ディバラ、やはり移籍か 実兄が注目発言

2019.05.16 13:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)を取り巻く今夏移籍の可能性は事実だという。『フットボール・イタリア』が報じた。

2017-18シーズンからユベントスの象徴的な背番号「10」を引き継ぐなど、次なる絶対的エースとして、さらなる活躍に期待が集まったディバラ。だが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入した今シーズンは序列が下がり、セリエAにおいて5得点(28試合)にとどまるなど、精彩を欠く。

そうした状況もあり、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の来シーズン構想から外れた可能性や、マンチェスター・ユナイテッド、アトレティコ・マドリーの関心報道が…。そうしたなか、実兄のグスタボ・ディバラ氏が母国アルゼンチンのラジオ番組で、弟の去就について次のように語ったという。

「彼にとって、ユベントスを去るグッドチャンスだ。絶対にね。今の彼は変化が必要なんだ」

「行き先は話せないけど、パウロが去る可能性は高い。幸せじゃないから。でも、それはパウロに限ったことじゃない。ユーベに不満を感じている選手は、ほかにも多くいる」

「だから、彼はユベントスを離れる唯一の選手にはならないだろうね」
コメント