長谷部フル出場のフランクフルト、ラストプレーのPK弾でシャルケに競り勝ち6連勝!4位を死守!《ブンデスリーガ》

2019.04.07 00:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは6日、ブンデスリーガ第28節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。

前節シュツットガルト戦を快勝して5連勝とし、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上したフランクフルト(勝ち点49)は、公式戦14試合負けがない中、長谷部がリベロで引き続きスタメンとなった。

テデスコ監督を解任して前節ハノーファー戦を勝利した14位シャルケ(勝ち点26)に対し、開始3分にショートカウンターに転じたフランクフルトが決定機。しかし、ゴール至近距離のヨビッチのダイレクトシュートはGKヌーベルのビッグセーブに阻まれた。

続く7分にもレビッチのヒールシュートでゴールに迫ったフランクフルトは、13分に順当に先制した。コスティッチのスルーパスに抜け出したレビッチがボックス左に侵入し、GKヌーベルを巧みにかわしてシュートを流し込んだ。

さらに14分にもヒンテレッガーのロングシュートでゴールに近づいたフランクフルトだったが、21分にワンチャンスで同点とされる。FKの流れからエンボロのヘディングシュートはGKトラップが好守で凌ぐも、ルーズボールをゴールエリア左のセルダーに詰められた。1-1となって以降は膠着状態が続き、互いに目立ったチャンスなく後半へ折り返した。

迎えた後半開始7分、後半から投入されていたパシエンシアがFKから決定的なヘディングシュートを放ったフランクフルトだったが、再びGKヌーベルのビッグセーブに阻まれた。直後のCKから相手選手のヘディングでのクリアがゴールに向かったが、ここもGKヌーベルのファインセーブに阻止され、フランクフルトは勝ち越せない。

その後もフランクフルトがボールを持つものの、パシエンシアがブレーキとなって決定機を生み出すには至らない。そのまま引き分けが濃厚かと思われたが、ラストプレーの追加タイム6分、フランクフルトに決定機が生まれる。コスティッチのミドルシュートがボックス内のカリジウリのハンドを誘ってPKを獲得。これをヨビッチが決めて劇的勝利を飾ったフランクフルトが連勝を6に伸ばし、4位を死守している。
コメント