10人のバイエルンが壮絶な打ち合いを制し10年連続の4強進出! 大迫ベンチ入りのブレーメンもシャルケを撃破《DFBポカール》2019.04.04 06:12 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
3日にDFBポカール準々決勝の2試合が行われ、準決勝に進出する4チームが決定した。3大会ぶりのポカール制覇を目指すバイエルンが、2部リーグ所属のハイデンヘイムをホームに迎えた一戦は、5-4でバイエルンが勝利した。

直近に行われたフライブルク戦を1-1で終えたバイエルンは、その試合から先発を3人変更。ミュラーやリベリ、ハメス・ロドリゲスらがスタメンに名を連ねた。

3トップにニャブリ、ミュラー、リベリを並べた[4-3-3]で試合に臨んだバイエルンは12分、キミッヒの左CKをゴール前に走り込んだゴレツカがヘディングで叩き込み、先制に成功した。

先手を取ったバイエルンだが13分、カウンターから中央突破を試みたラスナーにスライディングタックルを見舞ったジューレが、VARの末にレッドカードを受け、退場処分となった。

数的不利となったバイエルンは、24分リベリを下げてJ・ボアテングを投入。[3-4-2]に布陣を変更したが、26分に失点を許す。中盤でのボール奪取から中央を持ち上がったドベダンが右に展開。これをバイタルエリア右で受けたシュナッタラーのクロスをグラッツェルがヘディングでゴール右に流し込んだ。

ハイデンヘイムの素早い攻守の切り替えに苦戦するバイエルンは、39分にも失点。ロングパスをボックス手前で受けたグラッツェルがボックス右へラストパスを供給すると、走り込んだシュナッタラーがダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺した。

迎えた後半、後半1点を追うバイエルンはハメスとラフィーニャを下げてレヴァンドフスキとコマンを投入し3枚の交代カードを使い切った。すると53分、キミッヒのの右クロスをゴールエリア左手前のゴレツカが頭で落とすと、ペナルティアーク内のレヴァンドフスキが頭でゴール前にラストパス。これをミュラーが反転しながらボレーシュートでゴール左にに叩き込んだ。

同点に追いついたバイエルンは、56分にもニャブリのパスをボックス左で受けたミュラーの折り返しをレヴァンドフスキが流し込んだ。さらに65分には、キミッヒの左CKからフンメルスのフリックしたボールをファーサイドのニャブリが押し込み、4点目を奪った。

リードを2点に広げたバイエルンだが74分、一瞬の隙からグラッツェルにゴールネットを揺らされると、77分にはボックス右から仕掛けたムルチャップをフンメルスが倒しPKを献上。これをグラッツェルに決められ、ハットトリックを許した。

三度振り出しに戻った試合は、すぐに動く。84分、ミュラーのループパスをボックス内でレヴァンドフスキが胸トラップすると、競り合ったブッシェのハンドを誘発しPKを獲得。このPKをレヴァンドフスキが落ち着いて沈め、バイエルンが勝ち越し。

結局、これが決勝点となり、バイエルンが10年連続のベスト4進出を決めた。

また、日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンがシャルケの本拠地ヴェルティンス・アレーナに乗り込んだ一戦では、2-0でブレーメンが勝利した。

公式戦12試合ぶりに大迫がベンチ入りした試合は、ゴールレスで迎えた後半に動く。65分、敵陣でパスカットしたフリードルのパスをボックス右手前で受けたラシカがミドルシュートをゴール左に突き刺し、ブレーメンが先制に成功。

さらにブレーメンは、72分にもラシカのパスで左サイドを抜け出したアウグスティンションのクロスをニアサイドに走り込んだクラーセンが右アウトサイドでゴールに流し込んだ。

結局、試合はそのまま2-0で終了。敵地で完勝のブレーメンが3シーズンぶりのベスト4進出を決めた。

なお、2日に行われた試合ではDF酒井高徳とMF伊藤達哉の所属するハンブルガーSVが、パーダーボルンと対戦し2-1で勝利。1936年以来のDFBポカール優勝を狙うライプツィヒが、アウグスブルクを延長戦の末に2-1で下した。
◆DFBポカール準々決勝
▽4/3(水)
バイエルン 5-4 ハイデンヘイム
シャルケ 0-2 ブレーメン

▽4/2(火)
パーダーボルン 0-2 ハンブルガーSV
アウグスブルク 1-2 ライプツィヒ
コメント
関連ニュース
thumb

8月開幕のDFBポカール1回戦の組み合わせが発表!

DFBポカール1回戦の組み合わせ抽選会が6月15日に行われた。 今回発表された中で最注目のカードとなったのが、2009から6シーズンをドルトムントでプレーした元ドイツ代表Fケビン・グロスクロイツが所属するユルディンゲン05(ブンデス3部)と、そのドルトムントと対戦。 また、前回王者のバイエルンはブンデス4部に所属するエネルギー・コットブスと対戦する。なお、詳しい日時は決定していないもののDFBポカール1回戦は8月に開催される予定だ 。 ◆DFBポカール1回戦 ヴルツブルガー・キッカース(3部) vs <b>ホッフェンハイム</b> サルムロール(6部) vs ホルスタイン・キール(2部) ゲルマニア・ハルバーシュタット(4部) vs ウニオン・ベルリン</b> カイザースラウテルン(3部) vs <b>マインツ</b> レディングハウゼン(4部) vs <b>パダーボルン</b> ハレシャー(3部) vs <b>ヴォルフスブルク</b> アトラス・デルメンホルスト(5部) vs <b>ブレーメン</b> ユルディンゲン05(3部) vs <b>ドルトムント</b> ザントハウゼン(2部) vs <b>ボルシアMG</b> ケムニッツァー(3部) vs ハンブルガーSV(2部) ヴァルドルフ・マンハイム(3部) vs <b>フランクフルト</b> アレマニア・アーヘン(4部) vs <b>レバークーゼン</b> ダッセンドルフ(5部) vs ディナモ・ドレスデン(2部) ヴィリンゲン(5部) vs <b>デュッセルドルフ</b> バウナタール(5部) vs ボーフム(2部) エネルギー・コットブス(4部) vs <b>バイエルン</b> カールスルーアーSV(2部) vs ハノーファー96(2部) デュイスブルク(3部) vs グロイター・フュルト(2部) オーバーノイランド(5部) vs ダルムシュタット(2部) ヴェーエン・ヴィースバーデン(2部) vs <b>ケルン</b> ハンザ・ロストック(3部) vs シュトゥットガルト(2部) ザールブリュッケン(4部) vs レーゲンスブルク(2部) ドロホターゼン/アッセル(4部) vs <b>シャルケ</b> ヴィクトリア1899(4部) vs ビーレフェルト(2部) インゴルシュタット(3部) vs ニュルンベルク(2部) フェール(4部) vs <b>アウグスブルク</b> リューベック(4部) vs ザンクトパウリ(2部) アイヒシュテット(4部) vs <b>ヘルタ・ベルリン</b> ヴァッカー・ノルトハウゼン(4部) vs エアツゲビルゲ・アウエ(2部) オスナブリュック(2部) vs <b>ライプツィヒ</b> マグデブルク(3部) vs <b>フライブルク</b> SSVウルム1846(4部) vs ハイデンハイム(2部) 2019.06.16 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ&コマン弾でバイエルンが3年ぶり19度目のポカール制覇! 《DFBポカール》

DFBポカール決勝のライプツィヒvsバイエルンが25日にベルリン・オリンピアシュタディオン行われ、0-3でバイエルンが勝利した。この結果、バイエルンが3年ぶり19度目のDFBポカール制覇を達成した。 準決勝でブンデス2部のハンブルガーSVを3-1で下し決勝進出を決めたライプツィヒは、18日に行われたブンデスリーガ最終節ブレーメン戦の先発からアダムス以外の10人変更。中盤フラットな[4-4-2]を採用したライプツィヒは、2トップにバイエルン行きが噂されるヴェルナーとユスフ・ポウルセンを起用した。 一方、準決勝で日本代表FW大迫を擁するブレーメンに辛勝し2年連続の決勝進出を果たしたバイエルンは、ブンデス最終節のフランクフルト戦から先発を2人変更。GKウルライヒとゴレツカに代えて約6週間ぶりの復帰戦となるGKノイアーとハビ・マルティネスが先発で起用された。 開始3分にボックス右から仕掛けたニャブリのシュートで幕を開けた一戦。良い入りを見せたバイエルンだったが、セットプレーからピンチを迎える。11分、ライプツィヒはハルステンベルクの左CKからY・ポウルセンがヘディングシュートを狙ったが、これはGKノイアーが右手で弾くとクロスバーを直撃した。 決勝戦らしく一進一退の攻防戦が展開される中、バイエルンは29分に均衡を破る。コマンのパスから左サイドをオーバーラップしたアラバがクロスを供給すると、ゴール正面のレヴァンドフスキが後ろに下がりながらヘディングで合わせると、このシュートがゴール左に吸い込まれた。 先手を取ったバイエルンは、42分にもフンメルスのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したコマンに決定機が訪れたが、飛び出したGKをかわして放ったシュートはゴールカバーに戻ったコナテにゴールライン手前でクリアされた。 迎えた後半、先に決定機を迎えたのは1点を追うライプツィヒ。48分、コナテのロングスルーパスで相手DFの裏に抜け出したフォルスベリがドリブルで持ち上がりGKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKノイアーが左足に当てるビッグセーブを披露。 ライプツィヒは、57分にもフォルスベリのパスをボックス右で受けたヴェルナーが細かなステップで相手マークを外しシュート。しかし、これはゴールカバーに入ったジューレにゴールライン手前でブロックされた。 膠着状態が続く中、バイエルンは65分にハビ・マルティネスを下げてトリソを、73分にニャブリを下げてロッベンを投入。すると78分、オーバーラップしたキミッヒがボックス内へパスを供給すると、相手DFに当たり浮いたボールをボックス中央で収めたコマンが縦への突破から左足のシュートでゴールネットを揺らした。 待望の追加点を奪ったバイエルンは、85分にも自陣でパスカットしたキミッヒが前線に大きくクリアすると、このボールに反応したレヴァンドフスキがボックス中央までボールを持ち上がり冷静に相手GKとの一対一を制した。 試合を決定づけたバイエルンは、87分にコマンを下げてリベリをピッチに送り出す。その後も危なげない試合運びでゲームを締めくくったバイエルンが、3-0で快勝。リーグ戦に続き、3年ぶりのDFBポカール制覇で国内2冠を達成した。 2019.05.26 05:13 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンに朗報…主将GKノイアーがDFBポカール決勝で復帰へ

バイエルンを率いるニコ・コバチ監督が25日に行われるDFBポカール決勝のライプツィヒ戦で、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが復帰することを明言した。ドイツ『ビルト』が報じている。 ノイアーは、4月14日に行われたブンデスリーガ第29節のデュッセルドルフ戦で後半直後に左足ふくらはぎを負傷。その後、約6週間に渡り戦列を離れていたがついに試合に復帰するようだ。 ライプツィヒ戦前日会見に臨んだニコ・コバチ監督は次のようにコメントしている。 「マヌエルは明日の試合でプレーする予定だ。彼はキャプテンであり、我々にとって不可欠な存在だよ」 2019.05.25 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫弾もバイエルンがブレーメンとの打ち合いを制してライプツィヒの待つ決勝に進出!《DFBポカール》

DFBポカール準決勝、ブレーメンvsバイエルンが24日に行われ、2-3でバイエルンが勝利し、決勝進出を果たした。ブレーメンのFW大迫勇也はゴールを決め、フル出場している。 準々決勝でシャルケに勝利したブレーメンと、ハイデンヘイムとの打ち合いを制したバイエルンの、4日前にもリーグ戦で対戦した両チームによる決勝進出を懸けた一戦。 大迫が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の2トップの一角でスタメンとなったブレーメンと、現状のベストメンバーで臨んだバイエルンによる試合は、ブレーメンが攻勢に出る立ち上がりとなる。 それでも、そのブレーメンの攻勢を受け止めたバイエルンが徐々に盛り返すと、16分に決定機。コマンがボックス左に侵入して入れたクロスにミュラーが合わせる。シュートは枠を捉えていたが、DFのブロックに阻まれた。 劣勢になり始めたブレーメンは23分、ラシカの右クロスからクラーセンがボレーシュートで牽制するも、引き続きバイエルンが主導権を握る。 そして36分、バイエルンが先制した。J・ボアテングのロングフィードをゴールエリア左のミュラーがヘディングで折り返すと、ボールは右ポストに直撃。ルーズボールをレヴァンドフスキが押し込んだ。43分にもニャブリのミドルシュートでゴールに迫ったバイエルンが主導権を握ったまま前半を1点のリードで終えた。 迎えた後半もブレーメンが積極的に入った中、バイエルンは開始3分にコマンのボレーシュートで牽制。そのバイエルンが流れを渡さずに時間を進める中、58分にニャブリを下げてゴレツカを投入。右サイドにミュラーを出した。 すると63分、バイエルンに追加点が生まれる。ゴレツカのシュートをボックス中央でカットしたミュラーがトラップからゴール右上に蹴り込んだ。 2点を追う展開となったブレーメンはピサーロを投入。66分にクラーセンのヘディングシュートがGKウルライヒを強襲すると、74分に1点差に詰めよる。ボックス右で仕掛けたラシカの折り返しに反応したボックス中央の大迫がダイレクトで合わせたシュートがネットを揺らした。 大迫が反撃の狼煙を上げて勢いに乗るブレーメンはわずか1分後に同点とする。M・エッゲシュタインのボールカットからラシカがボックス右まで持ち上がってスライディングシュート。これが左ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 まさかの連続失点を喫したバイエルンだったが、78分にPKを獲得する。ボックス左で仕掛けたコマンがゲブレ・セラシェに倒された。このPKをレヴァンドフスキが決めて勝ち越したバイエルンが終盤にかけてのブレーメンの反撃を凌ぎきって勝利。ライプツィヒが待つ決勝に進出した。 2019.04.25 05:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが酒井高&伊藤不出場のHSVに快勝で初の決勝進出!《DFBポカール》

DFBポカール準決勝、ハンブルガーSVvsライプツィヒが23日に行われ、1-3でライプツィヒが勝利し、初の決勝進出を果たした。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉はベンチ入りしなかった。 準々決勝でパーダーボルンを下したHSVは酒井高がベンチスタート、伊藤がベンチ外となった。一方、アウグスブルクを延長戦の末に下したライプツィヒはヴェルナーやY・ポウルセン、ハルステンベルクなどベストメンバーを送り出した。 決勝進出を懸けた準決勝、時間の経過とともに攻勢を強めていたライプツィヒが12分に先制する。フォルスベリの左CKからY・ポウルセンがヘッドで流し込んだ。 さらに16分、ヴェルナーの左クロスに合わせたY・ポウルセンのシュートが右ポストを直撃。ルーズボールをゴールエリア左のヴェルナーがシュートに持ち込むも、GKにセーブされた。 劣勢だったHSVだったが、24分にミスを突いて追いつく。ジャッタがカンプルからボールを奪ってボックス手前左からコントロールシュート。これがゴール右上に決まった。 1-1となって以降もライプツィヒが攻勢に出ていたが、前半終盤の42分、HSVに逆転のチャンス。ドウグラスのスルーパスに抜け出したネイリーがボックス内からシュート。だが、GKグラーチの好守に阻まれた。 1-1で迎えた後半もライプツィヒが押し込むと、53分に勝ち越した。カンプルの浮き球パスをボックス右のY・ポウルセンが折り返すと、ヤンジチッチのオウンゴールを誘った。 その後もライプツィヒが主導権を握ると、69分には右サイドを突破したクロステルマンの折り返しを受けたボックス中央のフォルスベリがバー直撃のシュートを浴びせた。 そして72分、ライプツィヒに決定的な3点目が生まれる。ボックス手前左でパスを受けたフォルスベリがゴール左隅にシュートを蹴り込んだ。 このままHSVの反撃を許さなかったライプツィヒが3-1で快勝。初の決勝進出を果たしている。決勝ではブレーメンvsバイエルンの勝者と対戦する。 2019.04.24 05:37 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース