ローマが今夏最初の補強! レバンテで最年少デビューのU-17スペイン代表DFを獲得

2024.07.02 14:52 Tue
ローマが今夏最初の補強
Getty Images
ローマが今夏最初の補強
ローマは1日、レバンテからU-17スペイン代表DFブバ・サンガレ(16)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの3年となる。マリ人の両親の下、スペインで生まれ育ったサンガレは、レバンテのカンテラへ加入。スペインの世代別代表に名を連ねる右サイドバックは、昨年12月6日に行われたコパ・デル・レイのアモレビエタ戦でクラブ最年少記録となる16歳4カ月でのファーストチームデビューを飾った。
攻守両面でスケールの大きさを感じさせる逸材は、ローマにとって今夏最初の補強選手となったが、当面はプリマヴェーラが主戦場となる。

1 2

ローマの関連記事

浦和レッズを退団してローマに復帰したノルウェー代表FWオラ・ソルバッケン(25)は、ダニエレ・デ・ロッシ監督の下でポジション争いに挑む構えだ。 2023年1月にボデ/グリムトからローマへ完全移籍で加入したソルバッケン。しかし、当時の指揮官であるジョゼ・モウリーニョの信頼を得られず、昨年夏にはオリンピアコスへレンタル移籍。そのギリシャの名門でもポジション争いで苦戦を強いられた結果、今年1月に浦和へレンタル移籍を変更した。 加入当初はケガの影響もあり出遅れ、5月22日に行われたYBCルヴァンカップ3回戦のV・ファーレン長崎戦でようやく浦和デビュー。5月26日のFC町田ゼルビア戦で明治安田J1リーグデビューすると、以降はリーグ戦4試合に出場した。ただ、クラブ間の交渉はまとまらず、6月30日のレンタル期間終了をもって浦和を退団。 現在はトリゴリアにあるローマのトレーニング施設でプレシーズンのトレーニングに励んでいる状況だ。 イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』によると、ローマと2027年6月まで契約を残すソルバッケンは、デ・ロッシ監督の下でチーム内でのポジション争いに挑む構えだという。また、ローテーション要員としてバックアップ役を務めるとしても、クラブでプレーを続けたい意向を示しているようだ。 ただ、クラブサイドはフリートランスファーで獲得した同選手を完全移籍で売却できれば、帳簿上においてもプラスに働くためあくまで換金対象とみなしている。 ジャッロロッシに残留するにしても他クラブに移籍するにしても、プレシーズンの猛アピールが必要な左利きの大型アタッカーはここが正念場だ。 2024.07.15 19:34 Mon
ローマがオーストラリア代表GKマシュー・ライアン(32)を獲得することが決定的となった。 ポルトガル代表GKルイ・パトリシオ退団によって、セルビア代表GKミル・スヴィラールのバックアップを探していたローマ。当初はスタンダール・リエージュのベルギー代表GKアルノー・ボダール獲得が濃厚と見られていたが、交渉が難航していた。 そんななか、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、昨シーズン限りでAZを退団したオーストラリア代表GKがフリートランスファーで加入することが決定的になったという。 ローマとライアンは2025年までの1年契約に2年の延長オプションという条件で合意。同選手はメディカルチェック受診のため、16日に現地入りすることになる。 母国クラブでプロキャリアを始めてから、ベルギーやスペイン、イングランドを渡り歩き、オーストラリア代表でも通算92試合を誇るライアン。 バレンシアやブライトン、アーセナル、レアル・ソシエダといったクラブでプレーしてきたなか、2023年1月からはAZでプレー。1年半に渡って正GKを務めてきたが、契約延長交渉が破談に終わって今夏フリートランスファーとなっていた。 2024.07.15 13:32 Mon
ローマのアルジェリア代表MFフセム・アワール(26)は、サウジアラビア行きが決定したようだ。 リヨンのアカデミー出身であり、2017年にファーストチームデビューを果たしたアワール。以来、毎年のようにビッグクラブから関心がありながらもリヨンでプレーし続けていたが徐々に伸び悩むと、2023年夏にフリーでローマへ加入した。 新天地で大きな期待が寄せられていたアワールだが、ジョゼ・モウリーニョ前監督、ダニエレ・デ・ロッシ監督いずれの指揮官の下でもポジションを掴めず。昨シーズンはセリエAで16試合に出場するも、先発は9試合にとどまった。 不本意なシーズンを終えたアワールに対しては、サウジアラビアのアル・イテハドが接近。新たに指揮官に就任したローラン・ブラン監督はリヨン時代に指導したアワールを高く評価と報じられていた。 そんな中で、移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、ローマとアル・イテハドは移籍金1200万ユーロ(約20億6000万円)+ボーナスで合意に至ったとのこと。選手も移籍を受け入れたと報じられている。 今週末にはメディカルチェックが実施される予定。問題がなければ、近日中には正式発表がされる見込みとなっている。 2024.07.13 12:10 Sat
ミランがローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)に関心を示しているようだ。 エイブラハムはチェルシー時代の2019-20シーズンにプレミアリーグ15得点を記録するなど活躍。安定した出場機会を求めて21-22シーズンからローマに完全移籍すると、主力としての地位を確保していた。 しかし、2023年6月に左ヒザ前十字じん帯を断裂。この大ケガによって昨シーズンの大半を棒に振ってしまうと、終盤に復帰したものの公式戦12試合1得点1アシストの成績に終わった。 新シーズンに復活を期したいエイブラハム。そんな中で、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ミランが獲得に強い関心を示しているようだ。 ミランは長くチームを支えてきたFWオリヴィエ・ジルーが退団。パウロ・フォンセカ監督が新たに就任したチームはストライカーを探しており、エイブラハムは有力な候補になっているという。 また、ミランはエイブラハムと並行してアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)獲得に向けた交渉も進行中。とはいえ、仮にモラタの獲得が実現したとしても、エイブラハムへの関心は継続すると報じられている。 2024.07.13 11:10 Sat
ユベントスのU-23アルゼンチン代表MFマティアス・スーレ(21)の移籍先としてローマ、レスター・シティが浮上している。 昨シーズンはユベントスから昇格組のフロジノーネにレンタル移籍したスーレ。チームは惜しくもセリエA残留を果たせなかったが、セリエA36試合に出場し、11ゴール3アシストを記録し、大きく評価を高めた。 その左利きの右ウイングに対して、ユベントスは3000万ユーロ(約51億5000万円)程度のオファーが届いた場合、売却に踏み切る構えだ。 移籍市場に精通するジャーナリストのセザール・ルイス・メルロ氏によると、現時点でその獲得レースをリードしているのは、ローマとレスターの2クラブだという。 同氏はローマがより優位な立場にいると主張しているが、ファブリツィオ・ロマーノ氏やイタリア方面のジャーナリストは同クラブが関心を示していることは確かであるものの、現時点で公式オファーは掲示していないとしている。 これに対して、レスターに関しては2500万ユーロ(約43億円)程度のオファーを掲示する準備をしているとのことだ。 なお、クラブとしての格はローマの方が上と言えるが、スーレは以前にプレミアリーグでのプレーを夢見ていると語っており、仮に双方からオファーが届いた場合、その選択に注目が集まるところだ。 2024.07.12 22:36 Fri

セリエAの関連記事

コモが新守護神を確保した。 イタリア『カルチョメルカート』によると、セリエA昇格組のコモは、マルセイユから元スペイン代表GKパウ・ロペス(29)の獲得でクラブ間合意。50万ユーロ(約8600万円)で1年レンタルし、900万ユーロ(約15.5億円)の買い取り義務が付帯しているという。カルチョの昇格組にしてはビッグディールだ。 また、コモは元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(41/無所属)の獲得もほぼ確実とのことで、セスク・ファブレガス監督のコネクションをフル活用しているといったところ。ラ・ロハ歴を持つ実力派GKを2人も確保することに。 パウ・ロペスはエスパニョール、トッテナム、レアル・ベティス、ローマなどに在籍歴があり、21-22シーズン加入のマルセイユでは3年間で公式戦通算127試合に出場した。 ぺぺ・レイナは言わずと知れた鉄人GK。バルセロナ、リバプール、ナポリ、バイエルン、アストン・ビラ、ラツィオと、時期によって差はあれど欧州5大リーグのトップクラブを渡り歩いた経験があり、クラブキャリア通算「939」試合出場を誇る。 2024.07.16 22:00 Tue
元ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(35)のボローニャ行きが現実味を帯びてきた。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 23-24シーズン限りでドルトムントを退団、無所属となっている35歳フンメルス。とはいえ当代屈指の実力派センターバックであり、新天地として名乗りを上げるクラブは数知れず。 当然のように欧州以外からも接触があるようだが、ドルトムント退団発表に前後して実父が語っていたように、当の本人は欧州トップレベルでの現役続行を希望。判明しているだけで、アヤックスとサウジ勢の打診を拒否している。 最新情報だと、ミランとユベントスはフンメルス側との意見交換にとどまっており、契約に本腰を入れる様子はなし。当初から紐付けされたローマは選手側の条件面要求を鵜呑みにできず協議が中断しているとされる。 その一方で、今もっともフンメルスとの契約へ好感触を得ているのがボローニャ。価値急騰のイタリア代表DFリッカルド・カラフィオーリ(22)をアーセナルへ売却したのち、フンメルスと契約へ。この流れをフンメルス側とも共有し、相思相愛の状態になっているとされる。 2024.07.16 19:30 Tue
ミランのポルトガル代表FWラファエル・レオン(25)。契約に付随するリリース条項が7月15日付けで失効した。 名実ともにミランのエース、ラファエル・レオン。崩しを一手に担うカルチョ屈指のドリブラーであり、左サイドバックを担うテオ・エルナンデスとの縦関係は、常に相手の脅威だ。 実力に疑いの余地がないだけに、“欧州に札束の雨を降らせる”サウジ勢からの引き抜き噂が絶えないが、イタリア『カルチョメルカート』いわく、ミランにはここに来て安心材料も。 表題の通り、昨年6月に2028年まで延長した契約には、1億7500万ユーロ(約302億円)のリリース条項(契約解除条項)があり、これが15日付けで効力を失ったとのことだ。 簡単に言うと、レオンを欲しがるクラブが302億円をポンと提示しても、ミランがノーといえば交渉は終わりというもの。幸いにも、レオンへの関心が隠せていないアル・ヒラルからこれまでに正式オファーは届いていないという。 レオンは今月末から始まるミランのプレシーズン・アメリカツアーへ順当に帯同予定。ミランは28日にニューヨークでマンチェスター・シティ、8月1日でシカゴでレアル・マドリー、7日にボルチモアでバルセロナと対戦する。 2024.07.16 13:40 Tue
モンツァがユベントスのポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(34)獲得を狙っているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 今月5日、イタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26)のユベントス行きが発表されたモンツァ。昨シーズンのセリエA最優秀GK受賞者がチームを去ったことで、後釜となるGK確保はクラブにとって非常に重要なタスクとなっている。 そんな中で、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとクラブはシュチェスニー獲得を夢見ているとのこと。まだ正式な交渉はないものの、最高経営責任者(CEO)のアドリアーノ・ガッリアーニ氏は獲得可能と考えているようだ。 シュチェスニーは2017年にアーセナルからユベントスへ完全移籍すると、ジャンルイジ・ブッフォンの退団によって守護神の座を獲得。数多くのタイトルに獲得すると、昨シーズンも公式戦35試合に出場していた。 一方で、前述したようにユベントスはディ・グレゴリオを獲得。2番手である元イタリア代表GKマッティア・ペリンの残留も濃厚であることから、クラブはシュチェスニーの売却を望んでいる。 しかし、噂されていたサウジアラビアのアル・ナスル行きは条件面で折り合わず破談。現時点でシュチェスニー獲得に関心を示す具体的なクラブはなく、この状況がモンツァにとって追い風になる可能性はある。 2024.07.16 12:10 Tue
日本代表GK鈴木彩艶のパルマ移籍が決定した。 昨夏に浦和レッズからのレンタルで日本を飛び出し、シント=トロイデンで欧州挑戦の鈴木。ベルギーでの1年目から公式戦32試合とまとまった出場機会を掴み、今年2月に浦和からのレンタル契約も完全移籍に切り替わった。 そうして迎えた今夏、15日にパルマ移籍が決まり、2029年6月30日までの5年契約を締結。移籍金額は移籍市場に精通するニコロ・スキラ記者によると、ボーナス込みで総額1000万ユーロ(約17億2000万円)とされる。 日本の若き守護神は「パルマの一員になれて嬉しく思います。素晴らしい歴史を持つクラブで、世界に多くのファンもいます。(今季は)セリエAを戦うので、常にベストを尽くし、チームの成功に貢献したいです」と語った。 また、スポーツディレクター(SD)のマウロ・ペデルツォリ氏もコメントを寄せ、「我々が心から求めるなか、長くて複雑な交渉だった」と獲得に至るまでの舞台裏を振り返った。 「ザイオンの周りには多くの注目があって、彼に対する関心は非常に強かった。最終的には彼と我々の意思が勝り、永続的かつ、実りある関係の礎となる絆を築きたいという互いの思いがあった」 そんなパルマSDは「彼が日本とベルギーですでに多くの経験を積み、このポジションで最も若い才能の持ち主であるのを考えると、喜びは倍増だ」と喜び、歓迎した。 「今日、我々はジャッロブルーの全コミュニティとともに彼を歓迎し、彼がこの地でチームとファンに最も美しく、手厚い形で迎え入れられると確信している」 かつて元日本代表の中田英寿氏が所属し、イタリア代表のレジェンド守護神であるジャンルイジ・ブッフォン氏を輩出したクラブとして知られるパルマで5大リーグ初挑戦となる鈴木。活躍に期待だ。 <span class="paragraph-title">【動画】パルマが鈴木彩艶の入団ムービーを公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="eu" dir="ltr"> ZION <a href="https://twitter.com/hashtag/WelcomeToParma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WelcomeToParma</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ForzaParma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForzaParma</a> <a href="https://t.co/ZAJUDNf02l">pic.twitter.com/ZAJUDNf02l</a></p>&mdash; Parma Calcio 1913 (@1913parmacalcio) <a href="https://twitter.com/1913parmacalcio/status/1812927316538061296?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 12:02 Tue

ブバ・サンガレの人気記事ランキング

1

ローマが今夏最初の補強! レバンテで最年少デビューのU-17スペイン代表DFを獲得

ローマは1日、レバンテからU-17スペイン代表DFブバ・サンガレ(16)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの3年となる。 マリ人の両親の下、スペインで生まれ育ったサンガレは、レバンテのカンテラへ加入。スペインの世代別代表に名を連ねる右サイドバックは、昨年12月6日に行われたコパ・デル・レイのアモレビエタ戦でクラブ最年少記録となる16歳4カ月でのファーストチームデビューを飾った。 攻守両面でスケールの大きさを感じさせる逸材は、ローマにとって今夏最初の補強選手となったが、当面はプリマヴェーラが主戦場となる。 <span class="paragraph-title">【動画】ローマ加入が決まったサンガレ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="es" dir="ltr"> Benvenuto alla Roma, Buba Sangaré! <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/2eyMVN3msy">pic.twitter.com/2eyMVN3msy</a></p>&mdash; AS Roma (@OfficialASRoma) <a href="https://twitter.com/OfficialASRoma/status/1807762608042152272?ref_src=twsrc%5Etfw">July 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.07.02 14:52 Tue

ローマの人気記事ランキング

1

大ケガからの完全復活目指すエイブラハム、ストライカー探すミランが関心か

ミランがローマの元イングランド代表FWタミー・エイブラハム(26)に関心を示しているようだ。 エイブラハムはチェルシー時代の2019-20シーズンにプレミアリーグ15得点を記録するなど活躍。安定した出場機会を求めて21-22シーズンからローマに完全移籍すると、主力としての地位を確保していた。 しかし、2023年6月に左ヒザ前十字じん帯を断裂。この大ケガによって昨シーズンの大半を棒に振ってしまうと、終盤に復帰したものの公式戦12試合1得点1アシストの成績に終わった。 新シーズンに復活を期したいエイブラハム。そんな中で、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ミランが獲得に強い関心を示しているようだ。 ミランは長くチームを支えてきたFWオリヴィエ・ジルーが退団。パウロ・フォンセカ監督が新たに就任したチームはストライカーを探しており、エイブラハムは有力な候補になっているという。 また、ミランはエイブラハムと並行してアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)獲得に向けた交渉も進行中。とはいえ、仮にモラタの獲得が実現したとしても、エイブラハムへの関心は継続すると報じられている。 2024.07.13 11:10 Sat
2

浦和退団でローマ復帰のソルバッケン、クラブでのポジション争いに挑む意向

浦和レッズを退団してローマに復帰したノルウェー代表FWオラ・ソルバッケン(25)は、ダニエレ・デ・ロッシ監督の下でポジション争いに挑む構えだ。 2023年1月にボデ/グリムトからローマへ完全移籍で加入したソルバッケン。しかし、当時の指揮官であるジョゼ・モウリーニョの信頼を得られず、昨年夏にはオリンピアコスへレンタル移籍。そのギリシャの名門でもポジション争いで苦戦を強いられた結果、今年1月に浦和へレンタル移籍を変更した。 加入当初はケガの影響もあり出遅れ、5月22日に行われたYBCルヴァンカップ3回戦のV・ファーレン長崎戦でようやく浦和デビュー。5月26日のFC町田ゼルビア戦で明治安田J1リーグデビューすると、以降はリーグ戦4試合に出場した。ただ、クラブ間の交渉はまとまらず、6月30日のレンタル期間終了をもって浦和を退団。 現在はトリゴリアにあるローマのトレーニング施設でプレシーズンのトレーニングに励んでいる状況だ。 イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』によると、ローマと2027年6月まで契約を残すソルバッケンは、デ・ロッシ監督の下でチーム内でのポジション争いに挑む構えだという。また、ローテーション要員としてバックアップ役を務めるとしても、クラブでプレーを続けたい意向を示しているようだ。 ただ、クラブサイドはフリートランスファーで獲得した同選手を完全移籍で売却できれば、帳簿上においてもプラスに働くためあくまで換金対象とみなしている。 ジャッロロッシに残留するにしても他クラブに移籍するにしても、プレシーズンの猛アピールが必要な左利きの大型アタッカーはここが正念場だ。 2024.07.15 19:34 Mon
3

アル・イテハドがアワール獲得で合意、昨夏ローマ加入もポジション掴めず

ローマのアルジェリア代表MFフセム・アワール(26)は、サウジアラビア行きが決定したようだ。 リヨンのアカデミー出身であり、2017年にファーストチームデビューを果たしたアワール。以来、毎年のようにビッグクラブから関心がありながらもリヨンでプレーし続けていたが徐々に伸び悩むと、2023年夏にフリーでローマへ加入した。 新天地で大きな期待が寄せられていたアワールだが、ジョゼ・モウリーニョ前監督、ダニエレ・デ・ロッシ監督いずれの指揮官の下でもポジションを掴めず。昨シーズンはセリエAで16試合に出場するも、先発は9試合にとどまった。 不本意なシーズンを終えたアワールに対しては、サウジアラビアのアル・イテハドが接近。新たに指揮官に就任したローラン・ブラン監督はリヨン時代に指導したアワールを高く評価と報じられていた。 そんな中で、移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、ローマとアル・イテハドは移籍金1200万ユーロ(約20億6000万円)+ボーナスで合意に至ったとのこと。選手も移籍を受け入れたと報じられている。 今週末にはメディカルチェックが実施される予定。問題がなければ、近日中には正式発表がされる見込みとなっている。 2024.07.13 12:10 Sat
4

去就注目スーレにローマ&レスターが強い関心か?

ユベントスのU-23アルゼンチン代表MFマティアス・スーレ(21)の移籍先としてローマ、レスター・シティが浮上している。 昨シーズンはユベントスから昇格組のフロジノーネにレンタル移籍したスーレ。チームは惜しくもセリエA残留を果たせなかったが、セリエA36試合に出場し、11ゴール3アシストを記録し、大きく評価を高めた。 その左利きの右ウイングに対して、ユベントスは3000万ユーロ(約51億5000万円)程度のオファーが届いた場合、売却に踏み切る構えだ。 移籍市場に精通するジャーナリストのセザール・ルイス・メルロ氏によると、現時点でその獲得レースをリードしているのは、ローマとレスターの2クラブだという。 同氏はローマがより優位な立場にいると主張しているが、ファブリツィオ・ロマーノ氏やイタリア方面のジャーナリストは同クラブが関心を示していることは確かであるものの、現時点で公式オファーは掲示していないとしている。 これに対して、レスターに関しては2500万ユーロ(約43億円)程度のオファーを掲示する準備をしているとのことだ。 なお、クラブとしての格はローマの方が上と言えるが、スーレは以前にプレミアリーグでのプレーを夢見ていると語っており、仮に双方からオファーが届いた場合、その選択に注目が集まるところだ。 2024.07.12 22:36 Fri
5

ナポリがローマ退団のイタリア代表DFスピナッツォーラをフリーで獲得!

ナポリは10日、ローマを退団したイタリア代表DFレオナルド・スピナッツォーラ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。 スピナッツォーラは、シエナとユベントスの下部組織で育ち、2013年1月にユベントスのファーストチームに昇格。アタランタ、ヴィチェンツァ、ペルージャなどへのレンタル移籍を繰り返すと、2019年7月にローマに完全移籍する。 ローマでは5シーズンを過ごし、セリエAで104試合に出場し6ゴールを記録していたが、2023-24シーズンをもって退団していた。 セリエA通算164試合5ゴール21アシストを記録。イタリア代表としても24試合に出場し、主に左サイドバックとしてプレーしていた。 2024.07.10 20:40 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly