武藤途中出場のニューカッスルがフルアムに4発快勝で最終戦を飾る!《プレミアリーグ》2019.05.13 01:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは12日、プレミアリーグ最終節でフルアムと対戦し、4-0で勝利した。武藤は66分からプレーした。リーグ戦2試合勝利が無い14位のニューカッスルが、19位フルアムのホームに乗り込んだ一戦。試合が動いたのは9分、リッチーの左CKをファーサイドで受けたシェルヴェイがワントラップからハーフボレ―シュートをゴール左に突き刺した。で

幸先良く先制したニューカッスルは、11分にもボックス左から侵入したアツがシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をアジョセ・ペレスが押し込み、追加点を奪った。

後半も先にスコアを動かしたのは2点をリードするニューカッスル。61分、リッチーの左CKをボックス中央のシェアーがヘディングでゴール右に叩き込み、3点目。

リードを広げたニューカッスルは、66分にアツを下げて武藤を、69分にヘイデンを下げてF・フェルナンデスを投入。すると90分、アジョセ・ペレスのスルーパスに抜け出したロンドンがボックス左まで持ち上がりシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球を再びロンドンが押し込んだ。

結局、試合はそのまま4-0で終了。ニューカッスルが敵地での今季最終戦を快勝で飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

ニューカッスル、ベニテス監督の後任は? あの超大物指揮官の名も

24日、ニューカッスルはラファエル・ベニテス監督の退任を発表した。そしてその後任が誰になるのか注目されている。 2016年3月に就任して以降、2部降格の憂き目に遭いながらもここ2シーズンはプレミアリーグ残留に導くなどチームを安定力を取り戻したベニテス監督。ファンやサポーターからも愛された指揮官だった。 新オーナー就任の噂もあるニューカッスルだが2週間以内に発表されるという後任に耳目が集まっている。 イギリス『90min』によれば、その後任として現在候補に挙がっているのは、前マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョ氏や、今月バーミンガムを解任されたギャリー・モンク氏、バーンリーのショーン・ダイク監督、エバートンやユナイテッドを指揮したデイビッド・モイーズ氏、そして元ニューカッスル指揮官のアラン・パーデュ氏らだ。中でもモウリーニョ氏が就任すればビッグサプライズとなるが、イギリスのブックメーカーは確率は低いと予想している。 ベニテス監督の退任にはサポーターから反感の声が挙がっており、一部では本拠地セント・ジェームズ・パークでの試合をボイコットする噂もある。そんなファンやサポーターが納得できるような選択をクラブは迫られている。 2019.06.25 15:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、ベニテス監督の退任を発表

ニューカッスルは24日、スペイン人指揮官のラファエル・ベニテス監督(59)の今シーズン限りでの契約満了を発表した。 レアル・マドリーのカスティージャ(Bチーム)で監督キャリアをスタートさせたベニテス監督は、レアル・マドリーやリバプール、ナポリなど多くのビッグクラブを指揮。その後、2016年3月にニューカッスルに就任すると、2部降格の憂き目に遭いながらも、1年でプレミア復帰を果たした。 今シーズンも12勝9分け17敗の13位でフィニッシュ。2年連続でのプレミア残留を決めるなど、3年余りでクラブに安定力を取り戻していた。 退任が決まったベニテス監督に向けてニューカッスルは公式声明を発表し、感謝を伝えている。 「我々は、長期間にわたりラファと契約延長をするために一生懸命、交渉を行ってきた。しかし、ラファと代理人とは合意に達する事はできなかった」 「在籍した3年間で重要な事を成し遂げてくれたラファとコーチングスタッフの努力に感謝したい」 2019.06.24 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、ベニテスと交渉決裂か 中国から巨額オファーの噂も

ニューカッスルとラファエル・ベニテス監督の契約延長交渉が決裂した模様だ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2016年3月にニューカッスルに就任したベニテス監督は、2部降格の憂き目に遭いながらも1年でプレミア復帰を果たし、今季も2年連続でのプレミア残留を決めるなど、3年余りでクラブに安定力を取り戻した。 契約は今季までとなっているためニューカッスルは延長交渉に動いていたが、伝えられるところによるとこの度その交渉が決裂。ベニテス監督には中国から年俸3000万ポンド(約41億円)の超巨額オファーが届いていると言われ、それが理由なのではないかと推測されている。 同監督には以前にも中国からオファーがあったようだがその時は拒否した模様。また、マウリツィオ・サッリ監督が辞任したチェルシーが復帰を考えているという噂もあったが、こちらはフランク・ランパード氏の就任が濃厚だ。 ニューカッスルは新オーナー就任の話が持ち上がっており、その人物はマンチェスター・シティオーナーのいとこのシェイク・カレド氏。大改革が予想される中、指揮官を含めた今夏のマグパイズの動きやいかに。 2019.06.23 19:52 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ニューカッスル最高額のパラグアイMFに関心か

レアル・マドリーが、ニューカッスルに所属するパラグアイ代表MFミゲル・アルミロン(25)の獲得に興味を示しているようだ。複数のパラグアイメディアの情報をもとにアルゼンチン『TyCSports』が伝えている。 母国のセッロ・ポルテーノでキャリアをスタートさせたアルミロンは、アトレティコ・ラヌス(アルゼンチン)、アトランタ(MLS)を経て今年1月にクラブ史上最高額となる2000万ポンド(約27億2000万円)でニューカッスルへ加入。プレミアリーグ10試合に出場していた。 そのアルミロンは現在、パラグアイ代表の一員としてコパ・アメリカに参戦中。20日に行われたアルゼンチン代表戦ではアシストを記録するなど好パフォーマンスを見せている。 マドリーは来シーズンに向けてMFエデン・アザールやFWルカ・ヨビッチなど大型補強に動いている。選手の売却を行わなければならない状況だが、パラグアイ期待のドリブラー獲得に動くのか注目が集まる。 2019.06.23 18:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、アルミロン躍動にジョークが弾む! 低調メッシと比較し「天才とメッシ」

ニューカッスルが20日に公式ツイッターに投稿したあるツイートが話題となった。 ツイートの対象となったのは同日行われたコパ・アメリカのアルゼンチンvsパラグアイ。優勝候補のアルゼンチンに注目がいく中で、37分にニューカッスル所属のMFミゲル・アルミロンが左サイドを電光石火のドリブルで突き破り、そのクロスをMFリチャルド・サンチェスが押し込んでパラグアイが先制。後半にFWリオネル・メッシのPKで同点とされドローに終わったものの、試合はパラグアイが善戦し、相変らず代表では不調のメッシはまたも名誉挽回とはならなかった。 そして、その試合でファンの目を引いたのが何と言ってもアルミロン。初戦のカタール戦に続くアシストで、強敵から勝ち点を奪って現在2位のパラグアイで躍動。それによほど気をよくしたのか、試合後にニューカッスルが同選手とメッシが競り合っている写真と共に「フットボールの天才とメッシ」とコメントし、サポーターを沸かせた。これが瞬く間にいいねやリツイートを集めて拡散。イギリス『デイリー・メール』なども取り上げる事態となった。 アルミロンはニューカッスルが今年1月にクラブ記録の2000万ポンド(約27億2000万円)を支払って獲得した選手。少し天狗になってしまったのだろう。 そんなアルミロン擁するパラグアイはグループステージ最終節で首位のコロンビアと対戦。すでに首位突破を決めているコロンビアに勝てば自力での決勝トーナメント進出が決まる。 2019.06.21 15:36 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース