2点先行もドルトムント、大迫先発のブレーメンに痛恨ドローで逆転優勝絶望的に《ブンデスリーガ》

2019.05.05 03:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第32節、ブレーメンvsドルトムントが4日に行われ、2-2で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は60分までプレーしている。

前節デュッセルドルフ戦を1-4と惨敗してヨーロッパリーグ出場権獲得が厳しくなった9位ブレーメン(勝ち点46)は、大迫が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の2トップの一角で先発に戻った。

一方、前節シャルケとのレヴィア・ダービーを2-4と惨敗した2位ドルトムント(勝ち点69)は、首位バイエルンとのポイント差が2に広がった中、シャルケ戦で退場したロイスとヴォルフが出場停止となったことを受け、アルカセルを先発とし、アカンジを右サイドバックで起用した。

フラットな[4-4-2]でスタートしたドルトムントは2トップにゲッツェとアルカセルを並べ、右にサンチョ、左にプリシッチを配置した。そのドルトムントは6分に先制する。中盤でのボールカットからプリシッチが持ち上がってショートカウンターを発動。相手DFをかわしてボックス内まで侵入し、GKとの一対一を制した。

さらに14分、右クロスを受けたボックス中央のゲッツェがDFを背負いつつ、反転から決定的なシュートを放った。だが、枠の左隅を捉えたシュートはGKパブレンカのファインセーブに阻まれる。

その後もドルトムントが攻勢に出る中、ブレーメンは35分にラシカがミドルシュートでこの試合初めてドルトムントを脅かすも、ドルトムントが42分に突き放した。ボックス手前やや右で得たFKをアルカセルが直接狙うと、壁の上を抜けたシュートがゴールに吸い込まれた。

迎えた後半、自陣に引いてブレーメンの攻撃を受け止めるドルトムントを攻めあぐねるブレーメンは60分、大迫らを下げてピサーロらを投入する。

すると70分、ブレーメンが1点を返す。ボックス手前左からのモフワルドの左足ミドルがGKビュルキの後逸を誘った。さらに75分、アカンジの軽い対応を突いて、ボックス左ゴールライン際からアウグスティンションが折り返すと、ピサーロがボレーで蹴り込んだ。

相手のミスを突いて一気に同点に追いついたブレーメンに対し、、ドルトムントは78分にゲッツェがボックス内でハンドを犯すも、VARを確認した後、主審はPKを取らず助かった。

しかし、ラーセンらを投入して勝ち越しを目指したドルトムントだったが、3点目は奪えずに痛恨のドロー。バイエルンとの勝ち点差は4に広がり、逆転優勝は絶望的となった。
コメント