モウリーニョ氏が大逆転劇を演じたリバプールに賛辞! 勝因に挙げた名前は?2019.05.08 18:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジョゼ・モウリーニョ氏が、アンフィールドでバルセロナを下したリバプールを称賛した。リバプールは7日、チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのバルセロナ戦をアンフィールドで行った。1stレグで3-0と敗れており、誰もが逆転は難しいものだと見ていたが、リバプールは4-0で勝利。大逆転で決勝進出を決めた。

予想外のバウンスバックを見せたリバプールに関して、モウリーニョ氏が『beIN Sports』でコメント。かつてのライバルクラブを称賛した。

「私は、フットボールではギャンブルはしない。ギャンブルは好きではないが、決勝でプレーするリバプールに1枚のコインも賭けない」

「アンフィールドは奇跡を起こすことができるが、これはそれ以上のことだと思う。3-0はそれ以上だ」

「彼らは3-0で負けていた。この夜は、彼らを止める方法についてではない。3-0で敗れた後、どのようにして、不可能な状況でバルセロナを敗る策を作ったかだ。アンフィールドはプレーするための魔法の場所であり、美しい場所である」

「そのクラブを愛していない人でも、素晴らしいクラブであり、信じられないほどのスタジアムであり、最高の雰囲気の1つであったことを認めなければならない」

「そして、我々が不可能なことはないと言う時、それを意味している。しかし、大抵の場合は不可能になる」

大逆転劇を演じたリバプールだが、モウリーニョ氏はその要因がユルゲン・クロップ監督にあったと言及。クロップ監督のパーソナリティが、今のリバプールを作り出しているとの見解を示し、称賛の言葉を贈った。

「私はこのことを期待してはいなかった。不可能なことはないと言う。もし可能ならば、アンフィールドは不可能を可能にするための場所の1つだ。しかし私は言わなければならない。このレモンターダ(スペイン語でカムバックの意)には1つの名前があることをね。ユルゲンだ」

「これは戦術や哲学ではなく、心と魂、そして彼がこの選手のグループとともに生み出した素晴らしい共感だと思っている」

「彼らには素晴らしいシーズンを何も祝うものがない状態で終えるリスクがあった。今は、ヨーロッパチャンピオンまで、あと一歩となっている」

「ユルゲンは、リバプールで素晴らしい仕事をしているため、これに値するだろう。しかし、これは、彼自身、諦めないという彼のパーソナリティ、彼のファイティングスピリット、全ての選手が全力を尽くすことの表れだと思っている」

「1人の選手がいなくなっても泣いていないだろうし、選手たちが50試合、60試合でプレーしても泣いていないだろう」

「今日の全てのことは、ユルゲンのメンタリティに関することだ」
コメント
関連ニュース
thumb

親善試合で恐怖の反則行為…セビージャDFニャニョンがリバプール若手を蹴り飛ばす

21日に行われたセビージャとリバプールの親善試合で目を疑うようなファウルが見られた。 プレシーズンツアーの一環としてアメリカで行われたこの一戦。チャンピオンズリーグ王者であるリバプールと、ヨーロッパリーグ最多優勝回数を誇るセビージャということで大きな注目を浴びた試合は2-1でセビージャが勝利した。 しかしこの試合、イギリス『デイリー・メール』によると、セビージャの選手のプレーは少し“ダーティー”だったようだ。その中で最も問題視されているのが、セビージャDFジョリス・ニャニョンのリバプールDFヤセル・ラローチに対するファウルだ。 それは76分のこと。ラローチが左サイドからドリブルで中に切り込んだ際、ニャニョンがラローチの右足を狙って明らかに蹴りを入れているのだ。これに対し主審はすぐにレッドカードを提示。親善試合でのレッドカードはあまりに稀な光景だった。 蹴られたラローチは立ち上がることが出来ず担架で運ばれることに。リバプールのユルゲン・クロップ監督はケガをした18歳の若手について「(重傷じゃなくて)ラッキーだったと思う。(診断結果に関して)待つ必要がある。彼はプレーを続けることはできなかったが、ドレッシングルームでは調子は良さそうだったよ」とコメントを残した。 リバプールキャプテンのジェームズ・ミルナーは「ひどいファウルが何度かあった。あの試合は親善試合だったと認識しているが、レッドカードなんてめったにないことだよ。ファウルするならシャツを引っ張るぐらいにしてくれ。若い選手をヒザで蹴らないでくれ」と、この試合でのセビージャの選手の行為を非難した。 試合後、ニャニョンは自身のツイッターを通じてラローチやリバプールに謝罪。「リバプールと選手の家族に公の場で謝りたい。どんな理由があるにせよ、あれは悪質なタックルだった。ピッチ上で合ってはならないことだった」と猛省している模様。 また、セビージャも「セビージャFCの全員が、ヤセル・ラローチの完全かつ迅速な回復を祈っています」と声明を出している。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Red Card for Sevilla player Gnagnon after bad tackle on Larouci <a href="https://twitter.com/hashtag/LFCPreSeason?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LFCPreSeason</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/LFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/YNWA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YNWA</a> <a href="https://t.co/tw0yOAG6K5">pic.twitter.com/tw0yOAG6K5</a></p>&mdash; LFC MEDIA (@LFCMEDIA1) <a href="https://twitter.com/LFCMEDIA1/status/1153089237832687621?ref_src=twsrc%5Etfw">July 21, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2019.07.22 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ミルナー、リバプールでの将来不透明…「何にも聞いていない」

リバプールに所属する元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー(33)が将来の不透明さを明かした。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2015年夏からリバプールでプレーするミルナー。闘志溢れるプレーでチームを鼓舞する存在として異彩を放つだけでなく、ユーティリティぶりを生かしたマルチロールな働きで、ユルゲン・クロップ体制の躍進を支えている。 そのミルナーとリバプールの契約は新シーズン限り。だが、ミルナーはリバプールでの将来について問われると、契約延長に向けた話し合いが具体化していない事実を明らかにしたという。 「昨年、クラブと話をした。それから彼らに意向を聞いたけど、何も言ってくれなかった。それ以来、何にも聞いていない。それが僕の現状だ」 なお、リバプールを保有する『フェンウェイ・スポーツ・グループ』は、30歳以上の選手に対して、長期契約を提示しない方針とのことだ。 2019.07.22 10:20 Mon
twitterfacebook
thumb

スタリッジが選手資格停止…賭博関与で

元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)に対して、賭博関与の疑いにより、一定期間のフットボール選手資格停止処分が下ったという。イギリス『BBC』が報じた。 スタリッジは昨年1月、自身の移籍に関する内部情報を漏洩。その情報をもとに、親族がブックメーカーでスタリッジの移籍に関する賭けを行った疑いがあるという。 イングランドサッカー協会(FA)は、規定違反の疑いがある計11件のうち2件の証拠が確認されたとして、スタリッジを起訴した模様だ。 その処分として、スタリッジはFAから罰金7万5000ポンド(約1000万円)と執行猶予期間の4週間を含む6週間の選手資格停止が言い渡され、異議申立てを行うとみられる。 スタリッジは「11件のうち9件の罪が棄却され、審議会が僕を誠実かつ信頼できる証人だと認めたことを嬉しく思う。FAがこの決定に異議を唱えることを知り、非常に残念」だとコメントしている。 渦中のスタリッジは、昨シーズン限りでリバプール退団となり、フリーの状況。執行猶予期間を除けば、7月31日以降から選手としての活動が再開できるとのことだ。 2019.07.19 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

スタリッジに移籍賭博でFAから処分! 今月末までサッカー活動禁止

昨季限りでリバプールを退団したイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)は18日、イングランドサッカー協会(FA)の賭博規制違反の疑いで7万5000ポンド(約1000万円)の罰金と、2週間のサッカー活動禁止処分を科された。 イギリス『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、規制委員会はスタリッジが自身の移籍に関する賭博に関して弟のレオン氏に内部情報を提供したことを問題視し、今回の処分を下したという。 当初の処分では7万5000ポンドの罰金と6週間のサッカー活動の禁止が言い渡されたが、そのうちの4週間分に関しては2020年8月31日までの期間で執行猶予が与えられた。そのため、スタリッジは7月31日までの2週間のサッカー活動禁止処分にとどまっている。 規制委員会の調査によると、スタリッジは2018年1月に自身がリバプールからスペインのセビージャに移籍する可能性があるとの内部情報をレオン氏に流し、移籍賭博を行わせたという。 ただ、規制委員会はFAが訴えた違反行為の11件の内、2件のみ証拠が確認されたとして、残りの9件は棄却している。 そのため、FAは今回の規制委員会の調査結果、処分内容に不満を示しており、控訴を行う構えだ。 2019.07.18 22:23 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、フリーのスタリッジに関心か

インテルがリバプールを退団したイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『tuttomercatoweb』が報じている 2013年冬にチェルシーからリバプールに加入したスタリッジは、加入当初こそ活躍したが、次第にケガによる離脱が散見され、チーム内の序列が低下。最終的にセネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノ、エジプト代表FWモハメド・サラーの控えが定位置となり、契約満了の今シーズン限りでリバプールを退団していた。 そのスタリッジに対してボローニャも関心を示しているというが、アントニオ・コンテ監督が就任したインテルも注視。[3-5-2]のフォーメーションを採用する同監督は、攻撃のオプションを増やしたいと考えており、同選手の獲得に関心を示している模様だ。 2019.07.16 18:30 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース