レーティング: ローマ 2-2 インテル《セリエA》2018.12.03 06:26 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第14節、ローマvsインテルが2日に行われ、2-2で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 オルセン 5.5
2失点もイカルディとの一対一を止めるなど仕事は果たした

DF
18 サントン 5.5
流れの中ではペリシッチに仕事をさせなかったが、2失点目のCK献上は彼のミスから

(→クライファート 5.5)
左右のウイングでプレー。ジェンギズに決定機を演出

44 マノラス 5.5
安定していたが、イカルディに付ききれず失点に関与

5 ファン・ジェズス 5.5
ケイタに付ききれず失点に関与もそれ以外に大きなミスはなかった

11 コラロフ 6.0
直接FKでゴールに迫り、PKで同点弾

MF
4 クリスタンテ 5.0
攻守に凡庸

22 ザニオーロ 5.5
ボールロストから1失点目に関与もミドルシュートで果敢にゴールに迫っていた

(→ペロッティ -)

42 エンゾンジ 5.5
後半に入って攻撃に絡む回数を増やした

FW
17 ジェンギズ・ウンデル 6.5
プレーは単発だったが、見事なミドルシュートを叩き込んだ

(→パストーレ -)

14 シック 5.0
1度鋭い突破からチャンスメークも存在感が希薄

24 フロレンツィ 6.0
左ウイングでプレーした前半は積極的にシュートを放ち、後半途中から右サイドバックで奮闘

監督
ディ・フランチェスコ 5.5
解任の危機にあった中、最低限の勝ち点1

▽インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 6.0
コラロフの直接FKをファインセーブで阻止

DF
33 ダンブロージオ 5.5
守備に比重を置きながらも先制点をアシスト

6 デ・フライ 6.0
シックに自由を与えず

37 シュクリニアル 5.5
概ね安定もPKにつながるヘディングでのクリアミスが痛かった

18 アサモア 5.5
ミドルシュートで失点を食らった以外はジェンギズに自由を与えず

MF
15 ジョアン・マリオ 5.5
先制点に関与。及第点のプレー

77 ブロゾビッチ 5.5
2点目をアシストし好パスも出したが、痛恨のPK献上

20 ボルハ・バレロ 5.0
もっとボールに触りたかった

(→L・マルティネス -)

FW
11 ケイタ 6.0
流動的に動いてリーグ戦2試合連発

(→ポリターノ 5.5)
彼の投入で2点目が生まれた

9 イカルディ 6.0
30分の決定機は決めたかったが、さすがの決定力で2点目を挙げた

44 ペリシッチ 5.0
さほどボールに絡めず。不調が続く

監督
スパレッティ 5.5
逃げ切りたかったが、内容を考えれば引き分けでも仕方ないか

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ジェンギズ(ローマ)
▽スーパーゴールを決めたジェンギズを選出。1点ビハインドの苦しい時間帯での一発でチームは勢いに乗った。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、新SDにペトラーキ氏就任! トリノから引き抜き

ローマは25日、ジャンルカ・ペトラーキ氏(50)がスポーツ・ディレクター(SD)に就任することを発表した。契約期間は7月1日から2022年6月30日までの3年となる。 ローマでは今年3月にモンチ氏が退任し、その後釜を担っていたフレデリック・マッサーラ氏(51)もミランの新SD就任に伴い、退任していた。 その中で新たなSDに任命されたのは、直近までトリノで同職を務めていたペトラーキ氏となった。 現役時代にヴェネツィアやアンコナ、クレモネーゼなどプロヴィンチャを渡り歩き、ペルージャ時代には元日本代表MF中田英寿とも共演していたペトラーキ氏は、現役引退後にアンコナでチームマネージャー、ピサでSD職を歴任。 その後、2009年にトリノの新SDに就任すると、DFダニーロ・ダンブロージオやMFブルーノ・ペレス、DFマッテオ・ダルミアン、DFカミル・グリク、FWアンドレア・ベロッティらを発掘。さらに、FWチーロ・インモービレの高額な売却オペレーションを主導するなど、セリエA屈指の敏腕SDとの評価を確立していた。 そして、イタリア屈指の敏腕SDは、フランチェスコ・トッティ、ダニエレ・デ・ロッシと2人のレジェンドがクラブを去り、前シャフタールのパウロ・フォンセカ新監督を迎えた混迷極める首都チームの立て直しという難しいタスクに挑戦する。 2019.06.25 23:49 Tue
twitterfacebook
thumb

エル・シャーラウィに中国からの誘い

ローマのイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)に上海申花からオファーが届いているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 2016年1月からの半年間のレンタル移籍を経て、同年7月にローマへ完全移籍したエル・シャーラウィ。レンタル期間中だった2015-16シーズン後半は、セリエA16試合で8ゴール2アシストとロマニスタに好印象を与えたが、現在に至るまでローマの攻撃を牽引するまでには及んでいない。 契約が残り1年となっている同選手は、ローマに対し年俸アップの新契約を求めていると伝えられているがローマは売却候補と考えている模様。一説ではフィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ獲得のために譲渡するのではないかという話もある。 そんなエル・シャーラウィに中国の上海申花がオファーを出している模様。年俸1200万ユーロ(約14億6000万円)という好条件だが、ローマは移籍金に2000万ユーロ(約24億4000万円)を要求している模様だ。 2019.06.25 14:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ボカもロサンゼルスもなし!? デ・ロッシ、セリエAでの現役続行を決断か

今シーズン限りでローマを退団した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)が、セリエAでプレーし続けることを望んでいるようだ。イタリア『Gianluca Di Marzio』が伝えている。 ローマとの契約が満了し、現役続行の意向からスタッフ入りを断り、愛するクラブからの退団を決断したデ・ロッシ。新天地に関しては、ボカ・ジュニアーズ、ロサンゼルスFCなど海外からの関心報道が浮上していた。 両クラブに関しては、加入合意の報道も伝えられていた。ボカはローマの元同僚DFニコラ・ブルディッソ氏がスポーツ・ディレクター(SD)を務めるクラブ。先日にはボカの本拠地であるブエノスアイレス市内で、デ・ロッシが子供の通う学校を探しているとも報じられた。 一方、ロサンゼルスFCに関しては、イギリス生まれの同選手の妻が、英語圏での生活を望んでおり、MLSでのプレーに関心を示していた夫に対して、アメリカ行きを勧めているとのことだった。 しかし、伝えられるところによれば、デ・ロッシはこの休暇中にセリエAでの現役続行を決断。今週の木曜日から代理人と共に新天地探しに動くようだ。その際、同選手が経済面よりも、クラブのプロジェクトや環境面を重視するだろうと見解を示している。 果たしてデ・ロッシは来シーズン、どこのユニフォームを身にまとい、セリエAのピッチに立っているのだろうか。 2019.06.24 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

来季限りで契約満了のエル・シャーラウィ、クラブに年俸アップを要求か

ローマに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)が、クラブに対して昇給を要求しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 来シーズン終了後にローマとの契約が満了を迎えるエル・シャーラウィは、契約延長に近づいているものの、昇給を望んでいるようだ。伝えられるところによれば、エル・シャーラウィは年俸300万ユーロ(3億6700万円)+ボーナスの4年契約を求めているとのことだ。 しかし、同メディアはローマが今夏に獲得を目指すしているフィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)の交渉の一部にエル・シャーラウィを加えるのではないかと伝えており、パウロ・フォンセカ新監督の構想から外れている可能性を示唆している。 2016年の冬にレンタル移籍でローマに加入したエル・シャーラウィは、セリエA16試合に出場し8ゴールを挙げる活躍をみせ、同年6月に完全移籍。これまでローマでは、在籍3年半で公式戦139試合に出場し40ゴール26アシストをマーク。今季はセリエA28試合に出場しチーム最多の11ゴールを記録していた。 2019.06.24 00:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ハムシクが中国に飽き飽き? ローマが獲得に動くか

大連一方に所属するスロバキア代表MFマレク・ハムシクが早くも中国の生活に飽きてきているようだ。イタリア『sportmediaset』が伝えている。 ナポリでは出場試合及び得点数・アシスト数でクラブ最多記録を保持する象徴的な選手であったが、今年2月に中国へ活躍の場を移した。それからわずか4カ月余り、ハムシクはすでに中国の暮らしに退屈し始めているようで、イタリアへの帰還を考慮しているという。 さらに記事によればローマがハムシクの獲得を狙っていると言われており、MFハビエル・パストーレの譲渡を条件に交渉を持ち掛ける算段を立てている模様。また、年俸900万ユーロ(約11億円)という高額なサラリーの一部を大連一方が肩代わりするのではないかとも伝えられている。 前指揮官のマウリツィオ・サッリ監督がライバルのユベントスに就任してしまったナポリファンにとって、さらにクラブのアイコンであったハムシクがローマに加わるとなるとかなり大きなショックを受けるに違いない。だがそんな憶測も杞憂に過ぎなかったようだ。 同選手の代理人が「彼は中国で満足している。今のところヨーロッパに戻るつもりはない。3年契約を尊重しているからね」と大連一方残留を強調。また「ナポリは彼のホームで家族だ。イタリアの他のクラブのユニフォームを着るなんてことは絶対にない」とし、パルテノペイをひとまず安堵させた。 2019.06.23 13:53 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース