広島、ルーキー荒木隼人とプロA契約締結!2019.05.14 16:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サンフレッチェ広島は14日、DF荒木隼人(22)とプロA契約を締結したことを発表した。昨年関西大学在学中に特別指定選手として広島に加入した荒木は今シーズンから本格的にプレー。先日のAFCチャンピオンズリーグの広州恒大戦で、プロA契約の締結条件では450分の試合出場時間を超過し、今回に至った。

同大会のグループステージ第4節の大邱FCでは、ダイビングヘッドでプロ初ゴールを記録した荒木。クラブの公式サイトでさらなる活躍を誓っている。

「A契約締結に合意できて嬉しく思いますが、現状に満足することなく今まで以上に努力してチームの勝利に貢献できるように頑張ります。応援をよろしくお願いいたします」
コメント
関連ニュース
thumb

D・ヴィエイラ&稲垣弾で広島が湘南に快勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節、サンフレッチェ広島vs湘南ベルマーレが14日に行われ、2-0で広島が勝利した。 代表ウィークを挟んで2週間ぶりの開催となるJ1リーグ。前々節に5連敗を脱出した広島(勝ち点20)だったが、前節は北海道コンサドーレ札幌に敗れ黒星。現在は8位に位置している。今節のスタメンは、コパ・アメリカに臨む日本代表に招集されている大迫と松本泰志を含む5人が変更となった。 対する湘南(勝ち点17)は現在2連敗中で11位。こちらも杉岡がコパ・アメリカのため離脱中だが、U-20日本代表としてワールドカップに出場していた齊藤と鈴木が早速先発に。全体としては7選手が変更となった。 広島がボールを保持する展開のなか、6分に湘南は右サイドのクロスから武富がヘディングシュート。枠に飛んだがここは大迫に代わって先発出場したGK中林が正面でキャッチした。 なかなかチャンスが作れない中、柏がカウンターからゴールに迫った広島は16分、その柏のクロスからドウグラスがヘディングシュート。さらに20分にも、味方のスルーパスを呼び込んだ柏が左サイドを抉って柔らかいクロスを供給。これをハイネルが頭で合わせたが、GK秋元のファインセーブに遭った。 それ以降も広島ペースは続く。31分に左から切り込んだ渡のゴール右上を狙ったシュートはGK秋元に防がれる。その直後にもショートカウンターから渡がシュート。ボックス手前から右足アウトサイドで放ったシュートだったが枠を捉えることはできなかった。 湘南も前半終了間際に小野田がボックス左からシュートを放つも枠に飛ばず、試合は0-0で折り返した。 広島は後半、前半アディショナルタイムのプレーで負傷したハイネルに代えて清水を投入。前半同様に主導権を握る広島は、ボックス左のパス回しから渡が突破。しかし、相手のスライディングタックルに捕まってシュートは打てなかった。 60分には清水が右サイドから中へドリブルし左足でシュート。相手に当たってコースが変化したシュートだったが、ここでもGK秋元の好セーブが光った。 その後も湘南を押し込むも、その壁に阻まれ続ける広島。そんな中67分に、相手のボックス内で武富からボールを奪った森島が武富に後ろから倒されPKを獲得。これをドウグラス・ヴィエイラが決めて、先制に成功した。 ついに均衡が破れた試合。攻めるしかなくなった湘南は76分の右CKのシーンで、フレイレが頭で完璧に合わせたがGKの正面に。追加点を狙う広島もその直後に途中出場の柴崎がボックス左からシュートを狙ったがGK秋元にかき出される。79分のドウグラスのボックス中央からのシュートは枠の左に外れた。 試合も終盤に差し掛かり、疲れが見え始めた中迎えた88分、広島は柏とのコンビネーションかた森島が左サイドを突破。マークを振りほどいてボックス左に侵入しゴール前に折り返すと、2列目から飛び出してきた稲垣が押し込んで決定的な2点目を奪った。 そして、試合はそのまま終了。90分間を通して相手を押し込んだ広島が2試合ぶりの勝利を挙げた。一方の湘南は3連敗となった。 2019.06.14 21:13 Fri
twitterfacebook
thumb

広島、柏好文に第二子となる次女誕生!

サンフレッチェ広島は5日、MF柏好文(31)に第二子の次女が2日に広島市内の病院で誕生したことを発表した。 柏は2014年にヴァンフォーレ甲府から加入。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ14試合に出場して3得点を記録している。 広島は現在、J1リーグ6勝2分け6敗の8位。14日に行われる次節、11位に位置する湘南ベルマーレをホームに迎え撃つ。 2019.06.05 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「広島での好調さが繋がった」初招集GK大迫敬介が意識していること《キリンチャレンジカップ》

日本代表は4日、翌日に控えるトリニダード・トバゴ代表とのキリンチャレンジカップ2019に向けて、試合会場となる豊田スタジアムでトレーニングを実施した。 代表初招集となったGK大迫敬介。普段ではできない経験が勉強になっていると語る19歳の若武者は、所属するサンフレッチェ広島での好調さが繋がっていると話してくれた。 ◆GK大迫敬介(サンフレッチェ広島) ――初の代表招集について 「フィールド選手のシュートを受けた時、クラブとは少し違う軌道だったりボールの強みというのがあって、勉強になってます」 ――広島でのパフォーマンスについて 「一昨年、去年と出れない時から、色々な思いを抱えながら練習に取り組んできたので、今年はそれをぶつけるいい機会になっています。それが良い形で表れてますね」 ――GKで意識していることは 「表情を変えないことや堂々としている姿勢がフィールドに与えられる安心感がある。相手にも影響を与えるので、表情の部分はこだわっています」 「やはり失点してしまうとどうしても下を向いてしまうところを、誰かが顔上げて前に引っ張っていかないといけないので。それがGKの役目で、コーチから常に言われています」 ――ACLではスムーズに試合に入られたようだが 「ACLでは自分自身アンダー世代での国際経験はありますし、自信をもって試合に入れたと思います。空中戦は日本人よりも体が大きいので、どんどん挑戦して失敗と成功を繰り返して自信を付けていきました」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/UgQ6xE9hVBA" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.06.04 21:24 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島vs広島のJリーグ対決! ACLラウンド16のマッチスケジュール決定!《ACL2019》

日本サッカー協会(JFA)は3日、AFCチャンピオンズリーグ2019ラウンド16、東地区のマッチスケジュールを発表した。 先月終了したグループステージにおいてJリーグ勢で突破を決めたのは、前回大会王者の鹿島アントラーズ、サンフレッチェ広島、浦和レッズの3チーム。 そして、ラウンド16ではグループEを2位通過した鹿島と、グループFを首位通過した広島による日本勢対決が早くも実現。また、グループGを2位通過した浦和は、グループHを首位通過した蔚山現代(韓国)と対戦する。 なお、ラウンド16のレギュレーションでは2位通過のチームがホームで第1戦を戦い、首位通過のチームが第2戦をホームで戦うことになる。 今回発表されたマッチスケジュールは以下の通り。 ★ACLラウンド16・マッチスケジュール(東地区) ◆第1戦 ▽6/18(火) 《19:00》 鹿島 vs 広島 《20:00》 広州恒大(中国) vs 山東魯能(中国) ▽6/19(水) 《19:30》 浦和 vs 蔚山現代(韓国) 《20:00》 上海上港(中国) vs 全北現代(韓国) ◆第2戦 ▽6/25(火) 《19:00》 広島 vs 鹿島 《19:30》 山東魯能(中国) vs 広州恒大(中国) ▽6/26(水) 《19:00》 全北現代(韓国) vs 上海上港(中国) 《20:00》 蔚山現代(韓国) vs 浦和 2019.06.03 20:42 Mon
twitterfacebook
thumb

札幌が4試合ぶりのゴールで広島撃破! 終盤に退場者出すも虎の子の1点を守り切る《J1》

明治安田生命J1リーグの第14節、北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島が6月1日に行われ、1-0で札幌が勝利した。 6位の札幌(勝ち点23)はリーグ戦ここ3試合で勝ちなしと、やや失速気味。しかもその3試合で無得点と攻撃陣に難がある状況だ。加えて、主将の宮澤が前節のガンバ大阪戦で右ひざを負傷し手術を実施。そんな嫌な雰囲気を断ち切りたい今節は、G大阪戦からスタメンを2選手変更して臨んだ。 一方の7位広島(勝ち点20)は、前節の浦和レッズ戦の快勝で5連敗から脱出。今季2度目の4得点で攻撃陣にも光が差した。およそ2か月ぶりの連勝を目指す今節のスタメンは、浦和戦で負傷したエミル・サロモンソンに代わって清水が起用された。 ファーストシュートは広島。2分、左ウイングバックの柏がミドルシュート。GKク・ソンユンの正面へ。その後はパス回しで攻撃の形を作る札幌と、それにカウンターで対応する広島という構図となる。 だが、互いにゴール前の守備が固く、バイタルエリアで決定的な仕事はできない。そんな中20分に広島がセンターサークル付近でのパス回しから、右ウイングバックの清水が札幌のハイラインを突破。ボックス右に侵入しシュートを放ったが、DFに寄せられていたこともあり枠を捉えることはできなかった。 前半のシュートは2本に留まったものの、終盤に2度のチャンスを創出した札幌は後半開始早々に荒野がボックスの外からシュート。これは左に外れたがアグレッシブな立ち上がりを見せる。 すると63分、右サイドの福森が浮き球をゴール前に送ると、早坂が頭でフリック。ルーカス・フェルナンデスが放ったシュートはGK大迫に止められるが、こぼれ球を早坂が押し込んで札幌が先制に成功した。 4試合ぶりのゴールが生まれた札幌は67分に中野が負傷し、白井と交代。72分には鈴木に代えてジェイを投入した。対する広島も少し遡って62分に柴崎を下げて渡を、64分に清水を下げてハイネルをピッチへ送っている。 札幌にペースを握られなかなか攻め込めない広島。81分に松本が枠の外から狙ったがGKの正面に飛んだ。そんな中83分に切り札を投入。川辺に代えてパトリックをピッチに送り込む。 84分に菅を下げて石川を投入し守りを固める札幌だが、87分に攻め上がったルーカス・フェルナンデスがオフサイドを取られた際に、広島がクイックリスタートをしようとしたところでボールを蹴ってしまい、攻撃を妨害したとしてイエローカード。これが2枚目となった同選手は退場処分となった。 後半アディショナルタイムも5分と表示され、同点のチャンスの芽が出てきた広島は、パトリックにボールを集めて力技に出る。94分には真骨頂とも呼べるヘディングシュートが飛び出すが、GKク・ソニユンがファインセーブ。 そして、広島の猛攻を振り切り虎の子の1点を守り切った札幌が4試合ぶり勝利。広島は勢いを継続することはできなかった。 2019.06.01 16:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース