モウリーニョ氏が大逆転劇を演じたリバプールに賛辞! 勝因に挙げた名前は?

2019.05.08 18:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジョゼ・モウリーニョ氏が、アンフィールドでバルセロナを下したリバプールを称賛した。リバプールは7日、チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのバルセロナ戦をアンフィールドで行った。1stレグで3-0と敗れており、誰もが逆転は難しいものだと見ていたが、リバプールは4-0で勝利。大逆転で決勝進出を決めた。

予想外のバウンスバックを見せたリバプールに関して、モウリーニョ氏が『beIN Sports』でコメント。かつてのライバルクラブを称賛した。

「私は、フットボールではギャンブルはしない。ギャンブルは好きではないが、決勝でプレーするリバプールに1枚のコインも賭けない」

「アンフィールドは奇跡を起こすことができるが、これはそれ以上のことだと思う。3-0はそれ以上だ」

「彼らは3-0で負けていた。この夜は、彼らを止める方法についてではない。3-0で敗れた後、どのようにして、不可能な状況でバルセロナを敗る策を作ったかだ。アンフィールドはプレーするための魔法の場所であり、美しい場所である」

「そのクラブを愛していない人でも、素晴らしいクラブであり、信じられないほどのスタジアムであり、最高の雰囲気の1つであったことを認めなければならない」

「そして、我々が不可能なことはないと言う時、それを意味している。しかし、大抵の場合は不可能になる」

大逆転劇を演じたリバプールだが、モウリーニョ氏はその要因がユルゲン・クロップ監督にあったと言及。クロップ監督のパーソナリティが、今のリバプールを作り出しているとの見解を示し、称賛の言葉を贈った。

「私はこのことを期待してはいなかった。不可能なことはないと言う。もし可能ならば、アンフィールドは不可能を可能にするための場所の1つだ。しかし私は言わなければならない。このレモンターダ(スペイン語でカムバックの意)には1つの名前があることをね。ユルゲンだ」

「これは戦術や哲学ではなく、心と魂、そして彼がこの選手のグループとともに生み出した素晴らしい共感だと思っている」

「彼らには素晴らしいシーズンを何も祝うものがない状態で終えるリスクがあった。今は、ヨーロッパチャンピオンまで、あと一歩となっている」

「ユルゲンは、リバプールで素晴らしい仕事をしているため、これに値するだろう。しかし、これは、彼自身、諦めないという彼のパーソナリティ、彼のファイティングスピリット、全ての選手が全力を尽くすことの表れだと思っている」

「1人の選手がいなくなっても泣いていないだろうし、選手たちが50試合、60試合でプレーしても泣いていないだろう」

「今日の全てのことは、ユルゲンのメンタリティに関することだ」
コメント
関連ニュース
thumb

クロップ監督、ヘンダーソンのアーセナル戦欠場を明言

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンのアーセナル戦欠場を明言した。 クロップ監督は25日、3日後に控えるプレミアリーグ第3節のアーセナル戦に向けて負傷者に関する報告を行なった。その中で最も大きなトピックとなったのが、ヘンダーソンの欠場だ。 同選手は20日に行われた第2節のチェルシー戦で先発出場したものの、前半のみで途中交代。元々コンディションが万全でなかったこともあり、指揮官は次のガナーズ戦は「明らかに間に合わない」としている。 一方で、チェルシー戦を欠場していたDFジョー・ゴメスは練習に戻ってくるようで、出場は問題ないと見られている。 また、移籍後初先発が期待されるMFチアゴ・アルカンタラに関しては「まあまあ、まだわからないよ」と濁すにとどまっている。 2020.09.25 21:52 Fri
twitterfacebook
thumb

「今日の試合は大好き」クロップ監督が2G1Aと大活躍の南野拓実を絶賛「彼がプレスのリズムを作った」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2ゴール1アシストを記録した日本代表FW南野拓実のパフォーマンスを称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは24日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)に所属するリンカーン・シティとのアウェイゲームに臨み、7-2で圧勝した。 南野は2トップの下でこの試合に先発フル出場すると、1-0で迎えた18分には、ボックス手前右からうまく力が抜けた絶妙な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し今季2点目を記録。4-0で迎えた後半にはエリオットのシュートのこぼれ球を南野が押し込みこの試合2点目を記録。89分にはロングカウンターからディボク・オリジのゴールをアシストした。 7-2と力の差を見せつけたリバプールだが、この試合で3ゴールに絡んだ南野についてクロップ監督が称賛。特に中央でのプレー、そしてプレッシングのクオリティについて高く評価した。 「正直に言って、今夜のタキ(南野拓実)の試合は大好きだ。とても優れており、多くの場面に関与していた」 「彼のクオリティがどこにあるのか、我々の誰もがどんどん理解していると思う。彼が最終的にプレーするところがどこか、それは中央に行く」 「左ウイングや右ウイングでプレーしたとしても、彼はハーフスペース、または中央でプレーする。それは彼の本来の強さがそこで発揮されるからだ」 「彼は本当に素晴らしかった。相手は(ゴールを決められた後)7回もキックオフする必要があった。相手がパスを受けた時に最初に相手を追いかけたのは、タキだった」 「彼は全ての機会でプレス、カウンタープレスのリズムを作った。今夜の試合は本当に好ましいものだった」 2020.09.25 09:35 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、南野が2G1Aの躍動で3部相手に7発圧勝! 4回戦はアーセナルとの対戦に《EFLカップ》

リバプールは24日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でリーグ1(イングランド3部)に所属するリンカーン・シティとのアウェイゲームに臨み、7-2で圧勝した。なお、FW南野拓実はフル出場し、2ゴール1アシストを記録した。 プレミアリーグの前節でチェルシーを破り、開幕連勝スタートのリバプール。28日にアーセナルとのビッグマッチを控える中、今季のEFLカップ初戦ではファン・ダイクを除く先発10人を変更。 GKにアドリアン、最終ラインはネコ・ウィリアムズとファン・ダイクと共に、いずれもデビュー戦となったリース・ウィリアムズ、ツィミカスを起用。中盤はカーティス・ジョーンズ、グルイッチ、シャキリの3センターハーフ、トップ下の南野、2トップにエリオット、オリジが並んだ。 中盤ダイヤモンドの[4-3-1-2]の布陣で臨んだリバプールは、立ち上がりから圧倒的にボールを握る。すると、開始9分にはボックス手前右の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのシャキリが得意の左足を振り抜くと、美しい軌道を描いたボールがゴール右隅に決まり、幸先よく先制に成功した。 さらに、畳みかける攻めを見せるリバプールは18分、前線からのプレッシャーで相手DFのパスミスを誘うと、シャキリがブロックしたボールがDFに当たってこぼれたところに反応した南野がボックス手前右からうまく力が抜けた絶妙な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、コミュニティー・シールド以来の今季2点目とした。 これで完全に乗ったプレミアリーグ王者は、23分にもセットプレーの流れから南野が枠内シュートを飛ばすと、30分過ぎに立て続けにゴールを奪う。 まずは32分、最後尾のリース・ウィリアムズからの正確なフィードをボックス左のオリジが頭で落とす。これを拾ったC・ジョーンズが冷静に対面のDFを外して右足のコントロールシュートを右隅に突き刺す。さらに、36分には右CKの二次攻撃からこぼれ球をエリオットが回収し、中央のC・ジョーンズに繋ぐと、19歳の生え抜きMFが鮮やかなターンから放ったミドルシュートが相手DFにディフレクトし、ゴール右隅の完璧なコースに決まった。 前半に4点を奪って試合を決めたリバプールは、ハーフタイムでファン・ダイクを下げてファビーニョを投入。だが、後半もエンジン全開のチームは、キックオフ直後の攻めでGKと一対一となったエリオットのシュートのこぼれ球を南野が押し込み、開始早々にゴールをこじ開ける。 57分にエリオットを下げて新加入のジョタをデビューさせたアウェイチームは、61分に一瞬の隙を突かれてエドゥンにゴールを奪われるが、直後の65分にはグルイッチのグラウンダーのミドルシュートが決まり、長らく武者修行が続いたセルビア代表MFに待望の初ゴールが生まれた。 その後、セットプレーから2点目を奪われるなど、点差もあってか、試合はやや大味な展開となったが、89分にはロングカウンターから南野のラストパスに抜け出したオリジがこの日のゴールショーを締めくくる7点目を奪い、試合はタイムアップ。 2ゴール1アシストを記録した南野の活躍などで、3部相手に圧勝のリバプールが順当に4回戦進出を決めた。なお、その4回戦では28日にリーグ戦で対戦するアーセナルとの対戦となる。 2020.09.25 05:40 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール育ちのウィルソンにバーンリーが接触? 昨季はボーンマスでリーグ戦7ゴール

リバプールに所属するウェールズ代表MFハリー・ウィルソン(23)にバーンリー移籍の可能性が浮上した。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 リバプールの下部組織育ちのウィルソンは、ウェールズ代表最年少デビュー記録(16歳と207日)を持つなど、早熟なアタッカーとして知られている。だが、トップチームでプレミアリーグデビューを果たすことはできておらず、ハル・シティ、ダービー・カウンティなど、下部カテゴリーへのレンタル移籍を繰り返してきた。 一昨シーズンにはフランク・ランパード監督(現チェルシー)率いるチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービーで、40試合15ゴールの活躍を見せたレフティーは、昨シーズンにレンタルで加入したボーンマスで待望のプレミアリーグデビュー。 右ウイングを主戦場にリーグ戦31試合に出場し、高精度の左足のキックを武器にマンチェスター・シティ、トッテナム相手に直接FKを決めるなど、7ゴールを挙げる活躍を見せていた。 ただ、ボーンマスの2部降格に伴い、完全移籍での買い取り交渉も行われず、保有元のリバプールに戻った現在は、世界屈指のアタッカー陣を誇るトップチームに食い込むことができず、レンタルあるいは完全移籍が見込まれている。 そういった中、イギリス『PA通信』によると、ウィルソンの獲得を望むバーンリーが、完全移籍での獲得を目指してリバプールと接触を図っているという。 さらに、移籍金に関してクラブ間で合意に至っていないものの、交渉がまとまる可能性が高いと伝えている。 なお、今月初旬のイギリス『リバプール・エコー』の報道によると、リバプールはウィルソン売却の条件として、移籍金2000万ポンド(約26億9000万円)前後を要求する構えだという。 2020.09.24 22:18 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールが若手の逸材、17歳MFスティーブンソンとプロ契約

リバプールは22日、U-18チームに所属するイングランド人MFルカ・スティーブンソン(17)とのプロ契約締結を発表した。 サンダーランド出身のスティーブンソンは、2018年9月にサンダーランドユースからリバプールユースに入団。今年7月にU-18へと昇格していた。 今月17日に17歳になったばかりのスティーブンソンは、デュエルの強さとクリエイティビティを兼ね備えた中盤の選手。様々なポジションでプレーできる多様性があり、両サイドでもプレーが可能だ。 2020.09.23 09:16 Wed
twitterfacebook