仙台MF古林将太が湘南復帰!

2018.12.28 15:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽湘南ベルマーレは28日、ベガルタ仙台に所属するMF古林将太(27)の完全移籍加入を発表した。▽湘南下部組織出身の古林は2009年にトップチーム昇格後、ザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)を経て、2016年から名古屋グランパスでプレー。2017年途中から仙台に加わり、今年は明治安田生命J1リーグ10試合に出場した。4年ぶりの湘南復帰を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆湘南ベルマーレ
「この度、ベガルタ仙台から移籍してきました古林将太です。また熱いサポーターの皆さんの前でプレーできることは嬉しいですが、古巣に帰ってきたのではなく新たなチームに来たつもりで自分に厳しくやっていきます。100%一生懸命自分の力を出して頑張ります。よろしくお願いします!」

◆ベガルタ仙台
「昨シーズンの夏、加入時にあたたかく迎えいれていただき、ありがとうございました。みなさんの声援はどんな時も熱く、いつも僕にパワーを与えてくれました。感謝しかありません。これからは別のチームになりますが、ベガルタ仙台で学んだこと、仲間と築いた絆をこれからも大切にしてプレーしていきます。本当にありがとうございました」
関連ニュース
thumb

群馬FW一木立一がJFLのFC刈谷に期限付き移籍「JFL残留というミッションを達成するために戦います」

ザスパクサツ群馬は31日、FW一木立一(22)がJFLのFC刈谷へ期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。群馬との公式戦には出場できない。 一木は群馬県出身。太田高校、東京学芸大学を経て今シーズンから群馬に入団した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで1試合に出場するにとどまっている。 ◆FC刈谷 「FC刈谷のファン・サポーターの皆さん、初めまして、ザスパクサツ群馬から期限付き移籍で加入することになりました、一木立一です」 「JFL残留というミッションを達成するために戦います。シーズン途中の加入となりますが、応援よろしくお願いいたします!!」 ◆ザスパクサツ群馬 「この度FC刈谷に期限付き移籍することになりました」 「加入してから約半年過ぎ、コーチングスタッフや先輩方、同期から多くのことを学びそして、ファン・サポーターの皆さんに支えられてプレーすることができました。しかし、自分の力不足で自分のプレーを見せることは叶いませんでした」 「悔しい気持ちはありますが、その悔しさをぶつけて、一回りも二回りも成長した姿を見せられるよう戦ってきます」 2021.07.31 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台、マルティノスとの契約を協議の上で解除!今季は印象的なゴールを奪うも…

ベガルタ仙台は31日、元キュラソー代表FWマルティノス(30)との契約を協議を重ねた上で解除したと発表した。 マルティノスはヘーレンフェーンやスパルタ・ロッテルダム、ハンガリーのフェレンツヴァーロシュなどでプレー。 2016年に横浜F・マリノスに加入し、2018年には浦和レッズへと移籍。今年からはベガルタ仙台に加わり、日本での5シーズン目を迎えていた。 今季は公式戦19試合に出場し、4得点という成績。推進力のあるドリブルやパンチ力を武器に、限られた出場時間の中でも5月12日の川崎フロンターレ戦のようなインパクトのあるゴールを奪っていた。 2021.07.31 15:39 Sat
twitterfacebook
thumb

大分1年目の福森健太、半年で古巣北九州にレンタル 「必死に全力でプレー」

ギラヴァンツ北九州は31日、大分トリニータからDF福森健太(27)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号「30」を着用する。 福森はFC東京の下部組織出身で、鹿屋体育大学を経て、2016年に北九州でプロキャリアをスタート。今季から大分に完全移籍加入して、J1初挑戦を果たした。 その今季はここまで明治安田生命J1リーグ9試合、JリーグYBCルヴァンカップ5試合、天皇杯2試合に出場。だが、レギュラーの座を射止め切れていなかった。 出場機会を求め、大分入りから半年での古巣復帰を決意した福森。北九州の公式サイトを通じて、意気込みを語った。 「僕がこの状況を変える! そういった強い思いで必死に全力でプレーしますので、ファン、サポーターの皆様、またどうぞよろしくお願い致します」 一方で、半シーズンでの退団となる大分を通じてはこれまでのサポートとともに、新天地での活躍を誓った。 「半年という短い間でしたが大分トリニータの一員として闘えた事を誇りに思います。ここで学んだことを移籍先で発揮し、選手としてさらに成長していきます。皆様大変お世話になりました。ありがとうございました!」 2021.07.31 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

大分、鹿児島MF野嶽惇也が完全移籍加入! 「正直寂しいですが…」

大分トリニータは31日、鹿児島ユナイテッドFCからMF野嶽惇也(26)の完全移籍加入を発表した。背番号は「28」。同日からチームに合流する。 鹿児島県出身の野嶽は福岡大学から2017年に鹿児島入り。ルーキーイヤーから試合に絡んでいき、今季も右サイドハーフや右️サイドバックとして公式戦14試合でプレーした。 J3クラブからJ1クラブへの移籍が決まり、個人昇格という形で自身初のJ1挑戦となる野嶽。大分の公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度、鹿児島ユナイテッドFCから加入させていただくことになりました野嶽惇也です。今回、このタイミングでオファーを頂き大分トリニータの一員となれることに本当に感謝しています。1日でも早くチームの力となれるよう熱く直向きに闘います。よろしくお願いします」 一方、鹿児島を通じては「この度、大分トリニータに移籍させていただくことになりました」と綴り、これまでのサポートに感謝しつつ、新天地での活躍を誓った。 「こうしてシーズンの途中でチームを離れ、迷惑をかけてしまうことを申し訳なく思っています。それでも小さい頃から目標としてきたJ1の舞台での挑戦を、クラブが後押しして頂けたお陰でこの決断をすることができました」 「4年半という時間の中で昇格という最高の瞬間を味わえたり、なかなか試合に出られずもがいていた日々もありましたが、どんな時も共に闘い応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」 「生まれ育った鹿児島の大好きなチームを離れるのは正直寂しいですが、これからも粘り強く直向きに頑張っていきます。長くなってしまいましたが、これからも鹿児島ユナイテッドFCの応援、サポートをよろしくお願いします」 「チームは離れますが、これからも野嶽惇也のことも気にかけていただけたら嬉しいです。本当にありがとうございました!」 2021.07.31 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖の17歳DF中野伸哉が正式にトップ昇格、2種登録でJ1通算34試合に出場

サガン鳥栖は30日、DF中野伸哉(17)のトップチーム昇格を発表した。 7月30日付で正式にトップチームの一員となる。なお背番号は変わらず「47」をつける。 中野はU-15から鳥栖に所属しており、現在は鳥栖U-18所属ながら2種登録でJリーグの試合に出場。2020シーズンは明治安田生命J1リーグで14試合、今シーズンはここまで20試合に出場していた。 またU-15から日本代表に招集されており、2019年にはU-17ワールドカップにも出場。今年はU-24日本代表にも招集されていた。 中野は改めて正式にトップチームに昇格し喜びを語った。 「この度、トップチームに昇格することができ、大変嬉しく思います」 「常に支えてくれた両親をはじめ、お世話になってきた監督やスタッフ、サポーターの皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、これからももっともっと頑張ります!」 「ここからがスタートなので、プロとしての自覚を持ち日々の練習から全力で取り組みます。応援よろしくお願いします!」 2021.07.30 17:32 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly