シャビ・アロンソ氏、15年ぶりに古巣ソシエダ帰還か2019.05.10 10:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャビ・アロンソ氏(37)にレアル・ソシエダ下部組織の指揮官就任の可能性が浮上している。スペイン『マルカ』が伝えた。現役時代、正確無比なキックセンスと展開力を武器に“パスマスター”として世界に名を轟かせたシャビ・アロンソ氏。2016-17シーズンを最後に現役を退くと、監督ライセンス取得の2018年から古巣レアル・マドリーで監督業をスタートさせており、現在率いる下部組織のインファンティルA(13~14歳)を就任初年度からリーグ優勝に導いた。

そんな同氏は、マドリーのフベニールA(U-19チーム)の指揮官就任のオファーを受け取っている模様。しかし、ソシエダのヨキン・アペリバイ会長との良好な関係から、自身もソシエダに復帰することを望んでいるという。

ソシエダは、シャビ・アロンソ氏が現役時代、プロキャリアをスタートさせたクラブ。もし復帰となれば、15年ぶりの帰還となる。
コメント
関連ニュース
thumb

ベティスがソシエダFWファンミを完全移籍で獲得

レアル・ベティスは14日、レアル・ソシエダの元スペイン代表FWファンミ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。ファンミは2024年までの5年契約を結ぶこととなる。 ファンミは、マラガの下部組織出身で、2011年1月にトップチームへ昇格。昇格前の16歳でトップチームデビューを果たし、2010年1月13日にはマラガ史上最年少ゴールを記録していた。その後、ラシン・サンタンデールへのレンタル移籍を経験すると、2015年7月にはサウサンプトンへと完全移籍を果たしている。 サウサンプトンではプレミアリーグで12試合に出場s流など、19試合の出場に留まり、1年で退団。2016年7月にソシエダに完全移籍していた。ソシエダでは、公式戦通算114試合に出場し31ゴール7アシストを記録。今シーズンはリーガエスパニョーラで30試合に出場し5ゴール3アシストを記録していた。 スペイン代表にも世代別で経験しており、2015年3月にはスペイン代表としてもデビューを果たしたが、それ以降は招集されていない。 2019.06.14 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ソシエダが“イブラ2世”、ドルトムントFWイサクを完全移籍で獲得!

レアル・ソシエダは12日、ドルトムントからスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、移籍金に関しては1000万ユーロ(約12億2000万円)になるとみられている。 イサクは、スウェーデンのAIKソルナで育ち、2017年1月にドルトムントへと移籍。2シーズン過ごしたドルトムントでは、トップチームで公式戦13試合に出場し1ゴール1アシストにとどまっていた。 2019年1月にエールディビジのヴィレムⅡへレンタル移籍すると、エールディビジで16試合に出場し13ゴール7アシストを記録。一躍注目を集めることとなった。 ドルトムントの前線の補強次第ではプレシーズンにチャンスを与えられる可能性が伝えられていたが、完全移籍での旅立ちとなった。 2019.06.12 23:19 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、スペイン期待の若手オヤルサバルに関心か

バルセロナが、レアル・ソシエダに所属するスペイン代表FWミケル・オヤルサバル(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『fichajes』が報じている。 ソシエダ下部組織出身のオヤルサバルは、2015年10月にトップチームへ昇格すると、すぐさまレギュラーに定着。卓越した左足の技術とアジリティ、シュートセンスを武器に今シーズンの公式戦41試合で14ゴール4アシストを記録した。また10日に行われたユーロ2020予選のスウェーデン代表戦では代表初ゴールも決めている。 そのオヤルサバルに対して、バルセロナが関心を寄せているようだ。同クラブを指揮するエルネスト・バルベルデ監督は、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョと同国代表FWマウコムのパフォーマンスに満足してはおらず、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレも負傷癖があることから新たなアタッカーの獲得を希望しているという。 しかし、オヤルサバルにはアトレティコ・マドリーも獲得に興味。さらに、ソシエダは、放出に否定的であり、契約解除金である7000万ユーロ(約85億8000万円)を要求するとのことだ。 2019.06.12 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ソシエダが“イブラ2世”、スウェーデン代表FWイサク獲得で合意か

レアル・ソシエダは、スウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(19)の獲得でドルトムントと合意したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 報道によると、ソシエダのヨキン・アペリバイ会長がスペイン代表vsスウェーデン代表のユーロ予選の会場であるマドリッドへと出向いたとのこと。試合後、契約のサインをするためだとされている。 イサクは、スウェーデンのAIKで育ち、2017年1月にドルトムントへと移籍。2シーズン過ごしたドルトムントでは、トップチームで公式戦13試合に出場し1ゴール1アシストにとどまっていた。 2019年1月にエールディビジのヴィレムⅡへレンタル移籍すると、エールディビジで16試合に出場し13ゴール7アシストを記録。一躍注目を集めることとなった。 ソシエダは、イサクと3シーズンの契約を結ぶとのこと。移籍金は1000万ユーロ(約12億2600万円)になるとみられている。なお、正式発表は今週後半になるとのことだ。 2019.06.12 19:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、ビルバオ退団のGKレミロをフリーで獲得!

レアル・ソシエダは10日、アスレティック・ビルバオからスペイン人GKアレックス・レミロ(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。7月1日から正式加入となる同選手は2023年6月30日までの4年契約にサインしている。 ビルバオの下部組織出身のレミロは、2012年に同クラブのCチームにあたるバスコニアでプロデビュー。その後、Bチームにあたるビルバオ・アスレティックでのプレーを経て2016年にトップチームに昇格した。 しかし、現在チェルシーに所属する同年代のスペイン代表GKケパ・アリサバラガとのポジション争いに敗れ、レバンテ、ウエスカにレンタルに出されるなど、ビルバオのトップチームでは出場機会を得ることができず。 この結果、レミロは今シーズン限りで満了する現行契約を更新することを拒否。そして、アルゼンチン代表GKヘロニモ・ルジの退団が濃厚な地元のライバルへの加入を決断した。 なお、2017-18シーズンにレンタルで在籍したウエスカでは正GKとして同クラブのプリメーラ初昇格に貢献しており、ソシエダでもポジション奪取の期待がかかる。 2019.06.11 13:13 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース