2点先行もドルトムント、大迫先発のブレーメンに痛恨ドローで逆転優勝絶望的に《ブンデスリーガ》2019.05.05 03:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第32節、ブレーメンvsドルトムントが4日に行われ、2-2で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は60分までプレーしている。前節デュッセルドルフ戦を1-4と惨敗してヨーロッパリーグ出場権獲得が厳しくなった9位ブレーメン(勝ち点46)は、大迫が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の2トップの一角で先発に戻った。

一方、前節シャルケとのレヴィア・ダービーを2-4と惨敗した2位ドルトムント(勝ち点69)は、首位バイエルンとのポイント差が2に広がった中、シャルケ戦で退場したロイスとヴォルフが出場停止となったことを受け、アルカセルを先発とし、アカンジを右サイドバックで起用した。

フラットな[4-4-2]でスタートしたドルトムントは2トップにゲッツェとアルカセルを並べ、右にサンチョ、左にプリシッチを配置した。そのドルトムントは6分に先制する。中盤でのボールカットからプリシッチが持ち上がってショートカウンターを発動。相手DFをかわしてボックス内まで侵入し、GKとの一対一を制した。

さらに14分、右クロスを受けたボックス中央のゲッツェがDFを背負いつつ、反転から決定的なシュートを放った。だが、枠の左隅を捉えたシュートはGKパブレンカのファインセーブに阻まれる。

その後もドルトムントが攻勢に出る中、ブレーメンは35分にラシカがミドルシュートでこの試合初めてドルトムントを脅かすも、ドルトムントが42分に突き放した。ボックス手前やや右で得たFKをアルカセルが直接狙うと、壁の上を抜けたシュートがゴールに吸い込まれた。

迎えた後半、自陣に引いてブレーメンの攻撃を受け止めるドルトムントを攻めあぐねるブレーメンは60分、大迫らを下げてピサーロらを投入する。

すると70分、ブレーメンが1点を返す。ボックス手前左からのモフワルドの左足ミドルがGKビュルキの後逸を誘った。さらに75分、アカンジの軽い対応を突いて、ボックス左ゴールライン際からアウグスティンションが折り返すと、ピサーロがボレーで蹴り込んだ。

相手のミスを突いて一気に同点に追いついたブレーメンに対し、、ドルトムントは78分にゲッツェがボックス内でハンドを犯すも、VARを確認した後、主審はPKを取らず助かった。

しかし、ラーセンらを投入して勝ち越しを目指したドルトムントだったが、3点目は奪えずに痛恨のドロー。バイエルンとの勝ち点差は4に広がり、逆転優勝は絶望的となった。
コメント
関連ニュース
thumb

クラウディオ・ピサーロ、新シーズン終了後に現役引退へ…「もう十分だ」

ブレーメンに所属する元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(40)が2019-20シーズン終了後の現役引退を公言した。ドイツ『Sport1』が報じた。 ペルー代表として通算85試合20ゴールを誇るピサーロは、1999年のブレーメン移籍を機に海外挑戦。その後、バイエルンやチェルシー、ケルンを経て、2018年夏に4度目のブレーメン復帰を果たした。今年2月にブンデスリーガ最年長ゴールの新記録を樹立。同年5月にブレーメンと1年間の新契約にサインしたばかりだった。 ブンデスリーガ通算472試合197得点76アシストを誇り、バイエルン時代に6度のブンデスリーガ制覇や1度のチャンピオンズリーグ優勝を経験したピサーロは「今シーズンが最後だ。みんなと話し合ってきたし、まだまだ元気だけど、もう十分だよ」と述べ、新シーズンいっぱいで現役から退く意向を示したという。 なお、ピサーロは外国籍選手のブンデスリーガ歴代得点数で、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(202得点)に次ぐ2位に位置。キャリアのラストイヤーは、どんな姿を見せてくれるのか。その姿を目に焼き付けたい。 2019.07.20 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェがブレーメン退団のクルーゼを獲得! 背番号は「10」に決定

フェネルバフチェは3日、今季限りでブレーメンを退団した元ドイツ代表FWマックス・クルーゼ(31)をフリーで獲得した。契約期間は2022年6月30日までで背番号は「10」になる。 2007年にブレーメンでプロデビューしたクルーゼは、出場機会を求めて2009年にザンクト・パウリに完全移籍。その後、フライブルクやボルシアMG、ヴォルフスブルクでのプレーを経て、2016年8月にへ加入。 復帰後は3シーズンで公式戦93試合に出場し35ゴールをマーク。今シーズンも公式戦36試合12ゴール14アシストの成績を収め、キャプテンとしてもチームを引っ張っていた。 2019.07.04 02:50 Thu
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェ、クルーゼと加入合意…今季までブレーメンで主将として活躍

フェネルバフチェは28日、元ドイツ代表FWマックス・クルーゼ(31)の加入合意を発表した。 ドイツ代表歴を持つブレーメン下部組織出身のクルーゼは2016年にヴォルフスブルクから復帰。今シーズンも公式戦36試合12得点14アシストの成績を収め、キャプテンとしてもチームを引っ張ったが、シーズン終了後の退団が決まった。 クルーゼは今後、来週中にイスタンブールに到着。メディカルチェックを経て、フェネルバフチェと3年契約を結ぶ見通しだという。 2019.06.29 08:15 Sat
twitterfacebook
thumb

FW大迫勇也、新システム早期浸透に意気込む「時間だけの問題にはしたくない」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は7日、9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向け、トレーニングを実施した。 トレーニング終了後、サッカー担当記者の投票によって決定する2018年度の年間最優秀選手に選ばれ、記念品を受け取ったFW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)がメディア陣による取材に応対。新システムへの対応に向けて「時間だけの問題にはしたくない」と早期浸透に意気込みを語った。 ◆FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) ──年間最優秀選手賞受賞の感想は 「去年は1年を通して代表の試合に出る機会が多かったですし、W杯もありました。去年の1年間ですごく代表に対しての責任感は、今までに以上に強くなったと思います」 ──今回の受賞は代表での活躍が評価されたということだが 「評価されたのは嬉しいことですけど、これも過去のことなので、次に向かってチャレンジし続けられるようにしたいです」 ──トリニダード・トバゴ戦での3バックの感想 「チームとしてのチャレンジ、新しい取り組みでしたけど、まずは結果が出なかったことに関しては、自分個人としても責任は感じました。悔しさやもどかしさが試合後に残ったというのが率直な感想です」 ──ワールドカップ(W杯)予選に向けて、やるべきことは 「チームとしてやるべき事としては、3バックという新しいことにチャレンジしているところで、新しいことをやるときはいつも良いことばかりではありません。その中で、各々が上手く対応できるようにしていくこと。そこは経験のある選手が揃っているので、問題ないと思います」 ──チームとしての約束事はどの程度できたか 「試合も初めてでしたし、準備期間も2、3日しかなかった中でのトライでした。考えながらプレーしなければいけない回数が増えたことが、判断の遅れやパスコースが潰れることに繋がったと思います。ここは時間が解決してくれるとは思いますけど、これを時間だけの問題にはしたくありません。早く対応できるようにしっかり考えて向き合っていきたいと思います」 2019.06.07 23:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメンがバイエルンからレンタル中のDFフリードルを完全移籍で獲得

ブレーメンは29日、バイエルンからレンタル移籍中のU-21オーストリア代表DFマルコ・フリードル(21)を完全移籍で加入することを発表した。 ブリードルは、2018年1月からレンタル移籍でプレー。2017-18シーズンはブンデスリーガで9試合、2018-19シーズンは7試合プレーしていた。 ブリードルは、2008年7月にバイエルンの下部組織に入団。その後は順調にステップアップすると、2017年7月にトップチームへ昇格。トップチームでは2017-18シーズンのブンデスリーガで1試合、同年のチャンピオンズリーグで1試合プレーしていた。 ブレーメンのフランク・バウマンCEOは「我々はマルコの成長に非常に満足しており、彼とともに働き続けたいと早い段階で示してきた」とコメント。「マルコとバイエルンとの会談はとても有意義だった。そのため、我々は長期的にマルコとブレーメンをつなげることに成功し、嬉しく思っている」とコメントしている。 なお、ブレーメン、バイエルンの双方は、契約の詳細は明かさないことで合意したとも発表している。 2019.05.30 11:15 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース