀選手賞を4度受賞、バルセロナやマンチェスター・シティでリーグトロフィーやチャンピオンズリーグ優勝など輝かしいキャリアを築いてきたヤヤ・トゥーレは、2018年12月にオリンピアコスを退団。それ以降はフリーとなっていた。

先日、代理人がツイッターで引退を発表すると、13日の36歳の誕生日に自身のツイッターで引退を否定。まだプレーすることを明かしていた。

そんなヤヤ・トゥーレだが、中国で目撃されたとのこと。中国甲級リーグ(2部)の青島黄海のメディカルチェックを受けるとのことだ。

青島黄海は、プレミアリーグでのプレー経験もある元ポルトガル代表FWリカルド・ヴァズ・テや柏レイソルでのプレー経験もあるブラジル人FWクレオ、そしてバルセロナの下部組織出身でデポルティボ・ラ・コルーニャやエスパニョール、レアル・ベティス、フィオレンティーナなどでもプレー経験のあるスペイン人MFホアン・ベルドゥらが所属している。

チームは2部で首位に立っているものの、キャプテンを務めるベルドゥが負傷。その穴を埋めるべく、ヤヤ・トゥーレに声がかかったとのこと。昇格請負人としての役割を求められるという。

先日は古巣であるマンチェスター・シティの優勝決定の瞬間に『スカイ・スポーツ』の解説者として立ち会ったヤヤ・トゥーレ。元チームメイトたちに歓迎され、優勝を祝福する輪に無理矢理参加されていた。

あと2、3年は現役生活を続けるとも言っていたヤヤ・トゥーレ。中国クラブが現役最後のクラブとなるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

大連一方がベネズエラ代表FWロンドン獲得! ベニテス監督と再タッグ!

中国スーパーリーグの大連一方は19日、WBAからベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。同クラブが公式『インスタグラム(dalianyifangfc)』で同選手の加入を伝えた。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』は、大連一方が1650万ポンド(約22億2000万円)に設定されていた契約解除金を満額支払ったと伝えている。 ロンドンに関しては、これまで昨季レンタル先のニューカッスル、ウェストハム、ウォルバーハンプトンなどプレミア勢からの関心が伝えられてきた。だが、ニューカッスルを退団し、今月2日に大連一方の新指揮官に就任したラファエル・ベニテス監督のリクエストを受けて、大連一方が獲得レースを制した。 母国ベネズエラのアラグアでキャリアをスタートしたロンドンは、ラス・パルマス、マラガ、ルビン・カザン、ゼニトを渡り歩き2015年にWBAに完全移籍した。昨季はWBAの降格に伴い、1年間のレンタル移籍でニューカッスルに加入すると、屈強なフィジカルを武器に攻め手に乏しいニューカッスルの中でリーグ戦32試合で11ゴール7アシストの活躍をみせ、チームの残留に大きく貢献した。 なお、大連一方にはベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコとスロバキア代表MFマレク・ハムシクがすでに在籍しており、ロンドンの加入によって、アジア屈指のアタッキングユニットが誕生することになった。 2019.07.19 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

元コロンビア代表MFグアリンが上海申花を退団

中国スーパーリーグの上海申花は16日、元コロンビア代表MFフレディ・グアリン(33)の退団を発表した。 グアリンは、母国のエンビガドでキャリアをスタートすると、2004年7月からはボカ・ジュニアーズへ加入。その後サンテチェンヌへのレンタル移籍を経て、2007年7月に完全移籍。2008年7月にポルトへと完全移籍した。 ポルトで頭角を現したグアリンは、2012年1月にインテルへとレンタル移籍。2012年7月には完全移籍で加入。その後2016年1月に上海申花へ完全移籍していた。 セリエAで114試合に出場し15ゴール26アシスト、ポルトガル・プリメイラリーガで63試合に出場し11ゴール9アシスト、リーグ・アンで36試合に出場し1ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグでも12試合に出場し1アシスト、ヨーロッパリーグで32試合に出場し10ゴール10アシストを記録していたたグアリンは、中国でも活躍する。 中国スーパーリーグでは83試合に出場し23ゴール21アシスト、AFCチャンピオンズリーグでも5試合に出場し1ゴール1アシストを記録。上海申花では公式戦通算100試合に出場し28ゴール22アシストを記録して、去る事となった。 なお、契約満了を迎える前に双方合意の下でフリーとなったグアリンは、新天地はまだ決定していないものの、すでにフランクフルト行きの飛行機で上海を離れているとのこと。本人がイタリア復帰を望んでおり、アタランタが獲得に動いているとも報じられているが、新天地はどこになるのだろうか。 2019.07.18 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

大連一方の新指揮官就任のベニテス、教え子ロンドンを獲得へ!

中国スーパーリーグの大連一方の新指揮官に就任したラファエル・ベニテス監督が、ニューカッスルで指導していたベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドン(29)の獲得を希望しているようだ。イギリス『サンデー・タイムズ』が伝えている。 今月2日に大連一方の新監督に就任したベニテス監督は、クラブに対してニューカッスル時代の教え子の獲得をリクエストしているという。 昨シーズン、WBAからのレンタル移籍でニューカッスルに在籍していたロンドンだが、現時点での所属先は保有元のWBAとなっている。しかし、WBAが新シーズンもチャンピオンシップ(イングランド2部)でのプレーを強いられるため、今夏の退団が決定的に。 1650万ポンド(約22億4000万円)の契約解除金が設定されているロンドンに関しては、これまでニューカッスル、ウェストハム、ウォルバーハンプトンなどプレミア勢からの関心が伝えられてきた。 しかし、『サンデー・タイムズ』が伝えるところによれば、大連一方がベニテス監督のリクエストに応える形でロンドンの獲得に近づいているようだ。 ロンドンはWBAの降格に伴い、1年間のレンタル移籍で昨夏ニューカッスルに加入。屈強なフィジカルを武器に攻め手に乏しいニューカッスルの中でリーグ戦32試合で11ゴール7アシストの活躍をみせ、チームの残留に大きく貢献した。 なお、大連一方にはベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコとスロバキア代表MFマレク・ハムシクがすでに在籍しており、ロンドンの加入が実現すれば、強力なアタッキングユニットとなりそうだ。 2019.07.07 16:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ヤヤ・トゥーレが中国2部の青島黄海に加入! 「クラブと共に新たな歴史を築いていきたい」

元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(36)の新天地が決定した。中国甲級リーグ(2部)の青島黄海は3日、同選手の加入を発表した。 約7か月ぶりに所属チームが決定したヤヤ・トゥーレは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントをしている。 「僕はフットボールを初めて以来、常にチャレンジを愛してきた。そして現在、この新しい挑戦を選択し青島黄海と共に新たな歴史を築いていきたいと思っている」 「ここは非常にエキサイティングな若いクラブであると共に多くのポテンシャルを秘めている。そして、僕たちは同じ哲学を共有しているんだ。それはつまり美しいフットボールをプレーすることだ。このクラブと共に成長し成功を目指すことは大きな名誉だと思っているよ」 アフリカ年間最優秀選手賞を4度受賞、バルセロナやマンチェスター・シティでリーグトロフィーやチャンピオンズリーグ優勝など輝かしいキャリアを築いてきたヤヤ・トゥーレは、2018年12月にオリンピアコスを退団。それ以降はフリーとなっていた。 今年に入って代理人がツイッターを通じて現役引退を発表するも、ヤヤ・トゥーレは5月13日の36歳の誕生日に自身のツイッターで引退を否定していた。 なお、青島黄海は、プレミアリーグでのプレー経験もある元ポルトガル代表FWリカルド・ヴァズ・テや柏レイソルでのプレー経験もあるブラジル人FWクレオ、そしてバルセロナの下部組織出身でデポルティボ・ラ・コルーニャやエスパニョール、レアル・ベティス、フィオレンティーナなどでもプレー経験のあるスペイン人MFホアン・ベルドゥらが所属している。 現在、チームは中国甲級リーグで第15節終了次点で2位以下に勝ち点4差の首位に立っており、ヤヤ・トゥーレには昇格請負人としての役割が求められる。 2019.07.03 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ラファエル・ベニテス氏が大連一方の新指揮官就任を発表!

中国スーパーリーグの大連一方がラファエル・ベニテス氏(59)を新監督に招へいした。ベニテス氏が2日、自身の公式SNSで発表した。 ベニテス氏は中国での新たな挑戦に際して、「長い道のりの後…我々は新たなチャレンジを始める。大連一方と共に新たなプロジェクトに取り組むことを嬉しく思う」と所信表明を行っている。 レアル・マドリーのカスティージャ(Bチーム)で監督キャリアをスタートさせたベニテス氏は、バレンシアやリバプール、インテル、チェルシー、レアル・マドリー、ナポリなど多くのビッグクラブを指揮。 その後、2016年3月にニューカッスルの新監督に就任。2018-19シーズンはチームを12勝9分け17敗の13位でフィニッシュさせ、2年連続でのプレミア残留に導いた。しかし、補強方針の食い違いなどクラブ首脳との確執などもあり、6月24日に退任を発表していた。 大連一方は今季、ベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコやスロバキア代表MFマレク・ハムシクらを擁しながらもリーグ戦15試合終了時点で4勝5分け6敗の10位に低迷。これを受けて、クラブは1日にチェ・ガンヒ前監督(60)の退任を発表していた。 2019.07.02 17:50 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース