モウリーニョ氏が大逆転劇を演じたリバプールに賛辞! 勝因に挙げた名前は?

2019.05.08 18:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジョゼ・モウリーニョ氏が、アンフィールドでバルセロナを下したリバプールを称賛した。

リバプールは7日、チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのバルセロナ戦をアンフィールドで行った。1stレグで3-0と敗れており、誰もが逆転は難しいものだと見ていたが、リバプールは4-0で勝利。大逆転で決勝進出を決めた。

予想外のバウンスバックを見せたリバプールに関して、モウリーニョ氏が『beIN Sports』でコメント。かつてのライバルクラブを称賛した。

「私は、フットボールではギャンブルはしない。ギャンブルは好きではないが、決勝でプレーするリバプールに1枚のコインも賭けない」

「アンフィールドは奇跡を起こすことができるが、これはそれ以上のことだと思う。3-0はそれ以上だ」

「彼らは3-0で負けていた。この夜は、彼らを止める方法についてではない。3-0で敗れた後、どのようにして、不可能な状況でバルセロナを敗る策を作ったかだ。アンフィールドはプレーするための魔法の場所であり、美しい場所である」

「そのクラブを愛していない人でも、素晴らしいクラブであり、信じられないほどのスタジアムであり、最高の雰囲気の1つであったことを認めなければならない」

「そして、我々が不可能なことはないと言う時、それを意味している。しかし、大抵の場合は不可能になる」

大逆転劇を演じたリバプールだが、モウリーニョ氏はその要因がユルゲン・クロップ監督にあったと言及。クロップ監督のパーソナリティが、今のリバプールを作り出しているとの見解を示し、称賛の言葉を贈った。

「私はこのことを期待してはいなかった。不可能なことはないと言う。もし可能ならば、アンフィールドは不可能を可能にするための場所の1つだ。しかし私は言わなければならない。このレモンターダ(スペイン語でカムバックの意)には1つの名前があることをね。ユルゲンだ」

「これは戦術や哲学ではなく、心と魂、そして彼がこの選手のグループとともに生み出した素晴らしい共感だと思っている」

「彼らには素晴らしいシーズンを何も祝うものがない状態で終えるリスクがあった。今は、ヨーロッパチャンピオンまで、あと一歩となっている」

「ユルゲンは、リバプールで素晴らしい仕事をしているため、これに値するだろう。しかし、これは、彼自身、諦めないという彼のパーソナリティ、彼のファイティングスピリット、全ての選手が全力を尽くすことの表れだと思っている」

「1人の選手がいなくなっても泣いていないだろうし、選手たちが50試合、60試合でプレーしても泣いていないだろう」

「今日の全てのことは、ユルゲンのメンタリティに関することだ」
コメント