エスパニョールのカウンターに沈んだアトレティコ、大量失点で2位確定できず《リーガエスパニョーラ》2019.05.05 01:12 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは4日、リーガエスパニョーラ第36節でエスパニョールと対戦し、0-3で敗れた。前節にバルセロナの優勝が決まったラ・リーガ。バジャドリーに相手のオウンゴールで辛勝したアトレティコは、残り3試合で勝ち点1を取ることができれば、2位確定という状況だ。今節のスタメンは前節から2人変更。アリアスとパーティに代えて、フアンフランとロドリゴ・エルナンデスが起用された。

まずは3分アトレティコ。右サイドでパスを受けたモラタが上手く相手と入れ替わってボックス右を侵攻。右足で流し込みにいったが、GKディエゴ・ロペスに止められた。12分には、モラタのポストプレーでゴール前にこぼれたボールをGKディエゴ・ロペスがファンブル。拾ったコケがボックス右の角度のないところからシュートを打ったが、エルモソのブロックに遭った。

その後はしばらく膠着状態が続く。35分にメレンドがボックスのソロから放ったシュートがエスパニョールの3本目のシュートに。アトレティコは42分に右サイドから仕掛けてレマルがボックス手前から左足でシュート。GKの前でワンバウンドした難しいシュートだったが、GKディエゴ・ロペスは難なく処理した。

このまま終わるかに思われた前半のアディショナルタイムに試合が動いた。押し込んでいたアトレティコだったが、自陣でパスを奪われて右サイドからカウンターを食らう。およそ88メートルの距離をペドロサに駆け上がられ、対峙したDFもあっさり抜かれ万事休す。最後はボックスからのグラウンダーのクロスをゴディンがオウンゴールしてしまい、先制点を許して前半を終えた。

アトレティコは後半頭にサビッチを下げてコレアを投入。しかし、同じような形から突き放されてしまう。52分、相手のサイドでロドリゴ・エルナンデスのパスをメレンドに奪われると、慌てて戻った守備陣の隙を突かれボルハ・イグレシアスにボックスへの侵入を許す。そこにメレンドから絶妙なスルーパスが通り、GKオブラクも成す統べなく失点。

59分にアトレティコはレマルとロドリゴ・エルナンデスに代えてモンテーロとビトロを同時投入。これで交代カード3枚を使い切った。しかし、状況は好転せず、75分を過ぎた時点で、後半の枠内シュートはゼロ。着々と時間だけが過ぎていく。

すると迎えた89分、三度カウンターからピンチに。エスパニョールの途中出場のハビ・プアドにボックスまで運ばれたが、フアンフランがショルダーチャージで危機回避…かと思われたが、これがPKの判定に。納得のいかないフアンフランに笑うしかなく、このPKをボルハ・イグレシアスに決められ、堅守アトレティコがまさかの3失点。チャンピオンズリーグのユベントス戦以来だ。

これで敗れたアトレティコは2位を確定することができず、次節のセビージャ戦以降に持ち越された。
コメント
関連ニュース
thumb

コケ、来季大幅入れ替えにも前向き「大きなチャレンジだ」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表MFコケが、大幅な入れ替わりが予想される来シーズンのチームについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 今シーズン終了後、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)、フランス代表DFリュカ・エルナンデス(23)、同国代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の退団が決定しているアトレティコ。さらに、ブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)と元スペイン代表DFフアンフラン(34)も契約満了での退団濃厚となっており、、スペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)やガーナ代表MFトーマス・パルティ(25)にも移籍の噂が取り沙汰されている。 その一方で、アトレティコはユベントスのアルゼンチン代表パウロ・ディバラ(25)やポルトのブラジル代表DFアレックス・テレス(26)の獲得に動いていることが報じられており、来シーズンは大きくメンバーが変わる可能性がある。 こうした状況の中、解体が進むチームに対してコケは、退団する選手に感謝。加入する選手についてはサポートを約束した。 「僕は数年間に渡って副キャプテンを務めてきた。そして、アトレティコ・マドリーに加入する選手は一歩踏み出せると伝えたい」 「僕だけでなく、ホセ・ヒメネス、サウール・ニゲス、ヤン・オブラクもチームの哲学を教える事のできる重要な選手だ。若い選手かもしれないけど、責任を持って担当しているよ」 「僕たちはいつも改革し続けているし、今回もそうするつもりさ。新たに加わる選手がクラブの哲学に、早く適応できることを願っているよ。多くの新加入選手と共にエキサイティングなシーズンになるだろう。年齢は関係ないよ」 「これは僕たちにとって大きなチャレンジだし、これまで以上に団結しなければならない。とても重要な選手たちが退団してしまうけど、彼らがアトレティコのためにしてくれたすべてのことに感謝したい」 2019.05.19 21:59 Sun
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのバルサ移籍決定、いつ? バルベルデがコメント

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督がアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 グリーズマンは14日、アトレティコの公式サイトを通じて今夏の移籍を表明。移籍先として、昨夏加入も取り沙汰されたバルセロナが確実視されており、契約解除金1億2000万ユーロ(約147億3000万円)が支払われる形で実現する可能性が高まっている。 そうした状況により、近日中に発表される可能性も飛び出しているが、来週末の25日に行われるバレンシアとのコパ・デル・レイ決勝が終わるまで実現しなさそうだ。バルベルデ監督は両クラブが協議中であることを認め、次のように続けた。 「既にコンタクトを取り合っていることは事実。だが、まだシーズン中だ」 「今の我々にはコパ・デル・レイ決勝がある。2つ目のタイトルはかかっているのだから、そこに集中しなければならない」 「それが終われば、他のあらゆることに時間が使えるようになる。我々が他クラブの選手について話しているとき、新たに言うことは何もない」 「様子を見よう。彼は素晴らしい選手だ。我々は常々、そう言ってきた」 2019.05.19 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、数的不利で追いつくもゴディンやグリーズマン、フアンフランを勝利で送り出せず《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは18日、リーガエスパニョーラ最終節でレバンテと対戦し、2-2で引き分けた。 前節で2位が確定したアトレティコ。ゴディンやグリーズマン、フアンフランにとってロヒ・ブランコ最後の試合だったが、早い時間帯にレバンテに先制を許してしまう。6分、ロチーナの右CKをファーサイドのカンパーニャに折り返されると、最後はゴール前のカバコにヒールシュートで合わせられ、早くも追う展開になる。 早く同点に追いつきたいアトレティコは25分、カットインからボックス中央手前に侵攻してきたグリーズマンが右足を振り抜く。ディフレクトしたボールは枠を捉えたが、GKコケに掻き出された。32分には、バイタルエリア中央からレマルが強烈な左足でゴールを強襲したが、これもGKコケが立ちはだかった。 その後、アトレティコが攻めあぐねていると36分、トーマスがボックス中央手前でパスミス。これをロジェールに拾われ、そのままゴールに流し込まれてしまい、2点ビハインドとなってしまう。 今シーズン限りで退団する選手を勝って送り出したいアトレティコ。しかし、後半開始早々にアクシデント。46分、コレアがチェマ・ロドリゲスに倒された際に激昂し、蹴とばしてしまう。直後こそ提示されたのはイエローカードだったが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、主審はレッドカードに変更。一人少ない状況を強いられる。 暗雲が立ちこむアトレティコだが68分、ようやく1点を返す。フアンフランのパスをボックス中央手前で受けたロドリゴ・エルナンデスが左足を一閃。これがゴール左に突き刺さった。 1点差に詰め寄ったアトレティコはさらに79分、ルーズボールを拾ったコケがバイタルエリア右からシュート。ディフレクトしたボールがゴール前にこぼれると、最後はS・カメッロが冷静に流し込み、ついに同点に追いつく。 だが、最後まで勝ち越しのゴールを奪うことはできず2-2で試合終了。ゴディンやグリーズマン、フアンフランといったアトレティコの黄金期を支えてきた選手を勝利で送り出すことはできず、3試合未勝利でシーズンを終えた。 2019.05.18 22:18 Sat
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのシティ移籍なし! ペップが豪語

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の獲得報道に言及した。アメリカ『ESPN』が報じた。 14日にアトレティコの公式サイトを通じて今夏の移籍を表明したグリーズマン。新天地としてバルセロナが確実視されているが、パリ・サンジェルマン(PSG)やバイエルン、そして、シティの興味も取り沙汰されており、競合の可能性が浮上している。 だが、グアルディオラ監督は出席した18日に行われるワトフォードとのFAカップ決勝前日会見で、グリーズマンに対する興味について問われると、移籍先筆頭であるバルセロナの名前を挙げ、否定した。 「バルセロナの人々よ、心配しないでくれ。マンチェスター・シティはグリーズマンを買いに行かない。そもそも、今の我々に彼を買う余裕はないよ」 なお、グリーズマンの獲得に動く場合、アトレティコ・マドリーとの契約解除金が必要であり、1億2000万ユーロ(約147億3000万円)の支払いが必要な様相だ。 2019.05.18 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

シメオネ、退団決定のグリーズマンに感謝…後釜探しは「とても難しいね(笑)」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が、退団を発表したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに感謝を告げ、後釜探しについても言及した。『Independent Online』が伝えている。 2014年7月にレアル・ソシエダからアトレティコに加入したグリーズマンは、在籍5年間で公式戦256試合に出場して133ゴールを記録。2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝や2017-18シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献していた。 そのグリーズマンに関して、アトレティコは14日、今シーズン限りでの退団を発表。この件について問われたシメオネ監督は、グリーズマンの5年間にわたる功績を称えると共に、同選手の後釜となる選手を獲得することは難しいと冗談交じりに認めている。 「ピッチの3/4をプレー範囲に毎年20ゴールを挙げられ、安価で獲得できる選手。とても難しいね(笑)」 「まず最初に、フットボーラーとしてこのクラブで5年間を過ごし、我々に多くを与えてくれた彼に感謝する。我々に彼の決断を審査することはできない。彼はあるところから来て、今は別の目標に向かって一歩を踏み出した。そして、私たちは彼のその成長を助けることができた」 「彼は素晴らしい5年間を過ごし、アトレティコ史上最高のスコアラーの1人となった。彼は私たちにすべてを提供してくれた。私は感謝している。そして、私は誰かを裁くようなことはしない」 2019.05.18 13:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース