長谷部フル出場のフランクフルト、レバークーゼンに6失点惨敗… 勝ち点で並ばれCL出場に暗雲《ブンデスリーガ》

2019.05.06 03:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは5日、ブンデスリーガ第32節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-6で惨敗した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。

前節ヘルタ・ベルリン戦を引き分け、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位ボルシアMGとの勝ち点差を3に広げた4位フランクフルト(勝ち点54)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのチェルシー戦を1-1で引き分けた。そのチェルシー戦のスタメンから4選手を変更。ボランチでフル出場した長谷部は3バックの中央でスタメンとなった。


敗れれば勝ち点で並ばれる6位レバークーゼン(勝ち点51)に対し、ヨビッチをベンチスタートとしたフランクフルトは、開始2分に失点する。左サイドからのアランギスのクロスを受けたハフェルツにペナルティアーク中央からゴール右にシュートを蹴り込まれた。

劣勢が続くフランクフルトは13分、ボックス右のアランギスのシュートをゴール前のブラントにコースを変えられ、追加点を奪われてしまう。

しかし14分、コスティッチのミドルシュートがターの足に当たってコースが変わり、1点を返した。

1点差に詰め寄ったフランクフルトだったが、その後も劣勢を強いられ、17分にはフォラントのシュートが枠を捉えたが、長谷部がゴールライン前でカット。しかし23分、分厚い攻めを受けた流れからルーズボールをボックス右ゴールライン際のL・ベンダーに折り返され、最後はアラリオにヘッドで決められた。

さらに28分、ボックス左にドリブルで侵入してきたアランギスに長谷部が対応できずシュートをねじ込まれると、34分にはフォラントがアブラアムを突破して折り返したクロスをアラリオに押し込まれ1-5とされた。

止まらないレバークーゼンは36分、ブラントのFKがヒンテレッガーのオウンゴールを誘って6点目。6失点を受けてヨビッチとガシノビッチを投入したフランクフルトは迎えた後半、レバークーゼンがボールを持つ流れとなる中、フランクフルトは得失点差も考慮し、これ以上失点しないことを優先したプランで試合を進める。

リスクを負わないフランクフルトに対し、レバークーゼンも無理に攻めることのない試合はスコアが動かず6-1のままタイムアップ。レバークーゼンがシックスポインターを圧勝で制し、フランクフルトに勝ち点で並んでいる。

一方、敗れたフランクフルトはELのチェルシー戦に向けても大きな不安の残る結果となった。

関連ニュース
thumb

長谷部フランクフルトと遠藤航シュツットガルトの日本人対決はドロー、鎌田は負傷欠場《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第24節、フランクフルトvsシュツットガルトが6日に行われ、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠は71分までプレー、MF鎌田大地は負傷欠場、シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ブレーメンにまさかの逆転負けを喫し、12試合ぶりの敗戦となった4位フランクフルト(勝ち点42)は、長谷部がボランチに戻り先発となった一方、鎌田は腰痛のためベンチ外となった・ 対する10位シュツットガルト(勝ち点32)は前節、最下位に沈むシャルケ相手に遠藤がブンデス初ゴールを含む2点を奪取。その遠藤は開幕から24試合連続スタメンとなった。 一進一退の攻防で立ち上がった中、両チームなかなかシュートに持ち込めない展開で推移していく。 中盤での潰し合いが続き、決定機がないまま時間が経過。43分にアンドレ・シウバがボレーでようやくゴールに迫ったものの、0-0で前半を終えた。 ボランチで出場の長谷部と遠藤が守備の局面で仕事を果たした前半を終え、迎えた後半はフランクフルトが押し込む流れで推移すると、55分に先制しかける。ボックス左からコスティッチがシュートを決めたが、VARが入りヨビッチのポジションがオフサイドと判定されてノーゴールに覆った。 すると助かったシュツットガルトが68分に先制する。ケンプフのフィードをボックス右で受けたカライジッチがシュートを押し込んだ。 それでも1分後、フランクフルトがすかさず同点に追いつく。ヨビッチのシュートのルーズボールをボックス左で拾ったコスティッチがゴール右へ蹴り込んだ。 コスティッチの正真正銘のゴールで試合を振り出しに戻したフランクフルトは終盤にかけて逆転ゴールに迫ったものの、1-1のままタイムアップ。長谷部と遠藤の日本人対決は引き分けに終わっている。 2021.03.07 01:29 Sun
twitterfacebook
thumb

「特別な遺伝子が必要」長谷部誠のライバルはキング・カズ? フランクフルトの同僚MFがコメント

フランクフルトのMFセバスティアン・ローデが、自身のキャリア、そして同僚のMF長谷部誠について語った。 ローデは、オッフェンバッハの下部組織で育ち、2008年7月に昇格。2010年7月にフランクフルトへと完全移籍した。 2014年7月にはバイエルンへと移籍すると、2016年7月にはドルトムントへと移籍。その後フランクフルトへとレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で復帰していた。 チームの中では年長者の部類に入るローデはドイツ『フランクフルト・ルントシャウ』でのインタビューに応じた。 フランクフルトとは2024年6月まで契約を結んでいるろーで。何もなければ、34歳までフランクフルトでプレーすることとなる。 年長者になった事については「僕は最年長の選手の1人であり、キャリアを通じて多くのことを経験してきた。多くの若い選手がそこにたどり着きたいと思うかもしれない。もちろん、僕の立場は以前よりも大きなものになっているね」と語り、自身の存在はクラブの中でも小さくないと感じているようだ。 そのローデは、引退について問われると「2024年まで契約を結んでいるけど、その先はまだ考えていない。でも、僕の足は無理をしようとしないし、体は多くの経験をしてきた。キャリアを終えて、健康に過ごしたいね」とコメント。現在の契約を全うした後のことは考えていないと語った。 そのローデはボランチでコンビを組むこともある長谷部についても言及。37歳でプレーする長谷部については「そんなに長くはプレーしないよ。それには特別な遺伝子が必要なんだ(笑)」とコメント。自身よりも年上の長谷部のプレーに驚きを隠せないようだ。 さらに「ハセは54歳の日本人選手(三浦知良)と競争するんだろう」と語り、キング・カズとして知られ54歳で現役選手としてプレーする三浦知良を引き合いに出し、長谷部のライバルだと語った。 2021.03.05 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

引退も噂されたMF長谷部誠がフランクフルトと1年契約延長へ

現役引退も近づいているとされていたMF長谷部誠(37)だが、フランクフルトと再び契約を延長するようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 2014年7月にニュルンベルクからフランクフルトに加入した長谷部。今シーズンで在籍7年目を迎え、ブンデスリーガでは最も長くプレーしている選手となっていた。 昨年5月にはフランクフルトとの契約を1年間延長していたが、今シーズン終了後に契約満了を迎えることに。シーズン途中に出場機会を失っていた。 昨年12月にはアディ・ヒュッター監督が「マコトは37歳になり、彼のサッカー選手としてのキャリアはほぼ確実に夏には終わるだろう」とコメント。引退が近いと語っており、話題を呼んでいた。 しかし、その後に復帰。さらに、ポジションをボランチへ移すとキャプテンを務めて試合に出場。ここまでブンデスリーガで19試合に出場している。 バイエルン撃破など、好調のチームを支えている長谷部だが、『ビルト』によると近々契約を延期するとのこと。1年間の契約を結び、来シーズンもプレーすることになるようだ。 契約延長に至る理由は、年齢以上に高いパフォーマンスを見せていること。さらに、ボランチでも高いパフォーマンスを見せたことが挙げられている。 今シーズンはケガもなく、常にプレー可能な状況。さらに、ベンチに座っても1つも文句を言わないことも高く評価されているようだ。 また、キャプテンを現在務めていること、さらに言葉にも重みがあり、引退後もクラブに残ることが決まっているため、プレー可能な間は契約をしたいと考えているようだ。 2021.03.03 17:03 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、鎌田ら近年の主力獲得に尽力したボビッチSDが今季限りで退団へ…

フランクフルトで取締役兼スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏が今シーズン限りでクラブを去ることになるようだ。 現役時代にシュツットガルトやドルトムント、ヘルタ・ベルリンで活躍しドイツ代表にも選出された名ストライカーのボビッチ氏。現役引退後は古巣シュツットガルトでSDや執行役員を務め、2016年にフランクフルトで現職に就いている。 ここまでの在任期間には日本代表MF鎌田大地やGKケビン・トラップ、FWルカ・ヨビッチ(レアル・マドリーからレンタル)、FWアンドレ・シウバといった現主力、FWアンテ・レビッチ(現ミラン)、MFケビン=プリンス・ボアテング(現モンツァ)、FWセバスティアン・アラー(現アヤックス)といった選手の獲得に尽力。さらに、2017-18シーズンにはニコ・コバチ前監督の下でDFBポカール制覇も経験している。 しかし、ドイツ『スカイ』は1日、ボビッチ氏が今夏のタイミングで2023年まで結ぶ現行契約を解消することをクラブ側に求めていると報じた。 その後、フランクフルト幹部のゲオルグ・ホルツァー氏は、ドイツ『Frankfurter Rundschau』などに対して、「フレディ・ボビッチは2023年までフランクフルトと契約している。我々はこれまで非常に成功してきたパートナーシップの今後の方向性について話し合っている」と、退団こそ認めなかったものの、話し合いを行っていることを認めている。 なお、ボビッチ氏の新天地は家族が住むベルリンを本拠地とするヘルタ・ベルリンとなる可能性が高いようだ。 2021.03.02 23:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のアンドレ・シウバ「モチベーションにつながる」

フランクフルトのポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(25)が、噂のあるマンチェスター・ユナイテッドからの関心に言及している。 2019年夏にミランからレンタル移籍で加入し、今シーズンから完全移籍へ移行しているアンドレ・シウバ。ミランでは公式戦41試合で10ゴールと燻っていたが、昨季のコロナ明けから得点感覚を取り戻すと、今季はここまでリーグ戦21試合の出場で19ゴールをマーク。現在はケガで欠場したバイエルン戦を除いて5試合連続ゴール中だ。 この活躍には当然ビッグクラブからの目が注がれるようになり、最近ではユナイテッドが今夏に獲得に動くとの噂があがっていた。 ポルトガル『O Jogo』のインタビューに応じたアンドレ・シウバは、ただの噂だと否定しながらも、モチベーションにつながる一種の材料になると、喜びを露わにしている。 「噂は聞いたよ。でも噂は噂だ」 「シーズンの終わりには、仕事へのモチベーションを高めてくれるものになっているはずさ。それは自分が成し遂げてきたことが実を結び、良い道のりを歩んできた証なんだ」 2021.03.02 15:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly