シュツットガルトが奥川同僚のキールMFカラソルを獲得!2019.05.15 21:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは15日、ブンデスリーガ2部のホルシュタイン・キールからドイツ人MFアタカン・カラソル(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。トルコ系ドイツ人のカラソルは190cmの大柄な体躯を生かしたボール奪取能力や球際の強さが売りの守備的MF。センターバックでもプレー可能な同選手は、ボーフムやドルトムントのリザーブチームを経て2017年にキールに加入。今季はリーグ戦21試合に出場し2ゴール2アシストの数字を残していた。

シュツットガルトの取締役会に名を連ねるトーマス・ヒツルスベルガー氏は、「今シーズン、アタカンはキールで非常に良いプレーを見せていた。我々は長期に渡って彼の動向を見守っていた。そして、彼のクオリティとポテンシャルに期待している」と、長年のターゲットであったことを明かした。

一方、入れ替え戦の結果次第もうまくいけば来季からブンデスリーガ初挑戦となるカラソルは、「自分を信頼してくれたシュツットガルト首脳陣に感謝しているよ。このユニフォームに袖を通し、うまくプレーしてその期待にできるだけ早く応えていきたい」と、意気込みを語っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、ビッグクラブ注目の19歳トルコ代表センターバックの獲得に接近

ミランがブンデスリーガ2部に降格したシュツットガルトのトルコ代表DFオザン・カバク(19)の獲得に接近しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 同メディアによればミランはカバク獲得のために移籍金1500万ユーロ(約18億3000万円)を用意。そして24日にミランの幹部とカバクの代理人を務める兄弟が会談を持ったとのことだ。そして、残すはカバク本人との契約を詰めるだけと同メディアは主張している。 今年1月にガラタサライからシュツットガルトへと移籍したカバクは、ブンデスリーガで15試合に出場し3ゴールを記録していた。そのカバクには、アーセナルやトッテナム、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンといったビッグクラブが興味を持っているとのことだった。 2019.06.25 01:41 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンで躍動の鎌田大地、ドイツ2部行きか

フランクフルトからシント=トロイデンへとレンタル移籍していたFW鎌田大地だが、フランクフルトへ戻ることはなさそうだ。ベルギー『voetbalkrant.com』が報じた。 2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへと完全移籍で加入した鎌田だったが、加入1年目はニコ・コバチ監督(現バイエルン監督)の信頼を得られず、ブンデスリーガで3試合、DFBポカールで1試合の出場にとどまっていた。 迎えた2シーズン目も構想外となると、シント=トロイデンへとレンタル移籍。するとベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで24試合に出場し12ゴール2アシストを記録。チームの攻撃の中心として活躍し、日本代表にも招集されていた。 プレーオフ2へ進んだチームにおいても、10試合に出場し3ゴール5アシストと活躍を見せた鎌田。市場価値も加入時に比べ2倍に高騰したものの、フランクフルトへ戻ることはないとされている。 そんな鎌田の移籍先に浮上したのが、ブンデスリーガ2部のシュツットガルトだ。今シーズンはリーグ戦を16位で終え、プレーオフに進んだもののウニオン・ベルリンに敗れて2部へ降格。1年でのブンデスリーガ復帰を目論みるシュツットガルトは、チーム再建に動いており、鎌田が優先的に考えられているという。 シュツットガルトは、かつて日本代表FW岡崎慎司(現レスター・シティ)や元日本代表DF酒井高徳(現ハンブルガーSV)、FW浅野拓磨(現ハノーファー)ら日本人がプレーしたことでも知られている。 フランクフルト加入時は160万ユーロ(約1億9400万円)程度だった価値も、450万ユーロ(約5億4500万円)にまで上昇しており、どこが獲得するのか注目が集まる。 2019.06.21 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

元シティDFマフェオ、降格シュツットガルトからレンタルでジローナへ復帰

リーガエスパニョーラ2部に降格したジローナは20日、シュツットガルトのスペイン人DFパブロ・マフェオ(21)をレンタルで獲得したことを発表した。 エスパニョールの下部組織で育った右サイドバックのマフェオは、2013年にマンチェスター・シティに入団。その後、シティの提携先であるジローナへのレンタル移籍を経て、昨夏にシュツットガルトへ完全移籍していた。しかし、シュツットガルトでは今季ブンデスリーガ8試合の出場に終わり、チームも2部降格と活躍できなかった。 ジローナも今季のリーガエスパニョーラで18位に沈み2部降格となったが、2年ぶりの復帰となるジローナで再び1部昇格を目指す戦いに挑むことになった。 2019.06.21 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

降格シュツットガルト、主将ゲントナーが契約満了で退団

ブンデスリーガ2部に降格したシュツットガルトは7日、元ドイツ代表MFクリスティアン・ゲントナー(33)が契約満了により退団することを発表した。 1999年にシュツットガルトの下部組織に入団したセントラルMFのゲントナーは、2005年2月にトップチームデビュー。2007年夏から2010年冬まで一時ヴォルフスブルクに移籍した時期があったものの、キャリアの大半をシュツットガルトで過ごした。 そのシュツットガルトでは公式戦373試合に出場して50ゴール45アシストを記録。今季もブンデスリーガ29試合に出場して5アシストと、主力としてプレーしていた。しかし、ブンデス残留の懸かったウニオン・ベルリンとのプレーオフでゴールを決めたものの、チームはアウェイゴール差で敗退。3シーズンぶりに2部降格の憂き目に遭っていた。 2019.06.08 00:44 Sat
twitterfacebook
thumb

お財布にも優しい? アーセナルが長友佑都の元同僚、2部降格シュツットガルトの若手注目CBを注視

来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃し、今夏の補強資金を絞っているアーセナル。課題となっている守備陣の補強にシュツットガルトの若手CBを考えているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 アーセナルが興味を示しているのは、シュツットガルトのトルコ代表DFオザン・カバク(19)だ。今年1月にガラタサライからシュツットガルトへと移籍したカバクは、ブンデスリーガで15試合に出場し3ゴールを記録。ガラタサライでも日本代表DF長友佑都と同僚で、スュペル・リグで13試合に出場。3バックの左を務め長友と同サイドでプレーしていた。 将来有望な若手CBだが、所属のシュツットガルトが昇降格プレーオフでウニオン・ベルリンに敗れ、来シーズンは2部に降格することが決定。今夏の去就が注目されていた。 カバクには、アーセナルの他、トッテナム、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンが興味を持っているとのこと。バイエルン以外の3クラブは、ガラタサライ所属時からカバクをモニタリングしていたとのことだ。 カバクは空中戦にも強く、年齢を感じさせない落ち着き、安定感を見せており、長期的にチームの守備を任せられる可能性は高い。 一方で、アーセナルとしては補強資金が4000万ポンド(約52億円)と絞られる中、カバクは1320万ポンド(約18億円)の契約解除条項で獲得が可能。若手主体のチーム作りに切り替える可能性が高いウナイ・エメリ監督の考えともマッチする。 選手売却により資金を集める可能性もあるアーセナルにとって、カバクが獲得できればチームとして戦力以上に大きな補強となりそうだが、獲得競争で勝てるだろうか。 2019.06.04 13:54 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース