ルーカスの劇的ハットで大逆転のトッテナムがヤング・アヤックスを下し初の決勝進出!《CL》

2019.05.09 06:34 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのアヤックスvsトッテナムが8日にヨハン・クライフ・アレーナで行われ、2-3でトッテナムが勝利。この結果、2戦合計スコア3-3となりアウェイゴール差でトッテナムが決勝進出を決めた。

先週にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われた1stレグを0-1で勝利したアヤックスは、4日に行われたKNVBベーカー決勝で格下のヴィレムⅡに4-0と圧勝。中6日で戦った初戦とは異なり、中3日での戦いとなる一戦に向けてアヤックスは、前回対戦からスタメンを1人を変更。フェルトマンに代えてマズラウィを右サイドバックで起用した。

一方、過密日程と出場停止のソン・フンミンらの不在が響き、ホームでの1stレグを落としたトッテナム。4日に行われたリーグ戦のボーンマス戦では、ソン・フンミンとフォイスの退場によって40分以上9人での戦いを強いられたうえ、ゴールレスドロー目前の後半アディショナルタイムにゴールを奪われ、公式戦3試合連続となる0-1の敗戦を喫した。奇跡の復帰が期待されたケインが間に合わず、1stレグで3バックの一角として出場したダビンソン・サンチェスが太モモの負傷により欠場となった。ケインとダビンソン・サンチェスの代役には出場停止から復帰のソン・フンミンとムサ・シソコが起用された。

ウォーミングアップ中にネレスが負傷し急遽ドルベリが先発に入り、ジイェフ、タディッチとの3トップを形成したアヤックスは、開始早々に試合を動かす。5分、シェーネの右CKをゴール前で競り合ったデ・リフトがヘディングでゴール左隅に流し込み、先制に成功した。

早い時間に失点を許したトッテナムだが、すぐさま反撃。6分、左サイドを持ち上がったソン・フンミンがボックス左深くまで切り込むと、角度のない位置からゴールを狙ったが、これは左ポストに弾かれた。さらに23分にも、デレ・アリの絶妙なパスを受けたソン・フンミンがボックス中央からシュートを放ったが、これはGKオナナに防がれた。

一進一退の攻防が続く中、リードするアヤックスが待望の追加点を奪う。36分、中盤でボールを奪ったファン・デ・ベークがドリブルで持ち上がると、左のスペースへ展開。これを受けたタディッチがマイナスの折り返しを供給すると、走り込んだジイェフが豪快なシュートをゴール右隅に突き刺した。
アヤックスのリードで迎えた後半、トッテナムはワニャマを下げてジョレンテを投入。1トップにジョレンテ、2列目右にルーカス・モウラ、2ボランチの一角にエリクセンを配置した。

すると、トッテナムは53分に決定機。エリクセンの左クロスからゴールエリア右手前に走り込んだデレ・アリが右足ボレーで合わせたが、これはGKオナナのファインセーブに阻まれた。それでも55分、ローズのロングフィードをルーカス・モウラがワンタッチではたくと、これを受けたデレ・アリの切り返しが中央を駆け上がったルーカス・モウラに繋がる。これを拾ったルーカス・モウラはボックス中央まで切り込み、シュートをゴール右隅へ流し込んだ。

1点を返して勢いづくトッテナムは、59分にもトリッピアの折り返しをジョレンテがシュート。これはGKオナナにブロックされたが、こぼれ球を奪ったルーカス・モウラが粘り強いキープから左足でゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻す。

同点とされたアヤックスは63分、マズラウィのパスから左サイドを持ち上がったタディッチの折り返しをジイェフが狙ったが、これはゴール右に外れる。さらにジイェフは、79分にもボックス中央からシュートを狙ったが、これは右ポストに弾かれた。

逆転突破にはもう1ゴールが必要なトッテナムは87分、右CKをニアでジョレンテがフリックしたボールをゴール左手前でフリーのヴェルトンゲンがヘディングシュート。これがGKオナナの好セーブに弾かれると、こぼれ球を再びヴェルトンゲンが押し込んだが、これも相手DFのブロックに阻まれた。

同点のチャンスを逃し万事休すかと思われたトッテナムだが、後半アディショナルタイムに最後のドラマが起きる。96分、最終ラインのムサ・シソコがロングボールを送ると、最前線でジョレンテの落としたボールをデレ・アリがワンタッチでゴール前に供給。これに反応したルーカス・モウラのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

結局、試合はそのままタイムアップ。ルーカス・モウラの劇的ハットトリックで逆転勝利を飾ったトッテナムが、アウェイゴール差でアヤックスを上回り、大逆転でクラブ史上初の決勝進出を決めた。なお、決勝戦ではリバプールと対戦する。
コメント