元日本代表FW玉田圭司、長崎加入が決定 今季限りで名古屋を退団

2018.12.28 12:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽V・ファーレン長崎は28日、元日本代表FW玉田圭司(38)の完全移籍加入を正式発表した。

▽習志野高校出身の玉田は柏レイソルでプロデビュー後、2006年に名古屋グランパス移籍。その後、セレッソ大阪加入を経て、2017年に名古屋復帰を果たした。今年は明治安田生命J1リーグ24試合3得点を記録。だが、シーズン終了後の契約満了に伴う退団が決まった。

▽来年から長崎でプレーすることが決定した玉田はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。
「2019シーズンからV・ファーレン長崎でプレーすることになりました! J1昇格に向け、僕自身が持っているすべてをこのチームに捧げたいと思っています。皆さんとスタジアムでお会いできることを楽しみにしています!」

関連ニュース
thumb

山形が今季途中に長野から加入したDF喜岡佳太と契約更新「山形をJ1昇格に導ける選手なりたい」

モンテディオ山形は6日、DF喜岡佳太(25)との契約更新を発表した。 喜岡は市立船橋高校から新潟医療福祉大学を経て、2020年にAC長野パルセイロへと入団。今シーズン途中に山形へ完全移籍していた。 山形では今シーズンの明治安田生命J2リーグで4試合に出場していた。 喜岡はクラブを通じてコメントしている。 「まず2022シーズン途中加入にも関わらず、たくさんの応援ありがとうございました。2023シーズンも山形でプレーさせて頂くことになりました」 「真面目に謙虚に直向きに日々成長し山形をJ1昇格に導ける選手なりたいと思います!来シーズンもよろしくお願いします!」 2022.12.06 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格の横浜FC、東京VのDFンドカ・ボニフェイスを完全移籍で獲得「精一杯プレーします」

横浜FCは6日、東京ヴェルディのDFンドカ・ボニフェイス(26)を完全移籍で獲得することを発表した。 ンドカ・ボニフェイスは埼玉県出身で、大宮アルディージャの下部組織育ち。浦和東高高校から日本体育大学を経て、2018年に水戸ホーリーホックへと入団した。 水戸で3シーズンを過ごした後、2021年に東京Vに完全移籍で加入。センターバックの主軸としてプレーし、2シーズンでJ2通算66試合5得点を記録。天皇杯でも3試合1得点を記録していた。 ンドカ・ボニフェイスは、自身初のJ1挑戦となる中、両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターのみなさん。この度、東京ヴェルディより移籍してきました」 「横浜FCで自分の価値を証明すると共に、J1の舞台で戦わせてもらうことに感謝しています」 「チームの目標を達成できるように、精一杯プレーします。これから応援のほどよろしくお願いいたします」 ◆東京ヴェルディ 「特別な2年間でした。ここで成長し自分への評価をまた一つ変えることができたと思います。なによりチームメイトに感謝したいですピッチ内外で刺激があり居心地がいい場所でした。ここに呼んでくれた江尻強化部長にも感謝しています」 「そしてヴェルディのファン・サポーターの声援の中でプレーできて幸せでしたし、今年は特に愛を感じることができました。チームは自分に対し最大級の評価をしてくれましたが、次のチャレンジをします。ありがとうございました」 2022.12.06 10:22 Tue
twitterfacebook
thumb

長野がFW山本大貴と契約更新、今季加入のチームトップスコアラー

AC長野パルセイロは5日、FW山本大貴(31)との契約更新を発表した。 山本は熊本県出身で、ルーテル学院高校から駒澤大学を経て、ベガルタ仙台でプロ入り。その後は松本山雅FCを経て、ファジアーノ岡山へ移籍した。 2021シーズン限りで岡山との契約満了を迎えると、今季から長野へと加入。明治安田生命J3リーグで23試合に出場してチームトップとなる9ゴールを記録した。 山本はクラブを通じて「2023年シーズンも長野パルセイロでプレーさせてもらえることになりました。今年以上の結果を出せるように頑張ります。共に闘いましょう」とコメントしている。 2022.12.05 18:48 Mon
twitterfacebook
thumb

山形が主力の加藤大樹と契約更新、今季J2で38試合6ゴール

モンテディオ山形は5日、MF加藤大樹(29)の契約更新を発表した。 加藤がびわこ成蹊スポーツ大学、SP京都FCを経て、レノファ山口FC入りの2016年にプロ入り。その後、ツエーゲン金沢でのプレーを挟み、2020年から山形に活躍の場を移した。 山形移籍3年目の今季も主力を張り、明治安田生命J2リーグでは38試合出場で6ゴール。J1参入プレーオフでも2試合に出場した。契約更新に際して、来季の抱負を語っている。 「2023シーズンもモンテディオ山形でプレーさせていただく事になりました。今シーズンの悔しさを糧に来シーズンこそはJ1昇格を掴み取りましょう。よろしくお願いします」 2022.12.05 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿児島、今季15GのFW有田光希の契約更新を発表「ユニホームの売り上げに期待しています」

鹿児島ユナイテッドFCは5日、FW有田光希(31)の契約更新を発表した。 新潟県出身の有田は、北越高校から2010年に入団したヴィッセル神戸でプロデビュー。その後は愛媛FC、京都サンガF.C.、ヴァンフォーレ甲府を経て、今シーズンから鹿児島入りを果たした。 新天地で早速ポジションを掴むと、明治安田生命J3リーグで34試合に出場して、15ゴールをマーク。チームは目標としていたJ2昇格を逃したものの、初年度から2桁ゴールを記録する活躍を見せた。 新シーズンもエースとしての活躍が期待される有田。クラブを通じてサポートへの感謝を述べつつ、来季のJ2昇格を誓った。 「愛する鹿児島ユナイテッドFCファミリーの皆さんへ。こんにちは!みんなのありたんです!この度2023シーズンも鹿児島ユナイテッドFCでプレーさせていただく事になりました!」 「改めて、2022シーズンご支援、ご声援頂いたスポンサー様、ファン、サポーターの皆様。皆様と共に目指したJ2昇格という目標を達成出来ず申し訳ありません。最終的に勝ち点1差という惜しい状況かもしれませんが、大きな差だと思っています。この悔しさを忘れず、2023シーズンこそJ2昇格を掴み取り、皆様と笑って終われる一年にする為に全身全霊をかけて戦っていきたいと思います!」 「どんな時も鹿児島ユナイテッドFCに関わる皆さんが明るく前を向いていけるよう、プレーはもちろんピッチ外でも皆さんを引っ張っていきます!そして開幕前のユニホームの売り上げが伸びている事を今から期待しています!どうぞよろしくお願いします!」 2022.12.05 18:23 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly