ルーカスの劇的ハットで大逆転のトッテナムがヤング・アヤックスを下し初の決勝進出!《CL》2019.05.09 06:34 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのアヤックスvsトッテナムが8日にヨハン・クライフ・アレーナで行われ、2-3でトッテナムが勝利。この結果、2戦合計スコア3-3となりアウェイゴール差でトッテナムが決勝進出を決めた。先週にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われた1stレグを0-1で勝利したアヤックスは、4日に行われたKNVBベーカー決勝で格下のヴィレムⅡに4-0と圧勝。中6日で戦った初戦とは異なり、中3日での戦いとなる一戦に向けてアヤックスは、前回対戦からスタメンを1人を変更。フェルトマンに代えてマズラウィを右サイドバックで起用した。

一方、過密日程と出場停止のソン・フンミンらの不在が響き、ホームでの1stレグを落としたトッテナム。4日に行われたリーグ戦のボーンマス戦では、ソン・フンミンとフォイスの退場によって40分以上9人での戦いを強いられたうえ、ゴールレスドロー目前の後半アディショナルタイムにゴールを奪われ、公式戦3試合連続となる0-1の敗戦を喫した。奇跡の復帰が期待されたケインが間に合わず、1stレグで3バックの一角として出場したダビンソン・サンチェスが太モモの負傷により欠場となった。ケインとダビンソン・サンチェスの代役には出場停止から復帰のソン・フンミンとムサ・シソコが起用された。

ウォーミングアップ中にネレスが負傷し急遽ドルベリが先発に入り、ジイェフ、タディッチとの3トップを形成したアヤックスは、開始早々に試合を動かす。5分、シェーネの右CKをゴール前で競り合ったデ・リフトがヘディングでゴール左隅に流し込み、先制に成功した。

早い時間に失点を許したトッテナムだが、すぐさま反撃。6分、左サイドを持ち上がったソン・フンミンがボックス左深くまで切り込むと、角度のない位置からゴールを狙ったが、これは左ポストに弾かれた。さらに23分にも、デレ・アリの絶妙なパスを受けたソン・フンミンがボックス中央からシュートを放ったが、これはGKオナナに防がれた。

一進一退の攻防が続く中、リードするアヤックスが待望の追加点を奪う。36分、中盤でボールを奪ったファン・デ・ベークがドリブルで持ち上がると、左のスペースへ展開。これを受けたタディッチがマイナスの折り返しを供給すると、走り込んだジイェフが豪快なシュートをゴール右隅に突き刺した。
アヤックスのリードで迎えた後半、トッテナムはワニャマを下げてジョレンテを投入。1トップにジョレンテ、2列目右にルーカス・モウラ、2ボランチの一角にエリクセンを配置した。

すると、トッテナムは53分に決定機。エリクセンの左クロスからゴールエリア右手前に走り込んだデレ・アリが右足ボレーで合わせたが、これはGKオナナのファインセーブに阻まれた。それでも55分、ローズのロングフィードをルーカス・モウラがワンタッチではたくと、これを受けたデレ・アリの切り返しが中央を駆け上がったルーカス・モウラに繋がる。これを拾ったルーカス・モウラはボックス中央まで切り込み、シュートをゴール右隅へ流し込んだ。

1点を返して勢いづくトッテナムは、59分にもトリッピアの折り返しをジョレンテがシュート。これはGKオナナにブロックされたが、こぼれ球を奪ったルーカス・モウラが粘り強いキープから左足でゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻す。

同点とされたアヤックスは63分、マズラウィのパスから左サイドを持ち上がったタディッチの折り返しをジイェフが狙ったが、これはゴール右に外れる。さらにジイェフは、79分にもボックス中央からシュートを狙ったが、これは右ポストに弾かれた。

逆転突破にはもう1ゴールが必要なトッテナムは87分、右CKをニアでジョレンテがフリックしたボールをゴール左手前でフリーのヴェルトンゲンがヘディングシュート。これがGKオナナの好セーブに弾かれると、こぼれ球を再びヴェルトンゲンが押し込んだが、これも相手DFのブロックに阻まれた。

同点のチャンスを逃し万事休すかと思われたトッテナムだが、後半アディショナルタイムに最後のドラマが起きる。96分、最終ラインのムサ・シソコがロングボールを送ると、最前線でジョレンテの落としたボールをデレ・アリがワンタッチでゴール前に供給。これに反応したルーカス・モウラのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

結局、試合はそのままタイムアップ。ルーカス・モウラの劇的ハットトリックで逆転勝利を飾ったトッテナムが、アウェイゴール差でアヤックスを上回り、大逆転でクラブ史上初の決勝進出を決めた。なお、決勝戦ではリバプールと対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

今季プレミア最優秀ゴールはタウンゼントがシティ相手に決めたスーパーボレー!

21日、2018-19シーズンのプレミアリーグ最優秀ゴールが発表され、クリスタル・パレスの元イングランド代表MFアンドロス・タウンゼントが昨年12月22日の第18節、マンチェスター・シティ戦で決めたスーパーボレー弾が選出された。 イギリスのビール製造会社『カーリング・ブルワリー』の協賛するカーリング・プレミアリーグ・ゴール・オブ・ザ・アワード。 月間最優秀選手&監督賞と共に毎月発表されていた月間最優秀ゴールには、トッテナムFWソン・フンミンがチェルシー戦で決めた敵陣を切り裂くロングドリブルでのゴール(2018年11月)、チェルシーMFエデン・アザールがウェストハム戦で決めた5人抜きの衝撃ドリブル弾(2019年4月)、マンチェスター・シティDFヴァンサン・コンパニがレスター・シティ戦で決めたスーパーミドル弾(2019年5月)など、10個のゴールが選出されていた。 その10個のノミネートゴールからファン投票によって最終的に選出されたのが、タウンゼントのスーパーボレー弾だった。 敵地エティハド・スタジアムに乗り込んだタウンゼントは、1-1のスコアで迎えた前半の35分、セットプレーの流れからペナルティアーク手前で相手MFベルナルド・シウバのヘディングクリアに反応すると、これを左足ダイレクトボレーで合わす。すると、抑えの利いた高速シュートがゴール右上隅を射抜き、名手エデルソンもお手上げのスーパーゴールとなった。 そして、敵地でシティを3-2で破る上で大きなターニングポイントとなったこのスーパーゴールに関して敵将ジョゼップ・グアルディオラ監督は、「信じられないようなゴール」と思わず脱帽した。 また、これまでも幾つかのスーパーゴールを決めてきたタウンゼントも「僕のキャリアにおいてベストなゴールだろうね」と自画自賛していた。 なお、2018-19シーズンのプレミアリーグ最優秀ゴール候補は以下の通り。 ◆文句なしの最優秀ゴール! https://twitter.com/carling/status/1130790435943792641 ◆ゴラッソの競演! https://twitter.com/carling/status/1128691750749470720 2018年8月 ジャン・ミシェル・セリ(フルアムvsバーンリー) 2018年9月 ダニエル・スタリッジ(チェルシーvsリバプール) 2018年10月 アーロン・ラムジー(フルアムvsアーセナル) 2018年11月 ソン・フンミン(トッテナムvsチェルシー) 2018年12月 アンドロス・タウンゼント(マン・シティvsC・パレス) 2019年1月 アンドレ・シュールレ(バーンリーvsフルアム) 2019年2月 ファビアン・シェア(ニューカッスルvsバーンリー) 2019年3月 アントニー・ノッカール(C・パレスvsブライトン) 2019年4月 エデン・アザール(チェルシーvsウェストハム) 2019年5月 ヴァンサン・コンパニ(マン・シティvsレスター) 2019.05.21 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ウィンクス、頼れる相棒の“再生”に感銘 「彼の素晴らしさを十分に言い表せない」

トッテナムのイングランド代表MFハリー・ウィンクスが中盤でコンビを組むフランス代表MFムサ・シソコの復活劇を称賛している。クラブ公式サイトがイングランド代表MFのコメントを伝えている。 2016年夏にニューカッスルからトッテナムに加入したシソコは途中出場を中心に十分な出場機会を与えられてきた一方、戦術理解度の低さや判断力、プレー精度の低さを理由に多くの識者やサポーターから厳しい批判に晒され、移籍市場が開くごとに放出候補に挙げられてきた。 しかし、今シーズンはセントラルMFに負傷離脱が相次いだ中、圧倒的な身体能力とスタミナ、ユーティリティー性を武器に、文字通り獅子奮迅の活躍を披露。今季ここまで公式戦43試合の出場でゴールこそなかったが、スパーズファンの間ではクラブ年間MVPに輝いた韓国代表FWソン・フンミンやデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンと共に、今季のベストプレーヤーに推される見事な輝きを放った。 そのシソコとセントラルMFでコンビを組むことが多かったウィンクスは、同選手の見せてきたひたむきな努力が実ったことを誰よりも喜んでいるようだ。 「彼の“再生”はムサのメンタルの強さを示していると思う。同時に彼がいかにトップのプロフェッショナルでロールモデルであるかも証明したと思う」 「彼の素晴らしさを十分に言い表せないよ」 「ムサの物語は本当に素晴らしいよ。公正な意見として彼の最初の2年間は思い通りに行っていなかったと思う。それによって多くの批判的な目に晒されたと思うけど、多くの人たちは彼が今シーズンやってきたことにインスピレーションを得たと思うよ」 「彼は自分を信じることを決してやめなかったし、彼が現在の評価を確立するまでに懸命な努力を続けてきたんだ」 「そして、今彼はこれまでの努力の恩恵を受け取っている。それこそ誰もが彼を愛していて、彼を高く評価している理由だよ」 「彼は本当に素晴らしいプレーヤーであり、素晴らしい人間なんだ。彼の陽気な性格はロッカールームで本当に重要なんだ。それはピッチ内での彼の能力、影響力と同じようにね」 「彼は本当に最高な男なんだ。だから、彼が今シーズンやってきたことを誰もが喜んでいるんだ」 2019.05.21 16:07 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ナポリ接近のトリッピアーに横槍か

アトレティコ・マドリーが、トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)の獲得に動く可能性があるようだ。『フットボール・イタリア』がイタリアのラジオ局『Radio Kiss Kiss Napoli』の情報をもとに伝えている。 2015年6月にバーンリーからトッテナムに加入以降、正確なキック精度と豊富な運動量を武器に主力に定着したトリッピアー。ロシア・ワールドカップ(W杯)でもイングランド代表として印象的なパフォーマンスを見せたが、その後、迎えた今シーズンは守備面でのイージーミスや肝心の攻撃精度を欠く場面も多く、徐々にマウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を失い始め、今夏の放出候補にも挙がっている。 そんなトリッピアーには、ナポリが強く関心。先日には公式オファーが出されたことやトリッピアーの妻であるシャルロッテさんが、夫のナポリ移籍に向けて子供が通う現地の学校を視察に訪れたことが報じられるなど、合意に近づいているとされる。 しかし、今回伝えられるところによると、アトレティコが強奪を画策している模様。来シーズン、大幅なメンバーを入れ替わりが予想される中、右サイドバックを務めてきた元スペイン代表DFフアンフラン(34)が契約満了による退団が濃厚となっており、その後任として注目しているようだ。 アトレティコは現在、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の退団がすでに決定。他クラブへ売却した際は、契約解除金約1億3000万ユーロ(約159億7000万円)が支払われる予定で、そこで得た資金の一部を投じることで、獲得を目指すようだ。 2019.05.21 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

今季わずか17試合出場のオーリエ、移籍の意思なし

トッテナムに所属するコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(26)に移籍の意思はないようだ。『Get French Football News』が伝えている。 2017年夏に、マンチェスター・シティに移籍したDFカイル・ウォーカーの後釜としてパリ・サンジェルマンから獲得したオーリエ。ところが、推定2300万ポンド(約32億円)という移籍金にもかかわらず、レギュラーに定着できず、今季に至ってはケガの影響もあり公式戦わずか17試合の出場に留まるなど、期待された活躍を見せられていない。 今年1月には、恋人への暴行で逮捕報道もあった同選手。今季は戦力にならなかったコートジボワール代表DFをトッテナムがどう思っているのか不明だが、少なくとも本人には移籍の意思はないようだ。フランス『Canal Football Club』に以下のようにコメントしている。 「フットボールではすごい速度でいろんなことが起こる。今のところ、僕にトッテナムを出て行きたいという気持ちはない。とてもハッピーなんだ。今シーズン、僕はケガで何試合も出られなかったけど、人生はこんなもんさ。どうなるか待たなければならない」 2019.05.20 17:31 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズに朗報! ポチェッティーノがCL決勝でのベンチ入り禁止処分を回避

欧州サッカー連盟(UEFA)は17日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、トッテナムvsアヤックスの試合開始遅延に関する処分を発表した。 UEFAの発表によると、今回の処分は4月30日にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われたCL準決勝1stレグ、トッテナムvsアヤックスの試合開始遅延に関するものだ。 遅延原因に関する詳細は明かされていないが、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督と、アヤックスのエリック・テン・ハグ監督の双方に責任があったという。テン・ハグ監督に関しては警告に留まった一方、ポチェッティーノ監督には今季2度目の遅延を理由に1試合のベンチ入り禁止処分が科されることになった。 しかし、UEFAは今回の処分に関して1年間の保護観察期間を設けると伝えており、その間に同監督が同じような処分を科されなければ、処分が執行されることはない。したがって、6月1日に行われるリバプールとのCL決勝戦でも無事ベンチ入りが可能となった。 その一方で、トッテナムには今回の一件で1万ユーロ(約120万円)の罰金処分が科される。さらに、CL準々決勝1stレグ、マンチェスター・シティ戦におけるサポーターのピッチ侵入事件に関して施設運営者責任として5000ユーロ(約60万円)の罰金処分が科されている。 ポチェッティーノ監督に関してはプレミアリーグの直近のリバプール戦をベンチ入り禁止処分によってスタンド観戦を余儀なくされたが、今回のCL決勝の大一番は無事ベンチで指揮を執れることになった。 2019.05.17 23:29 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース