ナントで完全構想外のシグソールソンがスウェーデンへ2019.04.01 12:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナントのアイスランド代表FWコルベイン・シグソールソン(29)が、スウェーデンのAIKソルナへとフリートランスファーで加入した。契約期間は2021年12月31日までとなる。シグソールソンはAZの下部組織で育ち、2010年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にはアヤックスへと移籍した。

エールディビジでは、通算112試合に出場し46ゴール10アシストを記録。2015年7月にナントへと完全移籍で加入していた。

2016年8月から12月まではガラタサライへのレンタル移籍を経験したシグソールソン。しかし、リーグ・アンではわずか30試合の出場に終わり3ゴールを記録。今シーズンは構想外となり、公式戦では1試合もメンバー入りしなかった。

アイスランド代表としては通算48試合に出場し23ゴールを記録。ユーロ2016では2ゴールを記録するなど全5試合に出場したものの、その後のクラブでの出場機会減少からロシア・ワールドカップのメンバーからは落選。しかし、UEFAネーションズリーグなど4試合でプレーしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

パルマ、ナポリからFWイングレーゼを買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得! 昨季もレンタルで加入し9ゴールをマーク

パルマは16日、ナポリからイタリア人FWロベルト・イングレーゼ(27)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。 『フットボール・イタリア』によれば、契約内容はレンタル料で200万ユーロ(約2億4300万円)、シーズン終了後に移籍金1800万ユーロ(約22億円)を支払い、ボーナスとして最大200万ユーロ増加する可能性があるようだ。 ペスカーラの下部組織出身のイングレーゼは、2009年にトップチームに昇格。その後、キエーボやルメッツァーネ、カルピでのプレーを経て2017年夏にナポリへ加入。 しかし、ナポリでのプレーはなく加入直後にキエーボへレンタルに出されると、2018-19シーズンはパルマへレンタル移籍。昨シーズンはセリエAで25試合の出場し9ゴール2アシストを記録していた。 なお、パルマはすでにイングレーゼと2024年6月30日までの5年契約を結んでいる。 2019.07.17 03:20 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGがドルトムントからDFディアロを獲得! 2024年までの5年契約を締結

パリ・サンジェルマン(PSG)は16日、ドルトムントからフランス人DFアブドゥ・ディアロ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 PSGへ加入の決まったディアロは、クラブの公式サイトで以下のコメントを残している。 「パリ・サンジェルマンのような権威あるクラブに加入出来て光栄だね。僕は常にパリが掲げるプロジェクトに魅力を感じていた。パリへの移籍は僕にとって重要なステップだよ」 2014年にモナコでプロデビューを飾った左利きのセンターバックのディアロは、ズルテ・ワレヘムへのレンタル、マインツへの完全移籍を経て、2018年6月にドルトムントに完全移籍。 加入1年目となった昨シーズンには公式戦38試合に出場した。また、同シーズンは本職のCBのみならず、左サイドバックもこなした。 また、代表キャリアにおいては2016年にU-21フランス代表に招集され、これまで16試合に出場していた。 2019.07.17 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

シェフィールド・U、ユナイテッドアカデミー出身のMFモリソンをフリーで獲得

シェフィールド・ユナイテッドは16日、今季限りでスウェーデンのエステルスンドを退団したイングランド人MFラヴェル・モリソン(26)を獲得した。契約期間は1年間で延長オプションが付随している。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身である攻撃的MFのモリソンは、2010年10月にユナイテッドでプロデビュー。その後、2012年1月にウェストハムへ移籍した後、バーミンガムやQPRにレンタルに出されていた。そして、2015年7月からラツィオでプレー。 しかし、ラツィオでは出場機会を得られず、2017-18シーズンはメキシコのアトラスへレンタル移籍。2018-19シーズンはラツィオに復帰したが、ベンチ入りすらままならず2月に退団。その後、フリーで加入したエステルスンドでは、公式戦6試合の出場にとどまっていた。 2019.07.17 00:44 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタがヘンクからウクライナ代表MFマリノフスキーを獲得!

アタランタは16日、ヘンクからウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキー(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 なお、『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は1370万ユーロ(約17億円)だという。 マリノフスキーは2011年にシャフタールでプロキャリアをスタート。その後数クラブで実績を積み2016-17シーズンからヘンクに在籍中。中盤での豊富な運動量とプレースキッカーを務める程の正確なキックが持ち味で、今シーズンはリーグ戦28試合出場で9ゴールを記録。同僚の日本代表MF伊東純也と共にヘンクのベルギーリーグ制覇に大きく貢献した。 また、代表キャリアにおいては2015年にA代表デビューして以来、通算22試合に出場し2ゴールを記録している。 2019.07.17 00:04 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、エイバルが購入したDFククレジャを倍額で買い戻し

バルセロナは16日、エイバルのU-21スペイン代表DFマルク・ククレジャ(20)を買い戻したことを発表した。 ククレジャは、エスパニョールのユースから2012年7月にバルセロナの下部組織に入団。2018年7月にトップチームへと昇格すると、同年8月にエイバルへとレンタル移籍する。 2018-19シーズンはエイバルでレギュラーとしてプレー。リーガエスパニョーラで31試合に出場し1ゴール2アシストを記録。左サイドバックや左サイドハーフなどでプレーすると、エイバルが200万ユーロ(約2億4300万円)の買い取りオプションを行使していた。 しかし、この度バルセロナが400万ユーロ(約4億8500万円)に設定された買い戻し条項を発動させ、エイバルから買い戻すことに成功している。 ククレジャは2017-18シーズンのコパ・デル・レイ、レアル・ムルシア戦でバルセロナのトップチームデビュー。しかし、それ以降は出場せず、Bチームでは2シーズンで公式戦54試合に出場し1ゴール8アシストを記録していた。 2019.07.16 23:50 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース