アヤックスがパワハラ? 宿敵のファンと明言した来季加入GKへ教育的指導を実施

2019.04.26 01:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスは24日、来季エールディビジのFCエメンから加入するU-19オランダ代表GKキェル・スヘルペン(19)に対し、教育的指導を行った様子を公式ツイッターに投稿した。

エメンの下部組織出身のスヘルペンは204cmの大型GK。U-19オランダ代表でも主力を担う有望株で今シーズンはリーグ15位に位置するエメンの正GKとしてここまでのリーグ戦32試合全てでプレーしている。

24日に来季からアヤックスへ加入することが発表されたスヘルペンだが、同選手は以前にアヤックスの宿敵であるフェイエノールトのファンだと明言していたことが発覚。これを良く思わないサポーターに向け、アヤックスはスヘルペンに罰を科し、実施した映像を公式ツイッターに投稿した。

ツイッターでは、マルク・オーフェルマルスFD(フットボール・ディレクター)とエドウィン・ファン・デル・サールCEO(最高経営責任者)が監視する前で、スヘルペンがルーズリーフに「Ajax is de mooiste club van Nederland(アヤックスがオランダで最高のクラブです)」と100回書いている様子が映し出されている。

日本ならパワハラと騒ぎ立てられそうな映像だが、加入後にサポーターから批判の的とされないための愛のムチと捉えるべきだろう。

◆罰を実施するスヘルペン
https://twitter.com/AFCAjax/status/1121074396498731008
コメント