アトレティコのフアンフラン、鳥栖移籍か

2019.03.19 13:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーに所属する元スペイン代表DFフアンフラン(34)のサガン鳥栖説が急浮上した。スペイン『GOL digital』が報じた。

レアル・マドリーのカンテラで育ったフアンフランは2011年1月からアトレティコ・マドリーに加わり、ディエゴ・シメオネ体制下で右サイドバックにコンバート。そこで不動の地位を築き上げると、公式戦347試合6得点39アシストを誇り、リーガエスパニューラ優勝や2度のヨーロッパリーグ(EL)制覇に貢献した。

そのフアンフランは今シーズンのここまで公式戦22試合に出場。ただ、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16敗退に終わったシメオネ監督が右サイドバックの強化を望んでいることもあり、今シーズン終了後に契約満了のフアンフランに関して、新たな挑戦に臨む可能性があるという。

そこで移籍先として挙がったのがルイス・カレーラス新体制の鳥栖だ。アトレティコ・マドリー時代の同僚で、友人でもある元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを擁する鳥栖が今夏にフリーエージェントとなるフアンフラン獲得に向け、好サラリーのオファーを用意して狙っている模様だ。

今シーズンの鳥栖は明治安田生命J1リーグ開幕から3連敗の低調なスタートだったが、17日にホームで行われた第4節のジュビロ磐田戦で1-0の初白星。既に8名の外国人を保有している鳥栖だが、フアンフランの意向は果たして…。

関連ニュース
thumb

活動停止中の鳥栖、新たに2選手が新型コロナ陽性…7日から活動は再開

サガン鳥栖は7日、トップチームの2選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けることを発表した。 6日に選手1名が発熱の症状を訴え、医療機関にてPCR検査を実施。陽性判定を受けたとのことだ。 さらに、7日にトップチームの関係者が民間検査機関にてPCR検査を実施。新たに選手1名が陽性判定を受け、医療機関で陽性診断を受けた。なお、濃厚接触者はいないという。 鳥栖は、2日に選手2名が陽性、3名が濃厚接触者となると、4日に選手5名、スタッフ1名が陽性となり、チーム活動が停止。6日の川崎フロンターレ戦が中止となっていた。 なお、今回の陽性者でチームの活動に影響はなく、7日より再開しているとのこと。10日のホーム・柏レイソル戦に向けて準備を進めるという。 2022.07.07 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎Fvs鳥栖の中止が決定、鳥栖の選手5名、スタッフ1名が新型コロナ陽性で活動停止

サガン鳥栖は4日、トップチームの選手5名とスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると4日に選手3名が発熱を訴え、医療機関でPCR検査を実施。陽性診断を受けたとのことだ。 また、トップチーム関係者にPCR検査を行ったところ、選手2名が新たに陽性判定。スタッフ1名も陽性となった。 鳥栖では2日のヴィッセル神戸戦の前に選手2名が陽性となっており、3名が濃厚接触者となっていたばかりだった。 今回は合計6名が一挙に陽性判定となった中、濃厚接触者は特定を進めているとのこと。ただ、段階的に感染者が出ていることを踏まえ、潜伏期間を考慮して最低3日間の活動停止となり、6日までトップチームの活動が停止することとなった。 Jリーグは、この鳥栖の活動停止を受けて、6日に予定されていた明治安田生命J1リーグ第20節の川崎フロンターレ戦の中止を発表。代替日は未定となっている。 2022.07.04 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

監督交代の神戸、武藤嘉紀がヘッド2発の躍動で3試合ぶり勝利!鳥栖はダブル許しまたも連勝逃す【明治安田J1第19節】

2日、明治安田生命J1リーグ第19節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸が駅前不動産スタジアムで行われ、0-2で神戸が勝利を収めた。 現在6位の鳥栖と最下位の神戸の対戦。上位を窺いたい鳥栖も最下位からの巻き返したい神戸も勝ち点3が欲しい一戦となった。 鳥栖は前節から5名を変更。ファン・ソッコ、原田亘、堀米勇輝、小野裕二、宮代大聖が外れ、田代雅也、藤田直之、中野嘉大、本田風智、垣田裕暉が入った。 対する神戸はミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を解任。暫定監督を含め、今季4人目となる吉田孝行監督が就任した。 その初陣となった試合では前節から3名のスタメンを変更。GK前川黛也、大崎玲央、大迫勇也が外れ、GK飯倉大樹、菊池流帆、小田裕太郎を起用した。GKを入れ替えて流れを変えたいところだ。 互いにボールを繋ぎながら攻め込むスタイル。鳥栖は後方からビルドアップして攻めていく展開に。対する神戸もパスを繋ぎながら攻め込んでいく。 すると19分に神戸がチャンス。左CKからイニエスタがクロスを送ると、これがゴールに向かいGK朴一圭が慌ててパンチング。その後の流れから、左からのイニエスタのクロスに対して小林がファーに飛び込むが、わずかに合わない。 対する鳥栖は26分にチャンス。ショートコーナーから、ボックス左からのクロスがクリアされると島川がヘッドで落とす。最後は本田がダイレクトシュート。鋭いボールがゴールに飛ぶが、わずかに右に外れる。 激しい球際の競り合いが見られるこの試合。田代との競り合いで武藤が脇腹付近を痛めて倒れ込んでいる。VARのチェックも入ったが、これは特にファウルも取られなかった。 38分には山口がクロスを送ると、武藤がボックス内でヘッド。しかし、力無くGK朴一圭がキャッチする。 鳥栖は40分に右CKを獲得すると、藤田のクロスにジエゴが飛び込んでヘッド。強烈なシュートがゴールを襲ったが、GK飯倉がセーブ。クロスバーに当たったボールを収めた。 押し込み続ける鳥栖は42分にも島川のスルーパスに反応した垣田がボックス内で滑り込みながらシュート。しかし、これもGK飯倉がセーブする。 互いに攻勢を見せる中でゴールが生まれなかった前半。ハーフタイムには互いにカードを切らずに後半に臨む。 後半は前半の鳥栖ペースから神戸が盛り返し、立ち上がりに汰木がシュートを放つなど積極的にゴールに向かう。 決定機こそ多く迎えられないものの、両サイドバックの酒井、山川が高い位置を取り、積極的に攻撃参加するなど、攻勢を止めない。 すると、69分に神戸がチャンス。パスを繋いで時間をかけて崩すと、橋本、武藤、佐々木、山川と繋ぎ、その山川がボックス右から鋭いクロス。これに橋本がダイレクトヒールで合わせると、シュートはゴールへ飛ぶもGK朴一圭がセーブする。 ビッグチャンスを止めた鳥栖は72分にチャンス。左サイドを岩崎が仕掛けると、一旦は止められるもディフレクトしたボールが岩崎の元へ。そのままボックス内左からシュートも、オフサイドとなった。 ゴールが欲しい神戸は73分に汰木を下げて大迫勇也を投入。流れを変えにいくと、押し込み続けた神戸は79分についに結実した。 右サイドからの山川のクロスにファーサイドで武藤がヘッド。上手くコントロールしたシュートはファーに決まり、神戸がついに先制する。 先制を許した鳥栖はボールを握って行きたいところだったが、神戸がしっかりとボールを握って時間をかけていくことに。するとアディショナルタイム1分、左サイドからのクロスをファーサイドでフリーだった武藤がボックス内でヘッド。これが左に決まり、神戸がリードを広げる。 結局そのまま試合は終了。神戸が新体制初陣で見事に勝利。3試合ぶりの勝利を収めた。 サガン鳥栖 0-2 ヴィッセル神戸 【神戸】 武藤嘉紀(後34、後46) 2022.07.02 21:29 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸戦を控える鳥栖、選手2名が新型コロナ陽性、さらに3名が濃厚接触者で隔離

サガン鳥栖は2日、トップチームの選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、1日に選手1名が体調不良を訴え、抗原検査を実施。陽性判定を受けた。 この結果を受け、トップチーム関係者が抗原検査を受けたところ、もう1名も陽性判定に。その後、2名は医療機関でPCR検査を受け、陽性判定となった。 2人目の選手は、発熱の症状があるとのこと。適切な対策のもと、療養しているという。 チームは2日にPCR検査を実施し、全員が陰性。ただし、選手3名が濃厚接触者として特定され、隔離されているという。 19時半からヴィッセル神戸との試合があるが、予定通り開催される。 2022.07.02 17:42 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:鳥栖vs神戸】吉田孝行監督が3度目のリリーフ、やり続ける鳥栖相手に神戸は何を見せる?

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:30キックオフ サガン鳥栖(6位/27pt) vs ヴィッセル神戸(18位/11pt) [駅前不動産スタジアム] ◆アグレッシブさを前面に【サガン鳥栖】 後半戦初戦となった前節のFC東京戦は5-0と圧倒。良い守備から良い攻撃をまさに体現。前々節の悔しさを跳ね返した形となった。 川井健太監督が掲げるアグレッシブさを前面に出し、相手を制圧していくスタイルのサッカーはどのチーム相手にも行えている。その中で、しっかりと結果を残せており、チームとしても良いサイクルが生まれているところだ。 今節の相手は最下位の神戸。監督交代直後で、どのような変化があるのか、それともないのか。読めないところは多いが、鳥栖のスタイルは変わらない。 気をつけるべきは高い能力を持つ個々の局面での対応。しっかりと受け過ぎずに組織として対応できるかがポイントとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:島川俊郎、田代雅也、ジエゴ MF:原田亘、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、本田風智 FW:宮代大聖 監督:川井健太 ◆3度目の正直なるか【ヴィッセル神戸】 最下位から抜け出せない神戸に激震が。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が3カ月足らずで解任の憂き目に。吉田孝行監督が指揮を執ることとなった。 三浦淳寛監督でスタートした今季は、周囲の予想とは大きく異なり結果が出ずに低迷。暫定指揮を執っていたリュイス・プラナグマ監督も含めれば、吉田監督が4人目というのだから、いかにチームが混沌としているかが分かる。 そもそも、守備の立て直しという観点で招へいしたロティーナ監督はその役目を一定は果たしていたと言える。守備に重きを置くことで、神戸が理想としていた華やかな攻撃が見れなくなることもわかっていたはずだ。 もちろん結果が伴っていないということは大きな要因だが、チームとして何を求めていくのか。どこに向かっていくのかが本当に定まっているのかは不安要素。そして、これまで2度も火中の栗を拾ってきた吉田監督に3度目の登板をさせてしまった。 就任からわずか数日で何かを変えられるとは思えないが、クラブとして今の状況が良くないことを認識しなければ、浮上することは不可能だろう。その気概をこの一戦では見せてもらいたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、橋本拳人 MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:大迫勇也 監督:吉田孝行 2022.07.02 16:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly