ホッフェンハイム、アウグスブルクからドルト移籍間近のDFシュルツ後釜を確保!2019.05.16 13:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは15日、アウグスブルクからギリシャ代表DFコスタス・スタフィリディス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、今季限りでアウグスブルクと契約が満了するため、フリートランスファーとなる同選手は2023年6月30日までの4年契約にサインしている。ホッフェンハイムでフットボール・ディレクターを務めるアレクサンダー・ローゼン氏は、クラブ公式サイトでギリシャ出身の攻撃的な左サイドバックの加入に関して以下のようなコメントを残している。

「スタフィリディスは4バックの左、3バックを用いる際はより前のポジションでプレー可能だ。彼の一対一の強さ、強烈な左足、プレー面におけるクオリティを有している。同時に彼の素晴らしい闘争心が我々に良い影響をもたらしてくれるはずだ」

一方、ホッフェンハイム行きが決定したスタフィリディスは、「この変化に興奮しているし、この素晴らしい環境の中で自分自身を証明したいと思っている。これまでの多くのプレーヤーと同様に個人としてここでトップレベルに到達したいと思っている。同時に初日からこのクラブへの思いをピッチ上で表現することを保証するよ」と、新天地での意気込みを語った。

母国ギリシャの強豪PAOKでプロデビューしたスタフィリディスは、2012年の夏にレバークーゼンへ完全移籍で加入したもののレギュラーに定着できず、その後は古巣PAOKやフルアムへのレンタルを経験。

2015年の夏に加入したアウグスブルクでは、公式戦61試合に出場し5ゴール3アシストを記録。今季はケガの影響もあって前半戦を棒に振り、リーグ戦12試合の出場にとどまっていた。また、2012年にデビューを飾ったギリシャ代表ではここまで通算24試合に出場している。

なお、ホッフェンハイムでは左サイドバックや左ウイングバックを主戦場とするドイツ代表DFニコ・シュルツのドルトムント移籍が決定的となっているため、スタフィリディスがその後釜に据えられるようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ホッフェンハイム、ニューカッスル行き噂されるFWジョエリントンの今夏退団を認める!

ホッフェンハイムを率いるアルフレッド・シュローダー監督が、ニューカッスル移籍が噂されるブラジル人FWジョエリントン(22)の今夏退団を認めた。オランダ人新指揮官がドイツ『キッカー』で語った。 今夏、エースストライカーだったベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドンに加え、FWアジョセ・ペレス(25)とFWホセル(29)が相次いで退団したニューカッスル。 今週に入ってスティーブ・ブルース新監督の就任が決定したチームは、今夏の最優先事項として新ストライカーの獲得を目指しており、今冬にも関心を示したジョエリントン獲得に向け、移籍金3600万ポンド(約48億3000万円)といわれるクラブ史上最高額のオファーを提示する準備を進めている。 そのジョエリントンは17日に行われたホッフェンハイムのプレシーズンマッチのメンバーから外れており、喫緊の退団の可能性が浮上。そして、シュローダー監督も同選手の退団を認めている。 「(ジョエリントンの移籍に関して)それは私の決断ではない。クラブが行うことだ」 「フットボール界においてあるプレーヤーがいなくなれば、その他のプレーヤーにチャンスが訪れるものだ。もちろん、彼がいなくなることを残念に思っているよ」 母国スポルチ・レシフェでプロキャリアをスタートしたジョエリントンは2015年にホッフェンハイムに加入。だが、初のヨーロッパ挑戦とよりレベルの高いブンデスリーガに順応できず、直近2シーズンはオーストリアのラピド・ウィーンに武者修行に出ていた。そのラピド・ウィーンでは公式戦79試合に出場し、21ゴール9アシストの数字を記録。 そして、昨夏満を持して復帰を果たすと、昨シーズンは公式戦35試合で11ゴール9アシストの数字を残していた。 186cmの恵まれた体躯を生かしたキープ力や利他的なプレーに加え、ブラジル人らしいドリブルテクニックに長けた万能型ストライカーは、ポゼッションスタイル、カウンタースタイルの双方に対応できる戦術的な柔軟性も併せ持つ好タレントだ。 仮に、ニューカッスル移籍が決定した場合、プレースタイルこそ異なるもののホッフェンハイムからリバプールに移籍し、ワールドクラスに成長した同胞FWロベルト・フィルミノのようなブレイクが期待されるところだ。 2019.07.19 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表FW武藤嘉紀に新たなライバル? ニューカッスル、ホッフェンハイムのブラジル人FWに48億円用意か

ニューカッスルがホッフェンハイムに所属するブラジル人FWジョエリントン(22)に関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今夏、FWアジョセ・ペレス(25)とFWホセル(29)の両スペイン人FWが相次いで流出したニューカッスル。さらに、ベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドン(29)も中国移籍が囁かれており、FWの強化が急務となっている。 そこで、ニューカッスルは今年1月にも噂されたジョエリントンへの関心を再熱させている模様。ウォルバーハンプトンも目を光らせているとされる同選手の獲得に向け、今週中に移籍金3600万ポンド(約48億3000万円)のオファーを提示する準備があるという。 母国スポルチ・レシフェでプロキャリアをスタートさせたジョエリントンは、2015年にホッフェンハイムに加入。ラピド・ウィーンへのレンタルから復帰した昨シーズン、公式戦35試合11ゴール9アシストを記録していた。 2019.07.16 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムのU-19イスラエル代表を巡ってマンチェスター・ダービー

ホッフェンハイムのU-19イスラエル代表MFイライ・エルムキエス(19)を巡って、マンチェスターの両クラブが火花を散らしているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 イスラエル出身のエルムキエス(写真左)は2015年からホッフェンハイムの下部組織に在籍。ポジションはセントラルMFやディフェンシブMFで、ドイツではバイエルンMFチアゴ・アルカンタラとよく比較されるそうだ。 同選手は今季のUEFAユースリーグでマンチェスター・シティと対戦。その際に同クラブのジョゼップ・グアルディオラ監督の目にとまったという。なお、シティの他にもマンチェスター・ユナイテッドやウェストハムも興味を示す逸材の現在の市場価値は250万ポンド(約3億4000万円)と言われている。 しかし、ホッフェンハイムも残り1年となっているエルムキエスの契約の延長を急いでいる模様。果たして今夏の去就は。 2019.06.28 15:43 Fri
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムのU-20ドイツ代表FWハック、降格ニュルンベルクに完全移籍

ブンデスリーガ2部に降格したニュルンベルクは8日、ホッフェンハイムのU-20ドイツ代表FWロビン・ハック(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 2012年からホッフェンハイムの下部組織に在籍するハックは、U-16からドイツ代表に選出され、現在はU-20ドイツ代表に招集されている今後を嘱望されるアタッカー。昨年10月に行われた今季のチャンピオンズリーグ、グループステージ第2節マンチェスター・シティ戦でトップチームデビューを果たしていた。 2019.06.08 23:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、オーストリア代表MFグリリッチュと2022年まで契約延長

ホッフェンハイムは5日、オーストリア代表MFフロリアン・グリリッチュ(23)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 2013年にブレーメンのU-19チームに加入したグリリッチュは、2015年7月にトップチームへ昇格。ブレーメンでは、在籍1年半で公式戦54試合に出場し4ゴールをマーク。 ここでの活躍が認められ、2017年の夏にホッフェンハイムへ完全移籍すると、加入初年度からレギュラーを獲得。今シーズンもセントラルMFを主戦場にブンデスリーガ30試合に出場していた。 ホッフェンハイムと契約延長したグリリッチュは、クラブの公式ツイッターで「アルフレッド・スロイデル新監督の下で、迎える新たなシーズンが今から楽しみだよ」と、コメントしている。 2019.06.06 02:20 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース