2点先行もドルトムント、大迫先発のブレーメンに痛恨ドローで逆転優勝絶望的に《ブンデスリーガ》

2019.05.05 03:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第32節、ブレーメンvsドルトムントが4日に行われ、2-2で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は60分までプレーしている。

前節デュッセルドルフ戦を1-4と惨敗してヨーロッパリーグ出場権獲得が厳しくなった9位ブレーメン(勝ち点46)は、大迫が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の2トップの一角で先発に戻った。

一方、前節シャルケとのレヴィア・ダービーを2-4と惨敗した2位ドルトムント(勝ち点69)は、首位バイエルンとのポイント差が2に広がった中、シャルケ戦で退場したロイスとヴォルフが出場停止となったことを受け、アルカセルを先発とし、アカンジを右サイドバックで起用した。

フラットな[4-4-2]でスタートしたドルトムントは2トップにゲッツェとアルカセルを並べ、右にサンチョ、左にプリシッチを配置した。そのドルトムントは6分に先制する。中盤でのボールカットからプリシッチが持ち上がってショートカウンターを発動。相手DFをかわしてボックス内まで侵入し、GKとの一対一を制した。

さらに14分、右クロスを受けたボックス中央のゲッツェがDFを背負いつつ、反転から決定的なシュートを放った。だが、枠の左隅を捉えたシュートはGKパブレンカのファインセーブに阻まれる。

その後もドルトムントが攻勢に出る中、ブレーメンは35分にラシカがミドルシュートでこの試合初めてドルトムントを脅かすも、ドルトムントが42分に突き放した。ボックス手前やや右で得たFKをアルカセルが直接狙うと、壁の上を抜けたシュートがゴールに吸い込まれた。

迎えた後半、自陣に引いてブレーメンの攻撃を受け止めるドルトムントを攻めあぐねるブレーメンは60分、大迫らを下げてピサーロらを投入する。

すると70分、ブレーメンが1点を返す。ボックス手前左からのモフワルドの左足ミドルがGKビュルキの後逸を誘った。さらに75分、アカンジの軽い対応を突いて、ボックス左ゴールライン際からアウグスティンションが折り返すと、ピサーロがボレーで蹴り込んだ。

相手のミスを突いて一気に同点に追いついたブレーメンに対し、、ドルトムントは78分にゲッツェがボックス内でハンドを犯すも、VARを確認した後、主審はPKを取らず助かった。

しかし、ラーセンらを投入して勝ち越しを目指したドルトムントだったが、3点目は奪えずに痛恨のドロー。バイエルンとの勝ち点差は4に広がり、逆転優勝は絶望的となった。

関連ニュース
thumb

昇格ノリッジがブレーメンのエースFWラシツァを獲得!

新シーズンからプレミアリーグに昇格するノリッジ・シティは22日、ブレーメンからコソボ代表FWミロト・ラシツァ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、移籍金は940万ポンド(約14億5000万円)となったようだ。 プレースタイルは異なるものの、アストン・ビラに引き抜かれたアルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディアに代わる新たな攻撃の軸として期待されるラシツァは、自身初のプレミアリーグ挑戦に向けて意気込みを語っている。 「ノリッジのファンの皆さんの前で、そしてプレミアリーグでプレーできることをとても楽しみにしているよ。もちろん、すべての試合でこのフットボールクラブのためにベストを尽くし、多くのゴールとアシストでファンを興奮させたいと思う。始まるのが待ち遠しいよ」 「クラブのこと、特にダニエル・ファルケの下でのプレースタイルについてはいくつか知っている。僕はプレーヤーとして、また人間として学び、成長し続けたいと思っている」 「監督とはすでに話をしていて、彼が僕に何を求めているかはわかっているよ。最近の彼との会話は大きな助けになったし、とても興奮しているんだ」 故郷コソボのヴシュトリアでプロキャリアをスタートしたラシツァは、2014年にオランダのフィテッセを経て2018年1月にブレーメンへステップアップ。 粗削りな部分が目立つも左ウイングやセカンドトップを主戦場に果敢な縦への仕掛けや、快足を生かしたスペースへの飛び出しなど、チームに推進力を与えるプレーを特長とする24歳FWはブレーメンでの3年半で、公式戦100試合に出場し、27ゴール19アシストの数字を残していた。 今シーズンはブンデスリーガ24試合で3ゴール5アシストを記録していたが、チームが41年ぶりの2部降格の憂き目に遭った中で今夏の退団が決定的と見られていた。 2021.06.23 00:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、トーマス・シャーフ氏が今季限りで退団…

ブレーメンのレジェンドであり、テクニカル・ディレクターを務めるトーマス・シャーフ氏(60)が今シーズン限りでクラブを去ることになった。 シャーフ氏は、フロリアン・コーフェルト前監督(38)の後任として、勝てば自動降格を免れる今シーズンのブンデスリーガ最終節のボルシアMG戦で急遽指揮官を託された。だが、チームは同試合に大敗し、41年ぶりの2部降格の憂き目を味わっていた。 テクニカル・ディレクターとしての契約は今シーズン限りまでとなっており、契約更新の可能性も残されていたが、21日にクラブが発表した新体制にシャーフ氏の名前はなく、このタイミングでの退団が決定した。 なお、後任にはユースやアカデミーのスポーツ・ディレクターを務めていたトーマス・ウォルター氏が就任することになる。 シャーフ氏は現役時代の1978年から1995年までブレーメン一筋を貫き、プロとしてプレーする傍ら、同クラブの下部組織の監督を務めていた。引退後はリザーブチームでの監督を経て、1999年から2013年までトップチームで長期政権を築いた。 その間、2003-04シーズンにブンデスリーガ優勝とDFBポカール制覇の二冠を達成。以降も4年連続で3位以内の成績を残し、2008-09シーズンには自身2度目となるDFBポカール制覇を成し遂げていた。 2013年の退任後はフランクフルトやハノーファーでの指揮を経て、2018年にテクニカル・ディレクターとして古巣に帰還していた。 2021.06.22 00:32 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫勇也にライバル出現? 降格のブレーメンが2部得点王を獲得か

日本代表FW大迫勇也も所属するブレーメンはドイツ人FWセルダル・ドゥルスン(29)を獲得する可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が伝えた。 ハノーファーの下部組織出身であるドゥルスンは190cm越えの身長を生かしたヘディングや、思い切りの良いシュートを武器とするストライカー。2018年夏にダルムシュタットへと加入すると、3年目となった今シーズンはリーグ戦27得点を記録し、ブンデスリーガ2部得点王を獲得した。 そんなドゥルスンは、契約満了により今シーズン限りでダルムシュタットを退団。フリーとなった大物に、ブレーメンが関心を示しているようだ。 また、1日に招へいされたマルクス・アンファング監督は、ダルムシュタット時代にドゥルスンを指導した経験があり、それが獲得に向けプラス材料とも。加入が決まれば、大迫の立場にも影響を与えそうだ。 2021.06.11 16:18 Fri
twitterfacebook
thumb

「リスクを負う必要はない」エースFW大迫勇也の離脱に森保一監督、残りのFW陣に期待「チーム力を上げる良い機会」

10日、日本代表の森保一監督がキリンチャレンジカップ2021のセルビア代表戦の前日会見に出席した。 5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から活動している日本代表。今回の活動では、ミャンマー戦のほか、U-24日本代表戦、タジキスタン代表戦と3試合を行い、残り2試合が予定されている。 セルビア代表戦を前に、日本代表からはエースであるFW大迫勇也(ブレーメン)が離脱。7日のタジキスタン代表戦もスタンドで見守っていた中、早期の離脱となった。 森保監督は大迫の状態についてコメントした。 「大迫のケガの状態ですけど、痛みというか、ケガで全く動けない状態ではないですけど、ジョギングから少しスピードアップするぐらいです」 「もう少し動けるとは思いますが、無理をしてケガを悪化させてしまうと、彼の所属チームでの来シーズンのプレーにも影響すると思いますし、それが我々にとっての戦力ダウンになりかねないと思います」 「無理をすればできないとは思わないですが、今はリスクを負う必要はないです。大迫はやりたがっていましたが、ここは抑えてもらってということです」 トレーニングを行っており、重傷ではないものの、無理をする場面ではないと語った森保監督。その大迫の代役には、前もってFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)を追加招集しており、FW浅野拓磨とともに2人体制で臨む。 大迫不在次には攻撃のクオリティが低下することがこのチームのウィークポイントだが、残りのFW陣にも期待を示した。 「大迫がいないことは大きいのでチームにとっては痛いですが、彼がいつもいてくれるということにはならないかもしれないですし、アジアカップでも準々決勝までプレーできなかったので、そういった意味では大迫の存在は大きいです」 「大迫がいなかった時のチームの戦い方をここでまた作っていくことはチームにとってプラスだと思いますし、タイプでは同じではないかもしれないですが、たくさん良いFWがいると思います。そういった選手たちに経験を積んでもらったり、他の選手と合わせてもらって、最終予選、その先の我々の戦い方の幅を広げる、チーム力を上げる良い機会かなとポジティブに捉えています」 「選手たちは自分が負けているなんて全く思っていないと思いますので、良さを存分に発揮してもらって、チームにも、代表の試合を応援してくださっている方にも存在感を示してほしいと思います」 2021.06.10 13:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ケガのFW大迫勇也が日本代表を離脱「トップコンディションに1日でも早く戻すため」

日本サッカー協会(JFA)は9日、FW大迫勇也(ブレーメン)の離脱を発表した。 大迫は5月28日に行われたミャンマー代表戦から日本代表の活動に参加。そのミャンマー戦ではハットトリックを記録し、3月のモンゴル代表戦に続いて、2試合連続のハットトリックを達成。チームの10-0の勝利に貢献していた。 その後、3日に行われたU-24日本代表との試合にも出場していたが、その後に負傷。日本代表はFWオナイウ阿道(横浜F・マリノス)を追加招集。大迫は、7日のタジキスタン代表戦はスタンドで見守っていた。 大迫は活動の途中で離脱することについてコメントしている。 「2試合を残してチームを離れることは残念ですが、トップコンディションに1日でも早く戻すために離脱という選択をしました」 「9月から始まる最終予選に向けて良い準備をしていきたいと思います」 2021.06.10 09:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly