ハリル、母国メディアで酒井宏樹を絶賛「愛すべき男だ」2019.03.21 09:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナントを率いる元日本代表指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹を絶賛している。フランス『Le Phoceen』が伝えた。2016年6月にハノーファーからマルセイユに加入した酒井。1年目から右サイドバックとしてレギュラーを掴み、2年目からは左サイドバック、センターバックも務め、フランスの名門クラブで必要不可欠な存在となっている。日本代表でも不動の右サイドバックとして活躍しており、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)にも4試合すべてにフル出場した。

そんな酒井と2015年3月から2018年4月まで指揮した日本代表で共に戦い、現在は対戦相手としてフランスの舞台で戦っているハリルホジッチ監督が、母国メディアでのインタビューで同選手について言及。性格、能力などあらゆる面で日本屈指の右サイドバックを褒め称えた。

「決して問題を引き起こさない愛すべき男だ。ハードワーク、応用力、そして寛大さ。欠点がない。それをマルセイユのファンもよく知っている。完成された選手であり、ルディ・ガルシアの下、欠かせない選手となっている」

─日本人選手がヨーロッパで成功するのは難しい。酒井宏樹のフィットに驚いているか

「いいえ。彼はドイツでプレーしたことで、ハイレベルなフットボールに必要なものを身に着けることができた。彼のフィットは当然のことだよ」

─彼の特徴は
「フィジカル面ではモンスター。天性のクオリティだ。左サイドよりも明らかに右サイドのほうが適しているね。守備がとても良い選手だが、攻撃参加も狙えることができる。唯一、欠点を挙げるとすれば、アグレッシブさとデュエルに悪意がないこと。誠実すぎるのだ。ただ、私はマルセイユでの1試合1試合で進歩している」

─あなたの中で酒井はリーグ・アンでベストなサイドバックか
「もちろんベストな選手の人だ。彼がマルセイユに移籍する前には、スカウトから連絡が来て彼について話をしたよ。選手として、そしてキャラクターについて話した。彼からも相談を受けた。躊躇せずに挑戦するようアドバイスした」
コメント
関連ニュース
thumb

酒井が昌子の前で1G1Aの大活躍! フランスでの初対決は酒井に軍配!《リーグ・アン》

リーグ・アン第37節、トゥールーズvsマルセイユが18日に行われ、2-5でマルセイユが勝利した。トゥールーズのDF昌子源とマルセイユのDF酒井宏樹は共にフル出場している。 15位トゥールーズ(勝ち点38)と、欧州カップ戦出場の可能性が途絶えた6位マルセイユ(勝ち点55)による日本人対決。 昌子が[4-2-3-1]の右センターバックで、酒井が[4-2-3-1]の右サイドバックでスタートしたフランスの地での初対決は、地力に勝るマルセイユが押し込む展開で立ち上がっていく。 それでも26分、トゥールーズが先制した。グラデルの左クロスにイセカが合わせて押し込んだ。 オープンな展開となる中、マルセイユが3分後に追いつく。グスタボの右サイドからのインスウィングのクロスをファーサイドのサンソンがボレーで蹴り込んだ。ハーフタイムにかけてはマルセイユが再び押し込む展開で推移したものの、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もマルセイユが攻勢に出る中、50分に勝ち越した。決めたのは酒井。クロスのルーズボールをボックス手前右にいた酒井が左足ボレーでゴール右に蹴り込んだ。 逆転を許したトゥールーズが一転して押し込む展開とすると、61分にスローインの流れからボックス手前左のグラデルがゴール左にグラウンダーのシュートを流し込み、試合を振り出しに戻した。 追いついて勢いに乗るトゥールーズが前がかっていたが、76分にマルセイユがリードした。ロングスルーパスに反応した酒井が右サイド高い位置からダイレクトでクロスを入れると、最後はエンジエが押し込んだ。 酒井の1ゴール1アシストで勝ち越したマルセイユは、試合終了間際にトヴァンが2ゴールを加点して5-2で勝利。1ゴール1アシストと大活躍の酒井が昌子との日本人対決を制している。 2019.05.19 05:51 Sun
twitterfacebook
thumb

FIFA、ライオラに全世界での活動禁止処分! 大物顧客の去就に影響か

辣腕代理人として知られるミノ・ライオラ氏(51)に対して、代理人活動の完全停止処分が下った。イギリス『BBC』が報じた。 大物代理人として名を馳せるミノ・ライオラ氏は8日、何らかの不正行為により、イタリアサッカー連盟(FIGC)から同国内における3カ月の代理人活動停止処分。従兄弟で同じく代理人を務めるヴィンチェンツォ・ライオラ氏も2カ月の処分が科され、すぐさま法的措置を取る意向を示した。 そうしたなか、国際サッカー連盟(FIFA)も10日、ミノ・ライオラ氏に対する制裁として、FIGCと同じく3カ月間の代理人資格停止処分を発表。しかも、同期間中に限り、全世界でのいかなる代理人活動をも禁ずるという、イタリア国内限定のFIGCより重い内容だ。 これにより、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)や、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(マルセイユ)、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(アヤックス)ら錚々たる顧客を持つミノ・ライオラ氏は、今夏の大半でビジネスを行えなくことができなくなった。 2019.05.11 09:55 Sat
twitterfacebook
thumb

来季EL参戦可能性のウルブス、得点力アップへ国外の2選手に関心

ウォルバーハンプトンが来シーズンの得点力アップに向けて2選手の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 今季、チャンピオンシップ王者としてプレミアリーグに参戦したウルブスは、第37節終了次点で7位と大躍進。今節、マンチェスター・シティと対戦する9位のレスター・シティが引き分け以下に終わった場合、7位が確定となる。そして、FAカップ決勝でシティがワトフォードを破った場合、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦からの出場が可能となる。 そのため、来季に向けて戦力の増強を図るウルブスは、メキシコ代表FWラウール・ヒメネス、ポルトガル人MFジオゴ・ジョッタと共に攻撃陣の中心となる新戦力の補強を目指している。 そして、『ミラー』が伝えるところによれば、その候補2選手はミランからセビージャにレンタル移籍中のポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)と、マルセイユのフランス人MFモルガン・サンソン(24)だという。 昨夏、セビージャに買い取りオプション付きのレンタルで加入したA・シウバは、リーガデビュー戦でハットトリックの活躍を見せるなど、ここまでリーグ戦9ゴールを挙げている。しかし、後半戦に入るとケガの影響もあってほとんど戦力になり切れておらず、セビージャが買い取りに動くか微妙な状況だ。 一方、セントラルMFや攻撃的MFを主戦場とする攻撃センス、テクニック、戦術眼に長けた万能型MFのサンソンは、今季ここまでリーグ戦31試合に出場し4ゴール3アシストを記録。同選手に関しては加齢によってフル稼働が難しくなってきているポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョや、ビッグクラブの関心を集めるポルトガル代表MFルベン・ネヴェスのバックアップを担う存在としてリストアップしているようだ。 2019.05.06 18:07 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、ハリル率いるナントにシーズンダブルを許し来季EL出場に黄色信号…《リーグ・アン》

酒井宏樹の所属するマルセイユは28日、リーグ・アン第34節でナントとホームで対戦し、1-2で敗戦した。酒井宏はフル出場した。 リーグ戦連勝中の5位マルセイユ(勝ち点54)は、バロテッリやパイエ、グスタボら主力を順当にスタメンで起用。酒井は左サイドバックでスタメンに名を連ねた。 昨年12月にアウェイ行われたナント戦をケガで欠場した酒井にとって、かつて日本代表で共に戦ったハリルホジッチ監督との初対決になる一戦。試合が動いたのは22分、ナントは中盤でミスパスを奪ったワリスが素早く前線へスルーパスを供給。これで抜け出したクリバリのシュートはDFにブロックされたが、こぼれ球をボックス手前のモトーサミがゴール右に突き刺した。 先制を許したマルセイユだが、すぐに反撃。26分、右サイドでボールを受けたオカンポスが早めのタイミングでクロスを上げると、ゴール前のバロテッリがダイビングヘッドでゴールに叩き込み、すかさず同点に追いついた。 迎えた後半も先にスコアを動かしたのはナント。50分、モトーサミの右CKをジエゴ・カルロスがヘディングで合わせると、ゴール左に逸れたボールをアンドレイが押し込んだ。 ゴールが欲しいマルセイユは63分にバロテッリに代えてラドンジッチ、78分にはパイエを下げてマキシム・ロペスを送り出す。しかし、最後まで同点弾を奪えずに試合終了。 ハリル率いるナントにシーズンダブルを許したマルセイユは、4位サンテチェンヌとの勝ち点差が5に開き、逆転でのヨーロッパリーグ出場が遠のいた。 2019.04.29 05:56 Mon
twitterfacebook
thumb

3度目の正直なるか!?ローマが酒井宏樹の相棒FWトヴァン獲得に再び動く

ローマが、マルセイユに所属するフランス代表FWフロリアン・トヴァン(26)の獲得に再び興味を持ち始めたようだ。イタリア『フットボール・イタリア』がフランス『Telefoot』を引用して伝えている。 2016年1月からの半年間のレンタル移籍を経て、ニューカッスルからマルセイユに復帰したトヴァン。ドリブル技術と高いシュートセンスを武器に昨シーズンは公式戦54試合26ゴール18アシストの大活躍を見せた。今シーズンもここまで公式戦33試合15ゴール9アシストを記録している。 そんなトヴァンに対しては、ミランが合意寸前と一部メディアで伝えられていたが、同選手の代理人がすぐにこの報道を否定。そして今回の報道によれば、2年連続でトヴァンの獲得に失敗しているローマも再び獲得に向けて動き出しており、4000~5000万ユーロ(約50億~63億円)の移籍金を準備しているようだ。 日本代表DF酒井宏樹と共にマルセイユの右サイドを支え、昨シーズンにはクラブのヨーロッパリーグ(EL)決勝進出にも貢献してきたトヴァン。今夏、セリエAにステップアップを果たすことになるのだろうか。 2019.04.23 00:58 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース