10人のバイエルンが壮絶な打ち合いを制し10年連続の4強進出! 大迫ベンチ入りのブレーメンもシャルケを撃破《DFBポカール》2019.04.04 06:12 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
3日にDFBポカール準々決勝の2試合が行われ、準決勝に進出する4チームが決定した。3大会ぶりのポカール制覇を目指すバイエルンが、2部リーグ所属のハイデンヘイムをホームに迎えた一戦は、5-4でバイエルンが勝利した。

直近に行われたフライブルク戦を1-1で終えたバイエルンは、その試合から先発を3人変更。ミュラーやリベリ、ハメス・ロドリゲスらがスタメンに名を連ねた。

3トップにニャブリ、ミュラー、リベリを並べた[4-3-3]で試合に臨んだバイエルンは12分、キミッヒの左CKをゴール前に走り込んだゴレツカがヘディングで叩き込み、先制に成功した。

先手を取ったバイエルンだが13分、カウンターから中央突破を試みたラスナーにスライディングタックルを見舞ったジューレが、VARの末にレッドカードを受け、退場処分となった。

数的不利となったバイエルンは、24分リベリを下げてJ・ボアテングを投入。[3-4-2]に布陣を変更したが、26分に失点を許す。中盤でのボール奪取から中央を持ち上がったドベダンが右に展開。これをバイタルエリア右で受けたシュナッタラーのクロスをグラッツェルがヘディングでゴール右に流し込んだ。

ハイデンヘイムの素早い攻守の切り替えに苦戦するバイエルンは、39分にも失点。ロングパスをボックス手前で受けたグラッツェルがボックス右へラストパスを供給すると、走り込んだシュナッタラーがダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺した。

迎えた後半、後半1点を追うバイエルンはハメスとラフィーニャを下げてレヴァンドフスキとコマンを投入し3枚の交代カードを使い切った。すると53分、キミッヒのの右クロスをゴールエリア左手前のゴレツカが頭で落とすと、ペナルティアーク内のレヴァンドフスキが頭でゴール前にラストパス。これをミュラーが反転しながらボレーシュートでゴール左にに叩き込んだ。

同点に追いついたバイエルンは、56分にもニャブリのパスをボックス左で受けたミュラーの折り返しをレヴァンドフスキが流し込んだ。さらに65分には、キミッヒの左CKからフンメルスのフリックしたボールをファーサイドのニャブリが押し込み、4点目を奪った。

リードを2点に広げたバイエルンだが74分、一瞬の隙からグラッツェルにゴールネットを揺らされると、77分にはボックス右から仕掛けたムルチャップをフンメルスが倒しPKを献上。これをグラッツェルに決められ、ハットトリックを許した。

三度振り出しに戻った試合は、すぐに動く。84分、ミュラーのループパスをボックス内でレヴァンドフスキが胸トラップすると、競り合ったブッシェのハンドを誘発しPKを獲得。このPKをレヴァンドフスキが落ち着いて沈め、バイエルンが勝ち越し。

結局、これが決勝点となり、バイエルンが10年連続のベスト4進出を決めた。

また、日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンがシャルケの本拠地ヴェルティンス・アレーナに乗り込んだ一戦では、2-0でブレーメンが勝利した。

公式戦12試合ぶりに大迫がベンチ入りした試合は、ゴールレスで迎えた後半に動く。65分、敵陣でパスカットしたフリードルのパスをボックス右手前で受けたラシカがミドルシュートをゴール左に突き刺し、ブレーメンが先制に成功。

さらにブレーメンは、72分にもラシカのパスで左サイドを抜け出したアウグスティンションのクロスをニアサイドに走り込んだクラーセンが右アウトサイドでゴールに流し込んだ。

結局、試合はそのまま2-0で終了。敵地で完勝のブレーメンが3シーズンぶりのベスト4進出を決めた。

なお、2日に行われた試合ではDF酒井高徳とMF伊藤達哉の所属するハンブルガーSVが、パーダーボルンと対戦し2-1で勝利。1936年以来のDFBポカール優勝を狙うライプツィヒが、アウグスブルクを延長戦の末に2-1で下した。
◆DFBポカール準々決勝
▽4/3(水)
バイエルン 5-4 ハイデンヘイム
シャルケ 0-2 ブレーメン

▽4/2(火)
パーダーボルン 0-2 ハンブルガーSV
アウグスブルク 1-2 ライプツィヒ
コメント
関連ニュース
thumb

DFBポカール準々決勝の対戦カードが決定! バイエルンは格下のハイデンハイム、大迫ブレーメンはシャルケ!!

10日にDFBポカール準々決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準々決勝の対戦カードが決定した。 今季のブンデスリーガで2位につけるバイエルンは、3回戦でヘルタ・ベルリンを延長戦の末に下して準々決勝進出を果たした。そして、3大会ぶり19度目の優勝を目指すニコ・コバチ監督率いる優勝候補筆頭は、3回戦でレバークーゼンにジャイアントキリングを達成した2部所属のハイデンハイムと準々決勝での対戦が決定した。 また、FW大迫勇也の所属するブレーメンは、3回戦で今季リーグ首位を走るドルトムントをPK戦の末に下し、ベスト8入り。準々決勝では、3回戦でMF宇佐美貴史を擁するデュッセルドルフに4-1と快勝したシャルケと対戦。 その他、DF酒井高徳とMF伊藤達哉を擁するハンブルガーSVは、3回戦でデュイスブルクに勝利したパーダーボルンと、3回戦でヴォルフスブルクを下したライプツィヒは、アウグスブルクと対戦する。 なお、DFBポカール準々決勝は3月2日と同3日のいずれかで行われる予定だ。準々決勝対戦カードは以下の通り。 ◆DFBポカール準々決勝 シャルケ vs ブレーメン アウグスブルク vs ライプツィヒ バイエルン vs ハイデンハイム(2部) パーダーボルン(2部) vs ハンブルガーSV(2部) 2019.02.11 05:53 Mon
twitterfacebook
thumb

延長戦に持ち込まれるもバイエルン、コマン弾でベスト8!《DFBポカール》

バイエルンは6日、DFBポカール3回戦でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、2-2で90分を終了した。そして延長戦の末、3-2としたバイエルンがベスト8進出を決めている。 昨年10月に行われた2回戦でレーディングハウゼンを下したバイエルンが、ダルムシュタットを下したヘルタのホームに乗り込んだ一戦。 バイエルンは守護神ノイアーが引き続き負傷により欠場となったが、ケガ明けのチアゴが先発に戻り、現状のほぼベストメンバーで臨んだ。 3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンがボールを持つ立ち上がりとなったが、3分に先制を許す。 カルーのパスを受けたペナルティアーク左のミッテルシュタッドが右に持ち出して右足を振り抜くと、フンメルスの股間を抜けたシュートがゴール左隅に決まった。 それでも7分、バイエルンがすかさず追いつく。キミッヒの右クロスのルーズボールをボックス右のニャブリがボレーで合わせたシュートがゴール右隅に決まった。 同点後もバイエルンがボールを保持する流れとなったが、ヘルタの守備を攻略するようなプレーはなく、1-1で前半を終えた。 それでも後半開始4分に勝ち越した。ハメス・ロドリゲスの絶妙なダイレクトパスを受けたボックス右のニャブリが確実にシュートを決めきった。 その後もバイエルンが危なげなく試合を進めていたが、67分に落とし穴。フンメルスのヘディングでのバックパスが短くなり、3分前に投入されていたゼルケにカットされて無人のゴールに蹴り込まれた。 痛恨の失点を喫したバイエルンは81分、ボックス左に抜け出したアラバのクロスをゴール前のハメス・ロドリゲスがヒザで押し込みにかかるもミートしきれない。 結局、90分で決着付かず延長戦にもつれ込んだ。その延長戦もバイエルンが押し込む時間が続くと、同前半8分に勝ち越した。ボックス左に流れたルーズボールをレヴァンドフスキが右足アウトで上げた絶妙なクロスをコマンがヘッドで押し込んだ。 これが決勝点となってバイエルンが勝利。延長戦にまで持ち込まれたが、何とか勝ち上がってベスト8進出を決めている。 2019.02.07 07:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ホームで快勝のシャルケ、宇佐美先発のデュッセルドルフを撃破し準々決勝進出!《DFBポカール》

DFBポカール3回戦のシャルケvsデュッセルドルフがヴェルティンス・アレーナで6日に行われ、4-1でシャルケが勝利した。デュッセルドルフのMF宇佐美貴史は56分までプレーした。 2回戦でケルン(2部)を2-1で下したシャルケと、ウルム(4部)に5-1で快勝したデュッセルドルフの一戦。2日のホッフェンハイム戦を欠場したデュッセルドルフの宇佐美は、公式戦2試合ぶりのスタメンとなった。 試合は立ち上がりから攻勢に出るシャルケが29分に試合を動かす。右サイドからのスローインをボックス右横で受けたマッキーニーが落とすと、ウートがワンタッチでつなぐ。このボールをボックス右で受けたクツクがカットインから豪快なシュートをゴール左に突き刺した。 迎えた後半、リードするシャルケはマトンドを下げてルディを投入。すると48分、オチプカの左CKをマッキーニーがヘディングシュート。これは相手GKに弾かれたがこぼれ球をサリフ・サネが押し込んだ。 後半開始早々に追加点を奪ったシャルケは、53分にも中盤でボールを奪ったルディがドリブルで持ち上がると、ボックス右へラストパス。これに反応したクツクがすべり込みながら右足で合わせると、相手GKの弾いたボールを最後はウートが押し込み、3点目を奪った。 リードを広げられたデュッセルドルフは、56分に宇佐美とドゥクシュを下げてルケバキオとコフナツキを投入。さらに65分にはバルコクを下げてフィンクをピッチに送り出し、交代カードを使い切った。すると71分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、コフナツキのパスでボックス左に抜け出したヘニングスがゴールネットを揺らした。 1点を返されたシャルケだが87分、左サイドで獲得FKからファーサイドのS・サネがヘディングシュートを叩き込み、勝負あり。ホームで4ゴールを奪ったシャルケがデュッセルドルフを下して準々決勝進出を決めた。 2019.02.07 07:07 Thu
twitterfacebook
thumb

延長戦で2度のビハインドを追いついたブレーメン、PK戦でドルトムント撃破しベスト8進出!《DFBポカール》

DFBポカール3回戦、ドルトムントvsブレーメンが5日に行われ、3-3で120分を終了し、PK戦の末に2-4としたブレーメンがベスト8進出を果たした。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ入りしなかった。 昨年10月に行われた2回戦で延長戦の末にウニオン・ベルリンを3-2と下したドルトムントと、フレンスブルクに5-1と圧勝したブレーメンの一戦。 サンチョやピシュチェク、GKビュルキら一部主力を温存したドルトムントと、アジアカップに参戦していた大迫が引き続き欠場となったブレーメンの試合は、開始5分にブレーメンが先制する。ボックス手前右で得たFKをクルーゼが直接気味に狙ったシュート性のボールを、ゴール前のラシカがコースを変えてネットを揺らした。 早々の失点を受けて前がかるドルトムントは14分、プリシッチの右クロスをゲッツェがヒールで合わせた決定的なシュートはわずかに枠を外れる。 しかし、その後は好機を生み出せず、シャヒンを5バックの中央に据えてスペースを埋めるブレーメンの守備を攻略できずにいた。 それでも前半終了間際の追加タイム3分、ペナルティアーク中央で得たFKをロイスが直接狙うと、完璧な軌道を描いたシュートがゴール左に決まり、1-1で前半を終えた。 後半から鼠径部を痛めたロイスに代わってアルカセルを最前線に投入したドルトムントが前半同様にボールを持つ流れとなるも、後半最初のチャンスはブレーメン。54分にクルーゼのミドルシュートが枠を捉えたが、GKエルシュレーゲルに防がれた。 その後もドルトムントがボールを握るも、全くシュートチャンスを生み出せない。膠着状態が続く中、終盤の89分にブレーメンに絶好機。ボックス手前右で得たFKをクルーゼが直接狙うと、壁に当たってコースの変わったシュートが枠へ。しかし、GKエルシュレーゲルにビッグセーブで阻まれた。 ひやりとしたドルトムントは追加タイム1分、左CKからデラネイの放ったヘディングシュートがバーを直撃し、90分で決着つかず。延長戦にもつれ込んだ。 迎えた延長戦、ドルトムントはゲッツェとラファエウ・ゲレイロに代えてフィリップとラーセンを投入し、ブレーメンはバルクフレーデに代えてピサーロを投入した。 その延長戦、ブレーメンがポゼッションを高める時間を増やしていたが、同前半15分にドルトムントがゴールをこじ開けた。プリシッチが中央をドリブルで打開し、ゲッツェへパス。ゲッツェのリターンパスをボックス中央で受けたプリシッチがGKとの一対一を冷静に制した。 しかし、延長後半3分、ブレーメンが大ベテランのゴールで同点に追いつく。ボックス右に侵入したモフワルドが折り返したクロスをゴールエリア右で受けたピサーロが絶妙なトラップから巧みにシュートを流し込んだ。 直後、ラーセンのシュートで勝ち越しゴールに迫ったドルトムントだったが、GKパブレンカのセーブに阻まれる。それでも、アルカセルの直接FKでゴールに迫ると、同8分にロングカウンターから勝ち越す。右サイドでフィリップが突破に成功し、ボックス右ゴールライン際から折り返したクロスをアクラフが押し込んだ。 だが、まだ勝負は終わらない。同14分、右CKからファーサイドのハルニクがヘッドで叩くと、GKの手を弾いてネットに吸い込まれ、ブレーメンが土壇場で追いついて見せた。 そして3-3で迎えたPK戦、ドルトムントの1番手キッカーを務めたアルカセルと2番手キッカーを務めたフィリップのシュートをGKパブレンカが止めたブレーメンが4-2で制し、ベスト8進出を決めている。 2019.02.06 07:33 Wed
twitterfacebook
thumb

酒井高フル出場&伊藤途中出場のHSVが久保不出場のニュルンベルクに勝利!《DFBポカール》

DFBポカール3回戦、ハンブルガーSVvsニュルンベルクが5日に行われ、1-0でHSVが勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、MF伊藤達哉は70分から出場した。そしてニュルンベルクの久保裕也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ブンデス2部で首位に立つHSVと、ブンデス1部で17位と低迷するニュルンベルクの一戦。 酒井高が[4-5-1]の右サイドバックで先発したHSVが立ち上がりから仕掛ける入りとなった中、16分にドウグラスの直接FKでまずはHSVがゴールに近づいた。 その後もホルトビーの枠内シュートなどでゴールに迫ったHSVが主導権を握る中、前半終盤の39分にはジョッタがボレーでゴールを脅かすも前半のうちにスコアは動かせず0-0で後半へ折り返した。 それでも後半9分、HSVが順当に先制する。左サイドを崩した流れでボックス内での混戦を生むと、ボックス中央のエズカンがルーズボールを左足でゴールに流し込んだ。 その後もHSVが流れを引き寄せる中、70分に伊藤が左ウイングに投入されたHSVはニュルンベルクの反撃を許さずにシャットアウト勝利。ベスト8へ進出している。 2019.02.06 04:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース