エジルの血はアーセナルの赤! 代理人が残留主張2019.05.12 09:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)の今夏移籍はないという。イギリス『FourFourTwo』が報じた。今シーズンがアーセナル在籍6年目のエジル。だが、ウナイ・エメリ監督の下で出場機会を減らしており、クラブ最高週給35万ポンド(約4900万円)の負担軽減に向けた今夏売却も取り沙汰されている。

そのなか、エジルは先日、去就を問われ、残留希望を口に。そして、同選手の代理人を務めるエルクト・ソグト氏も移籍の可能性を否定するとともに、2021年まで残る現行契約を全うする可能性を示唆した。

「噂はいつまでも続くだろうね。それに疑いの余地はない」

「だが、保証できるひとつは、メストの忠誠心だ。彼のマインドはアーセナルのみで、それしかない」

「メストの血はアーセナルカラー一色。契約を尊重することは確実だ」

「少なくとも2021年までアーセナルに残るだろう。ファンは今夏のゴシップに心配する必要はない」

「彼は自分が歓迎されていると感じられる場所を見つけた。そこでもっとできることがあると考えているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ミランがマドリー&アーセナルとビッグトレード? トレイラ、セバージョス巡り

ミランが獲得を狙っているアーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(23)とレアル・マドリーのスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)を巡り、両チームに大型トレードを仕掛けているのではないかとイタリア『ガゼッタデッロスポルト』が報じた。 イギリスでの生活苦からイタリア復帰希望ですでに個人間合意をしているとも言われているトレイラと、マドリーでジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れ放出有力候補と噂されるセバージョス。ここに話を持ち掛けたのがミランだ。 トレードの第一候補として名前が挙がっているのがコートジボワール代表MFのフランク・ケシエ(22)で同選手の移籍を条件に含めることで金銭的な負担軽減を図りたい模様。 もう一人の放出候補はスイス代表DFリカルド・ロドリゲス(26)で、ミランは同選手がアーセナルのウナイ・エメリ監督が好む選手と見ており、1500万ユーロの価値を持つR・ロドリゲスをトレード要因として差額の支払い交渉に持ち込みたい算段のようだ。 両チームの双方の選手共に成功すれば一大トレードになるがはたしてどういう結末を迎えるか。ビッグクラブ達の決断に注目が集まる。 2019.06.26 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、イングランド期待のバーンリーFWをリストアップか

アーセナルが、バーンリーに所属するU-20イングランド代表FWドワイト・マクニール(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 マンチェスター・ユナイテッド下部組織出身のマクニールは2014年にバーンリーユースへ移籍。昨シーズンのプレミアリーグ最終節でプロデビューをすると、今シーズンは縦への推進力や左足の強烈なシュートを武器にシーズン中盤から主力に定着し、リーグ戦21試合で3ゴール5アシストを記録した。 クリスタル・パレスのFWウィルフリード・ザハやボーンマスのMFライアン・フレイザーなどウイングの獲得を目指しているアーセナルだが、今夏の補強費が限られているため、より安価で獲得可能なマクニールをリストアップしたという。 しかし、U-20イングランド代表FWに対しては、マンチェスター・シティやエバートン、ニューカッスルも獲得に興味を示しているという。そのため、マクニール獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.06.26 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、サリバを巡りガナーズに横槍か

トッテナムが、サンテチェンヌに所属するU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じた。 サンテチェンヌの下部組織出身のセンターバックで、193㎝の長身と対人の強さを武器に頭角を現してきたサリバ。トップチームデビューを果たした今シーズンは公式戦19試合に出場した。 そのサリバを巡って複数クラブが関心を示している状況だ。中でもサンテチェンヌとの合意報道も飛び出したアーセナルが争奪戦のポールポジションに立っていると見られている。 しかし今回伝えられるところによれば、同じロンドンに拠点を置くトッテナムがサリバ獲得を諦めてはおらず、推定移籍金の2500万ユーロ~3000万ユーロ(約30億5000万円~約36億6000万円)を投じる可能性があるとのことだ。 2019.06.26 14:39 Wed
twitterfacebook
thumb

トレイラ、ミランと個人合意? 残すはクラブ間交渉か

アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(23)がミラン移籍へと向け、個人間の交渉では合意に至ったとイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 トレイラは今季サンプドリアからアーセナルに移籍しリーグ戦34試合に出場するなど中盤の主力として活躍していたが、母国ウルグアイメディアのインタビューにおいて「イタリアの方が良かったよ。言葉の壁があって、チームメイトとかとうまく付き合うことができなくなってしまった。対話ができないのはすごく難しい」 「それと、天気だね。午前中に外出したときから午後に帰宅するまでずっと曇り。ウルグアイから来た僕らは、いつも、あるいはほとんど太陽のもとで生活している。それに慣れているのさ」と語るなどイギリスでの生活に不満を漏らしていた。 そしてトレイラがイタリア復帰だけでなく、ミランへの移籍話を強く進めている要因としてやはり恩師マルコ・ジャンパオロ監督の就任があるようだ。 ミランはアーセナルに対し2年500万ユーロ(約6億円)のレンタル料、3000万ユーロ(約37億円)での買取オプション付きで交渉をしているとの事。アーセナルとしても重要な戦力であるだけに交渉の難航が予想されるが、トレイラのイタリア復帰の意思も固そうで今後の動きにも注目していきたい。 2019.06.26 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

CBが欲しいアーセナル、ドルトムントのU-20フランス代表キャプテンに興味

アーセナルは、今夏のセンターバック補強にU-20フランス代表DFを狙うかもしれない。イギリス『ミラー』が報じた。 アーセナルが獲得を狙うのは、ドルトムントのDFダン=アレックス・ザガドゥ(20)だ。ザガドゥはポーランドで行われていたU-20ワールドカップにフランス代表のキャプテンとして出場。このパフォーマンスがアーセナルの目に留まったようだ。 元フランス代表DFローラン・コシエルニーや元ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィなど、センターバックを務める選手の退団が近づいているアーセナル。何れにしても今夏のセンターバック補強は必須の状況だ。 しかし、最も興味を持っているのは、サンテチェンヌのU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ(18)に変わりなく、サンテチェンヌとは合意したとも報じられている。ザガドゥは最優先ではないようだ。 ザガドゥは、2018-19シーズンのブンデスリーガで17試合に出場し2ゴールを記録。チャンピオンズリーグでも4試合に出場していた。しかし、今夏はバイエルンからドイツ代表DFマッツ・フンメルスが復帰。来シーズンの出場機会は保証されておらず、今シーズンよりも厳しい状況も考えられる。 ドルトムントとは2022年まで契約を残しているが、若返りを図っているアーセナルにとっては見逃せない存在。資金に限りはあるものの、サリバとともに獲得する可能性もありそうだ。 2019.06.26 13:15 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース