飛行機墜落事故で急逝のサラ、幼少期在籍の故郷クラブが追悼ユニフォームを発売2019.03.21 04:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今年1月に前所属先のナントから新天地のカーディフに渡航した際に飛行機墜落事故に巻き込まれて逝去したアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)が幼少期にプレーした地元クラブが同選手への追悼の想いを込めた特別なユニフォームを発売することになった。スペイン『アス』が伝えている。今年1月21日に搭乗した小型飛行機がイギリス海峡に墜落し、後に海底から沈んだ機体から亡骸が発見されて死亡が確認されたサラ。そして、現在その亡骸は自身が生まれ育ったアルゼンチンのプログレソ市に埋葬されている。

これまでサラが所属したナントやボルドー、加入するはずだったカーディフを中心にサッカー界に多くの悲しみをもたらした同選手の突然の訃報だったが、この悲劇を忘れないため、さらに同選手のこれまでの人生への敬意を表するため、古巣クラブが追悼ユニフォームを発売することになった。

今回追悼ユニフォームの発売を決めたのは、サラが4歳だった1994年からヨーロッパに旅立つ2005年まで在籍していたサンマルティン・デ・プログレソ。

『アス』が伝えるところによれば、このユニフォームは『Kalcomax』社製でチームカラーの赤と黒のストライプを基調にしたもの。そして、サラがプロキャリアを通じて決めた93ゴールにちなんで93本の細かい線が入っているという。

さらに、ユニフォームの裏側にはサラの写真と共に「Toujours Emi por siempre(エミ、いつまでも永遠に)」とのメッセージが描かれている。

また、サンマルティンは今回の追悼ユニフォームの発売と共に、2000人収容の本拠地のスタジアム名をエミリアーノ・サラを冠したスタジアム名に変更することを発表している。

◆素晴らしい仕上がりに
https://twitter.com/kalcomax1/status/1107719766628810752
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユ、ハリル率いるナントにシーズンダブルを許し来季EL出場に黄色信号…《リーグ・アン》

酒井宏樹の所属するマルセイユは28日、リーグ・アン第34節でナントとホームで対戦し、1-2で敗戦した。酒井宏はフル出場した。 リーグ戦連勝中の5位マルセイユ(勝ち点54)は、バロテッリやパイエ、グスタボら主力を順当にスタメンで起用。酒井は左サイドバックでスタメンに名を連ねた。 昨年12月にアウェイ行われたナント戦をケガで欠場した酒井にとって、かつて日本代表で共に戦ったハリルホジッチ監督との初対決になる一戦。試合が動いたのは22分、ナントは中盤でミスパスを奪ったワリスが素早く前線へスルーパスを供給。これで抜け出したクリバリのシュートはDFにブロックされたが、こぼれ球をボックス手前のモトーサミがゴール右に突き刺した。 先制を許したマルセイユだが、すぐに反撃。26分、右サイドでボールを受けたオカンポスが早めのタイミングでクロスを上げると、ゴール前のバロテッリがダイビングヘッドでゴールに叩き込み、すかさず同点に追いついた。 迎えた後半も先にスコアを動かしたのはナント。50分、モトーサミの右CKをジエゴ・カルロスがヘディングで合わせると、ゴール左に逸れたボールをアンドレイが押し込んだ。 ゴールが欲しいマルセイユは63分にバロテッリに代えてラドンジッチ、78分にはパイエを下げてマキシム・ロペスを送り出す。しかし、最後まで同点弾を奪えずに試合終了。 ハリル率いるナントにシーズンダブルを許したマルセイユは、4位サンテチェンヌとの勝ち点差が5に開き、逆転でのヨーロッパリーグ出場が遠のいた。 2019.04.29 05:56 Mon
twitterfacebook
thumb

エミリアーノ・サラの死から3カ月、父オラシオさんが心臓発作で逝く…

今年1月に帰らぬ人となったアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラの父のオラシオさんが、26日未明に心臓発作で亡くなっていたことが分かった。58歳だった。イギリス『デイリー・メール』など各メディアがアルゼンチンメディアの情報をもとに伝えている。 息子のエミリアーノは今年1月21日、フランスから移籍先のカーディフに渡るために乗っていた小型飛行機が墜落し消息不明に。翌月7日に、海に沈んでいた遺体がエミリアーノのものだと判明し死亡が確定した。 そしてそれからわずか3カ月。父のオラシオさんが突然の他界。原因は心臓発作だという。 サラの故郷、プログレソの市長を務めるジュリオ・ミュラー氏は、オラシオさんの妻のメルセデスさんから電話を受けたことを地元のラジオで語った。 「2019年はこの町の人々の心を和らげてくれるつもりはないようだ」 「朝5時、彼の妻からの電話が鳴った。彼女はとても動揺していた。医者はすでにその場にいたが、私が到着した頃には彼はすでに亡くなっていた」 「彼はエミリアーノの死を克服することはできなかった」 「遺体が発見されたとき、この事件は終わるかに思えた。しかし、パイロットのことが明るみになって、状況はさらに困難になった」 イギリスの航空事故調査当局によると、エミリアーノを乗せた小型飛行機を運転していたデイビッド・アイボットソン氏が商用飛行の免許を持っていなかったことが判明。 息子の死に大きな絶望に押しつぶされそうになっていたオラシオさんを襲った衝撃の事実。果てしない悲しみとの戦いの末に、オラシオさんはエミリアーノの後を追うように息を引き取った。 2019.04.26 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

主力多数不在のPSG、今季初の連敗でリーグ優勝はまたしてもお預け…次節ホームのモナコ戦で優勝決定へ!《リーグ・アン》

リーグ・アン第28節延期分、ナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)が17日に行われ、ホームのナントが3-2で勝利した。 前節、2位リールとの直接対決で屈辱的な1-5の大敗を喫して2年連続8度目のリーグ制覇がお預けとなったPSGは、選手と監督として在籍経験のあるクラブOBのハリルホジッチ監督が率いる15位のナントとのアウェイゲームで連覇決定を狙った。 優勝が懸かるこの一戦だが、多くの負傷者とサスペンションによってトップチーム10名近くが不在となったため、トゥヘル監督はキンペンベをキャプテンに指名。GKブッフォン、ダニエウ・アウベスの両ベテランにドラクスラー、ケーラー、パレデス、クルザワ、チュポ=モティングの準主力と生え抜きの若手という構成で臨んだ。 やや押し込まれる入りとなったPSGは12分、ゴール前でクリバリに決定的なヘディングシュートを許すが、ここはGKブッフォンの見事なセーブで阻む。すると19分、ボックス手前右でパレデスからパスを受けた右サイドバックのダニエウ・アウベスが右足を振り抜くと、やや不規則な回転がかかったボールがゴール左上隅の絶妙なコースに決まり、ベテランDFのゴラッソで先制に成功した。 しかし、先制からわずか3分後の22分に左CKを与えると、キッカーのロニエがゴール前に入れたボールをジエゴ・カルロスにうまく頭で合わせられて早々に同点ゴールを奪われる。 その後、一進一退の攻防が続く中、35分にはドラクスラーからの絶妙なスルーパスに抜け出したディアビにボックス右で決定機も右足のシュートは相手DFの好ブロックに阻まれる。すると、前半終了間際の44分にはロングボールに反応したクリバリの対応にあたったDFケーラーが簡単に振り切られてマイナスに折り返されると、モトーサミが繋いだボールをゴール右でフリーのワリスに流し込まれ、逆転を許して前半を終えた。 後半に入ってもピリッとしないPSGは立ち上がりの52分、再び相手の左CKの場面でクルザワの頭でのクリアがゴール前のジエゴ・カルロスに当たってしまい、この跳ね返りがそのままゴールネットを揺らし、不運な形から3失点目を献上。さらに59分にはエリア外に飛び出してGKブッフォンがクリアした際にこぼれ球を繋がれてクリバリに無人のゴールへロングシュートを浴びるが、これはわずかにクロスバーの上を越えて事なきを得る。 何とか追い付きたいトゥヘル監督は61分、エンソキを下げてダグバを投入。[4-4-2]からパレデスを3バックの一角に落とした[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更した。さらに74分にはクルザワを下げてこれがトップチームデビューとなる20歳のトルコ人FWグクルをピッチに送り出す。78分にはゴール前の混戦からピッチに倒れ込んだチュポ=モティングが尻もちをついた状態から強引に身体を捻って右足のシュートを放つが、この意表を突いたトリッキーなシュートは左ポストを叩いた。 その後は相手のロングカウンターからのピンチをGKブッフォンの好守で何とか凌ぐ苦しい状況が続いたPSGは89分、ボックス右でダグバからの折り返しに反応したグクルが丁寧な右足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込み、デビュー戦でデビューゴールを記録。だが、同点に追いつく時間は残されておらず、2-3のまま試合はタイムアップ。 多数の主力不在で今季初の連敗を喫したPSGは、またしても優勝を決めることができず。それでも、アウェイ連戦を終えたことで21日に行われる第33節のモナコ戦でホームでの自力優勝を決められる可能性が残った。 2019.04.18 04:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ナントで完全構想外のシグソールソンがスウェーデンへ

ナントのアイスランド代表FWコルベイン・シグソールソン(29)が、スウェーデンのAIKソルナへとフリートランスファーで加入した。契約期間は2021年12月31日までとなる。 シグソールソンはAZの下部組織で育ち、2010年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にはアヤックスへと移籍した。 エールディビジでは、通算112試合に出場し46ゴール10アシストを記録。2015年7月にナントへと完全移籍で加入していた。 2016年8月から12月まではガラタサライへのレンタル移籍を経験したシグソールソン。しかし、リーグ・アンではわずか30試合の出場に終わり3ゴールを記録。今シーズンは構想外となり、公式戦では1試合もメンバー入りしなかった。 アイスランド代表としては通算48試合に出場し23ゴールを記録。ユーロ2016では2ゴールを記録するなど全5試合に出場したものの、その後のクラブでの出場機会減少からロシア・ワールドカップのメンバーからは落選。しかし、UEFAネーションズリーグなど4試合でプレーしていた。 2019.04.01 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

カーディフ主張「サラの移籍は無効」FIFAに訴え

カーディフはアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラの移籍に関して「無効」であるとFIFA(国際サッカー連盟)に訴えを起こすようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 サラは今冬の移籍市場でナントからカーディフへの移籍が決まっていた。しかし、1月21日にサラを乗せた小型飛行機がナントからカーディフに向かう途中で墜落し、サラは帰らぬ人となってしまった。 移籍が決まった直後に起こった選手の死。他に類を見ない事態に、ナントとカーディフの間で移籍金を巡って問題が生じている。 1500万ポンド(約21億円)であったサラの移籍金。ナントがこれを全額支払うよう要求しているのに対し、この度カーディフはこの移籍が無効であると主張し、移籍金を支払わない旨のレポートをFIFAに提出することを決めたという。 カーディフ側としては、「プレミアリーグ機構の規則に準拠した契約が済んでいなかった」、「リーグ・アン機構との間の法的拘束力のある条項が不履行であった」という2点から、今回の移籍が無効になると主張。 『テレグラフ』によると、サラはカーディフとの契約に署名したが、プレミアリーグ側から認可を受けられず、一度契約の見直しをしようとしたところに、あの事故が起こってしまったという。同メディアはさらに、カーディフが前倒しにした契約に移籍金の面において違反があったことも明らかにしている。 いずれにせよ、もし両クラブや両リーグ機構の間で正式な契約が結ばれていなかったのであれば、ナントは他の移籍先を探す時間があったのではないかという考えもあるようだ。 しかし、ナント側の主張では、2019年1月21日の午後5時30分にFIFAのルールに完全に準拠した手続きを完了させていたとのこと。カーディフとプレミアリーグの間の登録に関しては、ナントが与り知るところではないという意見の様だ。 2019.03.25 17:00 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース