【2022年カタールへ期待の選手⑯】「長友佑都の後継者」として期待が高まる大型レフティ。東京経由カタール行きを!/杉岡大暉(湘南ベルマーレ/DF)

2019.03.03 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カタールに敗れて準優勝に終わった2019年アジアカップ(UAE)で、堂安律(フローニンへン)や冨安健洋(シント=トロイデン)ら若い世代を力強くけん引したのが長友佑都(ガラタサライ)だった。2010年南アフリカ、2014年ブラジル、2018年ロシアとワールドカップ3大会出場を誇るベテランの存在がなければ、大苦戦を強いられたこの大会で新生ジャパンがファイナルまで勝ち進むことはできなかっただろう。

とはいえ、いつまでも長友1人に頼っていられないのも事実。アジアカップではバックアップの佐々木翔(アル・アイン)がウズベキスタン戦(アル・アイン)1試合に出場したものの、「国際経験の不足を感じた」と本人も言うように、長友と互角に勝負するのは難しい状況だ。年齢的にも29歳と決して若くないため、世代交代要員というべき存在でもない。昨年の森保ジャパンのテストマッチに招集された山中亮輔(浦和レッズ)は移籍早々にスタメンを確保し、初陣となった23日のベガルタ仙台戦でまずまずの印象を残したが、守備面では課題も多い。長友という突出した選手が長年君臨してきた分、日本代表の左サイドバックは手薄感が色濃くなっているのだ。

そこでクローズアップされるべきなのが、20歳の杉岡大暉(湘南ベルマーレ)だろう。昨年10月のJリーグルヴァンカップ決勝で見せた左足強烈ボレー弾が強烈な印象を残したが、レフティかつ182㎝という高さを誇る左サイドバックは日本にはそうそういない。そこは本人も自覚していて「その強みを存分に発揮したい」と意気込んでいた。そのポテンシャルの高さは近未来の日本代表候補というに相応しいものがある。

高校サッカーの名門・市立船橋高校出身の杉岡は2017年に湘南ベルマーレ入りし、いきなり開幕戦の水戸ホーリーホック戦でスタメン出場。鮮烈なデビューを飾った。曺貴裁監督からも絶大な信頼を寄せられ、2017年は37試合に出場。2018年は8月にアジア大会(インドネシア)に参戦した分、リーグ戦出場が30試合に減ったものの、チームの中で重要な役割を担ったのは間違いない。「杉岡君はパワー、スピード、身体能力を兼ね備えた選手。プロ1年目からレギュラーを張れているのは尊敬に値する」と同い年の安部裕葵(鹿島アントラーズ)に言わしめるほどの活躍ぶりなのだ。

もちろん年代別代表でも重要な役割を担ってきた。2017年U-20ワールドカップ(韓国)こそ控えに甘んじたものの、森保一監督率いるU-22日本代表では左サイドでコンスタントに出場。アジア大会準優勝の原動力にもなった。2020年東京五輪はオーバーエージ3人を差し引くと15人の狭き門だが、「堂安と冨安に続く当確組」とさえ目されている。そんな人材だけに「ポスト長友」の呼び声は日に日に高まってきているのだ。

本人は「まずはチームでの結果や成績だと思います。佐々木選手や山中選手だったり、いい選手は沢山いるんで、自分はしっかりやるべきことをやって、それで選んでいただけるように頑張りたい」と慎重な姿勢を崩していない。ただ、「(森保一)監督がA代表と五輪代表で一緒というのはチャンスだと思います」という野心は抱いている。2019年は6月の南米選手権(ブラジル)など東京五輪世代が試される舞台も用意されているだけに、確かにA代表入りのチャンスは広がりそうだ。そこをつかむか否か。それは杉岡自身にかかっている。

「杉岡がA代表になるためには、まだまだ足りない部分がある。その1つが予測力と状況判断力。そこは彼だけじゃなくて、ベルマーレ自体に足りない。ただ、杉岡にはチャレンジする意識がある。そこは前向きに感じています」とチョウ監督も課題を指摘していたが、その予測力を上げられれば、本当に長友とポジションを争う領域まで到達できるかもしれない。2019年J1で彼がどこまでパフォーマンスを上げられるかが大いに楽しみだ。

実際、長友のように小柄でダイナミックさがウリの選手と、杉岡のようにセンターバックもこなせる守備的なタイプが日本代表にいれば、チームとしての戦術や戦い方のバリエーションも広がってくる。例えば、アジアカップのサウジアラビア戦(シャルジャ)のような超守備的な試合になれば、強固な高さと強さを備えた杉岡を入れた方がいいだろうし、逆に攻撃的に行けるベトナム戦(ドバイ)のような展開であれば、長友がどんどん高い位置を取ればいい。対戦相手や状況によって戦い方を柔軟に変化させられるチームを目指している森保監督にとって、異なるタイプの左サイドバックを用意しておくことは非常に心強いはずだ。

今季J1開幕戦の北海道コンサドーレ札幌戦でも、積極的にシュートを打ちに行き、武富孝介の2点目も自らの左足でお膳立てするなど杉岡は光るプレーを要所要所で見せていた。「僕も3年目なんでチームを引っ張る意識を持ちたいし、そうなれるように意識してやっていきたい」と語っていた意気込みがピッチ上で見られたのは嬉しい限りだ。同じ東京五輪世代の初瀬亮(ヴィッセル神戸)や東俊希(サンフレッチェ広島)も追い上げている今、杉岡はもっともっと成長曲線を引き上げていく必要がある。伸び盛りの今を大事にして、一目散に長友に追いついてほしいものだ。
【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。
コメント