2点先行もドルトムント、大迫先発のブレーメンに痛恨ドローで逆転優勝絶望的に《ブンデスリーガ》

2019.05.05 03:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第32節、ブレーメンvsドルトムントが4日に行われ、2-2で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は60分までプレーしている。前節デュッセルドルフ戦を1-4と惨敗してヨーロッパリーグ出場権獲得が厳しくなった9位ブレーメン(勝ち点46)は、大迫が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の2トップの一角で先発に戻った。

一方、前節シャルケとのレヴィア・ダービーを2-4と惨敗した2位ドルトムント(勝ち点69)は、首位バイエルンとのポイント差が2に広がった中、シャルケ戦で退場したロイスとヴォルフが出場停止となったことを受け、アルカセルを先発とし、アカンジを右サイドバックで起用した。

フラットな[4-4-2]でスタートしたドルトムントは2トップにゲッツェとアルカセルを並べ、右にサンチョ、左にプリシッチを配置した。そのドルトムントは6分に先制する。中盤でのボールカットからプリシッチが持ち上がってショートカウンターを発動。相手DFをかわしてボックス内まで侵入し、GKとの一対一を制した。

さらに14分、右クロスを受けたボックス中央のゲッツェがDFを背負いつつ、反転から決定的なシュートを放った。だが、枠の左隅を捉えたシュートはGKパブレンカのファインセーブに阻まれる。

その後もドルトムントが攻勢に出る中、ブレーメンは35分にラシカがミドルシュートでこの試合初めてドルトムントを脅かすも、ドルトムントが42分に突き放した。ボックス手前やや右で得たFKをアルカセルが直接狙うと、壁の上を抜けたシュートがゴールに吸い込まれた。

迎えた後半、自陣に引いてブレーメンの攻撃を受け止めるドルトムントを攻めあぐねるブレーメンは60分、大迫らを下げてピサーロらを投入する。

すると70分、ブレーメンが1点を返す。ボックス手前左からのモフワルドの左足ミドルがGKビュルキの後逸を誘った。さらに75分、アカンジの軽い対応を突いて、ボックス左ゴールライン際からアウグスティンションが折り返すと、ピサーロがボレーで蹴り込んだ。

相手のミスを突いて一気に同点に追いついたブレーメンに対し、、ドルトムントは78分にゲッツェがボックス内でハンドを犯すも、VARを確認した後、主審はPKを取らず助かった。

しかし、ラーセンらを投入して勝ち越しを目指したドルトムントだったが、3点目は奪えずに痛恨のドロー。バイエルンとの勝ち点差は4に広がり、逆転優勝は絶望的となった。
コメント
関連ニュース
thumb

不調レバークーゼン、大迫ベンチ外のブレーメンにドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第15節、レバークーゼンvsブレーメンが9日に行われ、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ外となっている。 新年初戦となった前節、フランクフルトに敗れて2連敗となり、3位後退となったレバークーゼン(勝ち点28)は、フランクフルト戦のスタメンから2選手を変更。ヴィルツとヴァイザーに代えてデミルバイとコロナ明けのシンクフラーフェンが先発となった。 一方、ウニオン・ベルリンに力負けとなり、14位に後退したブレーメン(勝ち点14)は3試合連続スタメン中だった大迫がベンチ外となった。 立ち上がりからレバークーゼンが押し込む展開で推移すると、9分にベイリーがボレーシュートでオンターゲットを記録。 しかし、5バック気味に構えてレバークーゼンの強力ウインガーを封じにかかるブレーメン相手にレバークーゼンは攻めあぐねる。結局、前半の枠内シュートは1本に終わり、ゴールレスで後半へ折り返した。 すると迎えた後半開始7分、右サイドからのアウグスティンションのFKをニアサイドのトプラクがボレーで決め、ブレーメンが先制する。 トプラクの恩返し弾を受けたレバークーゼンはディアビに代えてアラリオを投入。すると70分、アラリオが絡んだ流れからシックがシュートを蹴り込み、レバークーゼンが同点に追いついた。 しかし、終盤にかけてもレバークーゼンは攻めあぐねて1-1のままタイムアップ。3戦勝利なく勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2021.01.10 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤渓太不出場のウニオン、大迫先発のブレーメンに快勝で2連勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第14節、ブレーメンvs ウニオン・ベルリンが2日に行われ、0-2でウニオンが快勝した。ブレーメンのFW大迫勇也は前半のみの出場に終わり、ウニオンのMF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 13位ブレーメン(勝ち点14)と6位ウニオン(勝ち点21)による日本人対決。2020年最終戦となった前節、ブレーメンは大迫が先発した中、マインツとの下位対決を試合終了間際の劇的弾で制して10戦ぶりの白星とした。そのブレーメンは大迫が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で先発となった。 対するウニオンは遠藤が途中出場した中、ドルトムントに勝利して5戦ぶりの白星とした中、遠藤は引き続きベンチスタートとなった。 試合は12分にウニオンが先手を取る。アウォニーのパスを受けたペナルティアーク中央のベッカーが左足ミドルでゴール右に突き刺した。 先制後もウニオンの攻勢が続くと、28分に追加点を奪う。クリアボールを敵陣でアンドリッヒがカットした流れから、最後はボックス右のアウォニーがシュートを決めきった。 劣勢のブレーメンは44分に1点を返しかけるも、シュミットがネットを揺らしたプレーではわずかにオフサイドに阻まれ、ウニオンが2点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、ブレーメンは前半に見せ場を作れなかった大迫とビッテンコートに代えてゼルケとエンボムを投入。 しかし、ウニオンがアウォニーとベッカーの2トップによるカウンターで引き続き主導権を握ると、ブレーメンに決定機を許さないままシャットアウト勝利。 遠藤に出場機会は回ってこなかったものの、ウニオンが2連勝としている。 2021.01.03 01:47 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫勇也がJリーグ復帰? ブレーメンが選手売却で資金捻出を目論むと報道

ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也(30)に急遽Jリーグ復帰の可能性が浮上した。 ブレーメンに特化したメディア『DeichStube』によると、クラブは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による影響で財政的な危機を迎えているとのこと。選手を売却して、資金を捻出しようとしている。 特に無観客試合による入場料収入が得られないことが大きなインパクトを残しており、1月と夏の移籍市場で選手を売却する必要があるということだ。 その中で名前が挙がっているのが、FWミロト・ラシツァ(24)と大迫とのことだ。 『DeichStube』によると大迫は冬にも日本へ帰る可能性があるとのこと。日本ではスタートして扱われる大迫には関心が寄せられていること、また2021年に行われる東京オリンピックも影響しているとしている。 大迫はオーバーエイジでオリンピックに出場す可能性が考えられており、準備を進めるには日本に戻ることが理にかなっているとしている。それは、このコロナ禍も大きく影響しているようだ。 大迫は、今シーズンの開幕戦で低調なパフォーマンスに終わりファンの信頼を失うことに。その後試合に出ない時期もあったが、ここまで10試合でプレー。しかし、まだゴールは記録していない。 ブレーメンとしては大迫が抜けることはマイナスであり、リスクがあるともしている。 また、今の所、大迫が不満を漏らしている兆候はなく、何を望んでいるかが重要だと指摘。具体的なオファーは日本からも今はなく、オファー次第で動きを見せるかもしれないということだ。 何れにしてもブレーメンは選手を売ることで資金の足しにしたいと考えていることは事実。補強をしないことも明言されており、誰がチームを離れるのか注目だ。 2020.12.30 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫先発のブレーメン、マインツとの下位対決を劇的勝利で飾り10戦ぶり白星《ブンデスリーガ》

ブレーメンは19日、ブンデスリーガ第13節でマインツとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は72分までプレーしている。 前節ドルトムントに競り負けて4連敗となり9試合勝利のない14位ブレーメン(勝ち点11)は、大迫が[3-4-1-2]のトップ下で2試合連続スタメンとなった。 17位マインツ(勝ち点6)に対し、ブレーメンが積極的な入りを見せると、9分にサージェントのヘディングシュートが枠を捉えた。さらに26分、CKからサージェントが再びヘディングシュートでゴールに迫っていく。 32分にはフリードルのミドルシュートが際どいコースに飛んだが、GKの好守に阻まれ、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、58分に大迫がミドルシュートを狙ったブレーメンが引き続き押し込む展開とするも、ゴールをこじ開けるには至らない。 72分に大迫がピッチを後にした中、終盤にかけては目立ったチャンスを作れなかったブレーメンはゴールレスでタイムアップするかに思われた。 しかし90分、ブレーメンに劇的なゴールが生まれる。大迫に代わって投入されたチョンのクロスをディンクシがヘディングシュートで押し込んだ。これが決勝点となってブレーメンが勝利。下位対決を制し、10試合ぶりの白星を飾っている。 2020.12.20 01:48 Sun
twitterfacebook
thumb

ファブレ電撃解任のドルトムント、大迫先発復帰のブレーメンに辛勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第12節、ブレーメンvsドルトムントが15日に行われ、1-2でドルトムントが競り勝った。ブレーメンのFW大迫勇也は76分までプレーしている。 前節ライプツィヒ戦を0-2と完敗した13位ブレーメン(勝ち点11)は、ライプツィヒ戦で先発を外れた大迫がスタメン復帰となった。 対する5位ドルトムント(勝ち点19)は、低調な戦いぶりでシュツットガルト相手に5失点大敗を喫し、ファブレ監督を電撃解任とした。アシスタントコーチのテルジッチ氏を昇格させた中、シュツットガルト戦のスタメンからジャンに代えて16歳ムココを初先発で抜擢した。 立ち上がりから押し込んだドルトムントは12分、FKの流れからルーズボールをボックス中央で拾ったラファエウ・ゲレイロが蹴り込んで先制する。 先制後はドルトムントがポゼッションして試合をコントロール。しかし28分、ブレーメンがワンチャンスで追いつく。ボックス手前右からモフワルドがミドルシュートをゴール右隅に蹴り込んだ。 追いつかれたドルトムントは32分、ボックス右に侵入したロイスのクロスをブレーメンDFがクリアにかかったボールがポストに直撃。さらに41分にはFKからアカンジがボレーで合わせるも、ゴール至近距離からのシュートはGKパブレンカの守備範囲に飛んでしまう。 1-1で迎えた後半、開始5分にムココに決定機が訪れたが、ロイスの右クロスをミートしきれず枠に飛ばせなかった。 ドルトムントが攻勢をかけるものの、徐々に膠着状態に陥っていった中、72分にドルトムントに勝ち越しのチャンス。モレイの右クロスをロイスがヘディングで合わせたが、GKパブレンカの好守に阻まれた。 前線から守備をこなし、一定のキープ力を見せていた大迫が76分にピッチを後にした1分後、ドルトムントにPKが与えられる。 GKパブレンカがクロスボールをファンブルし、慌ててボックス内のアカンジを倒してしまった。このPKをロイスはパブレンカに止められるも、ルーズボールを押し込んで勝ち越しに成功。 その後、フンメルスがハムストリングを痛めるアクシデントがあったものの、ドルトムントが競り勝ち、ファブレ前監督解任後の初戦を白星で飾っている。 2020.12.16 06:38 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly