“スーパーヒーロー”ルーカス・モウラ「キャリア史上最高の瞬間」

2019.05.09 08:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムに所属するブラジル代表FWルーカス・モウラがアヤックスとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ後、歓喜した。イギリス『BBC』が報じた。

先のホームで行われた1stレグを0-1で落としたトッテナムは、ケガのイングランド代表FWハリー・ケインを欠く状況で8日の2ndレグへ。そのリターンレグも2点ビハインドまで追い詰められた。だが、後半にルーカス・モウラがハットトリックの大暴れ。アウェイゴール差でアヤックスを上回ったトッテナムが起死回生の逆転突破を成し遂げた。

試合後にマウリシオ・ポチェッティーノ監督から「スーパーヒーロー」として賛辞を受けたルーカス・モウラは次のようにコメント。「僕のキャリア史上最高の瞬間だった」と話した。

「気持ちの説明は不可能だ。すごく幸せで、チームメイトをすごく誇りに思う」

「この瞬間を信じ続けたよ。ピッチ上で全てを捧げた。今日の僕らファミリーに相応しい瞬間だ。チームメイト、友人、家族と神からの大きな贈り物を共有したい」

「僕だけじゃなく、チームメイトとハードワークの賜物さ。全員が一生懸命だった。チームメイトを常に信じ続けた。全ての試合で今日のような戦いをしなくちゃね」

「フットボールは素晴らしいよ。イメージできない。僕にとっても、キャリア史上最高の瞬間だったよ」

なお、6月1日に行われる決勝の対戦カードはトッテナムvsリバプールに決まり、アトレティコ・マドリーの本拠地ワンダ・メトロポリターノが会場に。CL決勝でのプレミアリーグ勢対決は2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー以来、11年ぶりだ。
コメント