ハリル、母国メディアで酒井宏樹を絶賛「愛すべき男だ」2019.03.21 09:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナントを率いる元日本代表指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹を絶賛している。フランス『Le Phoceen』が伝えた。2016年6月にハノーファーからマルセイユに加入した酒井。1年目から右サイドバックとしてレギュラーを掴み、2年目からは左サイドバック、センターバックも務め、フランスの名門クラブで必要不可欠な存在となっている。日本代表でも不動の右サイドバックとして活躍しており、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)にも4試合すべてにフル出場した。

そんな酒井と2015年3月から2018年4月まで指揮した日本代表で共に戦い、現在は対戦相手としてフランスの舞台で戦っているハリルホジッチ監督が、母国メディアでのインタビューで同選手について言及。性格、能力などあらゆる面で日本屈指の右サイドバックを褒め称えた。

「決して問題を引き起こさない愛すべき男だ。ハードワーク、応用力、そして寛大さ。欠点がない。それをマルセイユのファンもよく知っている。完成された選手であり、ルディ・ガルシアの下、欠かせない選手となっている」

─日本人選手がヨーロッパで成功するのは難しい。酒井宏樹のフィットに驚いているか

「いいえ。彼はドイツでプレーしたことで、ハイレベルなフットボールに必要なものを身に着けることができた。彼のフィットは当然のことだよ」

─彼の特徴は
「フィジカル面ではモンスター。天性のクオリティだ。左サイドよりも明らかに右サイドのほうが適しているね。守備がとても良い選手だが、攻撃参加も狙えることができる。唯一、欠点を挙げるとすれば、アグレッシブさとデュエルに悪意がないこと。誠実すぎるのだ。ただ、私はマルセイユでの1試合1試合で進歩している」

─あなたの中で酒井はリーグ・アンでベストなサイドバックか
「もちろんベストな選手の人だ。彼がマルセイユに移籍する前には、スカウトから連絡が来て彼について話をしたよ。選手として、そしてキャラクターについて話した。彼からも相談を受けた。躊躇せずに挑戦するようアドバイスした」
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユ、ビジャレアルDFを買い取り義務付きレンタルで獲得! 今夏最初の新戦力補強に

マルセイユは19日、ビジャレアルのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレス(29)を買い取り義務付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定している。 なお、フランス『RMC sport』の伝えるところによれば、マルセイユとアルバロ・ゴンサレスは4年契約を結び、買い取る際の移籍金に関しては850万ユーロ(約10億3000万円)前後と推定している。 ラシン・サンタンデールでプロキャリアをスタートしたアルバロ・ゴンサレスは、サラゴサ、エスパニョールを経て2016年にビジャレアルに加入した。同クラブではセンターバックのレギュラーとして在籍3年間で公式戦111試合に出場。昨シーズンも公式戦41試合に出場し1ゴールを挙げていた。 アンドレ・ビラス=ボアス新監督にとって今夏最初の補強選手となるアルバロ・ゴンサレスは、現在アメリカでプレシーズンツアー中のチームに合流し、マルセイユ期間後にお披露目会見に臨む予定だ。 2019.07.19 22:25 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ移籍が噂される酒井宏樹に地元フランスメディアが残留を推奨!

マルセイユの日本代表DF酒井宏樹(29)に噂されているトッテナム移籍について、もし実現した場合、出場機会を失う危険性がある、とフランス『フットラジオ』が伝えている。 トッテナムは右SBのレギュラーであったイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)がアトレティコ・マドリーへと移籍。さらには左SBで主力として活躍した同代表DFダニー・ローズ(29)にも放出の噂が出るなど、大幅な選手の入れ替えが進んでいる。 そんな中、現所属先マルセイユのお膝元のフランスメディアは酒井に残留を奨めている。同選手について「チャンピオンズリーグに1度も出場していない酒井は経験不足であり、いきなりファイナリストチームへの加入は荷が重い」と評した。 さらには「マルセイユではレギュラーだが、トッテナムではDFカイル・ウォーカー=ピータースの控えになる危険性がある」と指摘。コンスタントな試合出場を妨げる移籍になるのではないかという可能性を論じた。 定位置を掴めればステップアップとなりそうなこの移籍。フランス国内でも評価の高い酒井はどういった決断をするのか、今後に注目が集まる。 2019.07.19 16:53 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、ビジャレアルDF加入迫る! 今夏最初の新戦力補強に

マルセイユがビジャレアルのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレス(29)を獲得することが決定的となった。フランス『レキップ』は17日、同選手が18日に正式加入する見込みであると伝えた。 昨シーズン、ヨーロッパのコンペティション出場圏外の5位フィニッシュとなったマルセイユは、今夏の緊縮財政を強いられている。 その中でアンドレ・ビラス=ボアス新監督を招へいしたクラブは、今夏最初の補強選手としてビジャレアルの主力センターバックの獲得に漕ぎ着けたようだ。 『レキップ』が伝えるところによれば、マルセイユとビジャレアルはアルバロ・ゴンサレスの移籍に関して買い取り義務付きのレンタル移籍という条件で合意に至ったようだ。 一方、フランス『RMC sport』はマルセイユとアルバロ・ゴンサレスが4年契約ですでに個人間での合意に至っていると主張しており、移籍金に関しては850万ユーロ(約10億3000万円)をビジャレアル側が要求していると伝えている。 ラシン・サンタンデールでプロキャリアをスタートしたアルバロ・ゴンサレスは、サラゴサ、エスパニョールを経て2016年にビジャレアルに加入した。同クラブではセンターバックのレギュラーとして在籍3年間で公式戦111試合に出場。昨シーズンも公式戦41試合に出場し1ゴールを挙げていた。 2019.07.18 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、アルゼンチン代表FWベネデット獲得に迫る! 代理人が個人間合意を認める

マルセイユがボカ・ジュニアーズに所属するアルゼンチン代表FWダリオ・ベネデット(29)の獲得に迫っているようだ。同選手の代理人がアルゼンチン『FOX Sports』で個人間合意を認めた。 イタリア代表FWマリオ・バロテッリの退団によって新たなエースストライカーの獲得が今夏の最優先事項となっているマルセイユ。 新シーズンからアンドレ・ビラス=ボアス氏を新指揮官に迎えるクラブが、バロテッリの後釜にリストアップしたのはアルゼンチン代表FWのようだ。 ベネデットの代理人を務めるクリスティアン・ブラガルニク氏は、『FOX Sports』の取材に対して、「我々はベネデットの移籍に関してマルセイユと合意に至った」と、個人間合意に至ったことを認めた。 また、イタリア『gianlucadimarzio.com』は、マルセイユとボカ・ジュニアーズが1600万ユーロ(約19億4000万円)程度の金額で合意に近づいていることを伝えており、移籍成立は間近に迫っているようだ。 母国のアルセナルでプロデビューを飾ったベネデットは、2013年から2016年までプレーしたメキシコの地でブレイク。ティフアナ、クラブ・アメリカのエースストライカーとして活躍すると、2016年にはアルゼンチン屈指の名門に加入。在籍3年間で公式戦63試合に出場し、39ゴール11アシストを記録するなどエースストライカーとしてリーグ連覇に貢献すると共に、2017年にはアルゼンチン年間最優秀選手賞を受賞している。 また、2017年にデビューを飾ったアルゼンチン代表ではここまで5キャップを記録している。 175cmと上背はないものの、両足から繰り出される正確且つ強力なシュートに加え、相手DFを翻弄する仕掛けに利他的な精神も併せ持つ万能型のアタッカーは、初挑戦のヨーロッパでも大きな活躍が期待されるところだ。 2019.07.17 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、シーズン後半に8Gを挙げたバロテッリとの契約満了を発表

マルセイユは10日、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28)との契約を満了したことを発表した。 今年1月、ニースから半年の契約でマルセイユに加入したバロテッリはリーグ戦15試合で8ゴールという上々の成績を収めた。 しかし、アンドレ=ビラス・ボアス新監督の構想にバロテッリは入っていなかったようで契約延長には至らず、パルマやウェストハムへの移籍が報じられている。 パルマではFWジェルビーニョに移籍の噂があり、ウェストハムではFWマルコ・アルナウトビッチが上海上港に移籍した中、代役と見込んでいたセルタのFWマキシ・ゴメスの獲得が難航している状況で、彼らに代わる得点源としてバロテッリにオファーが届くのではないかと報じられている。 2019.07.10 23:53 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース