J2昇格琉球、金鍾成監督の契約満了合意を発表…「ひと区切りし再スタートする事に決めました」

2018.12.12 14:33 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽FC琉球は12日、金鍾成監督(54)と来シーズンの契約を更新しないことで合意したと発表した。

▽選手時代にジュビロ磐田やコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)金鍾成監督は、2016シーズンからの3シーズンに渡り琉球を指揮。そして、今シーズンにはクラブを初の明治安田生命J3リーグ優勝、J2昇格に導いていた。クラブ側も、公式サイト上で「クラブの発展に多大なるご貢献をいただきました。金監督の3年間の功績に心から感謝申し上げます」とその手腕を称えている。

▽また、金鍾成監督と倉林啓士郎代表取締役は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

◆金鍾成監督
「FC琉球を応援し支えて頂いた皆様へ」

「FC琉球と共に沖縄で過ごした4年間は僕にとってかけがえのない時間となりました。アカデミーを指導した時のユースサッカー大会優勝とトップチームでの今年のJ3優勝はどちらも僕にとってとてもエキサイティングな出来事でした」

「琉球での仕事は今年を持ってひと区切りし再スタートする事に決めました。新たな場所でのスタートに少なからず不安も感じていますが、その事による指導者としての新しい発見をして行ける事に期待も感じています」

「3対1で勝つサッカーを求めるFC琉球をこれからも皆さんと共に見続けて行きたいと思ってます。今までチームを支え、共に戦って下さったすべての人々に感謝しています。4年間、本当にありがとうございました」

◆倉林啓士郎代表取締役
「今シーズンのJ3優勝・J2昇格という快挙は、ジョンソン監督でしか成し遂げられなかったと言っても過言ではありません。沖縄で4年間に渡り、チームが苦しい時期からFC琉球の発展のためにご尽力頂いたことに、心より感謝を申し上げます」

「FC琉球は新監督のもとでJ2の新しいステージを戦うことになりますがファン・サポーターの皆様におかれましては、引き続きのご支援ご声援を賜りますようお願い申し上げます。ジョンソン監督の今後の更なるご活躍をクラブ一同祈念しております」


関連ニュース
thumb

琉球の喜名哲裕監督がコロナ感染

FC琉球は17日、喜名哲裕監督がPCR検査において新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。 11日にトップチームの選手1名がコロナに感染した琉球では、その後に喜名監督が感染者と濃厚接触の疑いがあると判断され、14日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節の栃木SC戦を欠席していた。 そして、県内の宿泊施設において隔離されている中、17日に行った定期抗原検査とPCR検査で陽性が判明。発熱などの症状はないと伝えられている。 なお、21日に予定されているJ2リーグ第17節のヴァンフォーレ甲府戦の指揮については改めて知らせるとのこと。栃木戦はヘッドコーチの倉貫一毅氏が務めていた。 2022.05.17 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

琉球GK猪瀬康介、右肩関節唇損傷の修復手術で復帰まで4カ月

FC琉球は16日、GK猪瀬康介の負傷状況を発表した。 猪瀬は4月2日のトレーニング中に右肩関節唇損傷のケガを負って、今月14日に手術を受け、復帰まで4カ月を要する見込み。クラブを通じて完全復活を帰した。 「今回この様な状況になってしまいましたが、しっかり受け止めて前向きにリハビリしていきます。またファン・サポーターのみなさんの前で元気な姿を見せられる様に頑張ります!」 流通経済大学付属柏高校から入団して4年目の今季はここまで出場がなかった。 2022.05.16 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

琉球、喜名哲裕監督が新型コロナ濃厚接触疑いで栃木戦ベンチ入りせず…倉貫一毅HCが指揮へ

FC琉球は14日、喜名哲裕監督の新型コロナウイルス濃厚接触疑いによる試合欠場を報告した。 琉球は同日19時にホームで明治安田生命J2リーグ第16節の栃木SC戦に臨むが、朝に喜名監督の関係者に発熱症状。関係者、喜名監督が県内の病院でPCR検査を受検したところ、関係者が陽性判定を受けた。 喜名監督は陰性が確認されたが、Jリーグのガイドラインによる新型コロナウイルス感染症の「濃厚接触疑い者」に該当。したがって、栃木戦ではベンチ入りせず、倉貫一毅ヘッドコーチが指揮を執る。 なお、ベンチ入り選手およびスタッフ全員がJリーグのガイドラインに基づく抗原定性検査を実施して、陰性が確認されたメンバーのみで試合を行うという。 2022.05.14 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

琉球の選手1名が新型コロナウイルス陽性判定

FC琉球は10日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は9日の午後に発熱、ノドの痛み、倦怠感を訴えたとのこと。県内の病院にてPCR検査を実施し、陽性判定を受けたとのことだ。 な、クラブ内に濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.05.11 16:07 Wed
twitterfacebook
thumb

琉球の選手1名が新型コロナ陽性…濃厚接触疑い者なし

FC琉球は25日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手は25日朝に発熱、頭痛、扁桃腺の腫れ、倦怠感の症状があり、県内の病院でPCR検査を受検したところ、陽性判定に。現在は適切な指導および対策のもとで療養中だという。 また、25日の定期抗原検査でトップチーム選手・スタッフの全員から陰性が確認され、Jリーグのガイドラインによる「濃厚接触疑い者」に該当する関係者はいない。 クラブは「新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、感染症防止対策に努めて参ります」としている。 2022.04.25 18:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly