「まだ2つしかタイトルを獲ってない」川崎Fの鬼木達監督、ACL初制覇に意欲もリーグ戦の重要性を強調2019.02.14 21:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。川崎フロンターレの鬼木達監督がクラブブースで取材に応対。ACL初制覇に意欲を見せるも、「まだ2つしかタイトルを獲ってない」と語り、クラブを強くするためにはリーグ戦も獲り続けることが大事だと強調した。

◆鬼木達監督(川崎フロンターレ)
──沖縄キャンプを終えて
「選手が精力的にやってくれました。最初に悪い部分(水戸との練習試合で大敗)が出ましたし、そういう意味でいうとそれが引き締めることになりました。もちろんそこに向けて調整した試合ではないですし、コンディション等いろいろあるにせよ、やるべきことをやらないとこういうゲームになるという良い例でした」

「それを選手自身も感じることができたのは大きいです。そこからまた意識がまた高まってきたというのはあるかもしれないです」

──常にやりたいことが100%できるものではないが、沖縄ではどれぐらいの手応えを得たか
「そういうのはてっぺんがないじゃないですか。だから言えないですね。今までやってきたものは、最後のトレーニングマッチである程度出せるような形にはなっていました」

「僕が指揮を執ってきた1年目、2年目よりかはチームとして立ち返る場所というのはあるのかなという印象があります。ただ、まだまだ新戦力をフィットさせなくてはいけないという点で言うと、当然、もう少し時間がかかります。時間をかけて良い期間と、そうでない期間はあるので、そこは見極めないといけません」

──ACLもあるが、昨年と今年の意識の変化は
「そこはあります。ACLに関しては、まず自分自身が獲りたいという思いが強いです。プラス選手にもこの2年間で悔しい思いをさせてしまったなという気持ちがあります。そこは体も気持ちもしっかりと良い状態で迎えさせてあげたい」

「ただ、それと同時に現実として、まだ2つしかタイトルを獲ってないというのが僕の認識です。このクラブを強くしていくためには、リーグを獲り続けていかなくてはいけません。そこは、クラブも選手も勘違いせずにリーグというものを負けてはいけないと思っています」

「逆に3連覇は鹿島しかしたことがないので、そこはチャレンジしなくてはいけないと思っています」

──川崎Fは新戦力がなかなかフィットしない。それでも今年の新外国人選手は学ぶ意欲があると言っていたが、そこからの進捗はどうか
「外国人選手のところでいうと、フィットしようという意識が強いです。そこはプラスに働いています。ただ、実際のテンポの部分では、2年前と比べて自分たち(既存の選手)も上がってきています。そのため、どんどんどんどん入ってくことが大変になっています」

「ただ、それも踏まえて自分たちもトレーニングでコンビネーションが出る形や多くの人数で関われるようなゲーム形式を増やしながらやっています。1カ月でフィットするかと言ったら、それは厳しいかもしれないですけど、それを何度も言い訳にしてはいけないと思います。そこのさじ加減は自分たちが取り組まなくてはいけないところかなと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

川崎FのFW知念慶が2月に入籍 現在J1で4試合連続ゴール中

川崎フロンターレは20日、FW知念慶が2月27日に入籍していたことを発表した。 知念は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私事ではありますが、2月に入籍いたしました。より一層、サッカーにも責任感を持って取り組んでいきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 知念は2017年に愛知学院大学から川崎Fに入団。今シーズンは公式戦11試合に出場し、明治安田生命J1リーグでは現在、4試合連続ゴール中と絶好調だ。 2019.04.20 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

阿部の美弾に絶好調男・知念が4戦連発! 川崎F、神奈川ダービー勝利で今季初の連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレvs湘南ベルマーレが19日に等々力陸上競技場で行われ、2-0で川崎Fが勝利した。 ここまで2勝4分け1敗で8位につける川崎F(勝ち点10)と、3勝1分け3敗で9位に位置する湘南(勝ち点10)の神奈川ダービー。前節のサガン鳥栖戦を1-0で勝利し、直近のリーグ戦3試合を2勝1分けと調子を上げつつある川崎Fは、鳥栖戦と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 一方、前節の松本山雅FC戦を1-1で引き分けて、2試合勝利がない湘南は、その松本戦から先発メンバーを3人変更。前節に負傷交代した大野と菊地に代えて小野田と梅崎を起用した。また、岡本が負傷から復帰し、鈴木冬一に代わって先発に名を連ねた。 同勝ち点で並ぶ昨シーズンのJ1リーグ王者とYBCルヴァンカップ王者のダービーマッチ。試合は両者が激しく圧力をかける中、開始早々にアウェイの湘南にアクシデントが起こる。ポストワークをこなそうとした武富が足を負傷してピッチの外へ。プレー続行不可能と判断され、12分に中川をスクランブル投入する事態に見舞われる。 チームトップの4ゴールを記録する得点源を失った湘南。これを契機に川崎Fはボールを保持し、大島を起点に湘南の背後を狙い始める。しかし、ボックス内への侵攻を簡単には許してもらえずシュートまで結びつけることができない。 それでも21分、川崎Fが阿部のビューティフルゴールで先制する。敵陣中央やや左でボールを持った大島がボックス内へ浮き球のパスを供給。この位置まで上がっていた馬渡が胸トラップで落とすと、待ち構えていた阿部がダイレクトで合わせる。右足で丁寧にコントロールされたボールは、ふわりとゴール右上に吸い込まれた。 先制点を奪った川崎Fは、高い位置からのプレスと速いパスワークで湘南を翻弄し始める。すると37分、3試合連続ゴール中の男がまたもゴールネットを揺らす。最終ラインの奈良が相手ディフェンスと駆け引きをしたストライカーの動きを見逃さずに前線へロングパス。これに抜け出した知念がボックス内に侵攻し、GK秋元との一対一を冷静に制し、リードを2-0に広げた。 2点ビハインドの湘南は、ハーフタイムから小野田に代えて秋野を投入。システムも4バックに変更して修正を図る。60分、右サイドのハーフウェイライン付近から岡本がボックス右にスルーパス。これに抜け出した山崎がキープし、反転してシュートを放つが、GKチョン・ソンリョンにキャッチされる。66分には松田が強烈なミドルシュートでゴールを狙うも枠を捉えることができない。 後半は湘南ペースの時間が続く。74分にはボックス左手前の梅崎がゴール前にクロスを供給。これをフレイレと舞行龍が競り合うと、ボールはゴール方向へ。しかし、GKチョン・ソンリョンが素早い反応でゴールを許さない。78分の松田のミドルシュートも相手DFに当たってコースが変わったが、川崎Fの守護神に対応されてしまう。 その後も終盤にかけて激しい攻防が繰り広げられた中、湘南はゴールを奪うことができず、試合終了。2-0で神奈川ダービーを制した川崎Fが今シーズンのリーグ戦で初の連勝を飾った。一方の湘南は、これで3試合未勝利となった。 2019.04.19 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎F、来季加入内定済みの順大FW旗手怜央&筑波大MF三笘薫の特別指定選手承認を発表

川崎フロンターレは19日、来シーズンの加入が内定している順天堂大学のFW旗手怜央(21)、筑波大学のMF三笘薫(21)が2019年JFA・Jリーグ特別指定選手に承認されたことを発表した。 三重県出身の旗手は、静岡学園高校卒業後に順天堂大学に進学。同選手も同じく2018年7月に2020シーズンでの加入が内定している。 神奈川県川崎市出身の三笘は、U-10のカテゴリーから川崎Fの下部組織に所属。その後、筑波大学進学し、2018年7月に2020シーズンでの加入が内定した。 特別指定選手に承認された両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆旗手怜央(順天堂大学) 「特別指定選手という形で川崎フロンターレの一員になれることを大変うれしく思っています。早くピッチに立ちチームに貢献できるように頑張ります。また順天堂大学ではタイトルを取るために頑張ります!」 ◆三笘薫(筑波大学) 「この度、川崎フロンターレの特別指定選手として登録されることとなりました筑波大学の三笘薫です。フロンターレの勝利に貢献できるよう日々精進していきたいと思います。応援よろしくお願いします」 2019.04.19 14:05 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎FのGKチョン・ソンリョンに第四子となる次女が誕生「愛おしく育てていきたい」

川崎フロンターレは19日、元韓国代表GKチョン・ソンリョンに第四子となる次女が3月21日に誕生したことを発表した。 チョン・ソンリョンは、クラブ公式サイトで以下のように報告している。 「第4子の次女が健康に無事産まれました。責任感を持って愛おしく育てていきたいと思います。グラウンドで最善を尽くします。いつも応援ありがとうございます!」 チョン・ソンリョンは、2016年に水原三星から川崎Fに加入。今シーズンはここまで公式戦11試合に出場し、5度のクリーンシートを達成している。 2019.04.19 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】J1王者vsルヴァン杯王者の神奈川ダービー! 上位戦線に名乗りを上げるのは?《川崎Fvs湘南》

明治安田生命J1リーグ第8節が18日から19日にかけて開催。18日、金曜日の夜の等々力陸上競技場では、8位・川崎フロンターレ(勝ち点10)と、9位・湘南ベルマーレ(勝ち点10)の神奈川を本拠地とする両チームが激突する。 昨シーズンのJ1リーグ王者の川崎Fと、YBCルヴァンカップ王者の湘南による神奈川ダービー。同じ勝ち点で並ぶ両者にとって、上位争いに名乗りを上げるためにも、重要な一戦となる。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">金夜開催の神奈川ダービー<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">今季初の連勝を</span>~川崎フロンターレ~ スタートダッシュに失敗した王者だが、徐々にらしさが出てきた。前節のサガン鳥栖戦では、気迫あるプレスに苦戦するも、FW知念慶が先制点。時間を追うごとに負傷から復帰したMF大島僚太を中心としたパスワークにもリズムが生まれ、守備でもDF谷口彰悟不在の中でも無失点に抑え、1-0で勝ち切った。シュート5本、1得点のみとまだまだ満足いく内容ではないが、負傷者を抱える中でも2勝1分けと状況は上を向きつつある。 今節のダービーでその勢いを加速させることはできるか。湘南は力強いプレスからの速攻を武器とするチームだけに、鳥栖戦以上のパスワークで翻弄していきたいところ。リーグ戦ではホーム未勝利。本拠地初の歓喜で今シーズン初めての連勝を飾ることはできるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">3戦ぶり白星を</span>~湘南ベルマーレ~ 一方の湘南は下降気味だ。J1第4節から連勝を飾ったが、第6節のジュビロ磐田戦では事故的な失点が重なり敗戦。前節の松本山雅戦ではMF武富孝介のゴールで先制したが、終盤にFWレアンドロ・ペレイラにミドルシュートを決められて1-1のドローに終わった。ここ数試合、終盤のセカンドボール回収率と失点の仕方に課題を残す印象。走力を武器としているだけにしっかりと修正したい。 しかし、前節にはMF菊地俊介とDF大野和成がそれぞれ負傷交代し、出場が微妙なところ。メンバーが入れ替わる中でも守備を引き締めることができるか。相手は王者だが、近年は試合内容で全く劣っていない。3試合ぶり白星で上位争いに加わりたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆川崎フロンターレ</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190418_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:馬渡和彰、奈良竜樹、舞行龍ジェームズ、登里享平 MF:家長昭博、大島僚太、田中碧、阿部浩之 FW:知念慶、小林悠 監督:鬼木達<hr>前節からの変更点は1点。MF下田北斗に代えてMF田中碧が公式戦2試合ぶり先発を予想。また前節、DF谷口彰悟が欠場した最終ラインは引き続き、DF奈良竜樹とDF舞行龍ジェームズが務めることになりそうだ。最前線にはリーグ戦3試合連続ゴール中の知念。今節も自身のゴールで勝利に導けるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆湘南ベルマーレ</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190418_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:秋元陽太 DF:山根視来、フレイレ、小野田将人 MF:鈴木冬一、齊藤未月、松田天馬、杉岡大暉 MF:武富孝介、梅崎司 FW:山﨑凌吾 監督:曺貴裁<hr>一方の湘南は、前節負傷交代した2名が先発から外れる見込み。大野の代わりにDF小野田将人が左CB、菊地の代わりにMF梅崎司がツーシャドーの一角を務めることになりそうだ。昨シーズンのダービーマッチで1ゴールを記録したMF松田天馬は、今節もボランチ出場。新境地を開拓しつつある中、川崎F相手にも躍動するか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">金夜開催の神奈川ダービー<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 【注目選手】 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF大島僚太</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190418_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains, LTD.<hr></div>今シーズン初の連勝に向けて、キーとなるのが大島だ。前節、1カ月ぶりに復帰を果たすと、万全ではないとは言え、流石のパス捌きで先制点もアシスト。王者の中盤に必要不可欠な存在であることを再証明した。今節も巧みにチームを操り、湘南のプレスをいなして、勝利に導くことができるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆MF武富孝介</span>(湘南ベルマーレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190418_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>一方、3試合ぶり白星を目指す湘南の注目は、武富だ。新天地の浦和で不本意なシーズンを送り、5シーズンぶりに曺貴裁の下に帰ってきたアタッカーは、2シャドーの一角で輝きを取り戻しつつある。開幕2試合で3ゴールを奪うと、前節も1ゴール。チームのトップスコアラーが優れた嗅覚とポジショニングでダービー勝利をもたらすことができるか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆金曜開催の両者の戦績は?</span> 勝ち点10で並ぶ両者にとって今節は重要な一戦。勝利した場合、得失点差等を考慮しても最高で5位に浮上するチャンスがある。昨シーズンのリーグ戦では2分けと互角の戦いを演じたが、ここで一歩、上位戦線に踏み出したいところだ。 そんな神奈川ダービーは今回、金曜開催となった。これまでの金曜日開催での戦績は、川崎Fが12戦6勝6分けと無敗。一方の湘南は5試合で1勝2分け2敗とやや苦手としている印象だ。 金夜のダービーマッチを制すのは、川崎Fか。それとも湘南か。注目の一戦は、19日の19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">金夜開催の神奈川ダービー<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.04.19 08:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース