次世代の旗手となれ! これが森保ジャパンの新鋭5名だ!

2019.03.21 22:34 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ロシア・ワールドカップ後、森保一監督が新指揮官として就任した日本代表は、選手の入れ替えを行い世代交代を実施。MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)やMF堂安律(フローニンヘン/オランダ)、MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)といった新たな選手が頭角を現してきた。

しかし、2019年1月に戦ったアジアカップでは、決勝まで勝ち上がるも、カタール代表の前に力の差を見せつけられ敗戦。アジアの覇権を奪還することはできなかった日本は、6月に南米王者を決めるコパ・アメリカに招待。強豪揃いの南米勢を相手に、力試しを行う。

そのコパ・アメリカを前に、森保ジャパンはキリンチャレンジカップでコロンビア代表、ボリビア代表の南米勢と対戦。MF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)やDF昌子源(トゥールーズ/フランス)、MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)といったロシア・ワールドカップ組を復帰させた一方で、5名の若手選手を招集した。

そこで、今回は新たに日本代表入りを果たした5名の選手に注目。超ワールドサッカー編集部が独断で分析したレーダーチャートとともに、選手の魅力をお伝えする。

◆伸び代十分の現代型センターバック
(C)CWS Brains,LTD.
DF畠中槙之輔(23)
所属:横浜F・マリノス
まず1人目は、横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔だ。東京ヴェルディの下部組織で育った畠中は、FC町田ゼルビアへの武者修行を経験。そして、2018シーズン途中に横浜FMへと完全移籍を果たした。

東京Vユース出身とあって、テクニックも兼ね備えている畠中だが、それぞれのクラブで多くの能力を身につけた。町田では、相馬直樹監督の下、コレクティブな守備と対人守備の強さを習得。町田のスタイルに馴染み、主力としてプレーしていた。2017年に東京Vに復帰すると、ここではミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(現セレッソ大阪監督)の下でスペイン流の戦術を習得。後方からのビルドアップ能力に加え、周りに合わせた守備、試合を読む力を培った。そして、その力が横浜FMのアンジェ・ポステコグルー監督の下で増幅。今シーズンはレギュラーポジションを獲得した。
(C)CWS Brains,LTD.
ドリブル:3
シュート:4
パス:7
スピード:6
ディフェンス:7
フィジカル:7
大きな魅力は、その両足から繰り出される正確なパス。ビルドアップ、ポゼッションという戦い方の中で、後方からのパスが出ることはとても重要なファクターに。さらに、ロングパスも出せるため、前線へ一発でボールを渡すこともできる。J2では90試合に出場している畠中だが、J1での出場経験は9試合。日本代表にとってはシンデレラボーイ的な存在にもなり得る。しっかりとこの2試合で、伸び代を見せてもらいたい。

◆圧倒的なスピードでゴールを奪うハンター
(C)CWS Brains,LTD.
FW鈴木武蔵(25)
所属:北海道コンサドーレ札幌
2人目は、北海道コンサドーレ札幌の点取り屋であるFW鈴木武蔵だ。アルビレックス新潟、水戸ホーリーホック、松本山雅FCでプレーするも、期待された得点力は発揮できず。伸び悩みが見えた鈴木は、リオ・デ・ジャネイロ五輪のメンバーから落選。追加招集という形でメンバー入りを果たした。

しかし、そんな不遇の時期を過ごしていた鈴木が花開いたのは、V・ファーレン長崎への移籍だった。日本代表としても活躍し、アジアの大砲とも呼ばれていた高木琢也監督(現大宮アルディージャ)の下でストライカーとしての能力が開花。新潟時代にはJ1通算で7ゴールしか挙げていなかった鈴木が、1シーズンで11ゴールを記録。持ち前のスピードと優れた身体能力を生かしたプレーで、ゴールを量産した。
(C)CWS Brains,LTD.
ドリブル:7
シュート:6
パス:7
スピード:9
ディフェンス:3
フィジカル:6
そして今シーズンから札幌へと移籍。すると、2018シーズンの活躍がブラフではなかったことを証明。ここまで4試合に出場し3ゴールを記録。札幌の新たな攻撃ユニットを担う存在として、日本代表招集につながった。FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)への依存傾向が強い日本代表だけに、鈴木の躍動はこの先に繋がる可能性が高い。

◆前後左右、万能サイドプレーヤー
(C)CWS Brains,LTD.
DF安西幸輝(23)
所属:鹿島アントラーズ
3人目は、鹿島アントラーズでプレーするDF安西幸輝だ。畠中と同様に、東京Vの下部組織で育った安西はルーキーイヤーの2014年に右サイドバックのポジションを獲得。オフにはプレミアリーグのウェストハムでトレーニングに参加するなど、将来性が見込まれていた。

安西の最大の特徴は、サイドであればどのポジションでもプレーできるということ。サイドバック、サイドハーフ、ウイングバック、ウイングと攻守どちらでも高いレベルを発揮。さらに、右でも左でもプレーできるという特異なキャラクターが魅力だ。
(C)CWS Brains,LTD.
ドリブル:7
シュート:5
パス:6
スピード:8
ディフェンス:6
フィジカル:6
さらに、豊富な運動量でピッチを縦横無尽に駆け回り、時には得点も奪い切ってしまうほど。その能力の高さは、2018年に加入した鹿島でも発揮し、1年目で28試合に出場。アジア王者のタイトルも獲得すると、2年目の今シーズンもレギュラーとしてプレー。サイドでのポリバレント性が目に留まり、日本代表初招集となった。ピッチを駆け回り、攻守にセンスの良さを発揮する安西のプレーは注目だ。

◆ベルギーで花咲いた天才肌アタッカー
(C)CWS Brains,LTD.
FW鎌田大地(22)
所属:シント=トロイデン(ベルギー)
4人目は、ベルギーのシント=トロイデンでプレーするFW鎌田大地だ。ガンバ大阪の下部組織で育った鎌田は、高校進学後にサガン鳥栖へと入団。1年目から攻撃的ミッドフィルダーとして鳥栖の攻撃陣をけん引。自身も3ゴールを記録するなど、持ち前の能力の高さをみせ、世代別の日本代表にも招集された。

2年目の鳥栖の中心選手として攻撃面でチームに貢献すると、J1で7ゴールを記録。2017年途中にはMF長谷部誠が所属するフランクフルトへと完全移籍を果たす。

しかし、ドイツでは自身の良さを出すことができず、さらに守備面での課題が重くのしかかり、試合に絡めない苦しい日々を過ごす。結局、ドイツ挑戦1年目はブンデスリーガで3試合の出場に終わった。
(C)CWS Brains,LTD.
ドリブル:8
シュート:7
パス:7
スピード:7
ディフェンス:3
フィジカル:6
そして迎えた2018-19シーズン、鎌田は心機一転、ベルギーへと活躍の場を移した。すると、より攻撃的なプレーが求められるシント=トロイデンでは、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで24試合に出場し12ゴールを記録。自身の得点力が花開き、チームの躍進に貢献していたが、最終節の敗戦でプレーオフ1への進出を逃す苦いシーズンとなった。

世代別の日本代表でもあまり結果を残せていない鎌田だが、森保ジャパンではFW登録に。その得点力の高さを認められたことの表れであり、この2試合で目に見える結果を残すことは、日本代表定着への一歩となるだろう。

◆守備のユーティリティプレーヤー
(C)CWS Brains,LTD.
MF橋本拳人(25)
所属:FC東京
最後の5人目は、FC東京のMF橋本拳人だ。メンバー発表時には招集されていなかった橋本だが、Mf守田英正(川崎フロンターレ)が負傷により離脱。これにより、追加招集ながら日本代表に初選出された。

FC東京の下部組織で育った橋本は、ユース時代からボール奪取能力に秀でており、注目を集める存在に。2種登録されるなど将来が有望視されていたが、トップチーム昇格後は出場機会に恵まれず、2013年途中にロアッソ熊本へとレンタル移籍した。

熊本では、持ち前のボール奪取能力を発揮。ボランチで起用されると、守備範囲の広さとトランジションの早さでチームの守備の要となる。チームのシステムが3バックに変更になると、センターバックとしてもプレー。ボランチで培ったビルドアップの能力も発揮し、橋本のプレーの幅が大きく広がっていった。
(C)CWS Brains,LTD.
ドリブル:6
シュート:5
パス:6
スピード:7
ディフェンス:6
フィジカル:7
その後、左ヒザ内側半月板断裂という大ケガを乗り越え、熊本で2シーズンプレー。2015年にFC東京へ復帰すると、徐々に出場機会を増やし、ベンチ要員からレギュラーへとのし上がっていった。中盤でのフィルター役は日本代表に不足しており、守備的なポジションでのユーティリティ性も魅力の1つ。日本代表として、世界を相手にその能力を発揮できるのかに注目だ。
コメント