モウリーニョ「監督がしたい。引退には若過ぎる」2019.01.18 10:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジョゼ・モウリーニョ氏(55)が今後に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

モウリーニョ氏は昨年末、マンチェスターユナイテッド監督就任3年目の今シーズン途中に退任。その後、監督業“出発の地”ベンフィカからオファーを受けたが、第一線での指揮続投を望み、古巣復帰は実現に至らなかった。

モウリーニョ氏はイギリス『beIN SPORTS』のインタビューに対して、注目を集る去就について触れ、トップレベルでの指揮希望を口にしたという。

「監督がしたい」

「長くフットボール界に携わってきた私はあと2週間足らずで56歳の誕生日を迎えるが、若過ぎる。引退にはね」

「私はこれから先もいるつもりだ。フットボール界のトップレベルにね。そこが私の居場所だ」
コメント
関連ニュース
thumb

名手デ・ヘア、失態のCLバルサ戦後に謝罪

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・へアが16日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦、チームメイトに詫びたという。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ホームでの1stレグで0-1の先勝を許したユナイテッド。続く16日の2ndレグで逆転突破に向け、勝利が求められ、立ち上がりから攻勢を仕掛けた。だが、終わってみれば0-3の完敗。パリ・サンジェルマン(PSG)との前ラウンドに続く逆転突破とはならず、ベスト8敗退が決まった。 この2ndレグでもゴールマウスを守ったデ・へアだが、16分に先制を許すと、続く20分にも失点。その2失点目はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの利き足ではない右足から繰り出された勢いのないシュートだったが、らしくない脇の下を抜かれる凡ミスを犯してのものだった。 そうしたパフォーマンスに批判な声が相次ぐデ・ヘアは敗退が決まった2ndレグ終了後、ドレッシングルームで自責の念を強め、チームメイトに謝罪。自身のミスがなければ、ユナイテッドが準決勝に勝ち上がれたかもしれなかったとの旨を口にした模様だ。 近年のフットボール界において、指折りのGKとして数えられるデ・ヘア。今後、プレミアリーグでのトップ4争いに全力を注ぐことになるユナイテッドの守護神として、名誉挽回のパフォーマンスが求められる。 2019.04.19 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ミスを笑わないバルサ守護神「デ・ヘアのエラーは誰にでも起こり得る」

バルセロナに所属するドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンが16日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦でのエピソードを明かした。イギリス『Tribal Football』が報じた。 敵地での1stレグを1-0の先勝で飾ったバルセロナは、4年ぶりの準決勝進出を目指してホームでのリターンレグに臨むと、入りこそ相手の勢いに苦戦したが、終わってみれば3-0で快勝。2戦合計4-0でベスト4進出を決めてみせた。 この試合で勝利が必須だったユナイテッドだが、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアが16分に1失点目を許すと、その4分後にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのさほど勢いのないシュートのキャッチミスで2失点目。覇気を欠いた。 そうした背景もあり、難なく準決勝に勝ち上がりを決めたバルセロナの守護神テア・シュテーゲン。だが、同じポジションの選手だからだろうが、喜べない感情が湧き上がり、デ・ヘアに対しても声掛けしたという。 「喜ぶのに少し時間がかかったよ。ダビド・デ・ヘアのエラーによるゴールだったからだ」 「皆、同じ人間。ああいったことは誰にだって起こり得ることだ」 「彼は僕と同じポジション。人生はまだ長くて、僕は彼にこう話した」 「『大したことないさ。あれは人間の過ちに過ぎないよ』ってね」 2019.04.19 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ブスケッツ、準決勝進出に安堵「戻って来られて満足」

バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが、チャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 敵地での1stレグを1-0の先勝で飾ったバルセロナ16日に、ホームで行われたCL準々決勝2ndレグでマンチェスター・ユナイテッド対戦。入りこそ苦戦を強いられたが、16分と20分にFWリオネル・メッシが立て続けにゴールを奪うと、61分にはMFフィリペ・コウチーニョのゴールが決まり、終わってみれば3-0で快勝。2戦合計4-0でベスト4進出を決めた。 これでバルセロナは3シーズンぶりの準決勝進出。ブスケッツは「ネガティブではなかった」と語る。 「僕たちは3年間準決勝に行くことができなかった。だけど、ネガティブな考えはなかったよ。良い結果が出ると分かっていたからね」 「セミファイナルに戻って来られたことには満足している。だけど、僕たちはこれを続けなければならない」 また、2得点を奪ったFWリオネル・メッシにも賛辞を送っている。 「メッシは全てのレコ―ドを所有している。世界一だね」 2019.04.17 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのニッキー・バットが女性への暴行容疑で逮捕

マンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表で活躍したニッキー・バット氏(44)が女性への暴行の容疑で逮捕されたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 報告によると、バット氏は16日、マンチェスターのヘイルにある自宅で女性に暴行を加えたとのこと。その女性からの電話があり、グレート・マンチェスター警察が出場。逮捕に至ったという。 警察によると、女性は腕に軽い切り傷を受けただけで済んだようで、入院などの必要は無いようだ。 また、同氏は現在、さらなる情報がわかるまで保釈中とのことだ。 バット氏は1992年にマンチェスター・ユナイテッドでプロデビュー。12年間で公式戦387試合に出場した後、ニューカッスルや南華足球隊に移籍し2011年に引退していた。その後はユナイテッド下部組織のコーチや、2016年からはアカデミーの代表を務めている。 2019.04.17 19:28 Wed
twitterfacebook
thumb

バルベルデ、ユナイテッド撃破に「完璧だった」

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、準決勝進出を喜んでいる。スペイン『マルカ』が伝えている。 敵地での1stレグを1-0の先勝で飾ったバルセロナ16日に、ホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでマンチェスター・ユナイテッド対戦。入りこそ苦戦を強いられたが、16分と20分にFWリオネル・メッシが立て続けにゴールを奪うと、61分にはフィリペ・コウチーニョのゴールが決まり、終わってみれば3-0で快勝。2戦合計4-0でベスト4進出を決めた。 4年ぶりの準決勝進出を決めたバルセロナのバルベルデ監督は、メッシを称賛するとともに喜びを語っている。 「メッシはいつもチャンスに顔を出す。ちょっとだけでなくゲーム全体でね」 「彼はスコアラーだが、それだけでなく攻撃の面でも重要な存在だ」 「それが我々のやり方だ。良い時もあれば悪い時もある」 「準々決勝の1stレグと2ndレグはとても完璧だった。最初はいくつかの問題があったが、その後は素晴らしかった」 2019.04.17 14:54 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース