湘南、大卒ルーキー大橋祐紀が全治8カ月の負傷…15日に手術2019.05.16 17:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
湘南ベルマーレは16日、FW大橋祐紀の戦線離脱を発表した。大橋は4月28日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節のサガン鳥栖戦で前十字靭帯損傷および外側側副靭帯損傷、大腿二頭筋損傷のケガを負い、全治8カ月の見込み。15日に手術を受けた。

中央大学出身の大橋は特別指定選手を経て、今年から湘南に正式入団。ここまでJ1リーグ5試合に出場して1得点を記録していた。

湘南は現在、J1リーグ4勝2分け5敗の11位。17日に行われる次節、9位に位置する浦和レッズのホームに乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

食野が劇的弾でG大阪を勝たせる! 湘南撃破で4試合ぶり白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節がパナソニック スタジアム 吹田で22日に行われ、ガンバ大阪が湘南ベルマーレに1-0で勝利した。 3試合連続ドローながら4戦無敗の17位G大阪。ミッドウィークに行われたルヴァンカップの長崎戦を4-1で勝利した勢いをリーグ戦の勝利に結びつけたい今節に向け、前節から2名が入れ替わり、出場停止の倉田と食野に代えて、田中とアデミウソンを起用した。一方、2位湘南は目下3連敗中で12位。前節のスタメンから2名の変更を施して、野田と鈴木に代えて、松田と古林を送り込み、パナスタ初勝利を目指した。 上位浮上のキッカケを掴みたい両雄の一戦は湘南のプレッシングがハマり、G大阪がなかなかボールを敵陣内に運べない立ち上がりとなる。そのなかで、14分にドリブルを仕掛けた左ウィングバックの中村がボックス左に侵攻。カットインから右足シュートを放つが、枠に飛ばすことができない。 ボールの主導権を握るG大阪ペースで進む試合だが、ビルドアップ時にミスが目立つ攻撃は停滞。そうした状況のなか、カウンターに転じた29分、右サイドの広大なスペースを抜け出したアデミウソンだが、ドリブルが長くなり、鋭い飛び出しをみせたGK秋元にボールをキャッチされてしまう。 すると、まとまった守備でG大阪に試合のイニシアチブを握らせない湘南は、時間が進むにつれて、ゴールに迫る回数が増加。松田や、山崎、武富が立て続けにゴールを狙っていくなど、アタッキングサードに侵攻する場面を増やしたが、GK東口の守るゴールマウスを陥れることができない。 攻撃のテンポを上げるべく、後半の頭から福田を下げて遠藤を投入したG大阪は、その立ち上がりからファン・ウィジョに幾度か良い形でボールが入るが、ゴールに結びつけられずにいると、湘南がカウンター。バイタルエリア中央から山崎がミドルシュートを放つが、惜しくもクロスバーの上に外れる。 アンカーに入った遠藤のゲームメークで攻撃にテンポが生まれたG大阪。完全に支配した右サイドを軸に切り崩す場面を増やしたが、ファイナルサードに差しかかった攻撃はもうひと押しが足らず、59分に古林と鈴木の交代に動いた湘南の守備に引っかかってしまい、なかなかゴールを奪うことができない。 凌ぐ時間が続く湘南は、82分に松田を下げてJリーグデビューの柴田をピッチへ。73分にアデミウソンに代えて食野をピッチに送り出して勝負を仕掛けてきたG大阪の前がかりな攻撃に対して、自陣にリトリートした守備と個々の身体を張った対応を徹底的に続け、決定的なシーンを許さない。 だが、G大阪が最後の交代枠で高江と渡邉の交代に動いた直後の後半アディショナルタイム1分、ドリブルでカットインした食野が右足を一閃。これがゴール右隅を貫き、G大阪が土壇場で均衡を破った。結局、食野のシーズン3得点目が決勝点となり、4試合ぶり白星のG大阪が5試合負けなし。湘南は4連敗を喫した。 2019.06.22 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南、日大のDF舘幸希が加入内定…JFA・Jリーグ特別指定選手登録も完了

湘南ベルマーレは21日、日本大学に在学するDF舘幸希(21)の来シーズン加入内定およびJFA・Jリーグ特別指定選手承認を発表した。背番号「37」を着用する。 三重県出身の舘は四日市中央工業高校から日本大学に進学した身長173cmのDF。加入内定を受け、次のようにコメントしている。 「2020シーズンより湘南ベルマーレに加入することとなりました舘幸希です。幼い頃からの夢であるプロサッカー選手を、このような素晴らしいチームでスタートできることを大変嬉しく思います。日本一熱いクラブで素晴らしいチームメイトとともに切磋琢磨し、このチームの勝利に貢献できるよう全力で戦っていきます」 「また、これまで私のサッカー人生に携わっていただいた指導者の方々や仲間、そして一番近くで応援してくれた両親には感謝の気持ちでいっぱいです。これからも支えていただいた全ての方に感謝の気持ちを忘れず、日々精進してまいりますので、熱い応援よろしくお願いいたします」 2019.06.21 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

D・ヴィエイラ&稲垣弾で広島が湘南に快勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節、サンフレッチェ広島vs湘南ベルマーレが14日に行われ、2-0で広島が勝利した。 代表ウィークを挟んで2週間ぶりの開催となるJ1リーグ。前々節に5連敗を脱出した広島(勝ち点20)だったが、前節は北海道コンサドーレ札幌に敗れ黒星。現在は8位に位置している。今節のスタメンは、コパ・アメリカに臨む日本代表に招集されている大迫と松本泰志を含む5人が変更となった。 対する湘南(勝ち点17)は現在2連敗中で11位。こちらも杉岡がコパ・アメリカのため離脱中だが、U-20日本代表としてワールドカップに出場していた齊藤と鈴木が早速先発に。全体としては7選手が変更となった。 広島がボールを保持する展開のなか、6分に湘南は右サイドのクロスから武富がヘディングシュート。枠に飛んだがここは大迫に代わって先発出場したGK中林が正面でキャッチした。 なかなかチャンスが作れない中、柏がカウンターからゴールに迫った広島は16分、その柏のクロスからドウグラスがヘディングシュート。さらに20分にも、味方のスルーパスを呼び込んだ柏が左サイドを抉って柔らかいクロスを供給。これをハイネルが頭で合わせたが、GK秋元のファインセーブに遭った。 それ以降も広島ペースは続く。31分に左から切り込んだ渡のゴール右上を狙ったシュートはGK秋元に防がれる。その直後にもショートカウンターから渡がシュート。ボックス手前から右足アウトサイドで放ったシュートだったが枠を捉えることはできなかった。 湘南も前半終了間際に小野田がボックス左からシュートを放つも枠に飛ばず、試合は0-0で折り返した。 広島は後半、前半アディショナルタイムのプレーで負傷したハイネルに代えて清水を投入。前半同様に主導権を握る広島は、ボックス左のパス回しから渡が突破。しかし、相手のスライディングタックルに捕まってシュートは打てなかった。 60分には清水が右サイドから中へドリブルし左足でシュート。相手に当たってコースが変化したシュートだったが、ここでもGK秋元の好セーブが光った。 その後も湘南を押し込むも、その壁に阻まれ続ける広島。そんな中67分に、相手のボックス内で武富からボールを奪った森島が武富に後ろから倒されPKを獲得。これをドウグラス・ヴィエイラが決めて、先制に成功した。 ついに均衡が破れた試合。攻めるしかなくなった湘南は76分の右CKのシーンで、フレイレが頭で完璧に合わせたがGKの正面に。追加点を狙う広島もその直後に途中出場の柴崎がボックス左からシュートを狙ったがGK秋元にかき出される。79分のドウグラスのボックス中央からのシュートは枠の左に外れた。 試合も終盤に差し掛かり、疲れが見え始めた中迎えた88分、広島は柏とのコンビネーションかた森島が左サイドを突破。マークを振りほどいてボックス左に侵入しゴール前に折り返すと、2列目から飛び出してきた稲垣が押し込んで決定的な2点目を奪った。 そして、試合はそのまま終了。90分間を通して相手を押し込んだ広島が2試合ぶりの勝利を挙げた。一方の湘南は3連敗となった。 2019.06.14 21:13 Fri
twitterfacebook
thumb

J1は浦和戦で劇的逆転ゴールの湘南DF山根視来! J2は京都FW小屋松、J3は熊本MF黒木が受賞《月間ベストゴール》

Jリーグは10日、5月度の「月間ベストゴール」として、J1では湘南ベルマーレのDF山根視来、J2では京都サンガF.C.のFW小屋松知哉、J3リーグではロアッソ熊本のMF黒木晃平のゴールを選出した。 同賞は各月のリーグ戦を対象に、最も優れたゴールを表彰する賞。各月のリーグ戦全ゴールから選考委員が選出する。なお、J1の「月間ベストゴール」は、12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「年間最優秀ゴール賞」にノミネートされる。 山根のゴールは、5月17日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節、浦和レッズ戦で決めた94分のゴール。明らかなゴールが取り消されるなど前半に2点のビハインドを背負った湘南は、このゴールで劇的な逆転勝利を収めた。山根のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆DF山根視来(湘南ベルマーレ) 「この度は5月度のベストゴールに選んでいただき、ありがとうございます」 「あのシチュエーションで決められたこと、みんなで作り出した雰囲気の中、サポーターも含めて全員が一丸となって戦い逆転できたことは本当に嬉しかったです。実はシュートコースは全くなかったんですけど、もうゴールしか見ていなかったし、絶対に最後まで自分で行き切るという気持ちでした」 「湘南がチームとして、普段の練習から積み重ねてきたことが発揮できた試合だったと思います。皆さんに感謝しています。ありがとうございます」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ――総評 アディショナルタイムに生まれた迫力の決勝ゴール ――柱谷幸一委員 「劇的な決勝ゴールは歴史に残るゴールとして語り継がれる」 ――北條聡委員 「感動的決勝弾。独りで運び、ねじ込むド迫力。誤審に揺れた試合を大団円に」 小屋松のゴールは、5月25日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節、レノファ山口FCで決めた85分のゴール。小屋松のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆小屋松知哉(京都サンガF.C.) 「5月のJ2月間ベストゴール賞をいただくことができ、とても嬉しく思います」 「チームとして調子をあげている中で、自分としてもしっかりと結果を残していきたいと思っていました。賞をいただけたことはチーム全体の力を結集した結果だと思いますので、これからもひとりひとりがチームの為にプレーして、みんなで笑顔になれるような結果が残せるように、これからも戦っていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」 【Jリーグ選考委員会による選考理由】 ――総評 冷静なプレーで敵陣に切り込んだ独走ドリブルシュート ――原博実委員 「自陣のペナルティエリア前からスピードに乗ったドリブルで相手DFを抜き去り、GKとの1対1も冷静に浮かせてゴールを決めた」 ――福西崇史委員 「長いドリブルからループシュートと落ち着いていた」 ――柱谷幸一委員 「50メートルの独走ドリブルからの落ち着いたシュートは素晴らしかった」 ――寺嶋朋也委員 「自陣から一人でゴールまで持っていった。相手DFに迫られても態勢を崩さず、落ち着いてゴールに流し込んだところに、いい意味での余裕を感じた」 黒木のゴールは、5月19日に行われた明治安田生命J3リーグ第9節、ガイナーレ鳥取戦で決めた57分ゴール。黒木のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。 ◆黒木晃平(ロアッソ熊本) 「この度は5月度の月間ベストゴール賞に選んでいただき、ありがとうございます。とても嬉しく思います!」 「選手、スタッフ、サポーター、そしてロアッソ熊本に関わってくださる皆さんの気持ちが乗って掴み取ったゴールだったと思います!」 「また今後もチームの勝利に少しでも貢献できるよう精進していきたいと思います」 ――総評 美麗弾道ロングシュートによる勝ちにつながる同点弾 ――柱谷幸一委員 「同点に追いつく貴重な超ロングシュートでのゴール。ダイレクトで振り抜いたシュートは弾丸ライナーでゴールに突き刺さった!」 ――寺嶋朋也委員 「1点ビハインドの状況で、ミドルシュートを選択した冷静な判断と思い切りの良さ、そしてなにより弾道の美しさが印象的だった」 2019.06.13 20:19 Thu
twitterfacebook
thumb

好調仲川の1G1Aで横浜FMが湘南とのダービー制す《J1》

明治安田生命J1リーグの第14節、湘南ベルマーレvs横浜F・マリノスの神奈川ダービーが31日に行われ、2-1で横浜FMが勝利した。 10位の湘南(勝ち点17)は、浦和レッズ戦の劇的な逆転勝利から一転、前節はヴィッセル神戸に4失点の大敗を喫し、直近5試合で2勝1分け2敗。今節のスタメンはその試合から5選手変更。山根と山崎は累積警告で出場停止となっている。 一方の横浜FMは現在5位。ここ5試合で4勝のチームは特に攻撃陣が優秀で、2試合連続で4得点を奪い快勝に導いている。この好調さをぶつけたい今節は前節のジュビロ磐田戦と同じスタメンを起用。 ルヴァンカップでは同居したグループAでともに敗退した両者。ファーストシュートは湘南、4分、左サイドから山口がカットインしボックス手前からシュートを放ったがGK朴一圭の正面だった。 対する横浜FMも右サイドからチャンスを演出。7分に仲川がゴール前にグラウンダーのクロスを上げたが、誰も合わせることはできなかった。だがこの右サイドから横浜FMが試合を動かした。 12分、DFから敵陣中央の空いたスペースでボールを受けたマルコス・ジュニオールが素早く右サイドに展開。このパスで最終ラインを抜け出した仲川が深い位置から丁寧にゴール前へ折り返すと、エジカル・ジュニオが押し込んでネットを揺らした。 まだまだゴールが入りそうな横浜FMだが28分、扇原が相手との接触でヒザを負傷。担架で運ばれてピッチを後に。代わりに天野が投入された。 ここから湘南は流れを掴み始める。30分、左サイドのレレウのクロスが相手に当たってルーズになると、いち早く反応した指宿がシュート。GK朴一圭のファインセーブで再びこぼれ球になったところを今度は古林が狙ったが、シュートは外のサイドネットを叩いた。 44分にはCKを獲得。左からクロスが上がった湘南は一度相手に撥ね返されるものの、ボールを拾った古林が右サイドを抉ってグラウンダーの速いクロスを送る。これに武富が合わせて同点に追いついた。 湘南の勢いは後半に入っても続いていた。54分、最終ラインのフレイレが左サイドのレレウに送ると、レレウはこれをダイレクトでゴール前へ。指宿がダイビングヘッドで合わせたが、GK朴一圭の好セーブに遭った。 だが、横浜FMも徐々に盛り返す。60分に仲川を起点にエジカル・ジュニオが惜しいシュートを放ったその3分後の63分、左サイドでダイアゴナルランでパスを呼び込んだ遠藤がクロスを上げると、混戦の中の競り合いの末に浮いたボールを仲川がバイシクルシュート。これが決まって再び横浜FMが勝ち越しに成功した。 その後、湘南は立て続けに3枚の交代カードを切る。横浜FMも78分にエジカル・ジュニオを下げて三好をピッチへ送る。 その三好は83分、左の遠藤からボックス手前でボールを受けてもう一つ右へ展開。ここに走り込んだ天野がダイレクトで丁寧に狙ったが、惜しくもボール一つ分枠の左に外れた。 そして、最後まで緊迫したダービーらしい試合は2-1でアウェイの横浜FMが勝利。エジカル・ジュニオと仲川がそれぞれ2試合連続ゴールを決めて3連勝に導いた。一方の湘南は2連敗となった。 2019.05.31 21:10 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース