アヤックスがパワハラ? 宿敵のファンと明言した来季加入GKへ教育的指導を実施2019.04.26 01:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスは24日、来季エールディビジのFCエメンから加入するU-19オランダ代表GKキェル・スヘルペン(19)に対し、教育的指導を行った様子を公式ツイッターに投稿した。エメンの下部組織出身のスヘルペンは204cmの大型GK。U-19オランダ代表でも主力を担う有望株で今シーズンはリーグ15位に位置するエメンの正GKとしてここまでのリーグ戦32試合全てでプレーしている。

24日に来季からアヤックスへ加入することが発表されたスヘルペンだが、同選手は以前にアヤックスの宿敵であるフェイエノールトのファンだと明言していたことが発覚。これを良く思わないサポーターに向け、アヤックスはスヘルペンに罰を科し、実施した映像を公式ツイッターに投稿した。

ツイッターでは、マルク・オーフェルマルスFD(フットボール・ディレクター)とエドウィン・ファン・デル・サールCEO(最高経営責任者)が監視する前で、スヘルペンがルーズリーフに「Ajax is de mooiste club van Nederland(アヤックスがオランダで最高のクラブです)」と100回書いている様子が映し出されている。

日本ならパワハラと騒ぎ立てられそうな映像だが、加入後にサポーターから批判の的とされないための愛のムチと捉えるべきだろう。

◆罰を実施するスヘルペン
https://twitter.com/AFCAjax/status/1121074396498731008
コメント
関連ニュース
thumb

ユベントス、デ・リフト獲得を公式発表! 移籍金総額は103億円!

ユベントスは18日、アヤックスからオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 ユベントスはデ・リフトの獲得費用に関して、7500万ユーロ(約90億7000万円)を5年の分割でアヤックスに支払うと発表。さらに、追加費用として1050万ユーロ(約12億7000万円)を支払うことを併せて伝えており、移籍金の総額は8550万ユーロ(約103億5000万円)となる見込みだ。 なお、この追加費用に関してはデ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏がコミッションとして受け取るようだ。 また、複数のイタリアメディアが伝えるところによれば、デ・リフトは1シーズンあたり750万ユーロ+ボーナス450万ユーロの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与を受け取ることになるようだ。 オランダ屈指の名門アヤックスの下部組織で育ったデ・リフトは、2016年11月にトップチームデビュー。2017-18シーズンにセンターバックのレギュラーポジションを掴むと、2018-19シーズンにはクラブ史上最年少となる19歳でキャプテンに就任。同シーズンはエールディビジとKNVBベーカーの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引した。アヤックスでは在籍3年間で公式戦117試合に出場し13ゴールの数字を残した。 また、2017年3月のロシア・ワールドカップ欧州予選のブルガリア代表でデビューを果たしたオランダのフル代表では、すでに17キャップを刻んでいる。 強靭なフィジカルと抜群の判断力、テクニックを武器に、近未来の世界最高のセンターバックと評される同選手にはバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン、リバプールなどのメガクラブが争奪戦を繰り広げてきたが、その新天地はセリエAの盟主となった。 なお、ユベントスの発表によると、デ・リフトはユベントスにとって5人目のオランダ人プレーヤーとなる。同選手以前にはGKエドウィン・ファン・デル・サール、MFエドガー・ダーヴィッツ、FWエルイェロ・エリア、DFワシム・ブーイの4選手が在籍している。 2019.07.18 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・リフト、ついにユベントス移籍実現へ クラブが到着を発表

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス移籍が実現しようとしている。 今夏、ビッグクラブ注目の的となり、長らく争奪戦が繰り広げられてきたデ・リフト。先日には、ユベントスがアヤックスと移籍金7000万ユーロ(約84億9000万円)で合意に達し、近日中にメディカルチェックを受けることが伝えられていた。 そして、そのデ・リフトは16日、移籍を成立させるためトリノに到着。ユベントス公式サイトやツイッターで報告している。 既報によれば、デ・リフトは1シーズンあたり800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与で5年契約を結ぶと見られている。 これまでバルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプールといった錚々たるクラブが、19歳のデ・リフト獲得に乗り出していたが、ユベントス移籍でフィニッシュを迎えることになりそうだ。 2019.07.17 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・リフト、間もなくユベントス移籍完了か 15日にメディカルチェックと伊紙が報道

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス行きがもう間もなく実現するかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 昨シーズンの国内2冠とチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4の躍進を見せたアヤックスを攻守両面でけん引し、今夏のビッグクラブ注目の的となっているデ・リフト。早い段階で個人合意に達していたとされながら、これまでなかなかクラブ間での合意が伝えられてこなかったが、ついに取引が締結しようとしているようだ。 今回伝えられるところによると、両者は移籍金7000万ユーロ(約85億円)で合意。15日にトリノでのメディカルチェックに臨むようだ。なお、契約解除金は1億5000万ユーロ(約182億3000万円)に設定されるという。 既報によれば、デ・リフトは1シーズンあたり800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与で5年契約を結ぶと見られている。長きに渡って繰り広げられたデ・リフト争奪戦が、ついに終結を迎えるか。 2019.07.15 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ユトレヒト、アヤックスからU-21チェコ代表FWを獲得

ユトレヒトは8日、アヤックスからU-21チェコ代表FWバーツラフ・チェルニー(21)を完全移籍で獲得した。契約期間は3年間となる。 アヤックスユース出身のチェルニーは、2015年8月にトップチームに昇格。トップチームでは在籍4シーズンで公式戦29試合に出場し4ゴール6アシストをマーク。今シーズンはヨング・アヤックスとしてエールステディビジ(オランダ2部)で22試合に出場し10ゴール12アシストを記録した。 また、チェルニーはU-16からチェコ代表を経験。17歳の頃からは飛び級でU-21チェコ代表に招集され、これまで16試合に出場し9ゴールをマークしている。 2019.07.09 05:11 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス、得点王&アシスト王のFWタディッチと契約延長! 引退後のトレーナー就任も発表

アヤックスは8日、セルビア代表MFドゥシャン・タディッチ(30)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。 2006年にセルビアのFKヴォイヴォディナ・ノヴィサドでプロキャリアをスタートさせたタディッチは、フローニンヘンやトゥベンテ、サウサンプトンでのプレーを経て、昨夏にアヤックスへ加入。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し28ゴール14アシストを記録。5シーズンぶりのリーグ優勝に大きく貢献すると共に、個人としてもリーグ得点王とアシスト王を獲得した。 また、アヤックスは現役引退後に指導者の道に進むタディッチと、2026年6月30日までトレーナーとしての契約を結んだことを併せて発表した。 2019.07.09 04:45 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース